丹波哲郎のニュース

『DOCTORS』第4シリーズ控える野際陽子“体調不良説”の裏に何があった?

日刊サイゾー / 2017年02月09日13時00分

彼女は故・丹波哲郎さんが設立した『丹波プロダクション』を前身とする『ラヴァンス』に所属しているのですが、実質的には彼女の個人事務所みたいなものです。それが昨年の秋くらいから、所属タレントがこぞって移籍したため、“野際さんの体調不良が原因で事務所を維持できないのでは?”とウワサになったんです」(スポーツ紙記者) 実際、野際本人に取材をしたメディアもあるという [全文を読む]

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(4)「<1982年4月3日・Gメン’75>若林豪」

アサ芸プラス / 2016年03月08日17時57分

黒木警視正役の丹波哲郎とともに、番組の顔であった立花警部役・若林豪(76)が振り返る。 僕は「Gメン」には2回ほどゲスト出演して、それで105話から最後の355話までの5年間がレギュラーだったんだ。この番組はすごく好きだったし、視聴率も高かったから、入っていくのは誇らしい気持ちだったね。 僕が入った時もそうだけど、「Gメン」は新メンバーが入るたびにオープニ [全文を読む]

『真田丸』第3話をマニアック解説。クルミはある作品へのオマージュ

まぐまぐニュース! / 2016年01月24日13時00分

あれは、かつて『真田太平記』で、丹波哲郎さん演じる昌幸がやっていた。実は、クルミは 第1回からこっそり登場している。 今回は舞台が真田の里という事もあって、全体に『真田太平記』へのオマージュ感が漂う演出となっていたように思う。皆さんは、どう楽しんだかな? 《今週のワンポイントイラスト》 クルミシーン、NHK 新大型時代劇『真田太平記』で丹波哲郎扮する真田昌 [全文を読む]

長澤まさみは朝ドラ派…『真田丸』支える共演者の裏ドラマ5

WEB女性自身 / 2016年01月13日06時00分

そんな彼らの現場秘話を一挙公開! (1)父役・草刈正雄の悩みは丹波哲郎の 重圧 ! 父・昌幸役の草刈正雄(63)は、実は30年前に『真田太平記』で幸村を演じていた。 「草刈さんは『まさか自分が、丹波哲郎さん(享年84)の役を演じる日が来るとはね 』と語っていました。昌幸はセリフ量もいちばん多い役どころで、さらには丹波さんの演技と比較されてしまいます。でも、 [全文を読む]

臨死体験をした芸能人5名が見た「別世界の光景」

tocana / 2015年08月27日07時00分

丹波哲郎 俳優・心霊研究家として活躍していた丹波哲郎は、書籍やインタビューの中で2度の臨死体験について語っている。1度目の臨死体験は、小学校1年の時。妹と一緒に食べた饅頭が腐っていたことから、赤痢になり病院で意識を失う(妹は他界した)。ベッドで寝ていると体が宙に浮き、下にいる自分自身を見つめていた。さらに視界は、四方八方を自在に見渡すことができたという [全文を読む]

演出家・和田勉の名言「テレビはアップだ」を女性作家が考察

NEWSポストセブン / 2014年03月23日16時00分

登場する役者は、キラ星のごとく三船敏郎に丹波哲郎、鶴田浩二、山崎努、柴田恭兵、寺島(富司)純子、名取裕子、吉行和子……そして演出は、和田勉。 丹波哲郎が、眉間に深いシワを寄せて唸る。寺島純子のまつげが、ぱさぱさっと揺れる。人間の顔が不自然なほど大写しになる。画面から額が切れてしまうくらい、極端にズーム。 そんなにアップすれば、当然ながら、目が大きな面積を [全文を読む]

神木隆之介の「将棋」だけじゃない!? 役にドハマリして“マジ”になっちゃった役者たち

日刊サイゾー / 2017年04月01日19時00分

「刑事ドラマ『Gメン』シリーズで人気を博した丹波哲郎は、警察にスピード違反で検挙された際、『俺はGメンだ』と述べ、見逃してもらおうとしたそうです。もちろん、これのエピソードはことあるごとに披露されており、かなり“盛っている”と思いますが……。松田優作も、映画『蘇える金狼』などで演じたハードボイルドな役柄が抜けず、プライベートでは大変だったようです」(業界 [全文を読む]

フジに“オワコン女優”にされた山口智子、TBSの夏ドラで名誉挽回なるか?

