吉田修一のニュース

映画『怒り』劇中音楽を坂本龍一が担当、日本が世界に誇る“天才”が集結!

NeoL / 2016年06月22日21時52分

「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞した吉田修一の原作と、『フラガール』で日本中を感動の涙で包み込んだ映画監督・李相日によって作られた『悪人』。“本当の悪人は誰か”と投げかけるそのメッセージと、人間の本質に切り込んだドラマに日本中の観客が感動、興行収入20億円の大ヒットを記録した。劇場での高評価をそのままに、国内のあらゆる映画賞を総ナメ、そして第3 [全文を読む]

映画「怒り」の吉田修一氏の新刊『犯罪小説集』、10月15日発売決定!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

著者最高傑作の誕生! 株式会社KADOKAWAは、吉田修一著『犯罪小説集』を10月15日(土)に発売します。 [画像: http://prtimes.jp/i/7006/2705/resize/d7006-2705-978827-0.jpg ] 豪華函入り「愛蔵版」も同時発売!(定価:本体2,500円+税) 【内容紹介】 愛と欲。夢と挫折。堕ちていく男と女 [全文を読む]

真木よう子、「言いたくないな…」涙の理由を明かす

モデルプレス / 2013年07月02日20時21分

初日舞台挨拶時にサプライズで披露された原作者である吉田修一氏からの手紙に触れ、最近嬉し泣きをしたことについて聞かれた真木は、「言いたくないなあ…」と言いつつも、「吉田修一さんから舞台挨拶の時にサプライズでお手紙を頂いたんですね。その時とても泣きそうだったんですけれど、我慢して…まだ(モスクワ映画祭の)何の結果もでていなかったので。それを今日モスクワ映画祭 [全文を読む]

【書評】SF的要素を取り入れ「家族」の概念を覆す

NEWSポストセブン / 2017年01月04日16時00分

翻訳家の鴻巣友季子氏は、純文学の潮流を読み解く書として『橋を渡る』(吉田修一・著/文藝春秋/1800円+税)を推す。鴻巣氏が同書を解説する。 * * * もはやリアリズム小説では現実に太刀打ちできないせいか、遺伝子操作やクローン、AI(人工知能)といったSF的な要素を純文学作品にも取り入れる潮流が、ここしばらく世界的に続いており、日本でもこの二年ほどは「ラ [全文を読む]

【著者に訊け】吉田修一氏 『犯罪小説集』

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

【著者に訊け】吉田修一氏/『犯罪小説集』/KADOKAWA/1500円+税 現在映画も大ヒット中の『怒り』で、吉田修一氏は身近な人間すら信じきれず、怒りも憎しみも内に秘めた人々の不信を巡る光景を、東京・千葉・沖縄の3地点に並行して活写してみせた。 最新刊『犯罪小説集』の冒頭の1作、「青田Y字路」にも、こんなシーンがある。〈怒号が飛び交うなか、五郎はこの熱狂 [全文を読む]

映画『怒り』の原作者・吉田修一が放つ最高傑作『犯罪小説集』発売記念!吉田修一の単独インタビューをotoCotoにて公開

PR TIMES / 2016年10月25日13時24分

[画像1: http://prtimes.jp/i/6388/183/resize/d6388-183-771773-0.jpg ]電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、新刊『犯罪小説集』(KADOKAWA 刊)の発売を記念し、著者・吉田修一氏の単独のインタビューを、本日10月25日(火)に、ブックリスタが運営するweb メディア [全文を読む]

映画『怒り』高評価も、映画界から不満の声「吉田修一さん原作の作品は、もう……」

日刊サイゾー / 2016年10月24日21時00分

「李監督は、同じ吉田修一氏の小説が原作の『悪人』に続く2度目の受賞でした。『悪人』は結局、8つの映画祭で20もの賞を獲得しましたが、映画関係者の間では『怒り』はそれを超えるんじゃないかって話です」(映画関係者) 主演の渡辺謙をはじめ、宮崎あおい、森山未來、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すずと、今の日本映画界を代表するようなメンバーをそろえたのも、原 [全文を読む]

「俳優陣の演技力、ズバ抜けています。こんなに辛い気持ちになるとは…」渡辺謙、綾野剛、森山未來ら実力派キャストが集結した映画『怒り』に絶賛の嵐

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月28日11時00分

映画「悪人」の小説家・吉田修一と、映画監督・李相日が再びタッグを組んだ映画「怒り」が2016年9月17日(土)に公開された。公開前から豪華キャスト陣と豪華スタッフに注目が集まっていた同作だが、実際に観た観客からは「引き込まれすぎてあっという間だった!」「こんなにも切ない涙を流したのは久々だ。もう一度劇場で見たい」と絶賛の声があちこちで溢れている。 吉田の小 [全文を読む]

宮崎あおいが涙!渡辺謙に「お父ちゃんと会えなくなっちゃうのがさみしい」

Movie Walker / 2016年09月17日13時50分

渡辺は最後に「すべてのキャスト、スタッフ、(音楽の)坂本龍一さん、(原作者の)吉田修一さんの本気の思い。それをまとめ上げた李監督の思いが全国に届いていくことを今日確信することができました。本当にありがとうございました!」と力強く締めくくった。 『怒り』は、日本アカデミー賞など国内の映画賞を多数受賞した『悪人』(15)の李相日監督と原作者の吉田修一、同作のス [全文を読む]

『怒り』の李相日監督が語る、渡辺謙らキャスト7人との撮影秘話【前編】

Movie Walker / 2016年09月17日12時30分

このドリームキャストが実現したのは、『悪人』(15)を手がけた李相日監督や原作者の吉田修一、同作の川村元気プロデューサーという最強の布陣が、さらに高い志をもって挑んだ映画だからだ。そのチームの指揮官である李監督にインタビューし、脚本作りや豪華キャストとの撮影秘話について聞いた。八王子の閑静な住宅地である夫婦が惨殺され、室内には血で書かれた『怒』の文字が残さ [全文を読む]

フォーカス