小池龍之介のニュース

【小池龍之介、初のスケジュール帳誕生!】過去や未来に縛られない、「今」を大切にする手帳

PR TIMES / 2014年09月22日14時30分

中経出版ブランドカンパニー株式会社KADOKAWA 中経出版ブランドカンパニー(東京都千代田区)は、小池龍之介氏の新刊『小池龍之介 1日を大切にする気づきの手帳2015』を刊行しました。感情や時間は諸行無常に過ぎていく気づきを与えてくれる。【過去を捨て、未来にも縛られない、「今」だけに集中する教えの手帳。】老若男女に幅広く人気にある小池龍之介氏が、初めて出 [全文を読む]

3つのしないを意識して!住職が教える「忙しい毎日を見つめなおす」秘訣とは

AppWoman / 2015年03月03日12時00分

でも、それに疲れを感じてしまうとき、ありませんか……? 今回はそんなリスト化した毎日に疲れてしまった方のために、小池龍之介さんの著書を参考に、“しない生活”の3つの原則についてご紹介します。 ■1:つながらない 神奈川県鎌倉市にある月読寺の住職として修行のかたわら執筆をすすめる小池龍之介さん。著書『しない生活』では、最初の項目として“つながりすぎない”とい [全文を読む]

「おじさん」とは何故こうもウザがられ、嫌われてしまうのか…? 「おじさん化」を食い止めるための処方箋

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月22日06時30分

『おじさん仏教』の第1部では、「後悔」「寂しさ」「家族」「仕事」「お金」「老後」など、街で集めた中高年男性からの悩みに僧侶・小池龍之介が仏道の視座から回答。第2部では、おじさん化を食い止めるために、仏教における「八正道」の教えを説いている。 さらに同書には、世のおじさんたちを温かな目線で観察したベストセラー『おじさん図鑑』の著者・なかむらるみによる、イラ [全文を読む]

「おじさん」とは何故こうもウザがられ、嫌われてしまうのか?人気僧侶が仏教の教えから解く「おじさん」を理解し「おじさん化」を食い止めるための処方箋、待望の発売と刊行記念イベント開催のお知らせ!

PR TIMES / 2016年11月16日17時55分

株式会社徳間書店(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野健一)は、『おじさん仏教』(小池龍之介・著)を11月22日に発売いたします。それを記念しまして、11月24日午後7時より、東京駅至近の八重洲ブックセンター本店8階ギャラリーにて『おじさん仏教』刊行記念イベント「本屋de説法会」を開催いたします。[画像: http://prtimes.jp/i/1693 [全文を読む]

うっかり言ってない?周囲から反発を買う「6文字の絶対禁句ワード」とは

WooRis / 2014年12月02日15時00分

“あなたのため”と口に出すとき、多くの人の本心は“自分のため”であると、僧侶の小池龍之介氏は著書『しない生活』で指摘しています。 自分でも気づかないうちに“あなたのため”と口にすることが多い人は、改めたほうがよさそうです。今回はその理由について、同著を参考にお伝えします。 ■本人も気づいていないだけで“自分のため”に言っている 「あなたのために言ってるの [全文を読む]

あとでクヨクヨせずにすむ!物事を「後悔なく決断できる」ようになるコツ

WooRis / 2014年11月30日17時00分

■1:迷うこと自体が心に損をしている 僧侶である小池龍之介氏は、著書『しない生活』の中で、“なにが得か”を常に考えて迷う行為は心に損をしていて、さらに心に迷いがあるとなかなか物事は決まらないと指摘します。 例えば、待ち合わせの場所を決めるときに「前回は私が遠出をしたから、今回はあの子にこっちに来てほしいんだけどな」などと思ってしまった経験はありませんか? [全文を読む]

不安、怒り、イライラ……現役住職が教える、乱れた精神を鎮めるメンタルトレーニング

Business Journal / 2014年05月04日16時00分

2年半にわたり朝日新聞で連載してきた「心を保つお稽古」から108本を選んで書籍化したのが、本書『しない生活』(小池龍之介/著、幻冬舎/刊)だ。 お寺の住職である小池龍之介氏が、そのときの自分にとって一番気になる身辺の事象や“我が心模様”を切り取って記事にしたものである。■親しい間柄ほど陥りがちなワナとは? 「あなたが優しくしてくれないから私も」という思考 [全文を読む]

