太地喜和子のニュース

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1)

アサ芸プラス / 2012年07月26日10時54分

日本を代表する天才女優・太地喜和子が、突然の水難事故によって、48年の生涯を終えた日から。その豪放な女優は恋に生き、酒を愛し、芝居に命を燃やした。事故であるにもかかわらず、どこか〈殉死〉と思わせるのはなぜだろうか─。 自殺した田宮二郎の顔にキス 〈やはり、喜和子も女優として役に魅入られてしまったのか‥‥〉 フジテレビのプロデューサーだった小林俊一は、太地喜 [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4)

アサ芸プラス / 2012年08月02日10時54分

最後の舞台前に悟っていた“死期” 太地喜和子は“最後の女優”である。単に役者の性別を分けただけでなく、世の中で唯一の高貴な職業が「女優」なのである。喜和子は誰よりも意識を高く持ち、すべてを芝居に捧げて死んでいった。没後20年──その凄味は風化することなく語られるべきだ。 映画の打ち上げで素っ裸に… 「蜷川さん、こないだ『水戸黄門』で公家の役をやっているのを [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(6)

アサ芸プラス / 2012年08月08日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5)

アサ芸プラス / 2012年08月07日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3)

アサ芸プラス / 2012年08月01日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5) 早世のマドンナ [全文を読む]

早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(2)

アサ芸プラス / 2012年07月31日10時54分

【関連記事】 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(1) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(3) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(4) 早世のマドンナたち⑥ 太地喜和子 親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆(5) 早世のマドンナ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「片山萌美」(4)片山さんはきっといい女優になるよ

アサ芸プラス / 2016年07月22日05時57分

テリー さて、将来的にはどんな女優になりたいの?片山 すごく恐縮なんですけど、太地喜和子さんを目標に‥‥。テリー えっ、若いのに太地喜和子さんなんてよく知ってるなァ。片山 以前、お世話になっているラジオ局の方から、「お前は太地喜和子になれる素質がある」って言われたんです。テリー えらいこと言われたね。それ、すごいホメ言葉だよ!片山 私はまったく知らなかった [全文を読む]

中村勘三郎さん 大竹しのぶ好きになり太地喜和子さんと別離

NEWSポストセブン / 2012年12月21日07時00分

1975年、当時19才だった勘三郎さんは、文学座の若手女優として人気だった故・太地喜和子さん(享年48)が主演する舞台『桜吹雪 日本の心中』を見に訪れた。勘三郎さんは、かつて本誌のインタビューでこう振り返っている。 「それがすごくよかったんです。で、次の日も見に行ったら、いちばん前の席しかなくて。照れくさい思いで見ていたら、途中で彼女が気づいたんだね。『 [全文を読む]

「太地喜和子の影を追い続けて──?」“天下の艶福家”故・中村勘三郎さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年12月11日11時00分

筆者にとって、勘三郎さんの女性関係で忘れられないのが、1992年に舞台『唐人お吉』の公演先の静岡県伊東市の港で自動車で誤って転落事故死した女優の故・太地喜和子さんの存在だ。 太地さんが若い頃、往年の名優の三国連太郎と燃えるような不倫をしたのは有名な話。その後、俳優の秋野大作と結婚するが、短期間で離婚。その後、共演者や、故・伊丹十三さんと不倫して、“魔性の [全文を読む]

新グラビア女王と話題の片山萌美、ランジェリー&ビキニの王道カットに絶賛の声

メンズサイゾー / 2016年07月26日10時00分

「かつて片山さんは雑誌のインタビューで、目標の人物に昭和の大女優・太地喜和子さんの名前を挙げていた。ある芸能関係者に『平成の太地喜和子になれる』と太鼓判を押されたことがあり、それ以降太地さんを意識しているようです。片山さんは『恐縮なんですけど』と前置きしていましたが、それだけ女優業に対する志が高いのだと思います。太地さんといえば、艶のある女優として有名で [全文を読む]

フォーカス