小林よしのりのニュース

元AKB48増田有華が小林よしのりを「嫌」 ISSAとのスキャンダルで遺恨?

AOLニュース / 2014年03月17日17時33分

元AKB48の増田有華がツイッターで、AKB48の大ファンとして知られる漫画家の小林よしのり氏のことを「嫌」と発言した。 増田は3月16日の午後8時前、ツイッターに、「よしのりの方の小林は嫌だけど、香菜の方の小林はおもしろくてすきー!はやくあいたいなっ」と投稿。その約2時間後に「小林香菜なう。念願ごはん」とのコメントとともにAKB48の小林香菜とのツーショ [全文を読む]

特別対談 小林よしのり×ケント・ギルバート第二弾「都知事選で痛感。日本人の衆愚化と貧困化」

まぐまぐニュース! / 2016年07月13日20時30分

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』などを代表作に持つ漫画家の小林よしのりさん。特に時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」では、漫画を通して今の社会に問題提起を続けています。そして、米国カリフォルニア州弁護士でありながら、日本のマスメディアでもコメンテーターとして人気のケント・ギルバートさん。ともに社会問題、政治問題に対して独自の意見を述べ続けてきた [全文を読む]

特別対談 小林よしのり×ケント・ギルバート「日本よ、自分の領土は自分で守れ」

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日10時00分

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』などを代表作に持つ漫画家の小林よしのりさん。特に時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」では、漫画を通して今の社会に問題提起を続けています。そして、米国カリフォルニア州弁護士でありながら、日本のマスメディアでもコメンテーターとして人気のケント・ギルバートさん。ともに社会問題、政治問題に対して独自の意見を述べ続けてきた [全文を読む]

小林よしのりさん「百田尚樹の件は言論弾圧ではない」とブログで語り賛否

ガジェット通信 / 2017年06月07日22時55分

https://t.co/JCsv0aitg 6月6日、漫画家の小林よしのりさんが自身のブログを更新。 百田尚樹の件は言論弾圧ではない https://yoshinori-kobayashi.com/13239/[リンク] というエントリーをアップした。 一橋大学での百田尚樹の講演会が中止になった件が「言論弾圧」と言ってるが、真の「言論弾圧」とは、権力が [全文を読む]

AKB48渡辺麻友は小橋健太!? よしりんとのトークライブより...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.65

東京ブレイキングニュース / 2014年10月14日17時00分

先週10月6日、台風一過の夜、小林よしのり氏に会ってきた。トークライブ「小林よしのりVSプチ鹿島」がおこなわれたのだ。 あの小林よしのりがなぜ私と? というのも8月に出した拙著「教養としてのプロレス」の第5章「引き受ける力を持つ」で私は小林氏のことを書いたからです。《漫画家・小林よしのりは世間では「保守の論客」や「AKB大好きおじさん」だと思われているかも [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】「今の政治家はAKB・内山奈月のレベル以下」。よしりんが自民党とアイドルの憲法知識を比較。

TechinsightJapan / 2014年07月24日16時15分

AKB48の内山奈月が憲法学者と共に著した『憲法主義』について、漫画家でAKB48ファンの小林よしのり氏が論評した。小林氏は「AKB48内山奈月が凄すぎる!」とその内容とともに彼女の憲法に関する知識や理解力を高く評価。「最近の政治家はこのレベルに達してない」と言い切る。 内山奈月は、2012年のAKB48第14期研究生オーディションに合格。今年の2月24日 [全文を読む]

橋下徹市長vs小林よしのり 「ゴーマン舌戦」をジャッジする(1)

アサ芸プラス / 2012年05月29日10時58分

小林よしのりは、(中略)ようは口だけで、何もやっていない奴。(中略)保守だ、国だと偉そうなフレーズは口に出すが、要はヒマなだけじゃねえか〉 そう、「ゴーマニズム宣言」で知られる漫画家・小林よしのり氏(58)も、まとめてブッタ斬っていたのだ。 橋下氏は、雑誌「SAPIO」(小学館)5月9日・16日号に掲載された小林氏と中野氏の対談記事の内容にお怒りの様子 [全文を読む]

