八木亜希子のニュース

さっぽろ雪まつり会場から生放送されるラジオ番組をテレビで同時生放送!!

PR TIMES / 2017年02月08日15時58分

ニッポン放送×J:COM連携企画 第三弾! 株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧俊夫)と株式会社ニッポン放送(ニッポン放送、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎正幸)は、2月11日(土)に「さっぽろ雪まつり」会場から生放送されるニッポン放送の『八木亜希子LOVE&MELODY』を、J:COMのコミュニティチ [全文を読む]

ニッポン放送×J:COM 熊本発「今、行こう! これからも・・熊本!」10月22日(土)、放送の垣根を越え、熊本支援で番組連携

PR TIMES / 2016年10月14日15時27分

ニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』・J:COMテレビ『週刊シティプロモーション ご当地サタデー♪』株式会社ジュピターテレコムと株式会社ニッポン放送は、熊本地震から半年が経過した10月22日(土)、ニッポン放送の『八木亜希子LOVE&MELODY』(周波数FM93.0MHz、1242kHz、毎週土曜8:30~)とJ:COMの『週刊シティプロモー [全文を読む]

第24回「女子アナの歴史」(中編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年08月25日18時18分

有賀さつき、河野景子、八木亜希子である。入社早々、彼女たちは「三人娘」と呼ばれた。天然でアイドルオーラのある有賀、上智大学在学中に「ミス・ソフィア」に選ばれ、その美貌に定評のあった河野、清楚系で癒しキャラと言われた八木と、三者三様の魅力があった。 彼女たちは入社早々、テレビ誌などで積極的に紹介された。もはやそれはアナウンサーというより、新人アイドルを紹介す [全文を読む]

三谷幸喜さんが、生放送で豪華ゲストとトークショーを開催!

PR TIMES / 2013年11月27日18時39分

番組の司会に三谷幸喜さんと八木亜希子さんをお迎えし、今冬の一押し番組を一挙にご案内いたします。 さらに当日は、三谷幸喜さんが生放送で“筋書きのないトークショー” を開催!全九幕にそれぞれ登場するゲストも豪華です。 三谷作品おなじみの、大泉洋さん、竹内結子さん、ココリコ田中直樹さん、松たか子さん、中村勘九郎さん、妻夫木聡さん。 三谷さんが会いたい人として名 [全文を読む]

明るいうちからの“銭湯”と“酒”!『昼のセント酒』主演:戸次重幸(TEAM NACS)×原案:久住昌之(孤独のグルメ)Amazonプライム・ビデオにて、4月2日(土)より独占先行配信スタート!

DreamNews / 2016年03月02日09時00分

他レギュラー出演者は、内海の上司・堂園翔子役に八木亜希子、同僚でNo1営業マン・大西大輔役に柄本時生、庶務のOL・遠藤早苗役に廣田あいか(私立恵比寿中学)らが決定。また毎回、豪華ゲスト出演者が登場予定です。 現在、「プライム・ビデオ」では、第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と男優賞の2部門で受賞した『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』や2年連続で同賞に [全文を読む]

ご当地の魅力や耳寄り情報を番組&イベントで発信!新番組『~週刊シティプロモーション~ご当地サタデー♪』スタート

PR TIMES / 2015年09月29日13時16分

MCに八木亜希子さんが決定!「J:COMテレビ」で10月3日放送開始、東京スカイツリータウン(R)内「J:COM Wonder Studio」から毎週公開生放送 株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)は、10月3日(土)より、J:COM対応済みの建物にお住いの方ならどなたでもご覧いただけるコミュニティチャン [全文を読む]

『ユアタイム』市川紗椰と野島卓アナの半同棲に心配の声! 野島アナは八木亜希子と二股発覚で破談の過去も...