アサジョ / 2017年03月26日10時15分

「今でも根強い人気のドラマ『キイハンター』『Gメン』シリーズ(ともにTBS系)でボスを演じた故・丹波哲郎や、往年の人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』(日本テレビ系)でボスを演じた故・石原裕次郎が演じたポジションを担うのが今回の山口の役どころです。最近では“女性ボス”と言えば天海祐希ばかりがキャスティングされていますが、あえて山口を起用したところに、“ドラマのT [全文を読む]

『Gメン’75』出演の中島はるみ 22歳時の秘蔵グラビア

NEWSポストセブン / 2017年03月01日16時00分

主演の丹波哲郎さんをはじめ共演者は年上のお兄さんばかり。芝居の経験もなく不安でしたが、1 週間のカメラテストの後すぐ撮影に入ったので、緊張している暇はありませんでした。 アクションが多いのに私は走るのが苦手で、ハイヒールで病院内を走らされてすぐ捻挫しました(笑い)。滑走路を歩く有名なタイトルバックの撮影では脚がとっても痛かったのを覚えています。 夜中にドラ [全文を読む]

マーティン・スコセッシ監督『沈黙』神をどう見るのか?【ネタバレ注意】

メディアゴン / 2017年02月01日07時40分

井上筑後守に岡田英次、フェレイラに丹波哲郎、岩下志麻、三田佳子等のスター級が顔を揃えるが、感心の出来る映画ではなかった。役者の格が邪魔をして本当の主人公キチジローや、転ぶ神父が浮かび上がってこない。宣教師役の外国人俳優が限りなく下手である。脚本家・遠藤周作は映画と小説は違うと言うことを意識しすぎたのではないか。拷問ばかりが強調された映画となっていた。明らか [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(6)<映画篇>酒井法子の初濡れ場「空蝉の森」は倒産で公開中止

アサ芸プラス / 2016年11月20日17時57分

今なおテレビ放映もソフト化もされないが、禁断の場面を、当時鑑賞した記憶としてここに列記すれば、〈木の上で「どんぐりころころ」を歌う気がフレた開発大臣〉〈死の灰の影響で人を食うようになった南洋の原住民〉〈核戦争後の世界に登場する軟体人間〉〈人口抑制のため、弱き者や能力なき者は消えてもらうと、とんでもない演説をする丹波哲郎〉 ‥‥これでも、ほんの一例であること [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(3)<せんだみつお・こちら葛飾区亀有公園前派出所>シリーズ化予定だった実写第1号が頓挫したのは?

アサ芸プラス / 2016年11月19日17時57分

あっ、それに当時、大人気だった「Gメン’75」(TBS系)のメンバーが、丹波哲郎さんを筆頭に総出演しているんですよ。──それは、どういった必然性で?せんだ いや、監督の山口和彦さんが「Gメン」も撮っていて、スタジオも同じだったから無理やり出させたという(笑)。──そうした東映ならではのアバウトさが、原作者の逆鱗に触れたのかもしれませんね。さて、連載終了した [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(1)三谷さんの台本を素直に演じました

アサ芸プラス / 2016年10月22日09時57分

草刈 その時は親父の役、つまり昌幸役を丹波哲郎さんが演じられていたんですが、もうすごい存在感だったんですよ。お芝居も、おもしろかったですしね。テリー 丹波さん、うまいですよね。でもセリフを覚えないことで有名ですから、現場は大変だったんじゃないですか?草刈 ところがね、あの役に関してはセリフを完全に覚えていました。長ゼリフもしっかり入って。テリー エーッ、丹 [全文を読む]

「真田丸」草刈から堺&大泉が受け継いだものとは!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月19日05時00分

