岡本かの子のニュース

日本の芸術家・岡本太郎の母「岡本かの子」が愛した地、神奈川県現川崎市高津区「岡本かの子文学碑」は伝統のある芸術作品

GOTRIP! / 2017年02月11日11時30分

歌人、小説家として活躍した「岡本かの子」。 大阪万博のシンボル「太陽の塔」を創った日本の芸術家・岡本太郎の母としても広く名が知られる岡本かの子は、幼少期、神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構える大地主、大貫家の本宅で養育母に育てられました。 そんな岡本かの子の文学碑が、幼少期に過ごした現在の神奈川県現川崎市高津区にあるのはご存知でしょうか。 [全文を読む]

親友に妻を”寝取らせた”谷崎潤一郎、“女遊び”に狂った石川啄木…『文豪ストレイドッグス』もビックリな文豪の“ゲス”エピソード

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日17時30分

岡本かの子 画家・岡本太郎の実母である、岡本かの子の小悪魔(を通り越して魔女)っぷりもすごい。若い学生・堀切を愛人にし、あろうことか、夫妻と息子、愛人の3人で、奇妙な同居生活を始めた。堀切が亡くなったあと、仏教に救いを求めるも、さらなる愛人・新田と恋に落ち、またもや自宅に招き入れ、家族と奇妙な同居生活を始める。夫・一平が新聞社の特派員になると、その渡欧 [全文を読む]

『青空文庫POD』毎月発行を開始4月刊行は138作品、414製品!

PR TIMES / 2015年04月06日10時44分

-大倉燁子、大杉栄、岡本綺堂、岡本かの子などの作品を中心に- インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を用い、ボランティアで運営されているインターネットの図書館「青空文庫」の印刷書籍(プリント・オンデマンド版)を『青空文庫PO [全文を読む]

【オトナのための短篇10選を電子書籍で】青空文庫から厳選した作品のシリーズ本、第1弾!

DreamNews / 2015年03月27日12時00分

与謝野晶子や太宰治、芥川龍之介に加え、岡本太郎の母である岡本かの子や、新聞記者・僧侶を経て作家となった夢野久作など一度は名前やタイトルを聞いた事のあるものを中心に10作品を厳選致しました。 今回のテーマは「女」。可憐な女性から、母としての女、男の描く女、恐ろしい女…など魅力的な「女」の作品と共に、編集部員の選考理由も掲載しています。電子書籍をまだ読んだ事が [全文を読む]

日本語に欠かせないオノマトペ、実は古事記にも登場していた

まぐまぐニュース! / 2017年04月13日04時30分

大橋巨泉:ボインボイン 岡本かの子:ざっくり 小田実:チョボチョボ 葛原しげる:ぎんぎんぎらぎら 坂口安吾:ジロリ 林真理子:ルンルン 水木しげる:ゲゲゲ 但し、これはほんの一例。 オノマトペと言えば、私は宮澤賢治の「風の又三郎」の冒頭の部分、「どっどどどどうど どどうど どどう青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ どっどど どどうど どど [全文を読む]

夢庵

クオリティ埼玉 / 2017年04月07日13時01分

「歳々にわが哀しみは深くしていよよ華やぐ命なりけり」 岡本かの子の歌がこの光景にもあふれている。 [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」、第III期いよいよ刊行開始!最新刊は太平洋戦争前夜までを描いた超絶技巧の作家たちの傑作・名作ぞろい!

PR TIMES / 2017年03月10日14時24分

」 【『近現代作家集 I』収録作家・作品一覧】 久生十蘭「無月物語」 神西清「雪の宿り」 芥川龍之介「お富の貞操」 泉鏡花「陽炎座」 永井荷風「松葉巴」 宮本百合子「風に乗って来るコロポックル」 金子光晴「どくろ杯(抄)」 佐藤春夫「女誡扇綺譚」 横光利一「機械」 高村薫「晴子情歌(抄)」 堀田善衞「若き日の詩人たちの肖像(抄)」 岡本かの子「鮨」 【書誌 [全文を読む]

