藤圭子のニュース

藤圭子と宇多田ヒカル、三世代の母娘の物語 藤圭子を育て上げた作詞家・石坂まさを 幻の名著『きずな 藤圭子と私』を、10月11日 緊急復刻&電子版同時発売

@Press / 2013年10月11日13時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)は、10月11日、石坂まさを『きずな 藤圭子と私』を、紙書籍発売と同時に電子書籍化して発売します。 ■作品紹介 今年8月22日に自ら命を断った歌手・藤圭子。「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」で、空前の人気となった藤圭子をプロデューサーとして育て上げたのが、本書の著者である作詞家・石坂まさ [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(10)1時間で5曲を録音の駆け足スケジュールも

アサ芸プラス / 2013年10月03日09時59分

ただ、どれだけアンコールの拍手があろうとも、藤圭子という歌手がこの世に蘇ることはない。いや、その死を迎える前から、みずから「歌手・藤圭子」を葬り去っていた。それは「昭和歌謡」という呪縛から解放されるための儀式であったのか──。 デビュー直後の藤圭子に「怨歌」と名づけた作家・五木寛之は、その分析の中で、こんな“予言”もしている。 〈しかし、この歌い手が、こう [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(1)史上初のアイドル演歌歌手

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

日本中に衝撃が走った藤圭子の飛び降り自殺──。若い世代には「宇多田ヒカルの母」であるが、70年代の歌謡曲黄金期には「閃光」として降りそそいだ存在。ただし、その光は虹色ではなく、暗くうごめく怨念の色である‥‥。これより、藤圭子を〈別れの旅〉へと導いた日々と、昭和歌謡の知られざる闇を解いてゆく。 〈幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。病状の悪化 [全文を読む]

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時58分

「圭子の夢は夜ひらく」や「命預けます」などの大ヒットで一世を風靡した藤圭子の死はあまりにも衝撃的だった。そんな彼女の壮絶な人生を、藤の素顔を間近で見た経験も交え、綿密な取材で描いた「悲しき歌姫」(イーストプレス)を、去る10月27日に上梓した作家の大下英治氏が振り返る。 「地獄に真っ赤な花が咲くっていう言葉があるけど、藤圭子の存在はまさにそれだった。修羅、 [全文を読む]

「藤圭子バブル」を絶対に許さない元夫の鼻息

アサ芸プラス / 2013年11月22日10時00分

8月22日にマンションから飛び降りて壮絶な最期を迎えた歌手・藤圭子(享年62)。近年は消息もつかめていなかったとはいえ、昭和を代表した歌姫であり、宇多田ヒカルの母としての顔も含め、世間に与えた衝撃は絶大だった。 そして没後から3カ月が経った今、芸能界特有の「追悼ブーム」が巻き起こっている。CD全集が品切れになったのはもちろん、書店をのぞけば、緊急出版された [全文を読む]

歌手・藤圭子が語り、歌手・藤圭子を語る2冊の本の封印が、ついに解かれる!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月30日11時50分

2013年8月、自殺して世間を驚かせた藤圭子。近年は歌手として表立った活動はしておらず、芸能界から引退状態であったようだが、藤は1979年に一度引退をして渡米し、2年後の1981年に復帰した過去がある。関連情報を含む記事はこちら その一度目の引退のとき、28歳の藤圭子は『テロルの決算』(文藝春秋)、『一瞬の夏』(新潮社)、『深夜特急』(新潮社)、『凍』(新 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(7)レコード会社から敬遠された“意外な理由”

アサ芸プラス / 2013年09月26日09時59分

70年代を象徴した「藤圭子という歌姫」の死は、今なお多くの謎を残したままだ。その遺体は2人の親族以外の誰の目にもふれず、別れを告げる場も用意されていない。デビューがそうであったように、幕引きもまた“完全なコントロール”をされていたのか──。 〈葬儀はなく火葬のみという報道を耳にし、疑問を抱かれている方や、母のことを案じてくださっている方もいらっしゃるかもし [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(6)紅白落選のショックで自殺未遂