リテラ / 2017年08月29日19時32分

八木亜希子と結婚目前も二股発覚で破局、高島彩とデート報道...野島アナの恋愛遍歴 野島の存在が大きくクローズアップされたのは、今から 17年前の2000年8月。当時フジテレビを退社し休養中だった人気女子アナの八木亜希子に婚約報道がなされたのだが、そのお相手こそ当時33歳の野島だった。野島は1997年に3年間連れ添った妻と離婚し、その後八木との交際をスタ [全文を読む]

8月例会「JCフェスティバル2017~轟け!名古屋の魅力~」を開催のご案内

DreamNews / 2017年08月25日10時30分

講師には、三谷幸喜氏や八木亜希子氏、ケント・モリ氏、コージー冨田氏、永谷正樹氏、nobodyknows+や名古屋おもてなし武将隊など、多彩な方々をお招きし、名古屋の魅力を夏の暑さに負けず皆様にお伝えさせていただきます。 是非とも、ご家族ご友人をお誘い合わせの上、多くの方々のご来場を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。【概要】 ■開催日 :2017年8月 [全文を読む]

『カルテット』に谷間さん登場?松田龍平のオトナな言い間違いが話題

しらべぇ / 2017年01月25日16時30分

八木亜希子の谷間を...松田龍平の視線がイヤラシイこの日の放送では、別府司(松田龍平)が巻真紀(松たか子)に対し、大学時代から密かに好きだったと告白。世吹すずめ(満島ひかり)は司だけに、家森諭高(高橋一生)に好意を寄せていると伝えるなど、恋愛面での進展が見られた。そんな中、突然の「お色気シーン」が。4人がライブバー『ノクターン』の控室にいる際に、司がセッ [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

既に飛び出した人もいるが、例えば、亀山千広サン、大多亮サン、小牧次郎サン、河合真也サン、吉田正樹サン、石原隆サン、福原伸治サン、中井美穂サン、片岡飛鳥サン、八木亜希子サン――ほら、みんなちょっと変わってるでしょ。そんな彼らは、80年代中盤以降、フジテレビに新たな変革をもたらす。■『私をスキーに連れてって』の誕生当時の春雄体制――フジテレビが偉かったのは、彼 [全文を読む]

ワカコ、小泉、井之頭!食欲の秋を刺激する魅惑の飯テロドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月07日14時45分

飯テロとは関係ないのですが、主人公を演じる戸次重幸さんの上司、部長の八木亜希子さん。彼女と戸次さんのやりとりが最高なのです。銭湯、ビール、八木亜希子。魅力満載のこちらの作品、是非ご自身の目でご覧になって下さい。 「終電ごはん」 そして今回の締めとして紹介したい作品は、若い夫婦と夫の姉、3人の織りなすハートフルコメディ『終電ごはん』です。オードリーの若林正恭 [全文を読む]

女優八木亜希子の魅力は「女子アナ感」 深夜ドラマでも話題

NEWSポストセブン / 2016年06月22日07時00分

このドラマに出演しているのが八木亜希子(50才)だ。元フジテレビアナウンサーでありながら、最近は女優として活躍中だ。女優としての八木の魅力、そして、元フジテレビ女子アナとしての活躍ぶりについてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * *『昼のセント酒』は、ダメ営業マン内海(戸次重幸)が、仕事の途中、真昼間から大好きな銭湯に入り、近所の店で生ビールを [全文を読む]

八木亜希子編集長のためタカトシ&サンドが全力取材!

Smartザテレビジョン / 2015年09月19日05時00分

テレビ朝日系では、10月7日(水)から八木亜希子編集長の指令の下、タカアンドトシとサンドウィッチマンが記者となり、世の中にあるさまざまな“聞きにくい事を聞く”ため、体を張って全力取材に挑む新番組「聞きにくい事を聞く」(毎週水曜夜0:15-0:45ほか)がスタートする。同番組は、タカアンドトシとサンドウィッチマンが、逆の立場になれば聞かれたくないことばかりを [全文を読む]

ブームの原点、女子アナがタレント化したあの時代は何が違ったのか

週プレNEWS / 2015年05月25日06時00分

その大きな原動力になったのは、1988年にフジテレビに入社した八木亜希子アナ、有賀(ありが)さつきアナ、河野(こうの)景子アナの3人だった。女子アナ評論家の戸部哲也氏が話す。 「フジテレビが局を挙げて、3人を“花の3人娘”として売り出したんです。それまで女子アナはバラエティ番組に出演してもアシスタントに徹していて、タレントのように脚光を浴びることはほとんど [全文を読む]

八木亜希子、スタッフほぼ全員女性と作る新番組OA!

