鈴木雅人のニュース

成年後見を知らずに「お金・住まい・暮らし」は守れない『認知症700万人時代の失敗しない「成年後見」の使い方』

@Press / 2017年02月20日11時00分

■目次 序章 ●「成年後見」を知らずに、年はとれない! 第1章 ●「成年後見」って何ですか? 第2章 ●認知症の家族の生活を守る――法定後見 第3章 ●自分の老後は自分で決めたい――任意後見 第4章 ●「後見人」ってどんなことをする人? 第5章 ●知らなきゃ損する、成年後見トラブル事例 終章 ●自分らしく生きよう ==================== [全文を読む]

チーム紹介:鹿島学園高(茨城)

ゲキサカ / 2017年01月04日15時21分

第95回全国高校サッカー選手権 鹿島学園高(茨城) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 鹿島学園高関連ニュース 鹿島学園高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 2-1 高川学園高(山口) 2回戦 0-1 東海大仰星高(大阪)■出場回数 4年ぶり8回目■過去の最高成績 4強(08年度)■その他、過去の主な全国大会成績 全国高 [全文を読む]

ユース取材陣注目の“選手権ブレイク候補”vol.4_FW上田綺世(鹿島学園高)「“隠れ得点王候補”」

ゲキサカ / 2016年12月25日09時26分

鈴木雅人監督から言わせれば、「個の力はあるけど、まだまだ甘いので発展途上の選手」。昨年の選手権予選準決勝・明秀日立高戦でもピッチに立ったが何も出来ず、ゴールゲッターとしては物足りない一面が顔を覗かせていた。 しかし、3年生になると昨年までのひ弱さを払拭。「疲れてくると技術もブレて、後半の終盤に活躍ができない」(上田)という課題に向き合い始めると、負荷を掛け [全文を読む]

[ADIDAS CUP 2016 in TOKYO]怪我人続出も鹿島学園はチームの底上げ期待、C大阪内定MF大山擁する札幌大谷に競り勝つ

ゲキサカ / 2016年10月01日20時51分

鈴木雅人監督も「怪我人が多くて、今はごちゃごちゃなんです。試合に出ている子も怪我持ちの子が多いので…」と現状に頭を抱えている。 そしてこの日の試合でも、ペースはセレッソ大阪への入団内定が発表になったばかりのMF大山武蔵(3年)を擁する札幌大谷が握っていた。中盤の底に大山を置くことでボールを落ち着かせる札幌大谷は前半12分、相手の隙を見逃さなかったMF木村太 [全文を読む]

[総体]全国切符最後の1枚は鹿島学園の手に!注目エースFW上田がスーパーゴール含む2発!!:茨城

ゲキサカ / 2016年06月23日21時28分

「どうだ? 走れるか? 行けるか? 行けるなら行け!」と鈴木雅人監督に喝を入れられると、開始1分にFW岡部知紘(3年)が右サイドを突破。この流れからMF木次谷和希(3年)が先制ゴールを奪った。指揮官の檄と先手を取った勢いで加速した鹿島学園。MF竹内利樹(3年)とMF島村風雄(3年)のダブルボランチもこぼれ球を拾えるようになり、速攻からチャンスを作り出す場面 [全文を読む]

[MOM1691]鹿島学園DF塩野清雅(2年)_「泥臭くやるだけ」の主将が好守でV導く

ゲキサカ / 2016年01月24日09時54分

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ] [1.23 茨城県新人戦決勝 明秀日立高 1-4 鹿島学園高 鹿島ハイツ] 鹿島学園高の鈴木雅人監督は「良く守備で頑張っていた」とキャプテンマークを巻いた背番号2を讃えていた。 準決勝に続き、決勝も攻撃面の主役は2得点を挙げたFW上田綺世(2年)だったが、守備ではCB塩野清雅主将(2年)が最終ラインで体を張った守り [全文を読む]

[MOM1689]鹿島学園FW上田綺世(2年)_高速ドリブルと自信のヘッド、5戦連発エースが際立った存在感

ゲキサカ / 2016年01月23日22時48分

鹿島学園の鈴木雅人監督も「サイズも、スピードも、パワーもある。(上のステージで戦える選手に)育てていきたい」と期待する注目ストライカーは、右大腿肉離れの負傷明けで万全でなく、大会序盤は出場時間が限られる中でのプレー。コンディションは「まだ運動量は足りていないですね。もう少し体のコンディション良くなればもっと速く、もっと量もいけると思います」という中だったが [全文を読む]

[新人戦]注目FW上田2発!鹿島学園が水戸商との名門対決制す

ゲキサカ / 2016年01月23日22時01分

今年は決して個々の力で相手を圧倒するようなチームではないが、それでも最終ライン中心に良く声が出て、鈴木雅人監督も「『前向きに頑張って行こう』というところで反応してくれる」と評するようにひたむきに頑張ることができるチームだ。そして鋭いサイドアタックと、注目エースFW上田という存在もある。だが、まずは自分たちがやるべきこと、ハードワークを徹底すること。塩野が「 [全文を読む]

[横山杯]白熱の攻防戦は鹿島学園と0-0ドロー、八千代は来季千葉のライバルたちに「チーム力で勝ちたい」

ゲキサカ / 2015年12月28日23時58分

見応えある戦いだったが、鹿島学園の鈴木雅人監督は「まだまだ。頑張ります」と語り、八千代の豊島隆監督も「これからのチームです」と控えめ。今年、全国舞台に立つことのできなかった両校は来季へ向けて静かに牙を研ぐ。 その中で八千代の新チームは「下手だって言われる」(三須)という中でのスタート。個性的な選手の多かった昨年までと比べて劣るのは自覚している。その中で八 [全文を読む]

フォーカス