アサ芸プラス / 2013年09月18日10時00分

代わりに藤圭子が自分の持ち歌の『みちのく小唄』の後、クール・ファイブが歌うはずだった『港の別れ唄』を、残りのメンバーをバックコーラスにしてメドレーで歌った」 翌72年は離婚の影響か、圭子は選ばれたものの、クール・ファイブは「この愛に生きて」や「そして、神戸」の大ヒットがありながら落選となっている。 そして73年──、 「紅白に落ちたショックか、髪をばっさり [全文を読む]

宇多田ヒカルのパパが、沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒しているワケ

日刊サイゾー / 2013年11月07日09時00分

藤圭子の突然の死から2カ月足らずの10月中旬、ノンフィクション作家・沢木耕太郎が、三十数年前の藤を描いた『流星ひとつ』(新潮社)を緊急出版し、話題を集めている。 藤の自殺直後、本サイトでは沢木がかつて藤と取材を通じて男女関係にあり、そのもつれから発表予定だった藤をテーマにした作品を封印してしまった事実を指摘していた(記事参照)。 『流星~』はまさに、その封 [全文を読む]

藤圭子実兄・藤三郎の身内が明かす醜悪暴露バトル内幕「宇多田サイドの弁護士から口封じも……」

アサ芸プラス / 2013年10月29日10時00分

四十九日を過ぎても収まらないのが、藤圭子の衝撃死直後から勃発した骨肉バトルだ。宇多田家側に“忌み嫌われている”ような扱いを受けている藤圭子の実兄・三郎氏(63)の身内を直撃した。 藤圭子が自殺した直後から、不穏な空気が漂っていた。藤と離婚した元夫の立場の照實氏がなぜか遺体の身元引受人で、実兄の三郎氏が遺体の面会を求めても、断られたという。そのやりきれない悔 [全文を読む]

藤圭子と沢木耕太郎「宇多田ヒカルは知らない……“愛欲真実”をタブー発掘!」(1)インタビュー封印の“理由”

アサ芸プラス / 2013年10月24日10時00分

正子さんが言う「彼女」とは、去る8月22日に西新宿の自宅マンション13階から飛び降り自殺した藤圭子(享年62)のことだ。 正子さんは、79年に藤が芸能界を引退後、渡米先のニューヨークで、3カ月間一緒に暮らしていた女性である。 正子さんが語る、さらに詳細な「藤と沢木氏の関係」は後述するが、彼女の証言が今、注目されるのは、「一瞬の夏」「深夜特急」などの作品で知 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(8)前川清との結婚でアイドル人気を失う

アサ芸プラス / 2013年09月26日10時00分

藤圭子という歌手が歌に負けないよう、3曲の順番を考えたらああなったね」 地味とされたデビュー曲も37万枚を売り上げ、さらに74万枚、76万枚と右肩上がりのセールスを記録。新米ディレクターだった榎本の「大胆な試み」は成功を収める。 そして石坂は、過剰なまでの苦労話を圭子にかぶせた。浪曲師の父と、三味線奏者の母という環境は「フィクション」になりやすく、その [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(2)10代でも興行が打てれば「先生」と呼ばれる

アサ芸プラス / 2013年09月10日10時00分

藤圭子のように10代であっても、興行が打てれば「先生」とか「看板」と呼ばれる世界だった。 「ただ、こうした呼び名を彼女はすごく嫌っていた。地方に行くと興行師が高級料亭で接待してくれるけど、それよりも食事は旅館でパパッと済ませればいいって子でしたから」 同い年だった梅津は偶然、成人の日を一緒に迎えた。東京・八王子のサマーランドでショーを開いていたら、隣りの [全文を読む]