”日本女性の強さ”を代表する瀬戸内寂聴×沢尻エリカ 夢の対談が実現

dwango.jp news / 2017年03月03日18時16分

世紀の傑作『源氏物語』の筆者「紫式部」、岡本太郎の母であり歌人/小説家「岡本かの子」、天下人・豊臣秀吉の正室「ねね」、伝説の尼僧「高岡智照」と時代を越え、その時代時代に生きる”強い女性”にフューチャーし、そのゆかりの地をめぐる。 同じ女性として沢尻は、何を感じ取るのか? [全文を読む]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#34 短歌

NeoL / 2016年10月01日01時30分

ゆるされてやや寂しきはしのび逢う 深きあはれを失ひしこと(岡本かの子)観覧車回れよ回れ想い出は君には一日我には一生(栗木京子)うら恋しさやかに恋とならぬまに別れて遠きさまざまの人(若山牧水)かの時に言ひそびれたる大切な言葉は今も胸にのこれど(石川啄木)たとえば君ガサッと落葉すくふように私をさらつて行つてはくれぬか(河野裕子)あやまてる愛などありや冬の夜に [全文を読む]

都会のストレスが男女を狂わせる! 不倫は巡る? 芸能ネタから下ネタまで、だから人の不幸は面白い!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月19日18時00分

石田純一ファミリーを源氏物語にたとえ、岡本かの子、藤原紀香も出てくる。前妻と現妻は果たして平和に共存できるのか…「究極のモテ男が遺したもの」 その歌舞伎役者の女性関係は華やかだった。多くの女優たちと浮名を流したが、究極のモテ男が女性だけでなく、男性にもモテたそのコツとは? このほか、一番の関心事、男のロマン、不倫ネタにも積極的に書いている。「不倫は巡る」で [全文を読む]

鎌倉レトロ浪漫♪芥川龍之介も宿泊した大正ロマン溢れるホテルニューカマクラに泊まってみた

GOTRIP! / 2016年08月05日02時00分

大正12年、当時文壇の花形であった芥川龍之介と岡本かの子が運命的な出会いを果たした格調高いホテルでもあります。 ホテルニューカマクラは、一泊5000円から宿泊できる素泊まりホテル。 手頃な料金から旅行好きのリピーターが多く利用することでも知られています。 ホテルの前にある駐車場の受付。 ホテルの敷地内は駐車場として開放しているため、いつも多くの車が駐車場 [全文を読む]

すごい、しびれる、食べてみたい。厳選食べ歩きエッセイ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月23日11時20分

■『文士の料理店(レストラン)』 嵐山光三郎 新潮文庫 704円 森鷗外、永井荷風、岡本かの子、池波正太郎、山口瞳ら22人の文士が愛したレストランを、文士たちがなぜその店を愛するのか、当時の暮らしぶりも含め、嵐山流の味つけで紹介。 そば、洋食、牛鍋、割烹、いわずと知れた名店と、それぞれの名物料理も掲載されている。 ■『銀座のすし』 山田五郎 文春文庫 5 [全文を読む]

瀬戸内寂聴の作品集アプリケーションがApp Storeに登場

PR TIMES / 2012年07月05日09時19分

【初期ラインナップ】 <伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち> ・田村俊子 (田村俊子 伝記) ¥500 ・かの子撩乱 (岡本かの子 伝記) ¥600 ・女徳 (高岡智照尼 伝記) ¥600 ・お蝶夫人 (三浦環 伝記) ¥450 ・遠い声 (菅野須賀子 伝記) ¥450 ・余白の春 (金子文子 伝記) ¥450 ・青鞜 (平塚らいてう 伝記)¥50 [全文を読む]

瀬戸内寂聴の伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち 8作品を電子書籍として配信開始

PR TIMES / 2012年06月29日18時03分

【伝記小説シリーズ・恋と革命に生きた女たち】 ・田村俊子 (田村俊子 伝記) ・かの子撩乱 (岡本かの子 伝記) ・お蝶夫人 (三浦環 伝記) ・女徳 (高岡智照尼 伝記) ・遠い声 (管野須賀子 伝記) ・余白の春 (金子文子 伝記) ・青鞜 (平塚らいてう 伝記) ・孤高の人 (湯浅芳子 伝記) 【取扱電子書籍ストア】 ・honto(運営:株式会社ト [全文を読む]

フォーカス