細貝沙羅のニュース

忽然と消えた女子アナたちはいま!(2)細貝沙羅は下手すぎて人事部異動、龍円愛梨は小池百合子塾に…

アサ芸プラス / 2017年03月01日05時59分

細貝沙羅(フジテレビ、10年入社)「FNNスーパーニュース」 ミス日本やミス慶應の候補になるほどのビジュアルだったが「あまりにもアナウンス技術が低い」との理由で、昨年6月に人事部に異動。馬場典子(日本テレビ、97年入社)「ZIP!」 12年に週刊文春で「横領疑惑」や「二股」が報じられ、担当番組を次々と降板。14年の6月末で日テレ退社に追い込まれた。龍円愛梨 [全文を読む]

土屋太鳳に恋愛指南の有働アナ、“A”や“B”なんて今の若いコにはわからない?

週プレNEWS / 2015年09月17日06時00分

もうヤダ、帰る」と大号泣! ■「カトパンやミタパンじゃなくて、すみません!!」 細貝沙羅(FUJI TV) 『有吉弘行の野球バカ~ん!』の冒頭、マスクをかぶった審判姿で登場した細貝沙羅アナ。自己紹介の時にようやくマスクを外したのだが、有吉からは「有名じゃないからわからない」と厳しいツッコミが。すると彼女は「カトパンやミタパンじゃなくてすみません!」とキレ気 [全文を読む]

退社&異動した女子アナは8人! カトパンクラスじゃないと厳しいフリー転身という道

週プレNEWS / 2017年01月01日10時00分

その内訳はというと、フジの細貝沙羅アナ(人事部に異動)に日本テレビ・山下美穂子アナ(スポーツ局に異動)と上田まりえアナ(退社)。 そしてTBSは久保田智子アナ(年内での退社を発表)と小林悠アナ(退社)、テレビ朝日・佐分千恵アナ(他部署へ異動)、最後にテレビ東京は滝井礼乃アナ(他部署へ異動)である。 「昨年は他部署に異動する女子アナが多かったのが特徴的。これ [全文を読む]

葉山エレーヌ、小林悠、本田朋子…世間をにぎわせたあの女子アナたちは今!

アサ芸プラス / 2016年12月08日05時59分

「アナウンサーは採用も他の職種とは別扱いで、若手のうちは異動とは無縁のはずですが、この6月には11年目の葉山エレーヌ(日本テレビ)がインターネット事業局に、そして7年目の細貝沙羅(フジテレビ)は人事部に異動しました。2人とも見た目の派手さは女子アナ向きですが、葉山は奔放すぎる私生活が、細貝はあまりに下手なアナウンス技術が異動の理由になったようです」(週刊誌 [全文を読む]

新婚のフジテレビ生野陽子アナ 仕事に邁進中の理由

NEWSポストセブン / 2016年08月05日16時00分

人材不足にもかかわらず、アナウンス部から放出されてしまったのが入社7年目の細貝沙羅アナ(29)だ。 「同期の山崎夕貴アナ(28)との差は開く一方で、6月末に人事部への異動が決まった。入社当初はルックスの良さから期待されたが、残念ながらアナウンス技術が低すぎた。突然の異動に本人はショックを受けている」(フジ関係者) 2014年9月に夕方のニュースに異動した [全文を読む]

入社7年目の美人アナが異例の異動! 局内で噂されるフジ“6月人事”の謎

週プレNEWS / 2016年07月17日06時00分

6月末をもって、フジテレビの細貝沙羅(ほそがい・さら)アナが人事部に異動になった。2010年入社の7年目アナで、この若さでアナウンス室を離れるのは異例のことだという。同局関係者が話す。 「今から4年前に冨田憲子(のりこ)アナと山本麻祐子アナが30代半ばで他部署に異動になりましたが、彼女たちはもともとニッポン放送からの移籍組。生え抜きの女子アナが10年もたた [全文を読む]

フジテレビ…消えた美女アナの悲惨な扱い

NewsCafe / 2016年07月15日12時03分

2010年、フジテレビのアナウンサーとして採用された細貝沙羅(29)が、先月28日付で他部署に異動していたことが発覚した。 「今回の人事異動は完全な左遷です」と言うのは芸能ライター。 「細貝元アナは1年目こそ朝の情報番組『めざにゅ~」(フジテレビ系)のお天気キャスターを務めたのですが、2年目以降は主にBS・CSの番組がメインで第一線から外され、異動前も地上 [全文を読む]

ユミパンに「ポスト・カトパン」は無理? テレビ局女子アナ“天国と地獄”

日刊大衆 / 2016年07月10日11時00分

フジテレビの細貝沙羅アナ(29)が6月末の定期異動でアナウンス室から、まさかの人事部に“飛ばされてしまった”のも、その一例だろう。細貝アナは10年にフジに入社。今や局を代表する人気者になった山﨑夕貴アナ(28)と同期だが、「入社時の期待度は山﨑アナをはるかに上回っていた細貝アナですが、滑舌が悪く、原稿は棒読み、トークがギクシャクしているという弱点を克服で [全文を読む]

笹崎里菜アナだけじゃなかった!?美人女子アナが“内定を引き寄せた”秘蔵カット

アサ芸プラス / 2016年02月03日17時59分

フジでは細貝沙羅アナ(10年入社)の『ミス慶應コンテスト』での細すぎる美脚、現在『すぽると!』の司会を務める宮澤智アナ(12年入社)の『ホリプロタレントスカウトキャラバン』での大胆すぎるビキニ姿など、女子アナは芸能人と変わらないことが改めてわかりますね」 さらに、昨年入社で人気急上昇中のTBS宇内梨沙アナの“隠れ豊満”カット、テレ朝の久冨慶子アナ(12年入 [全文を読む]

「耳まで食べたい!」石橋貴明も絶賛するフジ・山崎夕貴アナの人気が急上昇中

アサ芸プラス / 2015年08月20日05時59分

「同期の細貝沙羅アナは華がありましたからね。帰国子女で慶應卒でミスコンにも出場。先に注目を浴びたのは細貝アナのほうでした。しかし山崎アナも、相手が誰でも萎縮しないおおらかな性格で着実に信頼を勝ち取り、それが今の人気にもつながっているのです」(芸能ライター) 視聴率低迷、エース・加藤綾子アナの退社騒動で揺れるフジテレビ。次代を担うのは山崎アナしかいない!? [全文を読む]

フォーカス