徳川秀忠のニュース

真田丸『第36話』裏解説。なぜ雨の日に城を攻めるのは不利なのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月11日22時00分

今回のワンポイント解説(9月11日) 今回、徳川秀忠と本多正信が、雨を理由に上田城の総攻撃をためらうシーンがあった。雨は視界をさえぎり、人の気配を消す。だとしたら、雨にまぎれて城に近づき、一気に攻め込む、という戦法もありなじゃないか? そう思った人もいるかもしれない。でも、実戦経験の豊富な正信は、雨の日に城を攻めるのは不利と判断した。なぜだろう? まず、 [全文を読む]

「真田丸」新妻聖子が江役で出演!星野源と夫婦に

Smartザテレビジョン / 2016年08月20日14時00分

「真田丸」では、第二代将軍・徳川秀忠(星野源)の正室として、夫を力強く支える姿が描かれるという。 新妻は「一生に一度の大河ドラマ初出演。舞台でご一緒させていただいた三谷幸喜さんの作品に呼んでいただけて、本当にうれしいです! 当て書きをされることも多い三谷さんがどんなせりふを書いてくださるのか、毎回ワクワクしながら台本を待っています」と喜びのコメント。 さら [全文を読む]

星野源を「福山雅治」に育てる計画が進行中?

messy / 2016年04月03日21時00分

先日、大規模なツアーも終わったので、しばらくは俳優業に専念したいようです」(芸能事務所関係者) シンガー・ソングライターで俳優の星野源がNHK大河ドラマ『真田丸』で江戸幕府2代将軍、徳川秀忠役に決まったと発表された。「本人も公式サイトで『数々の先輩方が演じてこられた徳川秀忠を演じられるということ。三谷さんから直々にご指名を頂けたこと。本当に飛び上がるほど嬉 [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』アップデートを実施!【第二章】江戸時代20ステージを追加【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年04月10日14時30分

豊臣秀頼、徳川秀忠、徳川光秀の3武将が新たなボスとして登場します。手ごわい相手が待ち受ける江戸ステージ、ぜひお楽しみください。 ----------アップデート内容----------・【第二章】 江戸時代20ステージを追加。 全120ステージにボリュームアップ・【新ボス】 豊臣秀頼、徳川秀忠、徳川光秀の3武将※必ず良好な通信環境でアップデートしてください [全文を読む]

幕府との架け橋になった「珠姫さま」

Jタウンネット / 2017年06月11日07時33分

では、どんな人生を送った方なのでしょうか?8人の子を産み、24歳で死去実際は、江戸幕府2代将軍徳川秀忠の次女として生まれ、3歳で金沢にお輿入れ、後に加賀藩3代藩主の前田利常の妻となります。24歳で亡くなるまでに、8人の子を産み育てた立派なお母さんです。「天徳院」は珠姫の戒名であり、珠姫以外にもお子さんもたくさん祀られています。利常は、大きな土地を確保でき、 [全文を読む]

『幸村軍戦記 7』「上 大和郡山最終決戦」「下 黒田如水の逆襲」(津野田幸作=著)が、Kindleストア・楽天Kobo電子書籍ストア・Yahoo!ブックストアで配信開始!!

DreamNews / 2017年04月03日17時00分

第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション、シリーズ第7弾! 【目次】全巻までのあらすじ主な登場人物第一章 徳川秀忠の誤算第二章 榊原康政の奮戦第三章 大和郡山最終決戦 <書籍概要2>■幸村軍戦記 7 下 黒田如水の逆襲著者:津野田幸作◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2ooXo3v◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:h [全文を読む]

新妻聖子 遅咲き「大河女優」が極秘婚約した男の「アブナイ下半身」

アサ芸プラス / 2017年02月05日17時57分

昨年の大河ドラマ「真田丸」で、星野源(36)演じる徳川秀忠の正妻である江役に抜擢された新妻。今年に入っても、情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)のコメンテーターやバラエティ番組に起用されるなど人気は高まる一方である。しかし、長い下積みの果てのブレイクである。「上智大学在学中に『王様のブランチ』(TBS系)のレポーターでデビューしましたが、鳴かず飛ばずの [全文を読む]