藤圭子、宇多田照實氏と“離婚7回”の理由

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

忘れ去られた「昭和の歌姫」の藤圭子が再び脚光を浴びたのは98年。彗星のごとく現れ、「平成の歌姫」となった宇多田ヒカルの母親としてだった。理想の家族に見えた“宇多田ファミリー”は、世にも奇妙な形態を重ねた。 「あの2人、6回の離婚と結婚を繰り返していてワケわかんないです」 宇多田ヒカルの発言に、世間が騒然となったのは06年のこと。さらに翌年には7度目の離婚に [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「藤圭子」“三回忌前に噴出する同居男の正体”

アサ芸プラス / 2015年08月09日17時57分

西新宿の高層マンションから藤圭子(享年62)が飛び降りたのは、13年8月22日の早朝のことだった。間もなく三回忌を迎えようとしているが、かつての仲間たちは今も「解けない謎」を推理するのだ。「俺たちの出発点は西新宿だったんです。しかも石坂まさをの『しのぶ会』の前日にそこから飛び降りるとは、奇妙な縁を感じました」 かつて圭子のマネージャーを長らく務めた成田忠幸 [全文を読む]

藤圭子「あたしの胸がときめいてしまったら、それで終わり」

NEWSポストセブン / 2013年11月12日07時00分

【書評】『流星ひとつ』沢木耕太郎著/新潮社/1575円(税込) 【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター) * * * 1979年秋、引退発表直後の藤圭子を若き気鋭のノンフィクション作家だった著者がインタビューした。それをもとに当時書いたのが本書だ。一切の地の文を排除し、2人の会話だけで構成している。といっても、実際のやりとりをそのまま再現するのではなく [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(5)歌に込められた「紅白」出場への悲願

アサ芸プラス / 2013年09月17日10時00分

決して悪気があったわけではなく、藤圭子という歌手を売り出すためにウソを重ねた。いわば存在そのものが石坂の“作品”であった。 「石坂に対しての不信感はあったけど、チーフマネジャーがいいヤツだったせいもあって、いろんな番組に圭子をブッキングしたよ。それであっという間に売れっ子になり、その後は各局で圭子の奪い合いだ」 70年には千秋が中心になって「日本歌謡大賞」 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(4)救急車で搬送されても生放送には帰ってきた

アサ芸プラス / 2013年09月13日10時00分

さらにもうひとつ、デビューと同時に日本中を席巻したことで、藤圭子は自分の時間を持てぬほどの激流に巻き込まれる。それこそ「人形のように」動かされる日々であった──。 藤圭子とは「石坂まさを門下」の兄弟弟子であり、後に歌手をあきらめ、現場マネジャーを長らく務めた成田忠幸が振り返る。 「僕がスケジュールを担当するようになって、さすがにこの日は無理と先方に断りを入 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(3)ヘリで営業先を移動したことも

アサ芸プラス / 2013年09月11日10時00分

藤圭子にとって初代のチーフマネジャーである川岸咨鴻〈ことひろ〉は、半世紀近い芸能稼業で2回だけ頭を丸めたことがある。2度目はアイドル・木之内みどりが「恋の逃避行」で仕事に穴を空けたことへの詫びとして。その前に初めて丸めたのは、71年大みそかのこと。圭子の新曲の「京都から博多まで」(72年1月)のヒットを祈願してのことだった。 「当時、玉置宏さんの司会で日曜 [全文を読む]

「菊地凛子を主演に……?」故・藤圭子さんの生涯“ドラマ化”争奪戦が勃発中

日刊サイゾー / 2013年09月06日09時00分

8月に自殺した稀代の歌手、藤圭子さん(享年62)の半生をドラマ化しようと、複数の制作会社が競って企画を立案中であることが分かった。 制作会社J社では脚本家が、仮題を『夢は夜ひらく』として提案。この話を知るテレビディレクターによると「歌手時代の活躍はもちろん、謎に包まれたデビュー前の話やアメリカに渡って結婚するまでの話、引退後の生活なども可能な範囲で取材した [全文を読む]

フォーカス