せんだみつおのニュース

暴力団組長との交際疑惑で"干された"せんだみつおが、番組制作会社に猛烈営業中

日刊サイゾー / 2012年06月29日08時00分

「こないだある番組制作会社に行ったら、せんだみつおさんがいたんです。必死に『どんな役でもいいので使ってください!』と営業していましたよ」 そう語るのは某芸能マネジャーだ。せんだといえば、2008年に一部週刊誌で暴力団組長の娘の結婚式で司会をしていたと報じられて以来、めっきりテレビでその姿を見ることがなくなった。「テレビ局は"黒い交際疑惑"のあるタレントは一 [全文を読む]

気をつけろ!? パーティーでゲームをしても、メリットはない!

恋学 / 2016年11月24日10時30分

山手線ゲームだけじゃなく「斉藤さんゲーム」や「せんだみつおゲーム」なども同様です。そういえばこの間、若い子も大勢参加していた飲み会で「せんだみつおゲームしよう」といって「せんだみつお? 誰すか?」といわれていた中年男性を見ました。 おわりにそもそも何人かで集まるだけで楽しいのがパーティーで、いってみればその時点で目的は達しているわけですから、その上で趣向を [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(3)<せんだみつお・こちら葛飾区亀有公園前派出所>シリーズ化予定だった実写第1号が頓挫したのは?

アサ芸プラス / 2016年11月19日17時57分

そんな名作に、原作者を激怒させた実写版があるのをご存じだろうか?──ラサール石井でも香取慎吾でもなく、せんだみつお(69)こそ「初代の両津勘吉」でした。せんだ 東映の「トラック野郎」と同時で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」も77年12月24日の公開だから、栄光の正月映画ですよ。──大きな期待がかけられていたんですね。せんだ 岡田茂社長(当時)に「せんだ君 [全文を読む]

芸歴58年のせんだみつお「68歳で12キロ」ダイエットに成功

WEB女性自身 / 2016年05月05日06時00分

68歳で12キロ減ですよ!」 黒光りする笑顔の主は「ナハナハ」のギャグでお馴染み、せんだみつお。子役時代を含めれば芸歴58年を誇る。 「1972〜78年は黄金の7年で、飛ぶ鳥を落とす勢い。『ぎんざNOW!』をはじめ、テレビとラジオ合わせて10本以上のレギュラーがあった。20代後半は千代田区の高額納税者番付で5位に入った。それがいまや袋小路 ナハッ!」 いま [全文を読む]

何度となく「干された」せんだみつおの悔恨インタビュー

アサ芸プラス / 2014年10月31日09時58分

テレビに出ない日はなかった栄光から一転、何度となく「干される」ことの現実を味わったせんだみつお(67)。その危機から、いかに脱出できたのか? ──72年の「ぎんざNOW!」(TBS系)や、74年の「うわさのチャンネル」(日本テレビ系)を中心に、黄金時代はテレビ・ラジオ・映画のレギュラーをいくつも抱えていました。 せんだ そう、忙しすぎたんだよね。寝不足に過 [全文を読む]

カイヤと離婚できない川崎麻世が、せんだみつおの娘・るかと頻繁に“不倫デート”中!

日刊サイゾー / 2013年06月27日11時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 東京・恵比寿にある“恵比寿横丁”で、ジャニーズ出身の俳優・川崎麻世と、せんだみつおの愛娘でタレントのせんだるかのツーショット目撃情報が寄せられた。恵比寿横丁とはJR恵比寿駅から徒歩2分くらいの場所にある、昭和の時代に栄えた「山下ショッピングセ [全文を読む]

せんだみつお TV出なくても営業タレントとして大忙しの日々

NEWSポストセブン / 2012年03月24日07時00分

1970年代には竹中直人や関根勤、柳沢慎吾などを輩出した『ぎんざNOW!』の司会を務め、「ナハナハ!」などの一発ギャグでも知られるせんだみつお(64)。 最近テレビでお目にかかることはほとんどないが、せんだのスケジュールはびっしりと埋まっているという。 「イベントやパーティ司会など、いわゆる“営業”仕事の日々ですよ。しゃべりがうまく、司会進行もできる。それ [全文を読む]

