福良淳一のニュース

【プロ野球】オリックス黄金期の立役者。レジェンド・イチローと福良淳一監督、田口壮2軍監督の関係をたどる!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月22日17時05分

そのイチローに、「オリックスの選手がいろいろと聞きにいけばいい」と言うのは、オリックスの福良淳一監督。若手選手とイチローとの橋渡し役になっているのが、この福良監督と田口壮2軍監督だろう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■イチローが先輩として信頼した福良淳一 オリックスでのイチローの先輩選手であり、もっとも仲がよかったの [全文を読む]

【プロ野球】トレンドはたれ目!? 球界の愛されキャラ「たれ目の選手&指導者」を選手名鑑で探してみよう!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月01日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オリックス・福良淳一監督の温和な表情はアザラシに似ている? トップバッターは、オリックスの福良淳一監督だ。今キャンプでは立て続けに雷を落とし、鬼軍曹として新境地を切り開いた。 しかし、元々は穏やかな人。昨年はネット上の大型掲示板で、指揮官のたれ目写真となぜかアザラシの画像が交互に貼られ、 [全文を読む]

【プロ野球】《監督のコスパを探る》1勝あたりのお値段を算出。2016年の「お買い得な監督」は誰だった?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月29日16時05分

■実は過小評価されている監督!? 田邊徳雄監督(西武) 年俸:5000万円 64勝 1勝あたり78万1250円 福良淳一監督(オリックス) 年俸:5000万円 57勝 1勝あたり87万7193円 今季のパ・リーグのBクラス田邊徳雄監督(西武)、福良淳一監督(オリックス)だが、フタを開けてみると1勝あたりのコスパは栗山監督や緒方監督とほぼ同等。 特に田邊監 [全文を読む]

【プロ野球】《二遊間の系譜》西野真弘、安達了一で時代を築け! 阪急、オリックスのキーストーンコンビ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日17時05分

■阪急からオリックスへの転換期に光った弓岡敬二郎に福良淳一 大橋の後のショートは弓岡敬二郎だ。弓岡は兵庫県出身、東洋大姫路高から新日鐵広畑を経て、1980年のドラフト3位で阪急に入団。まさに地元の選手である。背番号は5。 弓岡は大橋とのショートのポジション争いに勝ち、新人ながら開幕スタメンとなり、このシーズンは全試合に出場した。1983年からは主に2番打 [全文を読む]

【プロ野球】来季は前途多難!? 巨人・高橋監督では”優勝できない”ワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年12月21日07時00分

巨人・高橋由伸、阪神・金本知憲、DeNA・ラミレス、楽天・梨田昌孝、オリックス・福良淳一と5人の新監督が誕生した。 このうち高橋由伸は「現役引退→即就任」と、恩師・長嶋茂雄と同じ道を歩むこととなったが、これは近年では珍しいパターンだろう。 長い球史において、即就任となった監督は以下の7人しかいない(勝敗・順位は就任初年度の結果)。 ●坪内道典(中日・38歳 [全文を読む]

オリ・福良監督、救援陣を評価「よく頑張ってくれた」

ベースボールキング / 2017年06月03日20時15分

試合後、福良淳一監督は「ヘルメン、黒木、4連投の平野が、よく頑張ってくれた」と傾きかけた流れを再び引き戻した救援陣を評価。 リリーフ陣の頑張りもあり連勝を6に伸ばしたが福良監督は明日に向けて「何とか(白星が)とれるように全員で頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

プロ初勝利のドラ1・山岡、"信頼"に結果で応える日曜日の男

ベースボールキング / 2017年05月29日18時30分

福良淳一監督は「自分の考えを持っているからね」と山岡のマイペース調整を容認したのだ。勝ち星こそついてこなかったが、7度の先発でクオリティ・スタート(先発投手が6回以上を投げて自責点3以下に抑えた登板のこと)が5回と、一定の成績を残し、首脳陣の期待に結果で応えてきた。【山岡の登板成績】4/13:ロッテ ● 6回0/3(3失点)4/23:ロッテ ● 8回0/3 [全文を読む]

