村上春樹のニュース

村上春樹がノーベル文学賞にこだわらない理由とは?―中国紙

Record China / 2017年01月02日20時30分

村上春樹の最新作で初の自伝となった「職業としての小説家」の中国語版がこのほど、中国の大手編集プロダクション・新経典文化から出版された。村上春樹は同作で、「努力を続けて、ただの一般人だった自分が小説家になる夢を叶えることができた。本当にやりたいことをするなら、飛行機が離陸すように十分な滑走路が必要だ」とその胸に秘めた思いを語っている。揚子晩報が伝えた。面白い [全文を読む]

【やれやれ】もしも『けものフレンズ』の登場人物が「村上春樹」だったらこうなる / ネットの声「のけものは居そうな世界ですね」

ロケットニュース24 / 2017年06月07日12時30分

村上春樹さんには優れた点が2つある。まず、チーズがウマそうなこと、それからワインもウマそうなことだ。だが、6月にデートした女の子とはまるで話が合わなかった。僕が南極について話している時、彼女は村上春樹のことを考えていた。やれやれ……。 ついつい真似したくなってしまう村上春樹さんの言い回し。オリジナリティーにあふれていることは言うまでもない。そんな村上春樹[全文を読む]

やれやれ、もしも勇者が村上春樹だったらこうなる / ネットの声「すこぶる面倒くさい」「このパーティー入りたくない」

ロケットニュース24 / 2017年05月17日18時01分

村上春樹さんには優れた点が2つある。まず、チーズがウマそうなこと、それからワインもウマそうなことだ。だが、6月にデートした女の子とはまるで話が合わなかった。僕が南極について話している時、彼女は村上春樹のことを考えていた。やれやれ……。 ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がっているという村上春樹さんは、日本を代表する小説家と言っても過言ではない。オリジナリ [全文を読む]

4年ぶり新刊『騎士団長殺し』発売! 村上春樹氏の初期作品をまるごとBOXセットで!

PR TIMES / 2017年02月23日13時47分

村上作品を大人買い! 村上春樹氏の講談社文庫20作品を収めた『講談社文庫 村上春樹 全巻BOX』と、「羊シリーズ」「鼠シリーズ」の8作品を収めた『講談社文庫 村上春樹 羊&鼠BOX』、好評発売中! 村上春樹氏は1979年に『風の歌を聴け』で群像新人賞を受賞して鮮烈なデビューを飾って以来、日本にとどまらず世界の文学シーンの第一線で活躍してきた。小説執筆のみな [全文を読む]

新作刊行記念!“音”と“朗読”で味わう村上春樹の世界! TS ONE特別番組「村上春樹を『聴く』」

PR TIMES / 2017年02月20日14時27分

2017年2月25日(土)22時 アンコール放送決定!株式会社エフエム東京(代表取締役社長:千代勝美)のグループ会社で、無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」のコンテンツ・プロバイダーであるTOKYO SMARTCAST株式会社(代表取締役社長:武内英人)は、昨年7月フラッグシップチャンネル「TS ONE」開局記念特別番組としてメディア初完全放送を果 [全文を読む]

村上春樹「騎士団長殺し」は音楽界も刺激する モーツァルトのあのオペラがブームに?

東洋経済オンライン / 2017年02月11日08時00分

村上春樹ファン、いわゆるハルキストたちが待ちに待った2月24日が目前だ。村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』が発売になるこの日は全国の書店に新作が山積みとなり、待ちきれないファンが書店の前に行列を作るという、ここ数年恒例の風景が再び展開されるに違いない。これは例えてみればiPhoneの新製品発売にも似た社会現象のようなもので、村上春樹人気のすさまじさを改 [全文を読む]

村上春樹の最新作『騎士団長殺し』の内容を複数の霊能者が“霊視”! 性描写なく、ノーベル賞の呪縛から解かれた傑作の可能性!?

tocana / 2017年02月08日13時00分

現代日本を代表する作家の一人であり、世界的にも熱烈なファンをもつ村上春樹氏の最新作が今月24日に発売される。大注目のタイトルは、ズバリ『騎士団長殺し』(新潮社)。「第1部 顕れるイデア編」と「第2部 遷ろうメタファー編」からなる長編小説だ。 しかし、(毎度のことながら)発売日まで新作のテーマや内容は、まったく外部に漏れ伝わってこない。そのため、世界のハルキ [全文を読む]

ノーベル文学賞はボブ・ディランで、村上春樹また落選! そもそもノーベル文学賞候補なのか!?

リテラ / 2016年10月13日21時30分

一方、日本では例によって「村上春樹、ノーベル文学賞受賞なるか→受賞ならず、残念!」騒動が、今年もまた繰り返された。 2006年にカフカ賞を受賞して以降、10月には毎年のように、「今年こそ村上春樹受賞なるか」と様々なメディアが大騒ぎを繰り広げる。今年も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹の [全文を読む]

「流行に敏感だと思われたくて『村上春樹が好き』と言ったことがある人」の割合は?

しらべぇ / 2015年02月03日08時00分

村上春樹氏が読者の質問や相談などに答えてくれるというできるファン待望のWEBサイトで、非常に多くのユーザーが注目。 いま一番の売れっ子作家といえば、村上春樹氏をおいて他にいないのではないか。 とはいえ、「村上春樹が好きだ!」と声高に叫ぶ人達の中には「本当に?」と疑いたくなるような人も少なくはない。彼や彼の作品を本当に愛するのではなく、「村上春樹好きって言っ [全文を読む]

ブンガク好き「ハルキスト男子」をメロメロにする絶品レシピ3つ

Menjoy / 2013年06月14日08時00分

村上春樹さんの最新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』は、オリコン2013年上半期“本”ランキング総合部門とジャンル別部門で、総合1位を獲得しました。 そんな村上春樹作品の特徴は、主人公がサラッと作っちゃう美味しそうな料理。シンプルな材料でできあがる、あまり手のこんでいない料理がちょこちょこ登場し、『村上レシピ』なる本もあるほど。 これ、実際に作 [全文を読む]

フォーカス