藤圭子のニュース

藤圭子と宇多田ヒカル、三世代の母娘の物語 藤圭子を育て上げた作詞家・石坂まさを 幻の名著『きずな 藤圭子と私』を、10月11日 緊急復刻&電子版同時発売

@Press / 2013年10月11日13時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)は、10月11日、石坂まさを『きずな 藤圭子と私』を、紙書籍発売と同時に電子書籍化して発売します。 ■作品紹介 今年8月22日に自ら命を断った歌手・藤圭子。「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」で、空前の人気となった藤圭子をプロデューサーとして育て上げたのが、本書の著者である作詞家・石坂まさ [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(10)1時間で5曲を録音の駆け足スケジュールも

アサ芸プラス / 2013年10月03日09時59分

ただ、どれだけアンコールの拍手があろうとも、藤圭子という歌手がこの世に蘇ることはない。いや、その死を迎える前から、みずから「歌手・藤圭子」を葬り去っていた。それは「昭和歌謡」という呪縛から解放されるための儀式であったのか──。 デビュー直後の藤圭子に「怨歌」と名づけた作家・五木寛之は、その分析の中で、こんな“予言”もしている。 〈しかし、この歌い手が、こう [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(1)史上初のアイドル演歌歌手

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

日本中に衝撃が走った藤圭子の飛び降り自殺──。若い世代には「宇多田ヒカルの母」であるが、70年代の歌謡曲黄金期には「閃光」として降りそそいだ存在。ただし、その光は虹色ではなく、暗くうごめく怨念の色である‥‥。これより、藤圭子を〈別れの旅〉へと導いた日々と、昭和歌謡の知られざる闇を解いてゆく。 〈幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。病状の悪化 [全文を読む]

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時58分

「圭子の夢は夜ひらく」や「命預けます」などの大ヒットで一世を風靡した藤圭子の死はあまりにも衝撃的だった。そんな彼女の壮絶な人生を、藤の素顔を間近で見た経験も交え、綿密な取材で描いた「悲しき歌姫」(イーストプレス)を、去る10月27日に上梓した作家の大下英治氏が振り返る。 「地獄に真っ赤な花が咲くっていう言葉があるけど、藤圭子の存在はまさにそれだった。修羅、 [全文を読む]

「藤圭子バブル」を絶対に許さない元夫の鼻息

アサ芸プラス / 2013年11月22日10時00分

8月22日にマンションから飛び降りて壮絶な最期を迎えた歌手・藤圭子(享年62)。近年は消息もつかめていなかったとはいえ、昭和を代表した歌姫であり、宇多田ヒカルの母としての顔も含め、世間に与えた衝撃は絶大だった。 そして没後から3カ月が経った今、芸能界特有の「追悼ブーム」が巻き起こっている。CD全集が品切れになったのはもちろん、書店をのぞけば、緊急出版された [全文を読む]

歌手・藤圭子が語り、歌手・藤圭子を語る2冊の本の封印が、ついに解かれる!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月30日11時50分

2013年8月、自殺して世間を驚かせた藤圭子。近年は歌手として表立った活動はしておらず、芸能界から引退状態であったようだが、藤は1979年に一度引退をして渡米し、2年後の1981年に復帰した過去がある。関連情報を含む記事はこちら その一度目の引退のとき、28歳の藤圭子は『テロルの決算』(文藝春秋)、『一瞬の夏』(新潮社)、『深夜特急』(新潮社)、『凍』(新 [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(7)レコード会社から敬遠された“意外な理由”

アサ芸プラス / 2013年09月26日09時59分

70年代を象徴した「藤圭子という歌姫」の死は、今なお多くの謎を残したままだ。その遺体は2人の親族以外の誰の目にもふれず、別れを告げる場も用意されていない。デビューがそうであったように、幕引きもまた“完全なコントロール”をされていたのか──。 〈葬儀はなく火葬のみという報道を耳にし、疑問を抱かれている方や、母のことを案じてくださっている方もいらっしゃるかもし [全文を読む]

藤圭子と「昭和歌謡」の怨念(6)紅白落選のショックで自殺未遂

アサ芸プラス / 2013年09月18日10時00分

代わりに藤圭子が自分の持ち歌の『みちのく小唄』の後、クール・ファイブが歌うはずだった『港の別れ唄』を、残りのメンバーをバックコーラスにしてメドレーで歌った」 翌72年は離婚の影響か、圭子は選ばれたものの、クール・ファイブは「この愛に生きて」や「そして、神戸」の大ヒットがありながら落選となっている。 そして73年──、 「紅白に落ちたショックか、髪をばっさり [全文を読む]

宇多田ヒカル、母・藤圭子さんの遺言書の存在明かす<コメント全文>

モデルプレス / 2013年09月05日15時44分

歌手の宇多田ヒカルが、先月22日に他界した母・藤圭子さんの葬儀を行わなかったことについて、藤さんの遺言書に基づいた決断であることを明かした。 宇多田は5日、公式サイトに「藤圭子を長年応援してくださった皆様へ」と題した文を掲載。「様々な情報(正確ではないものも多分にあります)が錯綜する中、葬儀はなく火葬のみという報道を耳にし、疑問を抱かれている方や、母のこと [全文を読む]

宇多田ヒカルのパパが、沢木耕太郎の「藤圭子」本に激怒しているワケ

日刊サイゾー / 2013年11月07日09時00分

藤圭子の突然の死から2カ月足らずの10月中旬、ノンフィクション作家・沢木耕太郎が、三十数年前の藤を描いた『流星ひとつ』(新潮社)を緊急出版し、話題を集めている。 藤の自殺直後、本サイトでは沢木がかつて藤と取材を通じて男女関係にあり、そのもつれから発表予定だった藤をテーマにした作品を封印してしまった事実を指摘していた(記事参照)。 『流星~』はまさに、その封 [全文を読む]

フォーカス