国譲り神話ゆかりの「東国三社」を巡る【神話でたどる神社紀行 第3回】(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)

サライ.jp / 2017年01月23日17時00分

こちらは、江戸幕府二代将軍・徳川秀忠が寄進したものだという。本殿の後ろには、樹齢1,300年を超える、高さ約40mの御神木がそびえ立っている。 本殿を参拝したら、さらに奥まで続く参道を行く。本殿までの参道の雰囲気とは打って変わって、木々が覆いかぶさるように立ち並び、厳かな雰囲気を醸し出している。空気がひんやり冷たく、歩き進むほどに心が清められるようだった。 [全文を読む]

星野源 お気に入りはあの女優?紅白では封印した意外な素顔

アサ芸プラス / 2017年01月16日05時57分

さらに大河ドラマ「真田丸」でも、徳川秀忠役を好演。紅白で披露した「恋」はCDだけでなく、配信チャートでもトップを独走。まさしく“時代の寵児”となっている。 芸能界には珍しく、顔が薄い「塩系男子」で売れた稀有な例だが、そのアクのない顔だちと反比例するように「エロトークは特濃」という一面を持っている。 まず12年12月、くも膜下出血で入院生活を送っていた時のこ [全文を読む]

星野源 モテる理由は絶妙なほどほど感と不快感のなさ

NEWSポストセブン / 2017年01月14日16時00分

昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』での徳川秀忠役は、他の俳優たちの印象が強すぎたせいもあり影が薄かった。他のドラマでも役柄のせいもあるが、無表情、地味で目立たず、陰気な印象が強い。今回は、星野のこんな印象と平匡の恋愛に臆病で、消極的、おとなしい役柄がうまくかみ合ったのだろう。 星野には、女子に嫌がられたり、遠ざけられたりする要素が少ない。イケメンではないけれ [全文を読む]

この大人気俳優たちは今年「年男」だった!福山雅治、星野源、斎藤工…

Business Journal / 2017年01月03日12時00分

『真田丸』(NHK)で演じた徳川秀忠も好評だったことに加え、過去に出版した著書が軒並みベストセラーになるなど、「演じる、歌う、書く」マルチスターとしての地位を確立した。 さらに、昨年スタートした『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では下ネタを連発し、事務所の先輩・福山雅治を彷彿とさせるトークを披露。熱狂的な信者と、ライトなファン層の両方をつかみ [全文を読む]

「忍者百人衆 江戸で伊賀の気配を探れ」忍者になって潜入取材

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日22時35分

笹寺に伊賀の忍者(伊賀者)が集合し、伊賀者の頭の服部半蔵正成の長男・服部半蔵正就に対しての不満を、鷹狩りへ来ていた将軍の徳川秀忠に直訴したという。 服部半蔵正就は、自らの屋敷を建てる手伝いを強いるなど、まるで家僕のように、伊賀の忍者を扱ったそう。忍者が将軍へ直接訴えかけるなんて忍者たちも相当のストレスがあったのだろうな~と人間味を感じてしまった。 ■イベン [全文を読む]

星野源など「恐竜系」イケメンが今、注目!!

日刊大衆 / 2016年12月23日23時00分

現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』でも徳川秀忠を好演しており、父親である家康のイヤミに気づかない鈍感な演技もあって、ずぶとい恐竜メンタルが感じられると評判だとか!? ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)や『THE LAST COP』(日本テレビ系)など、話題作へのオファーが続く若手俳優、窪田正孝(28)も恐竜顔イケメンです。小顔で有名な唐沢寿明(53) [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

「千姫」役の永野芽郁は2017年公開の映画が続々 高校生世代で注目度No.1女優その秀頼の正室で、徳川秀忠(星野源さん)の長女・千姫を演じたのが永野芽郁(めい)さん。出番は決して多くはありませんでしたが、大坂の陣でカギを握る人物として印象を残しました。どこかはかなげな印象の千姫のイメージと永野さんはとても合っていて、日本人的な薄口の顔立ちの美少女は江戸時 [全文を読む]

最終回にきてまさかのコラボも!? 鹿島の大奮闘で数字は伸び悩むも感動の完結を迎えた『真田丸』第50話「最終回」レビュー!

