芥川也寸志のニュース

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

スリーシェルズは、グループ団体歌(代表:根岸一郎)による団体歌シリーズの第2弾として「芥川也寸志の団体歌」コンサートを行う。スリーシェルズは、グループ団体歌(代表:根岸一郎)による団体歌シリーズの第3弾として「芥川也寸志の団体歌」コンサートを4月16日(日)に行います。グループ団体歌の活動は、2016年1月に「日本の団体歌」としてスタートしました。作曲家の [全文を読む]

室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催!2017年6月9日(金)渋谷にて

DreamNews / 2017年05月23日18時00分

これは2016年からスタートした「日本の巨匠シリーズ」の第2回で、「芥川也寸志」個展となる。 芥川也寸志の幅広い活動から、「合唱」音楽を中心に企画されたコンサートとなる。 文豪・芥川龍之介の息子として、文学に対しては一方ならぬ思いがあったと推察されるが、様々な詩につけられた音楽は、どれも芥川サウンドが溢れている。室内合唱団「日唱」による芥川也寸志個展開催! [全文を読む]

7月13日渋谷にて作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展開催。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」や芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む。

DreamNews / 2016年06月28日14時30分

スリーシェルズ代表の西耕一が企画構成を手掛けるオーケストラ・トリプティークによる演奏会「芥川也寸志個展」が7月13日に渋谷で開催される。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や「ゼロの焦点」「鬼畜」などの映画音楽や、芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む個展となる。7月13日渋谷にて、芥川龍之介の三男であり作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展 [全文を読む]

生誕90年記念CD「芥川也寸志 幻のバレエ音楽/湖底の夢・炎も星も」7月12日発売

DreamNews / 2015年06月09日09時00分

スリーシェルズは、2015年7月12日に芥川也寸志作曲による幻のバレエ音楽をCDとして発売する。舞踊家の山田奈々子氏によって保管されていた初演当時のテープから発掘しての世界初CD化となる。戦後日本のバレエ音楽史を知る上で貴重なCDとなることだろう。スリーシェルズは、2015年7月12日に芥川也寸志作曲による幻のバレエ音楽をCDとして発売する。舞踊家の山田奈 [全文を読む]

伊福部昭百年紀4のCM動画公開! 永瀬博彦によるオマージュは、「聖なる泉」(「モスラ対ゴジラ」より)の編曲!

DreamNews / 2016年04月13日13時00分

伊福部作曲の「セロ弾きのゴーシュ」「イワンと子馬」「子供のためのリズム遊び」や、伊福部の教え子で作曲家の芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三、三木稔ら九人の弟子がゴジラのテーマなどお馴染みのメロディーを引用して伊福部に捧げた小品集も演奏する。演奏は、NHKや新聞で特集され、タワーレコードCDチャートで1位も記録したオーケストラ・トリプティーク(水戸博之指揮)が担当 [全文を読む]

ゴジラの作曲家 没十年。子供のために作った音楽を集め渋谷で記念コンサートを開催5月7日(土)伊福部昭百年紀4~十年祭に寄せて~

DreamNews / 2016年04月04日10時00分

伊福部作曲の「セロ弾きのゴーシュ」「イワンと子馬」「子供のためのリズム遊び」や、伊福部の教え子で作曲家の芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三、三木稔ら九人の弟子がゴジラのテーマなどお馴染みのメロディーを引用して伊福部に捧げた小品集も演奏する。 演奏は、NHKや新聞で特集され、タワーレコードCDチャートで1位も記録したオーケストラ・トリプティーク(水戸博之指揮)が [全文を読む]

「伊福部昭百年紀Vol.4」5月31日に発売!

DreamNews / 2017年04月24日13時00分

また、芥川也寸志や黛敏郎らを含む伊福部昭の九人の弟子がゴジラのモチーフ師匠へ捧げた献呈曲も収録される。(黛敏郎作品では、当日集った伊福部門下が合唱で参加!)CDは、4月30日の「渡辺宙明スペシャルコンサート」で先行発売予定。http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=36987イワン、ゴーシュ、リズム遊び等「大楽必 [全文を読む]

【伊福部昭生誕100年記念CD】 「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠」 水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティーク第3回演奏会 (2015年1月1日・スリーシェルズより発売)

DreamNews / 2014年11月19日09時00分

芥川也寸志:映画音楽「鬼畜」より(編曲:清道洋一)叙情的メロディーとオスティナートを発揮した芥川映画音楽より。 ■CDタイトル伊福部昭生誕100年記念絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠たち/水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティークJapanese Great Masters throuth the String Orchestra/Hiroyuki M [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

1953年(昭和28年)芥川也寸志、團伊玖磨等と「3人の会」を結成。また、吉田秀和等と「二十世紀音楽研究所」を設立。雅楽・声明をはじめ、日本の伝統音楽にも造詣を深める一方、バレエ、オペラ、映画音楽とシンフォニックな大作を多数作曲。1964年(昭和39年)より、テレビ番組「題名のない音楽会」の企画、出演。東京藝術大学講師、茶道「裏千家淡交会」顧問、評議員。「 [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

2015年は、生誕90年の作曲家特集として、芥川也寸志と渡辺宙明の個展を開催して好評を得る。フルオーケストラ、弦楽オーケストラ、アンサンブル、小編成まで様々な形態で日本の作曲家の音楽をアーカイヴすべく活動している。リリースされたCDは6枚。タワー・レコード やamazonのチャートで1位も記録している。トリプティーク(三連画)とは、前衛、近現代音楽、映像音 [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

2015年は、生誕90年の作曲家特集として、芥川也寸志と渡辺宙明の個展を開催して好評を得る。フルオーケストラ、弦楽オーケストラ、アンサンブル、小編成まで様々な形態で日本の作曲家の音楽をアーカイヴすべく活動している。リリースされたCDは6枚。タワー・レコード やamazonのチャートで1位も記録している。トリプティーク(三連画)とは、前衛、近現代音楽、映像音 [全文を読む]

日本のコントラバス作品の可能性を探求する「佐藤洋嗣コントラバスリサイタル」3月26日に板橋で開催!