すでに懐かしい気持ちになるゲームも!?合コンゲームランキングTOP5

しらべぇ / 2017年05月05日21時00分

■5位:せんだみつおゲーム(27票)世代によっては知らない人もいるかもしれないこのゲーム。「せんだ!」「みつお!」「ナハナハ!」と順に言いながら、親プレイヤーが任意の誰かを指定するといもの。せんだみつを知らない世代がやってみても、意外に盛り上がる不思議なゲームだ。 ■4位:いっせーの(親指ゲーム)(29票)掛け声とともに、プレイヤーが出した親指の数を予想 [全文を読む]

【トリビア】ジャンプ漫画「こち亀」の知られざるトリビア11連発!

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年08月11日06時00分

5. せんだみつおが両津役で実写映画化されたことがある こち亀の実写映画といえば香取慎吾さんが両津役をつとめた2011年度版が有名ですが、実は1977年にせんだみつおさんが両津役を務めた実写版こち亀が公開されたことがあります。 週刊少年ジャンプ本誌で連載開始した翌年の作品ということもあり、麗子や本田といった主要人物はまだ登場しておらず、全然雰囲気の異なる [全文を読む]

明治元年創業の名店でいただく絶品牛鍋

ぐるなび / 2015年10月02日11時10分

10月1日放送の「昼めし旅~あなたのご飯見せてください!~」(テレビ東京系、午前11時45分~)では、タレントのせんだみつおさんが神奈川県・横浜を散策しながら、そこで働く人のお昼ご飯を調査。牛鍋会席のお店「太田なわのれん」(神奈川県横浜市中区)を訪れた。 明治元年(1868年)創業という長い歴史を持つ同店で、「生まれて初めての牛鍋です!」というせんだみつお [全文を読む]

河本準一 「TVの仕事がなくなっても一生安泰」と芸能関係者

NEWSポストセブン / 2012年06月03日16時00分

実際、最近テレビでまったく見なくなったせんだみつお(65)も営業の仕事がバンバン入っています。ルー大柴(58)も1990年代にブレイクした後、一時の勢いがなくなりましたが、パチンコ営業などで食いつないでいました。芸人はサラリーマンよりも、よっぽどお金の心配は少ないはずです。 全盛期より収入が落ちると、その頃の生活を維持したくなって精神的に落ち着かなくなりま [全文を読む]

別に乃木坂46ファンじゃないけど 少しだけ『じゃらんVR乃木坂温泉』について語ってみようか

ガジェット通信 / 2017年03月30日17時00分

ルールは『せんだみつおゲーム』と同じ。「ズッキュン」というのは、まなったんの挨拶のセリフ、「あなたのハートにー……。ズッキュン!」から来ている。 01:30~ 堀ちゃん「かわいい」。堀ちゃんの方がかわいいよぉ~! 03:02~ 堀ちゃん「吸うやつ」。以前、グアムロケの企画で披露した、「美木良介さんのロングブレスのモノマネ」のことである。 03:25~ かず [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

一方、前述の金曜夜の枠は、和田アキ子にザ・デストロイヤー、せんだみつおらを起用して、73年10月『金曜10時!うわさのチャンネル!!』と銘打ってスタートする。日テレは全社一丸でこの新番組に取り組み、最高視聴率27.6%を記録する。同番組の成功は、ナベプロ抜きでもお笑い番組が成立することを証明した。 だが、喜んでばかりもいられなかった。この“戦争”の煽りを [全文を読む]

