太地喜和子のニュース

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1)

アサ芸プラス / 2012年07月26日10時54分

日本を代表する天才女優・太地喜和子が、突然の水難事故によって、48年の生涯を終えた日から。その豪放な女優は恋に生き、酒を愛し、芝居に命を燃やした。事故であるにもかかわらず、どこか〈殉死〉と思わせるのはなぜだろうか─。 自殺した田宮二郎の顔にキス 〈やはり、喜和子も女優として役に魅入られてしまったのか‥‥〉 フジテレビのプロデューサーだった小林俊一は、太地喜 [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4)

アサ芸プラス / 2012年08月02日10時54分

最後の舞台前に悟っていた“死期” 太地喜和子は“最後の女優”である。単に役者の性別を分けただけでなく、世の中で唯一の高貴な職業が「女優」なのである。喜和子は誰よりも意識を高く持ち、すべてを芝居に捧げて死んでいった。没後20年──その凄味は風化することなく語られるべきだ。 映画の打ち上げで素っ裸に… 「蜷川さん、こないだ『水戸黄門』で公家の役をやっているのを [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(6)

アサ芸プラス / 2012年08月08日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5)

アサ芸プラス / 2012年08月07日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3)

アサ芸プラス / 2012年08月01日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2)

アサ芸プラス / 2012年07月31日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5) 早世のマドンナ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「片山萌美」(4)片山さんはきっといい女優になるよ

アサ芸プラス / 2016年07月22日05時57分

テリー さて、将来的にはどんな女優になりたいの?片山 すごく恐縮なんですけど、太地喜和子さんを目標に‥‥。テリー えっ、若いのに太地喜和子さんなんてよく知ってるなァ。片山 以前、お世話になっているラジオ局の方から、「お前は太地喜和子になれる素質がある」って言われたんです。テリー えらいこと言われたね。それ、すごいホメ言葉だよ!片山 私はまったく知らなかった [全文を読む]

中村勘三郎さん 大竹しのぶ好きになり太地喜和子さんと別離

NEWSポストセブン / 2012年12月21日07時00分

1975年、当時19才だった勘三郎さんは、文学座の若手女優として人気だった故・太地喜和子さん(享年48)が主演する舞台『桜吹雪 日本の心中』を見に訪れた。勘三郎さんは、かつて本誌のインタビューでこう振り返っている。 「それがすごくよかったんです。で、次の日も見に行ったら、いちばん前の席しかなくて。照れくさい思いで見ていたら、途中で彼女が気づいたんだね。『 [全文を読む]

「太地喜和子の影を追い続けて──?」“天下の艶福家”故・中村勘三郎さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年12月11日11時00分

筆者にとって、勘三郎さんの女性関係で忘れられないのが、1992年に舞台『唐人お吉』の公演先の静岡県伊東市の港で自動車で誤って転落事故死した女優の故・太地喜和子さんの存在だ。 太地さんが若い頃、往年の名優の三国連太郎と燃えるような不倫をしたのは有名な話。その後、俳優の秋野大作と結婚するが、短期間で離婚。その後、共演者や、故・伊丹十三さんと不倫して、“魔性の [全文を読む]

新グラビア女王と話題の片山萌美、ランジェリー&ビキニの王道カットに絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年07月26日10時00分

「かつて片山さんは雑誌のインタビューで、目標の人物に昭和の大女優・太地喜和子さんの名前を挙げていた。ある芸能関係者に『平成の太地喜和子になれる』と太鼓判を押されたことがあり、それ以降太地さんを意識しているようです。片山さんは『恐縮なんですけど』と前置きしていましたが、それだけ女優業に対する志が高いのだと思います。太地さんといえば、艶のある女優として有名で [全文を読む]

三國連太郎「二枚目俳優の離婚とコンプレックス」

アサ芸プラス / 2013年05月10日10時00分

だが、のちに佐藤浩市となる長男を置いたまま、当時19歳だった太地喜和子と不倫同棲。わずか3カ月余りの交際で破局するが、のちに三國は、「今までで、惹かれた女優さんは一人だけです。太地喜和子さんだけ」とインタビューに答えている。 芸能プロダクション関係者が言う。 「三國さんは、22歳年の離れた太地さんにのめり込むのが怖かったと話している。別の時には『女性がアエ [全文を読む]