DreamNews / 2017年02月01日12時00分

2004年より、日本作曲家専門レーベル・スリーシェルズにて、伊福部昭や3人の会(黛敏郎、團伊玖磨、芥川也寸志)を中心に演奏・CD化を行う。 これまでにNHK 、東京藝術大学、日本作曲家協議会、日本現代音楽協会等、放送局や研究機関の依頼による企画協力や、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東 [全文を読む]

伊福部昭百年紀Vol.5開催決定!シン・ゴジラの伊福部楽曲も演奏!

DreamNews / 2016年12月12日09時00分

何よりの期待は、東宝映画の現場で響いた「よーい!スタート!!!」の掛け声!これが聞けるかもしれないとは、プレミアチケット必至だ!演奏は、渡辺宙明卆寿シリーズや芥川也寸志メモリアルで高い評価を得た、松井慶太の指揮、百年紀といえばオーケストラ・トリプティーク!曲目もマニア感涙のプログラミング!乞うご期待!■公演詳細【会 場】渋谷区文化総合センター大和田4階さく [全文を読む]

ゴジラの音楽を書いた作曲家 伊福部昭 合唱個展開催。指揮は愛弟子 和田薫(2016年9月2日、渋谷にて)!

DreamNews / 2016年07月26日09時00分

東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフォニア・タプカーラ」を発表。多くの作品、弟子、映画音楽を残して、2006年2月8日に91歳でこの世を去った。和田 薫(作曲・編曲・指揮・ プロデュース)映 [全文を読む]

WINDS CAFE 229【日本の団体歌(校歌・社歌など)を集めて-伊福部昭とその門下を中心に-】2016年1月24日原宿で開催。

DreamNews / 2015年12月24日10時30分

伊福部昭 北海道讃歌(1961・森みつ)伊福部昭 帯広市市歌(1952・外山雅一)伊福部昭 池田町町歌(1968・清原千晴)伊福部昭 音更町町歌(1970・三村洋)伊福部昭 全開発の歌-全北海道開発局職員労働組合の歌-(渋谷純一)伊福部昭 北海道立阿寒高等学校校歌(1955・柏倉俊三)伊福部昭 北海道立新得高等学校校歌(1960・阿部戸一)伊福部昭 札幌 [全文を読む]

日活全面協力!究極の映画音楽CD完成! 「伊福部昭 日活映画音楽大全」(CD4枚組)が5月31日に発売。 伊福部昭が音楽担当の日活映画・全14本からBGM180曲を収録!

DreamNews / 2017年04月24日12時30分

東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフォニア・タプカーラ」を発表。多くの作品、弟子、映画音楽を残して、2006年2月8日に91歳でこの世を去った。関連URL日活映画株式会社http://www [全文を読む]

黛敏郎初のジャズCD発売! スクリーンに炸裂する青春のビートリズム! CD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」4月19日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

1953年(昭和28年)芥川也寸志、團伊玖磨と「3人の会」を結成。また、吉田秀和等と「二十世紀音楽研究所」を設立。雅楽・声明をはじめ、日本の伝統音楽にも造詣を深める一方、交響曲、バレエ、オペラ、映画音楽等の大作を発表した。1964年(昭和39年)より、テレビ番組「題名のない音楽会」の企画、出演。東京藝術大学講師、茶道「裏千家淡交会」顧問、評議員。「日本作曲 [全文を読む]

黛敏郎メモリアル企画第2弾『カラー自筆版 ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』(黛敏郎 作曲)が2017年4月10日に出版。

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

1953年(昭和28年)芥川也寸志、團伊玖磨と「3人の会」を結成。また、吉田秀和等と「二十世紀音楽研究所」を設立。雅楽・声明をはじめ、日本の伝統音楽にも造詣を深める一方、交響曲、バレエ、オペラ、映画音楽等の大作を発表した。1964年(昭和39年)より、テレビ番組「題名のない音楽会」の企画、出演。東京藝術大学講師、茶道「裏千家淡交会」顧問、評議員。「日本作曲 [全文を読む]

4月30日「伊福部昭百年紀Vol.5」のプレトークは中野昭慶監督vsムトウユージ監督。 つまりはゴジラ対クレヨンしんちゃん!!!

DreamNews / 2017年02月21日09時00分

東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフォニア・タプカーラ」を発表。多くの作品、弟子、映画音楽を残して、2006年2月8日に91歳でこの世を去った。関連URLスリーシェルズ http://www [全文を読む]

黛敏郎メモリアル企画 ピアノ曲『オール・デウーヴル』(黛敏郎 作曲)が2017年4月10日に出版。

DreamNews / 2017年02月20日10時30分

1953年(昭和28年)芥川也寸志、團伊玖磨と「3人の会」を結成。また、吉田秀和等と「二十世紀音楽研究所」を設立。雅楽・声明をはじめ、日本の伝統音楽にも造詣を深める一方、交響曲、バレエ、オペラ、映画音楽等の大作を発表した。1964年(昭和39年)より、テレビ番組「題名のない音楽会」の企画、出演。東京藝術大学講師、茶道「裏千家淡交会」顧問、評議員。「日本作曲 [全文を読む]

フォーカス