慶田朋子のニュース

服を脱いだら体に「黒ずみ」!? 女医が教えるセルフケアの方法

anan NEWS / 2016年05月27日12時00分

対処法を「銀座ケイスキンクリニック」院長の慶田朋子先生に聞きました。 全身から見れば小さなパーツでも、ひじやひざなどの“黒ずみ”は意外と目につきやすく、「清潔感がない人」といったマイナスイメージを与えがち。露出が増える夏本番を迎える前に、きちんとケアしておくべき。 「ボディの黒ずみは基本的に、ひじやひざ、かかと、Vゾーン、ヒップなど、関節部や圧迫を受けやす [全文を読む]

家の「ダニに好かれる度」チェックリストとダニ対策法

NEWSポストセブン / 2017年05月25日11時00分

ダニの怖さについて、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子さんはこう語る。 「室内に多いダニは、ヒョウヒダニやコナダニで、いずれも刺したり吸血することはありません。ただし、死がいやフンがアレルギー性の喘息や鼻炎を引き起こし、直接触れると目や鼻の周り、全身の肌にアレルギー反応が出ます。症状には個人差があるので、原因不明の発疹が出たら、皮膚科に相談を」 掃除機 [全文を読む]

潤いを蓄積できる肌に導く成分って? 資生堂が「新アミノ酸美容セミナー」開催

ウートピ / 2017年01月23日21時30分

第2部では、美容皮膚科医である慶田朋子(けいだ・ともこ)先生と、美容エディター・ライターの松本千登世(まつもと ・ちとせ)さんによるトークセッションも開催。 松本さんは「肌には潤いが大事であることはみなさんも自覚していると思いますが、『与える・補う』には限界がある。しかし、ベビーアミノ酸の発見により、潤いを維持する機能を自分の力で作り出すことができるのは、 [全文を読む]

ドキッ!あなたの肌年齢は!?「老け見え危険度診断」で今すぐチェック!

Daily Beauty Navi / 2017年01月23日09時00分

銀座 ケイスキンクリニック院長・慶田朋子先生東京女子医科大学医学部医学科卒業。最新の照射治療とヒアルロン酸注入を組み合わせたメスを使わないナチュラルな美容医療に定評。保水バリア機能とは、肌にうるおいを蓄える力のこと。「健康な肌は角質に約10%〜20%の水分が含まれていますが、肌がつっぱるなと感じたときには、すでに水分量が10%以下になっています」と、慶田先 [全文を読む]

新常識!肌には遺伝子が6割も影響していた!?肌質遺伝子検査を川島眞先生・慶田朋子先生が徹底解説!

PR TIMES / 2016年11月01日15時42分

講師は美容皮膚科の第一線でご活躍されている川島眞先生・慶田朋子先生。[画像1: http://prtimes.jp/i/21484/2/resize/d21484-2-905750-0.jpg ]日本皮膚科学会代議員、日本美容皮膚科学会理事長、日本香粧品学会理事長、日本性感染症学会理事、日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会理事、日本乾癬学会理事、日本レーザー医 [全文を読む]

旬眉の条件から描き方まで、教えます! 「ポイントは毛並みです」

ハピプラニュース / 2016年09月05日06時00分

眉印象チェンジに成功して今年の秋冬をエンジョイしましょう!【教えてくれたのは…】◇資生堂 ビューティクリエーション部トップヘア&メーキャップアーティスト鈴木節子さん◇ボビイ ブラウン ナショナルメイクアップアーティストKOHEIさん◇心理学者晴香葉子さん◇コーセー 商品開発部 クリエイティブディレクター林 みゆきさん◇顔相鑑定士岡井浄幸さん◇銀座ケイスキン [全文を読む]

時代遅れになってない? 2016秋冬・イケてる眉の新常識!