【書評】「自称保守」「自称リベラル」への果たし状

NEWSポストセブン / 2016年12月21日16時00分

【書評】『ザ・議論!「リベラルvs保守」究極対決』/井上達夫、小林よしのり著/毎日新聞出版/本体1500円+税 【著者プロフィール】井上達夫(いのうえ・たつお)/1954年大阪府生まれ。東京大学大学院教授。『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』(毎日新聞出版)が話題。 小林よしのり(こばやし・よしのり)/1953年福岡県生まれ [全文を読む]

『卑怯者の島』と『総員玉砕せよ!』の異なる読後感について

NEWSポストセブン / 2015年08月15日16時00分

そして、その翌日、今年の7月20日に発行されたばかりの小林よしのり著『卑怯者の島』を手に取った。A5版で全498ページ。運動部員の弁当箱のように大きく厚く重い。 でも、途中でページをめくる手がとまることなく、一気に読み終えた。さすが百戦錬磨のエンターテイナーの手による〝戦場ストーリー巨編″。随所に盛り上げどころがあって、読み手を飽きさせない。力作だと思った [全文を読む]

栗原裕一郎緊急寄稿 過去のアイドル襲撃例から考えるAKB48襲撃事件

リアルサウンド / 2014年05月28日19時13分

しかし、論客としてAKBファンを代表する一人である漫画家の小林よしのりがブログに「今回の凶行は、AKBの根幹にして、最大の弱点を突かれた事件である」と書き付けたことに象徴されるように、ありふれている一方で、現況のアイドル・ブームと、それを支えるビジネス・モデルを揺るがしかねない影響が危惧されるという、過去には例のない事態に広がってもいる。実際、警視庁から [全文を読む]

小林よしのり氏 安倍首相の靖国参拝は英霊を侮辱したと批判

NEWSポストセブン / 2014年01月31日16時00分

『大東亜論 巨傑誕生篇』を上梓した漫画家・小林よしのり氏が安倍首相の「慰霊の参拝」を批判する。 * * * 安倍首相が靖国参拝をして、保守派の知識人・言論人たちが“これは慰霊の参拝であり、なおかつ不戦の誓いをしているのだから、そのようにアメリカやヨーロッパに説明すればよい”と主張している。 だが、靖国神社は顕彰の施設であって、特段に秀でた英霊たちを「よく戦 [全文を読む]

小林よしのり 橋下氏の罵倒Tweetに「なぜそんな時間が?」

NEWSポストセブン / 2012年06月16日07時00分

サピオ7号(4月25日発売)に掲載された対談記事、「徹底討論 小林よしのり×中野剛志『橋下徹の愛国度』を仕分けする」に対して、橋下徹・大阪市長は4月26日の深夜(27日午前2時過ぎ)からツイッターで猛反撃を開始した。 対談では小林氏が橋下市長の掲げる「脱原発」を極めてポピュリズムに近いと指摘し、中野氏も「TPP」交渉参加に前向きな橋下市長を批判するなど、全 [全文を読む]

橋下徹市長vs小林よしのり 「ゴーマン舌戦」をジャッジする(2)

アサ芸プラス / 2012年05月30日10時58分

小林よしのりも橋下徹も、公人なんだから、敬称ぬきで構わないんだよ〉 そして、〈政治家の人格は問わない〉とする小林氏は、橋下氏の政策を論じたあとで、こう締めくくった。 〈敬称を付けてほしいなら、わしに会えばよい〉 ところが、橋下氏はこれを宣戦布告とでも受け取ったのか。同日のツイッターで、再び猛攻撃を開始するのだった。 〈呼び捨てにされて当たり前だと。公人 [全文を読む]

「橋下徹VS小林よしのり」大バトル勃発! “再戦”はあの名司会者が裁く!?