電子チラシポータルサイト「Shufoo!」が 月間利用者400万人突破を記念して、主婦応援キャンペーンを実施!! ~「金のチラシ」をみつけて、プレミア賞品をGETしよう!~

PR TIMES / 2012年07月23日18時31分

小池龍之介住職がお悩みを解放いたします!! ※詳細は近日中にShufoo!上で発表予定 ■小池龍之介プロフィール(主婦のお悩み解放コース) 僧侶。1978年、山口県生まれ。月読寺(東京都)、正現寺(山口県)住職。東京大学教養学部卒。 現在は自信の修行の傍ら、月読寺などで一般向けに坐禅指導をおこなう。 主な著書に「考えない練習」(小学館文庫)、「平常心のレ [全文を読む]

野球界の伝説と、芸人が描く不条理文芸。電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”から2作品発売!

PR TIMES / 2017年01月27日19時20分

WEBマガジンの執筆はアケミン、いとうあさこ、沖田×華、岸見一郎、小池龍之介、辛酸なめ子、鈴木涼美、はあちゅう、広岡達朗、「バイリンガルニュース」のMami、橋本治、藤田晋、益田ミリほか話題の著名人。無料の会員登録で約5800本の記事が読み放題に。 電子書店は専用アプリ不要の、すぐ読めるブラウザ型なので電子書籍を気軽に試し読みできます。 ここでしか買えな [全文を読む]

勉強の秋だから…!「今度こそ挫折せずに」学習を続けるコツ3つ

BizLady / 2016年09月19日18時00分

月読寺(神奈川県鎌倉市)・正現寺(山口市)住職の小池龍之介氏の著書『考えない練習』でも、計画の重要性についてこのように解説されています。<何かを続けるために大切なこと―それは計画することです。(略)その計画通りにことを進めれば、あれこれ考えねばならない時間が少なくなるため、結果的に身心に良い影響を及ぼします。>少し面倒ですが、最初に時間をとってしっかりと計 [全文を読む]

なぜかイライラが止まらない…!「気分の凸凹」とサヨナラする方法

BizLady / 2016年08月31日11時30分

月読寺(神奈川県鎌倉市)・正現寺(山口市)住職の小池龍之介氏の著書『考えない練習』でも、ネガティブなニュースや暴力的な内容は長期的に人の心を蝕むものだと説明しています。<心はどうしても、刺激による短期的な快楽を求めてしまいます。当面の刺激を得たい、刺激的なものを見て気持ち良くなりたいという錯覚に負けてしまいそうになりますが、長期的に考えれば、その行為は自分 [全文を読む]

露出の季節!今度こそ挫折しない「ツラくないダイエット」術

BizLady / 2016年08月09日20時00分

健康な体を維持するためにはもう十分に栄養をとっているのに、それでもまだ食欲がおさまらない……そんな時、私たちの心の中では一体何が起こっているのでしょうか?月読寺(神奈川県鎌倉市)・正現寺(山口市)住職の小池龍之介氏の著書『考えない練習』では、”ストレス食い”がなかなかやめられない現象について、<「痩せたい」と考えれば考えるほど、ダイエットは実現しにくいもの [全文を読む]

国選総会決議で上映された注目のドキュメンタリー映画を放送 !