おたぽる / 2016年12月21日11時00分

幸村は、家康(内野聖陽)に狙いを定め、一騎で突き進みついに家康と対峙! 幸村に家康が自分一人を討っても、徳川の世は終わらないと告げたところで、徳川秀忠(星野源)の援軍が現れ、襲撃は失敗。豊臣家の人々は自刃、ついに戦国の世が終わるのであった――といったストーリー。 最終回だというのに視聴率は10日放送回よりも低い14.7%に終わってしまったが、これは、19時 [全文を読む]

星野源、俳優・音楽業に続き文筆家としても旋風を巻き起こす!? 怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてが明かされる、エッセイ集『いのちの車窓から』緊急出版!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月20日06時00分

2016年12月18日(日)に最終回を迎えた、NHK大河ドラマ『真田丸』では徳川秀忠を演じ、最終話の平均視聴率は14.7%、全50話の期間平均は16.6%と、期間平均が2011年『江・姫たちの戦国』以来、5年ぶりに16%を超えを記録。 そして本日最終回を迎えるドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』では、新垣結衣演じる主人公・森山みくりと「仕事としての結婚=契約 [全文を読む]

隠し子から大出世。江戸の知られざる名君・保科正之の数奇な運命

まぐまぐニュース! / 2016年12月14日04時45分

徳川秀忠が側室に産ませた実子でありながら、自身の身の程をわきまえ一途に「仁政」を行った名君・保科正之(ほしな・まさゆき)。今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、周囲からの愛情に包まれた保科正之の半生と、徳川家の繁栄と領民の幸せを願って打ち出した「政策」の数々を紹介しています。江戸の平和の基礎を作り上げた影の立 [全文を読む]

きり(長澤まさみ)、予想以上のガッツリキスでついに報われる! 名言「黙れ、小童!」も飛び出した『真田丸』第49話「前夜」レビュー!!

おたぽる / 2016年12月13日23時00分

大泉洋演じるお兄ちゃん・信之、徳川家康、徳川秀忠、本多正信、上杉景勝、伊達政宗といった各キャラにも見せ場があったし、戦死者もたくさん出た。だというのに、視聴率はいまいち伸びないが(14.8%/ビデオリサーチ調べ、関東地区)、今週も張り切って大河ドラマ『真田丸』(NHK)の第49話「前夜」をレビューしてみたい。 幸村(堺雅人)からの書状を読んだ信之は、幸村 [全文を読む]

真田丸『第49話』裏解説。戦国軍事考証的に見た「夏の陣」の敗因

まぐまぐニュース! / 2016年12月11日22時00分

何しろ、今回だけで「大阪の陣で死ぬべき連中」全部退場させて、ラストは信繁に絞りおった! 物凄い思い切った脚本! — 地雷魚 (@Jiraygyo) 2016年12月11日 「日本死ね!」より「黙れ小童!」の方が流行語にふさわしい#真田丸 — やん (@skd7) 2016年12月11日 総集編あったら、信之の「黙れ小童!」でバルス状態になるなw #真田丸 [全文を読む]

【真田丸】大坂の陣を生き延びた?3人の豊臣関係者とは

しらべぇ / 2016年12月11日11時30分

どうやら江戸幕府ですらもそのあたりを把握していなかったらしく、徳川秀忠の治世の頃に治房捜索が実施されたという。いずれにせよ、徳川方の重臣は誰一人として治房の亡骸を目撃していない。つまり、彼がその後を生き延びた可能性は十分にあるのだ。(2)明石全登(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)キリシタン牢人・明石全登の生存説も有名だ。『真田丸』では小林顕作が [全文を読む]

フォーカス