木村文紀のニュース

広島・一岡、与四球2も無失点 里崎氏「木村の三振で蘇った」

ベースボールキング / 2017年05月31日22時15分

西武に流れを渡さないためにも、ここを抑えたい一岡だったが、7番・木村文紀に3ボールとボールが先行。それでも2ストライクまで持っていき、最後は6球目のストレートで、木村を空振り三振に斬って取った。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏は「こういうパターンがあるんですよ。一岡は、まだツキがありますね。キャッチャーからすれば、打ち損じてくださ [全文を読む]

田尾氏がみた今季初先発の広島・薮田和樹

ベースボールキング / 2017年05月30日22時05分

1点リードの6回は二死後、栗山巧、メヒアに連打を浴び、二、三塁のピンチを招いたが、木村文紀を力強いストレートで右飛に打ち取り、無失点で切り抜けた。ピンチを凌いだ薮田はこの回でマウンドを降り、今季初先発は6回を5安打4奪三振2四死球無失点で、4勝目を手にした。 田尾氏はこの日の薮田について「毎回のようにランナーを出して危ない場面があったが、ここ一番を抑えてい [全文を読む]

日ハム・谷元、まさかの4失点 前田幸長氏「ビックリ」

ベースボールキング / 2017年05月25日21時56分

6回からマウンドにあがった谷元は、この回先頭の外崎修汰、続く木村文紀を連続四球で、得点圏に走者を背負うと、炭谷銀仁朗の犠打で一死二、三塁とピンチが広がる。ここを踏ん張りたい谷元だったが、秋山翔吾にライトスタンド上段へ3ランを浴び同点に追いつかれる。続く源田壮亮を失策で出塁を許すと、3番浅村栄斗にタイムリー二塁打を浴び、この回4失点目。谷元はここでマウンド [全文を読む]

【プロ野球】イチローの「51」を継ぐ男たち。鈴木誠也(広島)、上林誠知(ソフトバンク)ら新たな「51男」

デイリーニュースオンライン / 2017年05月12日16時05分

キャリアの最終章をかつてのユニフォームの「51」で迎えるようなら、オリックスファンのみならず多くの野球ファンが歓喜しそうだが、果たして!? (成績は5月9日現在) ■12球団の背番号51 日本ハム 不在 ソフトバンク 上林誠知(外野手・高卒4年目) ロッテ 不在 西武 木村文紀(外野手・11年目) 楽天 フェルナンド(外野手・大卒3年目) オリックス 不 [全文を読む]

西武・野上が6回1失点で今季初勝利 辻監督「一発はいけない」

ベースボールキング / 2017年04月08日17時35分

3回にはメヒア、木村文紀のタイムリーで2点を加えた。 先発した野上亮磨は、5回に上林誠知に一発を浴びたが、6回を4安打1失点と好投。4点リードの7回からは牧田和久、シュリッター、増田達至の“勝利の方程式”の3人が登板し、いずれも無失点に抑えた。 試合後、辻監督は「1回の3点は中軸が見事に打ってくれた」と話し、先発した野上については「タイミングを抜いたボール [全文を読む]

前日負傷交代のオリ・若月 頭部打撲と診断

ベースボールキング / 2017年04月05日11時44分

4日の西武戦、『9番・捕手』で先発出場した若月は、メヒアに2回、木村文紀のバットが1回、頭部付近に当たり、途中交代していた。なお、本日の試合は大事とって出場せず、帰阪するとのこと。 明日以降も様子をみながらの判断となる。正捕手候補の4年目・若月の早期復帰が待たれる。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

西武・辻監督、苦しむ若手野手に「ここを抜けないと明日がない」

ベースボールキング / 2017年04月04日21時54分

この日も西武は『2番・左翼』で田代将太郎、『7番・右翼』で木村文紀、『9番・遊撃』に源田壮亮といったレギュラーを目指す若手がスタメンで出場。源田は1安打を記録したが、田代と木村は無安打に終わった。試合後辻監督は「若手が悩んでいるね。ここを抜けないと明日がない」とコメント。 つづけて辻監督は「これが現状のベストオーダーだと思っているので、変えるつもりはない [全文を読む]

西武、中日に敗れOP戦4連敗…

ベースボールキング / 2017年03月14日16時50分

また、野手陣では田代将太郎、木村文紀に対して「試合の流れを見て、バッティングをしてもらいたい」と苦言を呈し、1点を追う9回二死満塁の場面で中飛に倒れた木村については「外野手が前に出ていたのに、なぜ思い切り振らないんだ。思い切り振らないでどうするんだ」と伝えたようだ。 昨季までコーチを務めていた古巣・中日に敗れ、オープン戦4連敗となった西武。15日もメット [全文を読む]

キューバ、本番前最後の実戦で西武に完敗…7日に侍ジャパンと対戦

ベースボールキング / 2017年03月05日15時20分

4回にも浅村栄斗と木村文紀の適時打で計3失点を喫し、リードを5点と広げられてしまう。 反撃したい打線も、西武の投手陣を相手に見せ場を作れず。4番に入ったサーベドラが4打数4安打と一人気を吐いたが、前後が続かずに7安打で完封負けを喫した。 この日はなるべく多くの投手に実戦を、ということで先発のエンテンザからトーレス、イエラ、サンチェス、L.マルティネス、J. [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

それでも西武は、さいたま市に本拠地を置く日本通運の牧田和久、埼玉栄高の木村文紀、花咲徳栄高の愛斗は埼玉県の高校・社会人出身をドラフトで獲得している。 地元出身のプロ野球選手は以下の通り。 【日本ハム=北海道】 鍵谷陽平 瀬川隼郎 玉井大翔 大累 進 【ソフトバンク=福岡県】 中田賢一 二保 旭 笠原大芽 牧原大成 本多雄一 吉村裕基 【ロッテ=千葉県】 涌 [全文を読む]

【プロ野球】過去にはチーム迷走も?西武の”限定ユニフォーム戦”の行方

デイリーニュースオンライン / 2016年05月30日16時04分

またモデルは木村文紀と、今回も炭谷を起用。この時は炭谷こそホームランを打ったものの、木村に至っては直前に2軍落ちしており、着ることすらできずという始末。 ロッテの“弁当の呪い”ならぬ、“特別ユニフォームの呪い”か。 ■幸せの黄色いユニフォーム、とはならず 昨年は2012年のように配布するスタイルに戻し、黄色い記念ユニフォームをプレゼント。西武鉄道には古く [全文を読む]

フォーカス