伊丹十三のニュース

宮本信子 伊丹十三さん墓参りで“天野春子”に遭遇して驚く

NEWSポストセブン / 2013年09月07日16時00分

ここには1997年に亡くなった宮本の夫・伊丹十三さん(享年64)が眠っている。 「宮本さんは定期的に墓参りにいらして、伊丹さんを偲ばれていますよ。今年は忙しいから無理かなと思っていたんですが、撮影が終わって、報告しに来られたのかもしれませんね」(寺院関係者) この寺院の近くには『伊丹十三記念館』もあり、宮本は同館の館長も務めているため、8月24、25日、久 [全文を読む]

星野源「伊丹十三賞」受賞に「人生を丸ごと認めていただいたよう」

dwango.jp news / 2017年03月28日10時22分

そんな星野源が本日、「第9回伊丹十三賞」を受賞したことが、伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団から発表された。 デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三氏の遺業を記念して、創設された同賞は、あら [全文を読む]

思い立ったが吉日! 読むだけで「禁煙」できる方法とは

J-CASTトレンド / 2017年05月29日12時34分

いくつかあげて見ると、半村良「気まぐれパイプ」、開高健「七日間ごとの宝物、ウイーク・パイプ」、伊丹十三「寿司屋で勘定を払う時......」、植草甚一「どうやらぼくもパイプ党になりだした」、澁澤龍彦「パイプ礼讃」、團伊玖磨「頭の散歩」と著名人の作品が並ぶ。 編者の青羽芳裕氏は、日本パイプクラブ連盟常任理事、国際パイプアカデミー会員などの肩書がある。『第三版パ [全文を読む]

星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』

okmusic UP's / 2017年03月28日15時00分

星野源が「第9回伊丹十三賞」を受賞したことが、伊丹十三記念館を運営するITM伊丹記念財団から発表された。 【その他の画像】星野源デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三の遺業を記念して、創設された同賞。 [全文を読む]

宮本信子さん感激。30年ぶりに映画「タンポポ」がNY上映へ

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日20時00分

昨秋、故・伊丹十三監督の映画「タンポポ」の4Kデジタルリマスター版が米国で制作され、ニューヨークを皮切りに北米で上映された。同作の主演女優で、伊丹監督夫人でもある女優の宮本信子さんが来米。1985年の公開当時、日本国外で高い評価を受け、米国にラーメンブームを起こすきかっけになったとも言われている同作について、お話を伺った。(聞き手・高橋克明) 映画「タンポ [全文を読む]

大島優子のシースルー衣装にムロ「透けてるから見てしまう」

Smartザテレビジョン / 2016年11月26日18時00分

吉田監督は「映画は作って半分、見ていただいて初めて完成であると伊丹十三さんも言われていました。本日を迎えてうれしいです」とあいさつ。またムロからは、大島のシースルー衣装に「透けてるから見てしまう」と正直な感想が飛び出るなど、大盛り上がりのまま舞台あいさつが始まった。 阿部は「最初は知らなかったんですが、監督はアドリブが好きな方だなと思いましたね。劇中、僕 [全文を読む]

正しい「焼香の作法」は2回?「葬儀」と「供養」に関するあらゆる疑問を解決!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月04日15時00分

1984年に公開された、伊丹十三氏の初監督作品である映画『お葬式』。初めて葬式を出すことになったある家族が、病院の霊安室で納棺するかしないかで揉めたり、お坊さんをどう出迎え、そのお布施の妥当な額はいくらなのかで悩んだり、ハウツービデオを見て葬儀のポイントを頭に入れたり、長いお経で足がしびれてしまったりと、葬儀の手順やしきたりに翻弄されてあたふたする人たちを [全文を読む]

山口組分裂抗争に影響か…元暴力団「大物」組長が極秘帰国、都内に入院

Business Journal / 2016年03月26日11時00分

後藤氏は武闘派としても知られ、1992年には暴力団を描いた映画『ミンボーの女』の監督である伊丹十三氏を後藤組組員5人が襲撃するという事件も起こしている。その一方で山口組随一の経済ヤクザとしても知られ、直系組長の上納金が100万円であるなか、後藤氏は数千万円という破格の上納金を納め、組内での影響力を強めていったともいわれてきた。 こうして“山口組のエリート [全文を読む]

