青島俊作のニュース

もしも『踊る大捜査線』の青島俊作と室井慎次がiDeCoに加入したら?

ZUU online / 2017年03月14日17時40分

今回は、「踊る大捜査線」(引用元:©株式会社フジテレビジョン)の青島俊作と室井慎次をモデルに考えることで、iDeCoへの理解を深めていこう。■iDeCoのメリットや概要は?iDeCoは、加入者自身が掛金を拠出して運用していくという、自己責任で将来に備える年金である。従来は、自営業者や企業年金の無い会社員などごく一部の層のみに加入が認められていたが、2017 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

若者には不評?織田裕二が日曜劇場『IQ246』で怪演も賛否両論

しらべぇ / 2016年10月31日08時00分

「織田裕二は『踊る大捜査線』の青島俊作のキャラが強すぎるか」というものである。すると、年代別では20代の若者が5割を超えて「織田=青島」だと回答。編集部の取材でも、『IQ246』を観たという20代女性からは「『IQ246』の変なキャラも別に嫌いではないのですが、踊るファンからすると『青島のイメージが消えていく―』と、ちょっとした悲しみが。ずっと、織田裕二さ [全文を読む]

秋ドラマの注目は変人ヒーロー 大型の刑事ドラマがズラリ

NEWSポストセブン / 2016年09月20日07時00分

いまだ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で演じた“熱くて庶民的な男”青島俊作のイメージも強いだけに、真逆の“クールで高飛車な男”をどう演じるのか見物です。 これだけ“変人ヒーロー”がそろった最大の理由は、エンタメ性の高さ。大物俳優が変人ならではの発想や行動を駆使する姿は映像映えしますし、奇想天外な事件解決はインパクト十分です。また、「変人が醸し出す笑いがアク [全文を読む]

織田裕二、IQ246の“天才貴族役”に「ミスキャスト!」の声 ディーン・フジオカとの交代要請止まず?

おたぽる / 2016年09月19日12時00分

織田といえば、大人気シリーズ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)で演じた青島俊作役の泥臭い刑事のイメージや、1997年のアテネ大会から10大会連続でメインキャスターを務めている、TBSのスポーツ中継番組『世界陸上』での熱血漢のイメージが定着し、その姿をお笑い芸人の山本高広が真似した、「キター!」「お待んたせしました!」などといったフレーズが浸透してしまってい [全文を読む]

「熱いアラフィフ」は需要なし!?織田裕二がドラマ界からついにリストラ?

アサ芸プラス / 2016年05月17日05時59分

織田の事務所は織田に脇役はさせませんから、必然的に映画やドラマの仕事は減り、熱さやガッツをセールスポイントにしている商品広告の仕事が増えているんです」(広告代理店関係者) 織田はこれまでに「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)では優柔不断な永尾完治役、「踊る大捜査線」シリーズ(フジテレビ系)では熱血漢の青島俊作役など“当たり役”恵まれてきた。しかし新たな当 [全文を読む]

日本ドラマの名刑事たち。結局のところ、もっとも優秀な刑事は誰なのか?

日本タレント名鑑 / 2016年03月08日11時25分

熱血人情派 青島&タカ・ユージ ◆青島俊作巡査部長【後に警部補に昇進】(踊る大捜査線) 発想力:2 行動力:5 運動神経:3 知力・記憶力:3 コミュニケーション力:4 総合:17 ◆鷹山敏樹巡査長・大下勇次巡査長(あぶない刑事) 発想力:3 行動力:4 運動神経:5 知力・記憶力:2 コミュニケーション力:5 総合:19 熱血派刑事といえば、『踊る大捜 [全文を読む]

「あぶない刑事」2016年公開で緊急アンケート、「俺たちが好きな刑事」ベスト10

アサ芸プラス / 2016年01月01日09時58分

30代からの票が多かったのが、6位の青島俊作(踊る大捜査線/織田裕二)。あの熱血ぶりはドラマ直撃世代のハートをガッチリ掴んだようだ。 現在放送中の「現役」では、四代目相棒に反町隆史を据えて始まった「相棒14」の杉下右京(水谷豊)が7位にランクイン。「反町はいいのですが、脚本が悪く視聴率が伸び悩んでいますね。水谷は四代目相棒に竹野内豊を推していたそうで、こ [全文を読む]