オリ・山岡がプロ初勝利 福良監督「勝ちがついてよかった」

ベースボールキング / 2017年05月28日19時05分

福良淳一監督は「すごくいいボールだった。今日は四球が2個ですか。山岡に勝ちが付いてよかった」と喜んだ。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

首脳陣が語るオリックスの今

ベースボールキング / 2017年05月28日10時00分

福良淳一監督は負けが込んでいる理由のひとつに「結局いつも言うように、投手陣の四球ですよね」と四球の多さを挙げた。四球の数を調べても3・4月は23試合で78個だったが、5月は22試合で86個と増えている。この状況に福良監督は「守りに入っているというか、バッターと勝負ができていない。勝負していたら問題ないんですけど…」と投手陣に苦言を呈した。 打線についても西 [全文を読む]

オリ、9連敗 福良監督「1点じゃ勝てない」

ベースボールキング / 2017年05月27日20時25分

○ ロッテ 2 - 1 オリックス ● <7回戦 ZOZOマリン> ロッテ戦に敗れ9連敗となったオリックスの福良淳一監督が、打線に苦言を呈した。 この日はロッテの先発・二木康太を捉える事ができず、奪った得点は9回のT-岡田のソロ本塁打のみ。福良監督は「(打線がロッテ先発・二木に)あっていなかった。1点じゃ勝てない。タイミングの問題でしょうね。1、2打席目ま [全文を読む]

オリ、サヨナラ負けで8連敗 福良監督「粘りは見せてくれたが…」

ベースボールキング / 2017年05月27日08時15分

福良淳一監督は「いい粘りは見せてくれたが、やはり8、9回。追いつくだけでなく、追い越さないと…」と苦言。さらに先発した・山崎福に対しても「福也は前回と一緒。これじゃ話にならない。同じ失敗を繰り返している」と厳しかった。 一方、サヨナラ勝ちで久々に連勝した伊東勤監督は「昨日(25日)の勝ちを活かすためにも、今日(26日)の試合は大事だった。形はどうあれ一応 [全文を読む]

駿太がDeNA・梶谷と過ごした10日間で得たもの

ベースボールキング / 2017年05月12日16時00分

糸井嘉男の阪神移籍により、オリックスの福良淳一監督も「駿太は打てれば即(外野の)レギュラー」と昨年の秋季キャンプから公言。ここまで32試合のうち29試合にスタメンで起用されている。 5月11日現在、打率.279は小谷野栄一とT-岡田に続くチーム3位の成績で、パ・リーグ打撃ランキングでも13位にランクイン。2014年は規定未満ながら打率.280、5本塁打と [全文を読む]

好調・福良オリックス、1勝2敗からの脱却と「また明日」の意味

ベースボールキング / 2017年05月05日15時30分

今年のウチは1勝2敗だったということです」 昨秋、オーナーへのシーズン報告のためオリックス本社を訪れた福良淳一監督とともに会見に臨んだ宮内義彦オーナーは、このように持論を展開した。 貯金生活に入ってから、チームが連敗を喫したのは4月12日からのロッテ戦(ZOZOマリン)と、5月3日からの楽天戦(Koboパーク)という2連敗が2回のみ。ロッテ戦で連敗した後も [全文を読む]

【プロ野球】ついに大当たりの助っ人が!? オリックス6連勝の立役者は4試合連続弾のロメロと陽気なコーク!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月16日17時05分

福良淳一監督によると、ロメロは研究熱心だという。外国人バッターが活躍できるかどうかは、日本のピッチャーに対応できるかどうかにかかっていると言っていい。ロメロの高い対応力には期待できそうだ。 ■明るいキャラクターのコーク 先発ローテーションの2番手に起用されるのは150キロ左腕のコーク。キャンプ中は、ブルペンでの投球練習でしゃべりまくることで話題を呼んだ。 [全文を読む]

絶好調スタートの広島…だが、緒方監督はプライベートの面倒に要注意?