芸能スキャンダルが報じられない原因は「強くなりすぎた芸能プロダクション」

メディアゴン / 2014年11月22日02時36分

司会陣には船越英二、野際陽子、毒蝮三太夫、天地総子、伊丹十三、五十嵐喜芳、野村泰治、三雲孝江、城戸真亜子、蓮舫などの名前が見える。鬼沢慶一、みといせいこ、桂菊丸らといった『3時のあなた』にも負けず劣らずの「あくの強いリポーター陣」。内容もやはり、凶悪事件・スキャンダル中心の芸能情報中心であり、長年に渡り『3時のあなた』とともに熾烈なスクープ合戦を繰り広げた [全文を読む]

魂を揺さぶる「46人の最後の言葉」を元に、彼らの人生を紐解いていく。『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』キニナルブックスにて9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

■目次 ・円谷幸吉 東京五輪で銅メダルを獲得した、不世出のマラソンランナー ・アーネスト・ヘミングウェイ 現代文学の金字塔『老人と海』を上梓し、ノーベル文学賞を受賞した文豪 ・エルヴィス・プレスリー 「キング」の異名をほしいままにし、歌で世界を変革したロックスター ・太宰治 戦後文学の旗手となったベストセラー作家 ・フィンセント・ファン・ゴッホ 19世紀 [全文を読む]

阿川佐和子、池波正太郎他32名による「肉」テーマのエッセイ

NEWSポストセブン / 2014年05月13日16時00分

例えば、阿川佐和子さん(スキヤキ)、池波正太郎さん(とんかつとカツレツ)、久住昌之さん(焼肉)、伊丹十三さん(ロースト・ビーフ)、吉本隆明さん(豚ロース鍋)など、読み応えのある作家ばかり32名。切り口はバラエティーに富んでおり、ただのグルメエッセイとは一線を画します。 例えば川上未映子さんは、ふと入ったお店で、とんかつに添えられたみずみずしいキャベツを見 [全文を読む]

伊吹吾郎 13000人の応募勝ち抜き東宝ニューフェイス合格した

NEWSポストセブン / 2013年11月30日16時00分

ゲストには山形勲さん、大友柳太朗さん、伊丹十三さんと錚々たる方々が出ておられましたが、中でも左幸子さんには勉強させていただきました。左さんは短刀を相手に向ける場面で、刃を上に向けるか下に向けるかでカメラマンと熱心に打ち合わせをされているんです。僕は『別にどっちでもいいのに』と思ったんですが、そうじゃない。どっちの向きが不気味に見えるか。そこまでこだわって [全文を読む]

朝ドラ「ごちそうさん」のオムライスが食べられる?噂の洋食屋「たいめいけん」に行ってみた

えん食べ / 2013年10月09日18時30分

店員さんによると『タンポポオムライス(伊丹十三風)』が有名で人気もあるとのことだったので、これを選択することに。ちなみにこのユニークな名前のオムライス、 あの伊丹十三さんがアイデアを出したことからその名前が付いたらしいです。そういえば確かに『たんぽぽ』っていうタイトルの伊丹十三映画、ありますよね。ケチャップライスにオムレツが乗っていて、オムレツを切り開いて [全文を読む]

「太地喜和子の影を追い続けて──?」“天下の艶福家”故・中村勘三郎さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年12月11日11時00分

その後、共演者や、故・伊丹十三さんと不倫して、“魔性の女”といわれた。勘三郎さんは、「勘九郎」を名乗っていた19歳の頃、12歳年上の太地さんに惚れてしまい、女性週刊誌「微笑」(祥伝社/休刊)によって熱愛が発覚した。当時の「微笑」の記者は「勘九郎が太地のマンションにお忍びで入った。出てくるところを待って取材を掛けようと思ったら、気づかれたみたいで勘九郎は窓か [全文を読む]

フォーカス