ハピプラニュース / 2016年09月05日05時00分

教えてくれたのは… 資生堂 ビューティクリエーション部 トップヘア&メーキャップアーティスト 鈴木節子さん ボビイ ブラウン ナショナル メイクアップアーティスト KOHEIさん 心理学者 晴香葉子さん コーセー 商品開発部 クリエイティブディレクター 林 みゆきさん 顔相鑑定士 岡井浄幸さん 銀座ケイスキンクリニック 院長 慶田朋子先生 ヘア&メイクア [全文を読む]

美白ケアって本当に効果あるの? これだけはマークしたい美白&UVケアの常識

ハピプラニュース / 2016年05月17日07時00分

皮膚科医 慶田朋子先生 銀座ケイクリニック院長。近著『365日のスキンケア』(池田書店)も好評。 コスメコンシェルジュ 小西さやかさん 一般社団法人日本化粧品検定協会 代表理事。科学的な視点から、コスメを分析する。 【Q】「目から日焼けする」って本当? 【A】目に紫外線があたるとメラニンが増えるといわれています。(吉木先生) 【Q】シミができやすい部位っ [全文を読む]

知らないと損をする【美白&紫外線の基本のき】

ハピプラニュース / 2016年05月15日04時00分

皮膚科医 慶田朋子先生銀座ケイクリニック院長。近著『365日のスキンケア』(池田書店)も好評。Q 美白ケアって、そもそも必要なの?A 紫外線対策、美白ケアともに必須です。「シミが嫌なら必須。シミを作らないためには、主な原因になる紫外線をまずはシャットアウト。そのうえで美白ケアをして、シミができるのを予防しましょう」(吉木先生)Q 紫外線って何?やっぱり悪い [全文を読む]

若い女性の薄毛 過剰なダイエットによる栄養不足で増加傾向

NEWSポストセブン / 2015年05月31日07時00分

育毛・発毛の施術もする銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長に若い女性の薄毛についてきくと、全体的に髪の毛が抜け、ボリュームもなくなって分け目やつむじの地肌が大きく見えることもある「びまん性脱毛症」は20代前半でも発症するとのことだった。「これという原因が定まりづらいのが『びまん性脱毛症』です。ストレスによるホルモンの激しい変動、過剰なダイエットによる栄養 [全文を読む]

春はお肌の大敵が増加!●●入りヨーグルトが美肌に効果アリと判明

WooRis / 2015年03月31日11時00分

これらが引き金となり、春先は肌トラブルがとくに起こりやすく、より念入りなケアが必要なのです!そこで今回は、『カラダの中から肌ケアセミナー』で学んだ情報を参考に、現代女性が抱える肌トラブルと、最新のお手軽な“肌ケア”をご紹介します!■現代女性が抱える肌トラブルとは?銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生によると、「乾燥肌とそれに伴うトラブルに悩む方が多く [全文を読む]

服、靴に加えジュエリーまで!気になるニオイを消す方法

WEB女性自身 / 2014年09月04日16時00分

銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長は言う。 「ぬれた洗濯物の放置は絶対にNGです!この季節、細菌は4〜5時間で繁殖を始めます。水着や汗をかいた衣類がすぐに洗濯できないときには、まず干しましょう。水分を除去することで、雑菌の繁殖を防ぎます。また、加齢臭やミドル脂臭が繊維にしみつくと、簡単には落ちません。脂臭を感じたら、まずは素早く漂白剤につけておくこと。 [全文を読む]

夫の枕、悪臭の原因は頭をちゃんと洗ってないから!?

