木村太郎のニュース

『トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来』単行本・電子書籍・DVDが同時発売!! 「私は1年前にトランプ勝利を確信した!」 マスコミが伝えられなかった米国の真実……“日本に不都合な未来”とは?

DreamNews / 2016年12月09日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2016年12月9日(金)より、『トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来』(単行本・電子書籍・DVD)を発売いたしました。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2016年12月9日(金)より、『トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来』(単行 [全文を読む]

木村太郎氏が就任演説の模様や国際情勢の行方を語る! DVD『トランプ後の世界 第2幕 最新情勢 日本、アメリカ、そして世界2017』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年02月24日16時30分

<作品概要>■トランプ後の世界 第2幕 最新情勢 日本、アメリカ、そして世界2017出演:木村太郎◆Amazon DODストアリンク:http://amzn.to/2kSBm7K <内容紹介>2016年11月に行われたアメリカ大統領選挙でのトランプ氏の勝利を、早くから予測していた、ジャーナリストの木村太郎氏。 今回は2017年1月20日に行われた、第45 [全文を読む]

ニュースソースは極右と極左? トランプ勝利を見事にあてた78歳木村太郎のネット生活

ニコニコニュース / 2017年01月10日11時00分

今回のゲストはアメリカ大統領選挙でトランプ勝利を見事に当てたと木村太郎氏。「CNNの裏を取るにはドラッジレポートを見なければならない」など、極左と極右のニュースソースでバランスを取るネットリサーチ方法について、同じくネットを主な情報源とするモーリー・ロバートソン氏と語った番組、『木村太郎×モーリー「激動の2017年を大予想 〜トランプ大統領と日本〜」』が [全文を読む]

おにぎり約1個分の糖質量!和食のフルコースイベント 7月15日に開催し、木村太郎氏も参加して大盛況!ウェディング業界初、ロカボ婚礼料理も発表

@Press / 2016年07月26日12時30分

定員80名に対して100名を超える参加者が集まり、ジャーナリストの木村太郎氏も参加され大盛況となりました。また、2016年9月9日(金)リビエラ逗子マリーナにてイベント第2弾を開催いたします。http://www.riviera-p.jp/a/news_pt/20160715_locabo/■イベント内容糖質制限の権威「ロカボ名付け親」、北里研究所病院 糖 [全文を読む]

赤とんぼ博士の事件めぐり...『Mr.サンデー』で木村太郎が学歴差別発言、宮根も同調

リテラ / 2015年03月18日12時00分

それが3月15日に放映された『Mr.サンデー』(司会・宮根誠司/フジテレビ系)に出演している木村太郎だ。 番組ではこの事件を取り上げ、前園容疑者と菅原さんの関係を「菅原さんはFacebookで前園容疑者のことを「魔王様」と呼んでいた」「よくケンカをしていたっていうのは聞いていました」(菅原さんの幼なじみ)などの証言を報道している。 その後、司会の宮根が「木 [全文を読む]

トランプ勝利の理由 「ポリコレ疲れが出た」と木村太郎氏

NEWSポストセブン / 2016年12月06日07時00分

トランプの勝利を当初から予測していたジャーナリストの木村太郎氏と国際政治学者の三浦瑠麗氏が語り尽くした。──多くのメディアが米大統領選の予想を外したが、お二人は以前からトランプ優勢だと公言していた。木村:当初はジョークだと思っていたんですが、実物を見てみると、もしかするとアメリカ人の本音を言っているのではと感じた。ちょうどその頃、あのマイケル・ムーアでさ [全文を読む]

宮根誠司や木村太郎らが反トランプデモを「民主主義否定」と攻撃! 選挙結果に黙って従うのが民主主義だと勘違いするバカ

リテラ / 2016年11月16日18時00分

さらに11日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)では、トランプ勝利を的中させただけで大きな顔をしている木村太郎が「何に抗議してるんですか、あれ。民主主義に抗議してるんですよ。民主主義で選んだ大統領を『俺たち嫌いだ』って言うのはね、民主主義に対する抗議」と批判した。これはほんの一例で、反トランプデモを伝える報道ではこのようなコメントが差し挟まれ [全文を読む]

『グッディ!』木村太郎の「パナマ文書」企業擁護がヒドい!「名前の出た会社は真っ正直」「タックスヘイブンないと年金払えない」

リテラ / 2016年05月11日20時00分

「今朝からこのニュース見てて、みんな間違ってんの」 そう吐き捨てたのは、昨日5月10日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)に出演した、ジャーナリストの木村太郎氏。元NHK記者で近年はご意見番的ポジションで活躍する木村氏だが、ゲスト解説者として登場したこの日の『グッディ!』では、パナマ文書報道について、ドヤ顔でこんな持論を展開し始めたのだ。「最初 [全文を読む]

「豊洲市場」に都庁移転で築地ブランドも都民の税金も守れる

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

そんな中、3月19日に放送された『Mr.サンデー』でジャーナリスト・木村太郎氏が「豊洲移転はない」と断言した。「トランプが大統領選に勝つ」と喝破していた男のこの一言である。前回は「木村太郎wwwもうろくジジイかよwww」などと嘲笑されたが、今回の「太郎の予言」には真摯に耳を傾けようではないか。何しろ、豊洲のイメージとしては、汚染された空気が市場全体に充満 [全文を読む]

トランプ「28公約と100日計画」で見えた「ネオ黒船」の戦慄正体(1)キーマンは「米中もし戦わば」

アサ芸プラス / 2017年01月18日12時55分

いみじくも、12月25日放送の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)ではジャーナリストの木村太郎氏もキーマンとして紹介し、著書「米中もし戦わば」(文藝春秋)を必読としていた。その思想を一言で言えば、反中・知日である。 昨年11月に勝利したトランプ氏だが、同月ナヴァロ氏は、トランプ政権の外交顧問とともに、外交・安全保障専門誌「フォーリン・ポリシー」に寄稿した。そ [全文を読む]

フォーカス