かつて、ドラマ「真田太平記」('85年~'86年、NHK総合)に幸村(信繁)役で出演した際、昌幸役を演じた丹波哲郎から模造刀をプレゼントされたことから、「僕もそれを真似して、大泉さんと堺さんに真田家の家紋・六文銭が刻まれた模造刀をプレゼントしました。『2人のうちどちらかが、きっとまた昌幸を演じるから、これを引き継いでほしい』と話しました」と明かした。 最 [全文を読む]

宇多田ヒカルも反発!? 平蔵がイケメンで細くてカッコいいアニメ『鬼平』に対するファンの期待と不安とは

おたぽる / 2016年09月01日18時00分

累計発行部数2,700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズで、八代目松本幸四郎(松たか子の祖父)、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門といった名優たちによるTVドラマ、『ゴルゴ13』のさいとうたかをによるマンガ(脚色:久保田千太郎)、さらに映画化、舞台化も幾度となくされてきた『鬼平犯科帳』が、2017年に誕生50周年を迎えることを機に、『鬼平』とタイト [全文を読む]

草刈正雄 「過去に昌幸演じた丹波さんが助けてくれている」

NEWSポストセブン / 2016年04月17日07時00分

この時の昌幸役は丹波哲郎だった。『真田丸』でのそこはかとない大物感を漂わせる草刈の演技には、丹波を彷彿とさせるものがある。「丹波さんには、かなり影響を受けています。意識してやっているつもりはないのですが、セリフ回しとか『似ているぞ』と自分でも思ってしまいます。丹波さんがスタジオのどこかに降りてきている気がするんですよ。『ちゃんとやってるか』って。それで、凄 [全文を読む]

草刈正雄 真田昌幸は40年の俳優人生でやっと出会った役

NEWSポストセブン / 2016年03月26日07時00分

オファーを受けて、大喜びでお受けしたんですけど、『真田太平記』のときに丹波哲郎さんが演じた昌幸のイメージが強烈すぎて、自分の昌幸をどうやるか正直言って悩みましたね」 しかし、三谷幸喜(54才)の脚本を読んで迷いが消えた。 「これはまったくの三谷ワールドだ、と思って。三谷さんは役者1人1人のことを本当によくわかっていらして、すんなりと役に入っていけました」 [全文を読む]

草刈正雄 堺雅人、大泉洋と交わした「父子の約束」

WEB女性自身 / 2016年03月13日06時00分

そのとき父・昌幸を演じられたのが丹波哲郎さん。丹波さんは普段からとても豪快で、明るくて、まさに昌幸そのものでした。ところが僕は、どちらかというとネクラで(笑)。昌幸役のオファーをいただいたとき正直『僕にできるかな 』と思いました。丹波さんの昌幸が強く印象に残っていましたので。でも、三谷さんの脚本を読むにつれて『僕なりの昌幸を演じよう』と決めました」 31年 [全文を読む]

『おそ松さん』だけじゃない! 放送禁止・DVD化禁止...あのドラマ、アニメ、映画がタブーになった理由とは

リテラ / 2015年11月22日12時00分

五島勉の同名ベストセラー書籍のブームに乗っかり、丹波哲郎や由美かおるといった俳優陣をキャスティング。6億5000万円もの制作費を投入した映画だが、公開1週間で問題が発生した。死の灰の影響により狂人となったニューギニア人が人を食べるシーン、水頭症を連想させる核戦争後の新人類のイメージ、その2つの場面が反核団体より抗議を受ける。それを受け、東宝は謝罪文を発表し [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

物語は田岡一雄の少年時代から始まり、二代目組長(丹波哲郎)の弟とクラスメートだった縁で組と関係し、やがて男を上げていく様を描く。仲違いしてしまった高倉健と菅原文太(幹部・大長八郎役)の対決シーンは見所だ。 『三代目襲名』では、菅原文太の出演はないが、戦後混乱期の焼け跡を舞台に、「戦勝国」と称して略奪・暴力・婦女子強姦など傍若無人に振舞う三国人(中国人・台 [全文を読む]

フォーカス