翁長雄志のニュース

【書評】沖縄県知事がついた嘘。「基地撤退」の背後にチラつく中国の影

まぐまぐニュース! / 2016年07月06日10時00分

その前日に翁長雄志沖縄県知事が同じ舞台で行った2分間のスピーチへの反論である。 翁長知事のスピーチは、米軍基地によって沖縄の「自己決定権」がないがしろにされていると主張して、辺野古での「新基地建設」を阻止すると訴えたものだった。国連の人権委員会に日本政府への勧告を出させ、辺野古への基地移設を妨害しようという企みだった。 我那覇さんは、翁長知事のスピーチを真 [全文を読む]

菅原文太さんは、なぜ命を削ってまで、沖縄問題に関わろうとしたのか?「国権と島と涙 沖縄の抗う民意を探る」出版

PR TIMES / 2017年04月19日12時08分

俳優・菅原文太さんの足跡をたどり、沖縄を訪れた著者は沖縄県知事選に向けた前哨戦のさなかに、翁長雄志・現知事の応援演説をした菅原さんの姿に心を揺さぶられ、菅原さんが命を削ってまで関わろうとした沖縄の問題に無知なことを痛感し、取材が始まりました。丹念に現場を歩き、その背景や葛藤を克明に綴った渾身のルポルタージュ作品です。 [画像: https://prtime [全文を読む]

3月4日(土)・3月5日(日)『沖縄空手会館』開館 落成記念式典・関連イベント開催レポート 「空手発祥の地・沖縄」を世界に発信

PR TIMES / 2017年03月08日12時35分

落成記念式典には、翁長雄志沖縄県知事、内閣府特命担当大臣・鶴保 庸介氏をはじめとする来賓及び関係者約700名が参列し、主催者、来賓者よりご挨拶をいただきました。また沖縄伝統空手道振興会の代表者や世界空手選手権大会(2016年10月)の男子団体形で優勝した喜友名諒選手(沖縄県出身)等による記念演武が実施されました。 「沖縄空手会館」は、沖縄空手を保存・継承 [全文を読む]

辺野古に反対する翁長沖縄知事が「変節ではない」理由

ニューズウィーク日本版 / 2015年10月23日18時45分

『沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義』(翁長雄志、寺島実郎、佐藤優、山口昇、朝日新聞取材班著、朝日新聞出版)は、「翁長雄志・沖縄県知事と有識者との意見交換の場を」という発案から実現したシンポジウムの内容を収録したもの。 翁長知事に加え、多摩大学学長の寺島実郎、元外交官・作家の佐藤優、元陸上自衛官で国際大学教授の山口昇、そ [全文を読む]

反安倍、反原発…菅原文太さん“左寄り”の原点は高校時代

WEB女性自身 / 2014年12月11日09時00分

沖縄県知事選で、米軍基地辺野古移転反対を掲げ当選した翁長雄志氏の応援に文太さんは立った。「文太さんから、選挙の手伝いができないかと打診があった。それまで翁長と文太さんは接点がまったくないのにです。心にズシッとくる演説でした」(翁長雄志事務所の翁長雄治さん) 演説で文太さんは「仲井眞さん、弾はまだ残っとるがよ」と、『仁義なき戦い』から引用し、移転推進派に牙を [全文を読む]

揺らぐ「日本一かわいそうな県」の地位…辺野古移設反対に隠された沖縄県民の本音

デイリーニュースオンライン / 2014年11月18日14時00分

当選したのは前の那覇市長翁長雄志氏(64)だ。アメリカ軍普天間飛行場の移設先が最大の争点と言われたが、その裏には沖縄県民しか持ち得ない複雑な感情が絡んでいた。翁長氏支援の関係者Y氏が声をひそめる。 「戦後、沖縄はずっと日本で一番かわいそうな県だった。今回の知事選は、その『かわいそうな沖縄』という立ち位置を取り戻すための選挙だったんです」 米軍関連の様々な問 [全文を読む]

安倍政権の閣僚スキャンダルの影響は沖縄県知事選へ|岡留安則コラム

東京ブレイキングニュース / 2014年11月06日20時30分

下地幹郎元衆議院議員、喜納昌吉元参議院議員、翁長雄志前那覇市長、現職の仲井真弘多氏の4人での争いだ。官邸が極秘で調査した事前の世論調査では、辺野古新基地建設に反対し、オール沖縄の県民党路線を打ち出している翁長雄志候補が大きくリードしている。しかし、安倍政権としても負けるわけにはいかないと位置付けており、官邸を中心に人脈と金脈を駆使した選挙戦を展開している。 [全文を読む]

翁長知事、市長選4連敗で辺野古埋め立て阻止に打つ手なし?

日刊SPA! / 2017年05月01日15時56分

4月下旬には翁長雄志県政の今後を占う2つの大きな“事件”が立て続けに起こった。 1つは4月23日に投開票が行われた沖縄本島中部のうるま市長選挙。もう1つは北部の名護市辺野古での埋め立て工事の着工だ。うるま市は、人口12万人あまりで沖縄では3番目に多い。市長選挙では、現職の島袋敏夫氏と前の県議の山内末子氏が争った。島袋氏を自民・公明が推薦したのに対し、山内氏 [全文を読む]

ガレッジセール・ゴリ“普天間発言”でオファー激減中……中立意見でも「配慮」するテレビ局の弱腰ぶり

日刊サイゾー / 2017年04月28日11時00分

工事は今年度中には護岸内に土砂を投入して埋め立てていく予定で、5年をめどに完了を見込むが、翁長雄志沖縄県知事が対抗措置を取る考えを示しており、まだまだ問題は長期化しそうだ。 そんな沖縄の現状を憂う発言をゴリがしたことで、なんとゴリ自身の仕事が減りつつあるという。 「ゴリさんは客観的、中立的に発言するよう心がけていますが、それがテレビ局や広告代理店などには [全文を読む]

EXILE TAKAHIRO、沖縄空手会館に「清」の書を贈呈『恩返しができた』

okmusic UP's / 2017年04月06日13時00分

同日は除幕式も行なわれ、TAKAHIROと翁長雄志沖縄県知事が参加した。 【その他の画像】EXILETAKAHIROは、沖縄空手道首里手松林会本部佐世保尚武館(長崎県佐世保市)で幼少期から空手を学び、初段の腕前を持つ。『人としての精神の根っこの部分を空手道に鍛え上げてもらった』と振り、『どんな形でもいいので、空手道に恩返しをしたいという想いがずっとあったの [全文を読む]

フォーカス