Smartザテレビジョン / 2015年03月31日00時00分

テレビ朝日系では、4月1日(水)より八木亜希子がMCを務める新番組「女の体当たりサーチ番組 なぜ?そこ?」がスタートする。 本番組は、MCを務める八木をはじめとする出演者や演出、ディレクター、プロデューサーなどほぼ全てのスタッフが女性で構成されており、男性目線を撤廃した“女子目線”にこだわるお仕事ドキュメントバラエティー番組。 “なぜ?そこ?”をテーマに、 [全文を読む]

『あまちゃん』出演した八木亜希子 思い出すと今でも涙出る

NEWSポストセブン / 2014年04月16日07時00分

アナウンサー生活25年で心に留められた言葉と、そのときの心境を率直に綴った『その気持ちを伝えるために』(文藝春秋、1404円)を上梓した元フジテレビアナウンサーの八木亜希子(48才)さん。本業のほかに、女優としても活躍している。最初は、三谷幸喜から「映画に出ませんか」と出演依頼を受けたことに始まる。フリーになってすぐの出来事。最初の依頼の電話はアナウンサー [全文を読む]

八木亜希子 「過熱報道する事?」と矢ガモ事件に疑問持った

NEWSポストセブン / 2014年04月15日07時00分

アナウンサー生活25年で心に留められた言葉と、そのときの心境を素直に綴った著書『その気持ちを伝えるために』(文藝春秋)を上梓した元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さん(48才)。 かつては男性アナのアシスタント的な存在だった女子アナが、ブームが過熱するにつれ、個性を表面に出して活躍することを求められるようになっていく。フジテレビでは、1年先輩の中井美穂さ [全文を読む]

1980年代に女子アナの「タレント化」を決定づけた中井美穂

NEWSポストセブン / 2017年10月17日07時00分

さらに1988年、フジテレビに有賀さつきアナ、河野景子アナ、八木亜希子アナの“花の三人組”が入社したのも大きい。フジは彼女たちをまるで新人アイドルのように売り出しました」 1980年代後半から1990年代にかけて女子アナ=局の顔という構図が出来上がっていった。 「フジだけでなく日本テレビも1993年に開局40周年を記念し、当時の新人女子アナ、永井美奈子アナ [全文を読む]

テレ朝・大下容子が“証明”した「フジは女子アナを顔で採用」説!

アサ芸プラス / 2017年10月16日09時59分

1980年代後半、八木亜希子、有賀さつき、河野景子を売り出して女子アナブームを作り出したフジテレビ。アイドル顔負けのルックスをした新人を次々と採用し、「フジテレビは女子アナを顔で選んでいる」と言われたこともあった。その説が2017年の今、テレビ朝日の大下容子アナによって「証明」されることになってしまった。 大下アナは10月10日放送の「徹子の部屋」(テレビ [全文を読む]

池井戸ドラマ 今回の“語り部”は八木亜希子 「陸王」ナレーション挑戦

スポニチアネックス / 2017年10月15日17時02分

TBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)で、フリーアナウンサー、八木亜希子(52)がナレーションを務めることが分かった。 「半沢直樹」(2013年)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年)では元NHKアナウンサーの山根基世(69)、「下町ロケット」(15年)では元NHKアナウンサーの松平定知(72)が民放ドラマのナレーションを初めて担当し、話題となった。 日 [全文を読む]

フォーカス