芸歴42年の関根勤、「BIG3にはファンとして接している」

WEB女性自身 / 2017年02月12日09時00分

その翌週には、せんだみつお(69)が司会を務めるバラエティ番組のレギュラーを獲得。以来42年間、レギュラー番組が途絶えたことがないという。 番組MCのナインティナイン・岡村も関根と初めて会った時のことを覚えており、楽屋に相方の矢部と挨拶に行った際、関根は鏡に向かって千葉真一のモノマネを練習しており、2人に向かっての挨拶が千葉真一になっていたと当時の印象を語 [全文を読む]

「Yahoo!映像トピックス アワード2016」を発表 約3万本の厳選した映像の中から、2016年の人気映像をランキングで振り返る

PR TIMES / 2016年12月06日17時01分

[画像2: http://prtimes.jp/i/8260/134/resize/d8260-134-398784-1.jpg ]「Yahoo!映像トピックス アワード2016」ランキング【総合ランキング】■ 1位 石原さとみのトルネード投法にどよめき http://yahoo.jp/otW-Ms■ 2位 せんだみつお父娘の痩せた姿が衝撃的 http:/ [全文を読む]

【黒歴史】逮捕歴のある意外な有名人15選! あの有名人も過去に逮捕されていた

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月18日06時00分

歌手の槇原敬之さん、音楽プロデューサーの小室哲也さん、タレントのビートたけしさん、羽賀研二さん、コロッケさん、せんだみつおさんなども逮捕歴があるのです。 自粛期間はかなり差がある 同じ罪で逮捕された有名人同士でも、それぞれ活動を自粛する期間にはかなり差があります。同じ罪で何度も逮捕されながら何度も復帰する人もいれば、逮捕されてそのまま表舞台に戻ってこれない [全文を読む]

馬場アナ「負のオーラがある」独身の理由を指摘され狼狽

日刊大衆 / 2016年09月29日13時30分

ナパ! ナパナパ!」(せんだみつおがモチーフ)をスタジオで発表するや、さすがの友近(43)も「すごいなー」と思わず感心だ。 こんな馬場アナの嗜好について、精神科医の名越康文氏(56)は「馬場さんみたいなタイプは40過ぎてから成熟する。しかし、恋愛の相手がいないとダジャレにそれる」と分析した。要するに、欲求を言葉(ダジャレ)で解消している状態らしい。 この解 [全文を読む]

SMAP・香取慎吾を壊した? 連載終了で思い出される、実写版『こち亀』の悲劇

日刊サイゾー / 2016年09月16日11時00分

『こち亀』の実写化は過去に何度か行われており、1977年の映画ではせんだみつお、99年の舞台ではラサール石井が演じている。ラサールは96年から始まったアニメ版でも声優を担当しており、独特のダミ声は「両津のイメージにぴったり」との評価を得ていた。 「ドラマが制作された際も、当初は原作者の秋本治氏の希望もあって、ラサールさんに主演オファーが出されていましたが、 [全文を読む]

Yahoo!映像トピックス 2016年8月の月間アクセス数ランキング

PR TIMES / 2016年09月09日14時44分

(集計期間:2016年8月1日~8月31日) [画像: http://prtimes.jp/i/8260/104/resize/d8260-104-911077-0.jpg ] 2016年8月の月間ランキング ■1位 石原さとみのトルネード投法にどよめき http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/s [全文を読む]

アニメ化で注目!「こち亀」に「香取慎吾の実写版」を超える黒歴史作品があった

アサ芸プラス / 2016年06月24日05時59分

当時大ヒットを飛ばしていた「トラック野郎」の併映作品であり、両津を演じたのは、せんだみつお。ほか、荒井注、浜田光夫、田中邦衛、夏木マリ、由紀さおりなど、出演キャストもなかなかに豪華だ。「当時人気だった松本ちえこや、『Gメン‘75』のメンバーを特別出演させるなど、お祭り要素も高かったのですが、原作者の秋本氏がお気に召さなかったのか、以後ソフト化はおろか、テレ [全文を読む]

フォーカス