WEB女性自身 / 2014年08月29日07時00分

どうしたらあのニオイから解放されるの!?銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長に教えてもらった。 「夫の入浴シーンをのぞいてみましょう(笑)。男性は、洗髪をチャチャッとすませてしまう人が多いんですよ。これでは皮脂がしっかり取れず、ニオイの原因を残していることになります。うちの夫もそうだったので『育毛のためには、首の後ろから後頭部にかけてマッサージして血行を [全文を読む]

頭のニオイ、生理臭…夏に気になる女性のニオイ対処法

WEB女性自身 / 2014年08月29日07時00分

暑い季節、女性だからこそ気になるニオイへの対処法を、銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長に聞いた。 とっても気になる生理中のニオイ。ナプキンを取り替えるときの不快感や、ニオイが外まで漏れていないかの心配も 。 「原因は栄養素、水分、温度の3条件がそろうと強いニオイになります。拭ききれなかった経血や尿がニオイを増殖させますし、ナプキンにたまった経血でも時間 [全文を読む]

日焼け止め使う男性が急増も耳に塗り忘れる人が多いと専門医

NEWSポストセブン / 2013年05月19日07時00分

銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長は「意欲は高まっていますよ」と言う。「皮脂の分泌量が多く汗をかきやすい男性にとって、日焼け止めはベタベタすると敬遠されてきました。でも、日焼けは将来のシミやシワの元になるということが世の中に浸透した。女性は無意識に肌がキレイな方がよい遺伝子だと判断してしまうという報告もありますから、男性にとって女性からどう見えるかも影 [全文を読む]

「バリア機能低下肌チェックリスト」で肌トラブルの原因を解明

NEWSポストセブン / 2013年01月08日16時00分

冬になると悩まされやすい肌の不調について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子さんに、解説してもらった。「肌がヒリヒリしたり、カユくなったり……。いわゆる乾燥は、肌表面の“角層”でおこります。角層は細胞が何層にも重なっていて、そのすきまを“セラミド”が埋めています。セラミドとは、肌の潤いに欠かせない肌の必須成分。水分を抱 [全文を読む]

乾燥度100年前の2倍 皮膚科医「部位別乾燥ケアが効果あり」

NEWSポストセブン / 2012年11月21日16時00分

銀座ケイスキンクリニック・慶田朋子院長によると、体のパーツごとに乾燥するメカニズムに違いがあるため、それぞれの特徴にマッチしたケアが必要だという。「まず、『すね』。『すね』は、そもそも皮脂が出にくい部位です。手のように酷使する部位ではないですが、皮脂が少ないので自然に乾燥してしまい、気付いたらカサカサと粉がふいたり、自覚のないままに『粉ふき肌』になっている [全文を読む]

手、かかと、すね…部位で異なる乾燥メカニズムを医師が解説

NEWSポストセブン / 2012年11月09日16時00分

『銀座ケイスキンクリニック』の皮膚科医・慶田朋子さんは「特に“手”と“かかと”、そして“すね”が乾燥している人が多い」と語る。 注意したいのは、一言で乾燥と言っても、パーツによって乾燥を引き起こすメカニズムに違いがあることだ。慶田さんは続ける。 「手は、乾燥した外気に触れる場所。さらに冬は洗い物などにお湯を使うことが多くなり、皮脂が落ちやすくなるため、肌の [全文を読む]

主婦1,000人に聞いた!「冬の肌トラブルに関する意識調査」 冬の三大乾燥部位は「かかと」「手」、そして意外にも「すね」!

PR TIMES / 2012年10月31日14時17分

< 調査結果の概要 > ■ 今冬、乾燥による肌トラブルを心配している女性は87.3%、特に20~40代は9割以上 ■ 約3割の女性が、肌トラブルが年々ひどくなっていると感じている ■ 今年の冬、女性が気にしている肌の三大乾燥部位は「 かかと 」 「 手(指含む) 」 そして、「 すね 」 皮膚科専門医の銀座ケイスキンクリニック 院長 慶田朋子先生によれば [全文を読む]

インフルエンザ早期流行の恐れ 冬の3大敵に早めの対策必須

NEWSポストセブン / 2012年10月26日16時00分

「冬を迎える前に、すでに肌が乾燥している人は多いですね」と語るのは、皮膚科専門医の慶田朋子さん。冬のスキンケアの要点をこう解説する。 [全文を読む]

フォーカス