Smartザテレビジョン / 2016年07月08日16時48分

今回、放送を記念して行われた試写会に、住職である小池龍之介と認定NPO法人日本紛争予防センター理事長の瀬谷ルミ子がゲストとして登場した。 以前から作品のことが気になっていたという瀬谷は「紛争により亡くなった方はもちろん、残されたご家族の一人一人にストーリーがある。このドキュメンタリーは私たちが自分に照らし合わせてみることができるように作られているので、す [全文を読む]

新雑誌『衆知』を創刊

@Press / 2016年04月26日10時00分

■連載陣 ・鍵山秀三郎(日本を美しくする会相談役) 鍵山秀三郎の幸福論 日本が持続可能になるために ・守屋 淳(中国文学者) 「今」に活かす中国古典 『韓非子』 ・立川談四楼(落語家) 立川流と談志イズム~弟子の育て方・鍛え方~ ・小池龍之介(月読寺・正現寺住職) 「空」を用いる。 ■『衆知』概要 創刊:2016年4月27日 発行:隔月(偶数月)27日 [全文を読む]

子宮力UP、アンガーマネジメント、最新ダイエットetc.『からだの本 vol.02』

@Press / 2015年09月17日15時00分

『健康も、きれいも、自分でつくる からだの本 vol.02』 9月17日(木)発売 定価617円 A4変形判、アジロ、総ページ132ページ ~「からだの本」は連載も充実!~ karada essay 角田光代 飛田和緒さんちの野菜ごはん なかしましほさんの体にやさしい素朴なおやつ 早坂香須子さんのキレイの新・スタンダード 香山リカ先生の心がラクになる悩み [全文を読む]

峯岸みなみ「メンバーの活躍が喜べない」と僧侶に相談

Smartザテレビジョン / 2015年08月08日06時00分

“同僚への嫉妬”という誰もが持ち得る悩みに、ベストセラー「考えない練習」(小学館)の著者・小池龍之介が答える。 相談を終えた峯岸は「自分の抱えていた悩みを優しく聞いてもらい、煩悩とは誰もが持っているもので、自分だけが持っている嫌な部分ではないことが分かり、とても心が軽くなりました! 悩みを消すことはできないけど、向き合って、付き合っていけばいいのだと学びま [全文を読む]

超ゆるいキャラクターが悩みをすっきり解決! 住職が描く自分や相手を「許す」生き方とは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月09日11時30分

住職である小池龍之介さんが描く、ちょっとシュールでとてもゆるい、可愛い4コマ漫画だ。 本作で描かれるキャラクターは、それぞれ人間らしい面を持っていて、それゆえにもやもやしたり、怒ったり、ショックを受けたりと、心が忙しい。客観的に見ていると、「自分はこんなに短気じゃない」と思う場面も多々ある。しかしよく考えてみると、大小の差はあれど、自分の奥底に渦巻く感情が [全文を読む]

女優の夫は「プロ彼氏」?芸能人と結婚する男性の本質とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年03月26日11時45分

作家で僧侶の小池龍之介さんは、「もともと(相手に恋人や奥さんがいると)知っていて付き合っている場合は、彼が好きなんじゃなくて、他の人のものが好き。手に入らないものが好きということ」と語っています。そういう女性は「手に入らない間はずっとドキドキしていて恋を楽しめるけれど、実際に自分のものになってしまうと、ドキドキがおさまり、つまらなくなってしまう」とも。 [全文を読む]

小池龍之介と宮崎哲弥が孤独やさみしさについて語り合った本

NEWSポストセブン / 2014年11月18日07時00分

【書籍紹介】『さみしさサヨナラ会議』小池龍之介 宮崎哲弥/角川文庫/520円+税 人はなぜ孤独を感じるのか? さみしさはどこからくるのか? 男女の恋愛問題を中心に、ネットのSNSや進化するビジネスなども取り上げつつ、若き僧侶と評論家が「さみしさ」という感情について、脳科学や哲学、仏教等を引き合いに出して語りあう。 ※週刊ポスト2014年11月21日号 [全文を読む]

電子書籍をもっと手軽に、買いやすく。幻冬舎が自社電子書店「幻冬舎plus」でポイント還元サービスを開始

PR TIMES / 2014年04月25日11時30分

※キャンペーン応募受付期間:4月25日(金)10:00 ~ 5月8日(木)23:59<プレゼント内容>○新規会員および既存会員全員にプレゼント「幻冬舎ポイント」500pt(「幻冬舎plus」内での商品購入時に500円相当でご利用いただけます)○さらにWキャンペーン応募会員対象に抽選でプレゼント・ソニー Xperia(TM) Tablet Z Wi-Fiモデ [全文を読む]

フォーカス