新谷学のニュース

【書評】あの『週刊文春』編集長がぶっちゃける、文春砲の撃ち方

まぐまぐニュース! / 2017年04月28日19時15分

1989年に文藝春秋社に入社した新谷学氏は、「Number」、「マルコポーロ」、月刊「文藝春秋」などの編集部を経て、2012年に「週刊文春」の編集長となった。新谷氏が編集長に就任するや「週刊文春」は、「小沢一郎 妻からの『離縁状』」「巨人 原監督が元暴力団員に一億円払っていた!」という独自ネタで注目を集め、創刊以来初の2号連続完売を成し遂げた。 「ASK [全文を読む]

「文春対新潮」情報入手のどこが悪いのか

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時45分

毎週のようにスクープを発信している『週刊文春』新谷学編集長は、見かけは女性誌編集長のように軽やかに見えるが、その決断力と実行力は「剛毅」という言葉がぴたりとくる編集長である。口癖は「親しき仲にもスキャンダル」。 この男ただ者ではない。そう感じたのは、彼が編集長になってすぐの頃、「小沢一郎の妻からの離縁状」という特集を読んだ時だった。私は現役時代、小沢一郎批 [全文を読む]

スクープ連発!日本一売れてる文春編集長の”(秘)仕事術”とは!?雑誌『週刊文春』新谷学編集長が登場!

PR TIMES / 2017年05月12日12時00分

『未来授業』 5月15日(月)~19日(木)19:52~20:00放送 『未来授業SUNDAY CLASS』 5月21日(日)5:30~6:00放送 ※総集編 日本が世界に誇る「知のフロントランナー」を講師に迎えて、未来を生き抜く智恵を探るプログラム「未来授業」では、5月15日(月)~19日(木)、21日(日)の放送回に雑誌『週刊文春』新谷学編集長を迎えま [全文を読む]

メリー喜多川が「週刊文春」編集部に直接乗り込んできた日! 恐怖の体験を新谷編集長が告白

リテラ / 2016年10月03日22時30分

新谷学編集長には各メディアからインタビュー依頼が殺到しているらしいが、そんな"文春砲"のトップが最近、意外な雑誌の企画に登場した。「「なぜ『週刊文春』だけがスクープを連発できるのか? 『週刊文春』編集長 新谷学×映画監督 大根仁」 こう銘打たれた対談記事が掲載されたのは9月30日に発売された「Weekly SCOOP!」(扶桑社)だ。聞きなれない雑誌名だが [全文を読む]

週刊現代元編集長「俺も週刊ポストの中吊り盗み見てたよ」

NEWSポストセブン / 2017年05月21日16時00分

新潮の発売日には週刊文春の全編集スタッフが集まる会議が開かれ、そこで新谷学・編集長は「不正はなかった」「記事の書き換えもしていない」と強調したうえで、「この件は誌面で反論はしないが、読者に堂々と胸を張れる独自スクープで対抗しよう」との開き直りにも聞こえる“決意表明”があったという。 新聞・テレビがこぞって取り上げるなど、騒動は週刊誌業界の内輪揉めに止まら [全文を読む]

新潮・文春“スクープ泥棒”記事を読んだ文春関係者の感想がヤバい…! 続報も掲載予定か!?

tocana / 2017年05月20日07時30分

これに対し、新谷学・週刊文春編集長は18日、ニュースサイト「文春オンライン」で反論コメントを発表。「週刊文春が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と否定した上で「週刊新潮の記事では、あたかも週刊文春が自らのスクープ記事を盗んでいるかのように書かれていますが、例として挙げられた記 [全文を読む]

週刊文春編集長、週刊新潮「文春に中吊り広告を盗み見られた」報道を受け声明

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月18日13時10分

週刊文春編集部は5月18日、新谷学編集長の名前で「『週刊文春』編集長から読者の皆様へ」とする声明を文春オンラインで発表した。週刊新潮の報道に対し、「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と強調している。 5月18日発売の週刊新潮は、世に出回る前の中吊り広告を文春側に盗 [全文を読む]