寺島しのぶ、ハーフ息子の歌舞伎デビューで叶えた積年の悲願

アサジョ / 2017年05月14日10時14分

今でこそ女優として大成していますが、学生時代までは、急に『海外にいる』と電話するなど、両親を困らせてきたそうです」(女性誌記者) 女優の太地喜和子の勧めで女優の道に進んだという寺島だが、歌舞伎の舞台に立ちたいという子どもの頃からの夢を息子で叶えたということだろう。「菊五郎は昨年、音羽屋の大名跡『梅幸』を、ゆくゆくは眞秀君に継がせると口を滑らせて、男系が継承 [全文を読む]

小泉今日子 堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(3)「大人の関係」続行中の俳優

アサ芸プラス / 2017年04月16日09時57分

今の彼女は男前の飲みっぷりに大女優の証しというか、太地喜和子なんかを彷彿させるし、演技も熟してきてますよね」 これからもドラマで、路上で、話題を提供してくれそうである。 [全文を読む]

傲慢で残酷で美しい青春! 小松菜奈&菅田将暉主演で『溺れるナイフ』を映画化した平成生まれの才人って?

おたぽる / 2016年11月04日20時00分

かつて中上健次原作、北大路欣也・太地喜和子主演映画『火まつり』(85年)が撮影された和歌山県勝浦を舞台にした本作は、名シーンの目白押しだ。出会って間もないコウと夏芽が禁断の海で戯れる水中シーン、熊野信仰が伝わる熊野の森の中での写真集の撮影シーン、刷り上がった写真集をめぐってコウが夏芽を追いかける石畳のシーン、チャリンコに2人乗りしての海岸線の疾走、2人の [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

★第2位 1万4000円 1975年2月4日号(No.5) 内容:舞台女優として知られ、三國連太郎らスターとの数々のロマンスでも知られる往年のマドンナ・太地喜和子がヌードを含むグラビア6ページを披露! ★第3位 1万2000円 1970年1月6・13日合併号(No.1・2) 内容:銀幕の美少女から日活の看板女優に上り詰めた浅丘ルリ子のセクシーカレンダー1 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(2)中尾彬が語った「吉永小百合の血染めラブレター」事件

アサ芸プラス / 2016年10月11日05時57分

三國連太郎と太地喜和子である。 三國がホストを務めていた「続・おんな対談」のゲストとして太地が招かれたのだ。-太地 三國さんは、どうしてあの時、喜和子から逃げ出したんですか。三國 (長い沈黙)。太地 聞きたいの。三國 10年目にして率直に言うけど‥‥あなたの体にひれふすことがイヤだった‥‥そういうことです。あの頃は僕も若かったし、やり盛りだったから毎日でも [全文を読む]

片山萌美、“離れG乳”オフショット披露でファン歓喜! 女優業ではヌードシーンも厭わず?

日刊サイゾー / 2016年09月28日18時00分

そのため、ファンからは『今後も、コンスタントに写真集出してほしい』という声が殺到しています」(芸能関係者) 2011年に初舞台を踏んでから、舞台中心に活動を続け、着々と演技力を磨いてきた片山だが、この日のイベントでは目標の女優に故・太地喜和子の名前を挙げ、さらに「悪役がやりたいです。危ない人の役でも」と、貪欲な姿勢を見せていたことから、ファンの間では「女優 [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

2012年に57歳の若さで急逝した中村勘三郎は歌舞伎界きっての艶福家で知られ、若かりし日の故・太地喜和子から始まり、大竹しのぶ、宮沢りえ、椎名林檎、石川さゆりと亡くなるまで浮いた噂が消えることはなかった。 一方でトラブルも少なくない。市川猿翁(76)は初恋の相手だった故・藤間紫のことが忘れられず、妻の浜木綿子と、まだわずか1歳だった息子・香川照之を置いて [全文を読む]

グラビアで注目片山萌美が初写真集「水着より手ブラの方が安心」

dwango.jp news / 2016年09月19日18時12分

」と答え、目標とする女優は「もう亡くなってしまいましたけど太地喜和子さんです。生でお会いしたことは無いですけど、すごく魅力的で、あんな演技ができるようになりたいです」と語った。 [全文を読む]

渥美清没後20年!NHK BSプレミアムで大特集

Smartザテレビジョン / 2016年07月22日20時13分

マドンナ・ぼたんを太地喜和子、日本画家の青観を宇野重吉が演じる。 [全文を読む]

フォーカス