青島俊作のニュース

もしも『踊る大捜査線』の青島俊作と室井慎次がiDeCoに加入したら?

ZUU online / 2017年03月14日17時40分

今回は、「踊る大捜査線」(引用元:©株式会社フジテレビジョン)の青島俊作と室井慎次をモデルに考えることで、iDeCoへの理解を深めていこう。■iDeCoのメリットや概要は?iDeCoは、加入者自身が掛金を拠出して運用していくという、自己責任で将来に備える年金である。従来は、自営業者や企業年金の無い会社員などごく一部の層のみに加入が認められていたが、2017 [全文を読む]

ご存知ですか? 3月18日は「踊る大捜査線」最終回の日です

文春オンライン / 2017年03月18日07時00分

織田裕二(当時29歳)が、民間企業から転職した異色の刑事・青島俊作を演じたこのドラマは、従来の刑事ドラマとは一線を画し、コメディタッチも交えつつ、警察業界がサラリーマンの社会に似通ったものとして描かれた。キャリアとノンキャリアの格差、本庁と所轄署の対立といった切り口も斬新だった。 その舞台となったのは、東京の臨海副都心にあるという設定の「湾岸署」。ちょうど [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

星野源には嫉妬!? 木村拓哉は…同世代の男に好かれない有名人4人

Menjoy / 2016年12月06日20時00分

4:織田裕二(48歳) 『踊る大捜査線』で一世を風靡した青島俊作こと織田裕二。女性には幅広い世代から人気のあるようにも見えますが……。 「キャラがつかめない」 織田裕二をあまり好きになれない理由を同世代の男性に聞いたところこのような意見がありました。 「世界陸上の実況時からキャラがつかめない」(48歳/建築士) 「オネエ臭い」(49歳/会社経営者) 同世 [全文を読む]

若者には不評?織田裕二が日曜劇場『IQ246』で怪演も賛否両論

しらべぇ / 2016年10月31日08時00分

「織田裕二は『踊る大捜査線』の青島俊作のキャラが強すぎるか」というものである。すると、年代別では20代の若者が5割を超えて「織田=青島」だと回答。編集部の取材でも、『IQ246』を観たという20代女性からは「『IQ246』の変なキャラも別に嫌いではないのですが、踊るファンからすると『青島のイメージが消えていく―』と、ちょっとした悲しみが。ずっと、織田裕二さ [全文を読む]

秋ドラマの注目は変人ヒーロー 大型の刑事ドラマがズラリ

NEWSポストセブン / 2016年09月20日07時00分

いまだ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で演じた“熱くて庶民的な男”青島俊作のイメージも強いだけに、真逆の“クールで高飛車な男”をどう演じるのか見物です。 これだけ“変人ヒーロー”がそろった最大の理由は、エンタメ性の高さ。大物俳優が変人ならではの発想や行動を駆使する姿は映像映えしますし、奇想天外な事件解決はインパクト十分です。また、「変人が醸し出す笑いがアク [全文を読む]

織田裕二、IQ246の“天才貴族役”に「ミスキャスト!」の声 ディーン・フジオカとの交代要請止まず?

おたぽる / 2016年09月19日12時00分

織田といえば、大人気シリーズ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で演じた青島俊作役の泥臭い刑事のイメージや、1997年のアテネ大会から10大会連続でメインキャスターを務めている、TBSのスポーツ中継番組『世界陸上』での熱血漢のイメージが定着し、その姿をお笑い芸人の山本高広が真似した、「キター!」「お待んたせしました!」などといったフレーズが浸透してしまってい [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

織田の事務所は織田に脇役はさせませんから、必然的に映画やドラマの仕事は減り、熱さやガッツをセールスポイントにしている商品広告の仕事が増えているんです」(広告代理店関係者) 織田はこれまでに「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)では優柔不断な永尾完治役、「踊る大捜査線」シリーズ(フジテレビ系)では熱血漢の青島俊作役など“当たり役”恵まれてきた。しかし新たな当 [全文を読む]

日本ドラマの名刑事たち。結局のところ、もっとも優秀な刑事は誰なのか?

日本タレント名鑑 / 2016年03月08日11時25分

熱血人情派 青島&タカ・ユージ ◆青島俊作巡査部長【後に警部補に昇進】(踊る大捜査線) 発想力:2 行動力:5 運動神経:3 知力・記憶力:3 コミュニケーション力:4 総合:17 ◆鷹山敏樹巡査長・大下勇次巡査長(あぶない刑事) 発想力:3 行動力:4 運動神経:5 知力・記憶力:2 コミュニケーション力:5 総合:19 熱血派刑事といえば、『踊る大捜 [全文を読む]

「あぶない刑事」2016年公開で緊急アンケート、「俺たちが好きな刑事」ベスト10

アサ芸プラス / 2016年01月01日09時58分

30代からの票が多かったのが、6位の青島俊作(踊る大捜査線/織田裕二)。あの熱血ぶりはドラマ直撃世代のハートをガッチリ掴んだようだ。 現在放送中の「現役」では、四代目相棒に反町隆史を据えて始まった「相棒14」の杉下右京(水谷豊)が7位にランクイン。「反町はいいのですが、脚本が悪く視聴率が伸び悩んでいますね。水谷は四代目相棒に竹野内豊を推していたそうで、こ [全文を読む]

フォーカス