「週刊文春」編集長の、未来への「鉱脈」を掘り起こす力

経済界 / 2017年04月30日09時00分

新谷学編集長が、人脈・企画・交渉・組織・決断・戦略など、結果を出すための85の奥義を公開する。聞き手=榎本正義人生フルスイングで行こう―― 毎号話題の「週刊文春」編集長初の著作ということで、取材が殺到しています。新谷 大人になって以降の大半の時間は仕事に費やされる訳ですから、当然、面白い方がいいですよね。仕事が面白ければ、人生も面白くなる。この本の中で、大 [全文を読む]

「隠し子じゃないんです!」香取慎吾の反撃にファンが加勢、文春ピンチ?

アサジョ / 2017年04月10日18時14分

一方、渦中の新谷学週刊文春編集長は、文化放送のラジオ番組「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」に8日出演。香取の記事に対し「彼のプライバシーを暴きたてて喜んでいるわけではなくて、そろそろSMAPの鎧を脱いで、1人の人間・香取慎吾として幸せになってくれたらいい」と発言。 だが、これに対しても香取ファンは猛批判。「隠し子っぽく載せといてよう言 [全文を読む]

「有名人は指名手配犯と一緒。個人情報もプライベートもない」水道橋博士が語る『週刊文春』とスキャンダルジャーナリズム

ニコニコニュース / 2017年02月03日11時00分

水道橋博士: ボクは今、ちょうど3年前に『週刊文春』に連載した原稿を単行本化する『藝人春秋2』を書いているんだけど、この本は新谷学編集長がボクに語り掛けるというところから始まるんですよ。内容的には50週分の連載をまとめたものと新たな書き下ろしなんだけど、8月に上梓する予定です。同時に5月からは『週刊文春』でも連載を復活させるんですよ。そうなると、ボクは紀尾 [全文を読む]

ついに勃発?週刊文春vs.メリー&工藤静香の”スキャンダル戦争”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月13日07時06分

これは新谷学編集長(52)の『論よりファクト』、事実がなによりも大事だという精神あってのものでしょうね」(前出・業界関係者) 現に、『文春』はジャニーズ事務所から、「すべて事実無根」「法的手続きをとらざるを得ません」と通達を受けたと記事内で書いており、徹底抗争の構えを見せている。 他誌が恐れた闇へ容赦なく攻撃を仕掛けた『文春』。次号では、メリー氏のルーツに [全文を読む]

「スクープ主義で正のスパイラルを持続させたい」週刊文春・新谷編集長に聞く(下)

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月19日09時07分

新谷学編集長に聞いた。<「リスクを恐れず、訴訟で負けない記事を作る」週刊文春・新谷編集長に聞く(上)>はこちら(https://www.bengo4.com/internet/n_4786/)。●動画や音声のネット公開、手探り状態ーーネットの普及とその対応に伴って、どんな法的リスクが生じているのでしょうか?「いくつかのポイントがあるんですけど、まず一つはす [全文を読む]

「リスクを恐れず、訴訟で負けない記事を作る」週刊文春・新谷編集長に聞く(上)

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月19日09時04分

週刊文春の新谷学編集長に聞いた。●「立証のハードルが高くなっている」ーー最近、スクープ記事をめぐっては、名誉毀損などの訴訟リスクが高まっていると聞きますが、実際のところはどうなんですか?「確かに、裁判で勝つのが難しくなっていると思います。私は、4年前に編集長になる以前も、週刊文春のデスクや記者として、訴訟を起こされたことがありますけど、その当時に比べると、 [全文を読む]

「月刊Journalism 6月号」発売! 特集「この夏の選挙が問うもの」

PR TIMES / 2016年06月14日15時49分

さらに、スクープを連発している週刊文春の新谷学編集長のインタビューも掲載しました。文春のスクープの秘密に迫っています。 [画像: http://prtimes.jp/i/9214/218/resize/d9214-218-618995-1.jpg ] 「月刊Journalism」は2008年10月に創刊しました。毎月10日発売で定価800円(税込み)、年間 [全文を読む]

大和くんが迷い込んだ北海道山中を「文春」「新潮」の記者が歩いてみた! サバイバル力が上だったのはどっち?