相棒?腐れ縁?最強コンビ!魅力的なドラマの同性パートナー10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月26日09時55分

今回選ばせていただいた、ドラマ史に残る同性パートナー10選 1『相棒』(杉下右京、亀山薫) 2『チーム・バチスタシリーズ』(田口公平、白鳥圭輔) 3『カバチタレ!』(田村希美、栄田千春) 4『ST赤と白の捜査ファイル』(赤城左門、百合根友久) 5『ナースのお仕事』(朝倉いずみ、尾崎翔子) 6『抱きしめたい!』(池内麻子、早川夏子) 7『あぶない刑事』(鷹 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『踊る大捜査線』に衝撃! レインボーブリッジは簡単に封鎖できた!!

TechinsightJapan / 2014年12月20日20時25分

この映画の中では、織田裕二扮する青島俊作がレインボーブリッジを封鎖しようと、東京都港湾局や国土交通省、鉄道局、首都高速道路公団など全ての許可を取るために奔走するが結局完全封鎖ができず、「レインボーブリッジ、封鎖できません!」という名セリフが生まれた。 しかし、実際は事件などが起きると、警察の判断ですぐに封鎖はできるらしい。これまでも、要人の警護や大事故、 [全文を読む]

初回視聴率18.9%好スタートも……向井理『S -最後の警官-』非現実シーンに賛否「隣の部屋から犯人をパンチ!?」

日刊サイゾー / 2014年01月14日20時30分

この宣伝と作品のギャップも、賛否を起こしている原因ではないでしょうか? 今後は、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の主人公・青島俊作のように、向井演じる一號の明るくて人懐こいキャラクターが視聴者に広く受け入れられれば、映画まで好調なまま完走できるかもしれません」(テレビ誌ライター) 思わぬ非現実的なシーンの数々に、戸惑いの声が少なくなかった初回。日曜劇場とい [全文を読む]

織田裕二、『踊る』以外にヒットは期待できない!? 格安ギャラに「当然」の声も

サイゾーウーマン / 2013年02月14日09時00分

これでは、『踊る』の青島俊作に続くとみられていた「黒田シリーズ」の続編は、もう厳しいのではないかといわれている。 「最近の織田は、自身の代表作『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)のパロディCMや、犬の着ぐるみ姿を披露するCMなど、コミカルなCMに出演したことが話題となりました。ファンの間では、『イメージが崩壊する』『仕事を選んでほしい……』との声も上がっ [全文を読む]

「せっかくのドル箱を......」それでもフジテレビ内にくすぶる『踊る大捜査線』再開論

日刊サイゾー / 2012年10月26日08時00分

スマホ向け放送局『NOTTV』で放送されている青島を中心としたスピンオフドラマ『係長 青島俊作』は、その練習台という話も聞こえています。そもそも、フジテレビ内部では今でも強硬な"継続論"がくすぶっている。どんな形であれ、なんらかの続編が登場することは間違いなさそうですね」(同) シリーズ開始から15年、多くの社会現象を巻き起こした『踊る』の次回作に期待した [全文を読む]

『踊る』裏話 織田裕二の提案で小栗旬の役が伊藤淳史に変更

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時00分

青島俊作役の織田裕二(44才)を筆頭に室井慎次役・柳葉敏郎(51才)など豪華キャストが大きな魅力のこのシリーズ。若手俳優も多く出演しており、2010年公開の『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』からは、警視庁キャリア・鳥飼誠一管理官役として小栗旬(29才)も出演している。しかし、小栗はもともと、いかりや長介さん(享年72)が演じていた [全文を読む]

【フジテレビ】動画配信サービス「フジテレビオンデマンド」にて、 人気ドラマシリーズ『踊る大捜査線』配信開始! 9月1日(土)より

PR TIMES / 2012年08月31日14時01分

『踊る大捜査線』は、織田裕二演じる青島俊作刑事を中心に、臨海副都心台場にある湾岸警察署を舞台とした、事件の謎解きだけでなく捜査する刑事たちの人間模様や階級社会で生きるサラリーマンとしての姿を描いた刑事ドラマです。1997年よりフジテレビ系列で放送開始し、人気を博した同作は、スペシャルドラマ、映画、スピンオフ作品、ゲーム、携帯動画など、さまざまな関連作品が [全文を読む]

フォーカス