アサ芸プラス / 2017年05月16日09時58分

5月8日に放送された「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で、激論を繰り広げた前大阪市長の橋下徹氏と人気漫画家の小林よしのり氏。 今回の放送で同番組のテーマとなったのは政治家の「失言」。 アメリカの原爆投下に関する議員の失言に関する見解で、橋下氏と小林氏が全面的に対立するなど、議論はヒートアップした。 さらに番組終了後、両氏の激論はネットで再開。ブログで小林 [全文を読む]

騒ぐは日本ばかり。北朝鮮情勢に関する政治家や有識者の雑な議論

まぐまぐニュース! / 2017年05月03日05時00分

小林よしのり氏の落語、田原総一朗氏の牽制 三浦さんと同様に、「朝ナマ」つながりでは、小林よしのり氏が先制攻撃論をブチ上げたそうですが、これは落語として聞くしかなさそうです。また、田原総一朗氏は、北朝鮮へのロシアの介入の可能性を示唆していますが、文脈としてはリアリズムというよりも、安倍外交への牽制ということのようです。 確かにロシアは北朝鮮国境に兵力を展開 [全文を読む]

小林よしのり×石破茂 生前退位で安倍首相にもの申す

NEWSポストセブン / 2017年03月09日07時00分

『天皇論 平成29年』を上梓したばかりの漫画家・小林よしのり氏と、自民党内にあって「皇室典範の改正」を主張する石破茂氏が徹底討論した。 小林:天皇の退位問題は、民進党が皇室典範改正の方針を推し進めるなど、野党はみんな一代限りの特例法に反対です。小沢一郎さんも、与党が特例法を提出した場合は反対すると明言しました。しかし自民党内には、特例法への異論が憚られる雰 [全文を読む]

小林よしのり氏「天皇の弟を皇太子と呼ぶのはムチャクチャ」

NEWSポストセブン / 2017年02月05日07時00分

天皇陛下の生前退位について賛成、反対両陣営を代表する論客である、漫画家・小林よしのり氏と麗澤大学教授・八木秀次氏が激突したこの対談。二人が、皇位の安定的な継承を続けるために、今すぐ議論すべき「次世代」の問題で激しくやり合った。小林:政府は特例法で天皇陛下の生前退位を認める方針のようだけど、これは憲法違反の疑いが濃い。にもかかわらず皇室典範の改正を避けるのは [全文を読む]

NMB48・市川美織、“おはペンギン”姿披露でファン激萌え! “ガチ人気10位”に小林よしのりも歓喜!

おたぽる / 2017年01月30日09時00分

以前から、市川の大ファンであることを公言していた、人気漫画家の小林よしのりも、自身のブログに『カネじゃない! リアル人気ではみおりんは凄いのだ』と、CDに封入されている投票券で投票する形式の総選挙を批判しつつ、市川の大健闘ぶりを祝福。業界内でも、『今年は今まで以上にメディアへの露出が増えるのでは?』と予想する声が広まっています」(同) 小林は「今年の頑張り [全文を読む]

小林よしのり氏 天皇が能力評価と無縁なら竹田恒泰氏でいい

NEWSポストセブン / 2017年01月09日07時00分

天皇陛下の生前退位について、賛成、反対両陣営の“筆頭”である小林よしのり氏と八木秀次氏が150分の激論を交わした。 * * *八木秀次:ご公務の問題ですが、今の国民は、被災地訪問をはじめとする天皇陛下の精力的な活動を深く理解し、感謝の念を持っていますよね。そこに私は危うさを感じる。というのも、天皇陛下は全身全霊で公務を務めてこそ天皇だとお考えになっていて、 [全文を読む]

小林よしのり×八木秀次 天皇退位賛成派と反対派が激突

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

天皇陛下の生前退位について、賛成、反対両陣営の“筆頭”である小林よしのり氏と八木秀次氏の2人が150分の激論を交わした。 * * *小林:八木さんは生前退位に反対なんだよね。認めると皇位が不安定化するとか言ってるけど、まったく理解できん。八木:これまで天皇の退位が認められなかったのは、まず政治利用の問題(*)があるからです。その弊害が大きいので、明治に皇室 [全文を読む]

フォーカス