リテラ / 2016年06月13日21時00分

つい先日も、「文春」の記者に「新潮」がこっそりアプローチして原稿を書かせていたことが発覚し、「文春」の新谷学編集長が「巨人のピッチャーが覆面をして阪神で投げるようなもんだ」と激怒して、その記者をクビにするというトラブルが起きたばかりだ。 現在のところ、部数やスクープの数では「文春」がリードしているが、これを読んだら、記者の根性と体力はどっちが上か、わかるか [全文を読む]

「文春」記者がライバル「新潮」で記事を書いてクビに! 明らかになった沖縄バッシング記事のずさんな作り方

リテラ / 2016年06月10日08時31分

「文春」の新谷学編集長は先週木曜日のプラン会議で、「裏切られた。巨人のエースが覆面をして阪神で投げるようなもんだ」と激怒していたという。 しかし、新谷編集長が激怒し、T記者にクビを言い渡したのは、それだけが理由ではなさそうだ。この厳しい処分にはT記者の扱っていたテーマと"アルバイト"の内容、そして、発覚した経緯が大きく関係しているのではないかといわれている [全文を読む]

「文春」スゴ腕編集長との縁

クオリティ埼玉 / 2016年03月25日14時56分

この原動力として新谷学編集長の手腕があげられている。テレビのバラエティ番組の中でデーブ・スペクターが「今の編集長は遣り手だから、みんなは気を付けた方がいいよ」とタレントたちに忠告していたくらいだ。 その新谷編集長とは25年ほど前に初めて会ったが、記憶は鮮明に残っている。文藝春秋のスポーツ雑誌「Number」の編集部員だった彼が、当時私が所属していた講談社 [全文を読む]

<日本人の弱いところを突かれた?>ショーンK詐称疑惑の学歴にある妙なリアリティ

メディアゴン / 2016年03月16日21時42分

朝日新聞社「AERA」などは、「なぜこんなにスクープを連発するのか」というインタビューを新谷学・週刊文春編集長に対して行っている。この自虐記事は面白かった。毎週、週刊文春を読んでいるとわかることだが、新谷編集長が休養している期間の週刊文春は「ひどくつまらない」という印象がある。スクープの連発は新谷編集長が復帰した後からである。指令塔の優劣というのは雑誌やテ [全文を読む]

『バイキング』に元文春記者が出演! なぜ文春はスクープを連発できるのか? 語られなかった意外な裏事情とは?

リテラ / 2016年03月10日21時00分

それは、昨年「春画」問題で新谷学編集長が3カ月間の"強制休養"を命じられた一件との関係だ。『バイキング』では新谷編集長がいない間にネタをためていたという話で終わったが、その背後にはもっと深い裏事情があった。 その内幕をレポートした記事を再録するので、是非読んでみてほしい。(編集部)********************「週刊文春」(文藝春秋、以下「文春」 [全文を読む]

「週刊文春」スクープラッシュの意外な理由! 編集長が「春画」で謹慎処分になり反発した腹心スタッフが...

リテラ / 2016年03月02日12時00分

昨年10月8日、「文春」の新谷学編集長は3カ月間の"強制休養"が命じられた。この決定は文藝春秋・松井清人社長自らが下したものだが、原因は同誌に掲載された「春画」グラビアだった。これが「品位と伝統を穢す」として松井社長が激怒、現役編集長への異例の強制休養を発令したのだ。 「この異例の休養命令は編集部で大きな波紋を呼びました。突然、編集のトップがいなくなり、 [全文を読む]

フォーカス