週プレNEWS / 2017年04月16日06時00分

オリックスの福良淳一監督は夏に弱くなるので前半に勝利を重ねておきたいところ。 楽天の梨田昌孝監督は何事にも慎重になること。ケガに要注意です。 日本ハムの栗山英樹監督は頑張ってコツコツ積み上げることで開運。バクチを張ると失敗します。 西武の辻発彦監督はしぶとく食らいつくことを心がけてください。差をつけられると逆転できる運はありません。 この結果から、監督だ [全文を読む]

【プロ野球】豊作のはずが不作? ドラ1ルーキーたちの現在地 開幕1軍に残るのは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月28日17時05分

3月20日の広島戦では8回途中2失点の好投を見せ、福良淳一監督も大絶賛。日程と先発ローテの都合から4月13日、京セラドーム・ロッテ戦でのデビューが予想されている。 やや登板間隔が空くため、 2軍戦での調整があるだろうが、そこで大崩れしなければ合格。1軍に最も近いルーキーだ。 ■佐々木千隼(ロッテ) オープン戦で4試合(15回1/3)を投げ、防御率0.59の [全文を読む]

【プロ野球】新監督就任年の西武は強い!! 西武黄金期の「管理型DNA」を継ぐ辻ライオンズは優勝できるか?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日16時05分

昨シーズンは、巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、DeNAのラミレス監督、オリックスの福良淳一監督(前年の監督代行からの正式就任)と、多くの新監督が誕生した年だった。 しかし一転、今シーズンを新監督で迎えるチームは、森繁和監督の中日と辻発彦監督の西武のみ。ただ、森監督は昨シーズン途中から谷繁元信監督の休養のため、ヘッドコーチから監督代行としてチームの指 [全文を読む]

落合博満「オリックス全権監督」の逆襲が始まった!(3)名誉と評価回復に絶好の機会

アサ芸プラス / 2017年01月16日05時56分

当時の落合氏は中日復帰への意欲があり、体調にも不安があったため実現しませんでしたが、福良淳一監督(56)はあくまでも、田口壮二軍監督(47)へとつなぐ暫定政権。宮内オーナーが『落合さんに勝てるチームを作ってもらってから田口へつなげ』と号令を出せば、フロントは直ちに落合氏擁立に動く。球団内からは、宮内オーナーの動きを見て、そんな声が出ています」 96年以来、 [全文を読む]

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(1)大補強の巨人は高橋監督に相当のプレッシャーが…

アサ芸プラス / 2017年01月01日09時56分

C(夕刊紙プロ野球担当記者)陽はオリックス・福良淳一監督(56)が日本ハム時代にコーチとして熱心に指導したこともあり、ラブコールを送り続けていた。D(NPB関係者)福良監督はウインターリーグの視察で台湾を訪れていましたが、現地で陽に食事を持ちかけても「決まるまで会いません」と、けんもほろろだったというね。E(在京球団関係者)巨人は6年総額18億を提示したよ [全文を読む]

プロ野球「FA・トレード」裏切りと皮算用のマル秘交渉現場!(3)オリックス・糸井は涙した過去が…

アサ芸プラス / 2016年11月21日12時56分

そもそも環境重視の陽は、日ハムのコーチ時代に長らく世話になった福良淳一監督(56)率いるオリックスで決定的です。まして巨人はお家芸の札束攻勢でももはやオリックスに負けるともっぱら。テレビ収入が減り、招待券をバラまく状況の巨人は財力で一番ではなくなっています。もちろん、リタイア後の再就職で、有利な面はいまだにありますが‥‥」(球界関係者) さまざまな思惑が入 [全文を読む]

フォーカス