岡本喜八のニュース

「日本のいちばん長い日」「独立愚連隊」「肉弾」…。真の映画職人岡本喜八の39作品、その全貌が此処に!『岡本喜八の全映画』(小林淳 著)発売。

DreamNews / 2015年10月08日13時00分

スリーシェルズ所属の小林淳(映画関連文筆)の執筆による『岡本喜八の全映画』が10月5日に発売された。日本映画史でも、特異な輝きを誇る鬼才・岡本喜八が監督した映画全作品のストーリーや詳細なデータ、そしてそこに使われた映画音楽までを解説していく。戦争をテーマにした社会派でありながらも、エンタテインメントとしての映画をどこまでも追究した、稀有な監督が没後10年を [全文を読む]

7・30シン・ゴジラの樋口真嗣監督が佐藤勝音楽祭トークゲスト。さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)

DreamNews / 2017年05月26日18時00分

さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)であることを発表する。スリーシェルズは、7・30「佐藤勝音楽祭」にシン・ゴジラの樋口真嗣監督がトークゲスト。さらにプレトークは中みね子監督(岡本喜八夫人)であることを2017年5月26日に発表する。実行委員長に中野昭慶監督を迎え、オーケストラコンサートの枠を超えた内容が期待される。ゴジラ、黒澤、喜八、というビッ [全文を読む]

俳優・本田博太郎 「岡本喜八スピリット、お願いします」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日16時00分

今回は、役者デビューからまもなかったころの本田博太郎が、岡本喜八監督に出会い、作品に出演した思い出について語った言葉をお届けする。 * * * 本田博太郎は1979年の映画『英霊たちの応援歌 最後の早慶戦』で岡本喜八監督作品に初めて出演している。「『近松心中物語』をやっていた帝国劇場の支配人が喜八監督の奥様・みね子さんと友達だったんです。それで『学徒出陣の [全文を読む]

岡本喜八監督「肉弾」、寺山修司脚本「初恋・地獄篇」など4作品が初ブルーレイ化

映画.com / 2017年05月10日00時00分

[映画.com ニュース] 非商業的な芸術映画を製作・配給したことで知られるATG(日本アート・シアター・ギルド)から発表された、故岡本喜八監督の「肉弾」(1968)、「近頃なぜかチャールストン」(81)と、故寺山修司が脚本を務めた「初恋・地獄篇」(68・羽仁進監督)、「サード」(78・東陽一監督)が、デジタルニューマスター版で初ブルーレイ化され、DVDも [全文を読む]

大ヒット「シン・ゴジラ」を二度見したくなる7つの秘密(2)ヒロインも大きな牽引力に

アサ芸プラス / 2016年09月06日05時54分

牧博士の近影は「日本のいちばん長い日」などを撮った故・岡本喜八監督の写真が使用された。池田氏がさらに続ける。「庵野監督は岡本監督の『激動の昭和史 沖縄決戦』が大好きで、100回以上観ているという。『シン・ゴジラ』のカット割りの速さは『沖縄決戦』の影響が強いと思います」 初代ゴジラを踏襲、加えて岡本喜八監督へのリスペクト。温故知「新」のシンの意味も含まれてい [全文を読む]

集中連載!極私的「シン・ゴジラ」の愉しみ方【Vol.4】

Walkerplus / 2016年09月04日07時00分

また、今作では岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」に対して「会議映画」としてのリスペクトが捧げられているが、過去作の「トップをねらえ!」でも岡本監督の「激動の昭和史 沖縄決戦」へのオマージュ(テロップの出し方やセリフ)がバンバン入れられていた。そのエネルギー源の中に「機動警察パトレイバー~」や帆場暎一があっても不思議ではない。そんな帆場暎一を生み出したク [全文を読む]

女優・大谷直子、唯一の写真集で妊娠の過程を撮り続けた

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時00分

高校在学中の1968年に『肉弾』(岡本喜八監督)のオーディションに合格し、映画デビュー。翌1969年にNHK連続テレビ小説『信子とおばあちゃん』のヒロインに抜擢され、高視聴率を叩き出して一躍人気を博す。1980年、鈴木清順監督の映画『ツィゴイネルワイゼン』で一人二役を演じ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞とキネマ旬報主演女優賞を受賞。 翌1981年に写真集『 [全文を読む]

日本映画技術賞受賞作品を厳選上映『よみがえるフィルムと技術』

太田出版ケトルニュース / 2017年05月12日09時45分

上映されるのは、同館が復元を行った『日本南極探検(デジタル復元版)』(1912年)、『時をかける少女(再タイミング版)』(1983年)など4本と、『近松物語』(1954年 溝口健二監督)、『座頭市と用心棒』(1970年 岡本喜八監督)など、日本映画技術賞を受賞した14本。期間中には、研究員によるトークイベントも開催される予定となっている。 『よみがえるフ [全文を読む]

40年の歴史に終止符…女優たちが彩った「土曜ワイド劇場」傑作選!(1)樋口可南子が挑んだ幻の名作

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時57分

意外なほどの豊乳で、テレビの画面から胸も尻もはっきり見えたことに興奮しました」 原作はベストセラー作家の赤川次郎、監督は日本映画界の巨匠・岡本喜八、撮影は女優を美しく撮る木村大作という豪華布陣であった。「女優をその気にさせることで有名な木村カメラマンが浅茅の背中を押したんでしょうね。全裸の入浴シーンも、事件を解決したあとの田中邦衛とのベッドシーンも、覚悟が [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(1)<宝田明・獣人雪男>初代「ゴジラ」の主役が“唯一の封印作”を初激白

アサ芸プラス / 2016年11月19日05時57分

さて、撮影で印象に残ったことは?宝田 谷川岳にロケに行って、助監督が岡本喜八だったんだけど、彼は山男だからサクサクと前に進んで行く。ところが、照明スタッフが足を滑らせ、大雪渓を500メートルほど落っこちていった。必死で探して、もしかしたら凍死したかもと思ったけど、奇跡的に助かってホッとしたよ。──そんな労作が、一部の名画座以外は観られないというのは残念です [全文を読む]

フォーカス