近藤健介のニュース

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】外野手 1位:秋山翔吾(西武) 42,482票 2位:柳田悠岐(ソフトバンク) 38,091票 3位:近藤健介(日本ハム) 27,012票 4位:T-岡田(オリックス) 26,915票 5位:上林誠知(ソフトバンク) 26,213票 柳田悠岐(ソフトバンク)が復活した影響もあり、3位争いが大混戦。成績では打率4割超の近藤健介(日本ハム)が [全文を読む]

打ち続けることが恩返し…孤軍奮闘を続ける近藤健介

ベースボールキング / 2017年04月26日12時00分

出口の見えないトンネルを進む中、チームの希望の光となっているのが近藤健介の活躍である。 21試合の出場で打率.462はリーグ断トツ。開幕当初は5番が多かったが、大谷翔平の離脱後は3番に定着。チームに欠かせないポイントゲッターとなっている。◆ 「アベシンになれる」 近藤といえば、名門・横浜高で“史上最強捕手”と呼ばれたほどの選手。かつてチームを率いていた渡 [全文を読む]

【プロ野球】尊敬する故・三原脩監督の領域!? 周囲があっと驚く栗山英樹監督(日本ハム)のサプライズ選手起用

デイリーニュースオンライン / 2016年11月08日16時05分

近藤健介、増井浩俊~周囲もビックリなコンバート 周囲が驚いたコンバートといえば、2014年の近藤健介の捕手から三塁手へのコンバートだろう。結果的にこのコンバート自体は定着しなかったが、翌2015年に近藤がパ・リーグ3位の打率(.326)を残す布石となった。 投手の配置転換では、今シーズンの増井浩俊が印象深い。本来のクローザーの役割が果たせないと見るや、 [全文を読む]

【プロ野球】試合を締めるのは投手だけじゃない! “守備のクローザー” 飯山裕志(日本ハム)の安定感

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■近藤健介の三塁手挑戦時に輝きを増した“守備のクローザー” 飯山の存在感がとくに光ったのは、2014年に近藤健介が三塁手にコンバートされたときだ。 捕手で選手登録されていたものの打力が売りの近藤は、高校以来の三塁守備にかなりの不安を残した。実際、翌年には三塁手として助っ人のレアードを獲得し [全文を読む]

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

デイリーニュースオンライン / 2017年06月08日16時05分

夢のシーズン打率4割に挑戦中の近藤健介(日本ハム)。 長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA)が打率4割台をマークするなど、たびたび4割打者が生まれている。 過去の交流戦記録を振り返って4割打者を眺めてみると、「確かに打 [全文を読む]

開幕から1週間…今年のMVP候補は!? 交流戦の打撃成績

ベースボールキング / 2017年06月05日22時37分

◆ 野手部門<打率>1位 .556 安達了一(オリックス)2位 .500 中島宏之(オリックス)3位 .462 西川遥輝(日本ハム)4位 .458 柳田悠岐(ソフトバンク)4位 .458 ウィーラー(楽天)6位 .435 村田修一(巨人)7位 .429 ゲレーロ(中日)8位 .409 デスパイネ(ソフトバンク)9位 .389 武田健吾(オリックス)10位 [全文を読む]

【日本ハム】近藤の「47試合4割超え」Tシャツ&タオル発売

ベースボールキング / 2017年06月05日14時49分

日本ハムは5日、ダイジェストグッズ第13弾として、球団記録「47試合4割超え」を達成した近藤健介の記念グッズを受注発売すると発表した。 近藤は、1日のDeNA戦を終えた時点で、打率4割を維持。出場47試合目で打率4割を超えるのは1974年に張本勲氏が記録した出場46試合目で打率4割維持を上回り、球団記録となった。なお、現在は49試合目で打率.409と記録を [全文を読む]

日本ハムファンに朗報!4割打者・近藤、再検査の結果は『異常なし』

ベースボールキング / 2017年06月05日11時55分

◆ 4日の試合は欠場 日本ハムの近藤健介は5日、札幌市内の病院で右ハムストリングの再検査を受け、異常所見なしと診断された。 右ハムストリングの張りを訴え、4日の阪神戦を欠場していた近藤。ここまで打率.409を誇る中心打者だけに、その具合が心配されていたが、日本ハムファンにとって良い報告が飛び込んできた。 5日にホーム・札幌に戻って検査を受けた結果、4日に西 [全文を読む]

里崎氏が語る捕手の打撃力

ベースボールキング / 2017年06月05日10時00分

今季は3人の捕手が規定打席に到達しているが、近藤健介(日本ハム)は捕手登録も指名打者や外野での出場が多く、12球団で規定打席に到達した捕手は実質2人だ。近藤を除いた2人の打撃成績をみると、中村悠平(ヤクルト)が打率.260、梅野隆太郎(阪神)が打率.186とかなり寂しい数字。近年は“打てる捕手”がかなり減少している。 ◆ 打撃練習だけが練習じゃない!? [全文を読む]

スタメン外れた日ハム・近藤、『右ハムストリングに張り』

ベースボールキング / 2017年06月04日14時50分

日本ハムは4日、同日の阪神戦、スタメンから外れた近藤健介が右ハムストリングに張りを自覚したため、出場を回避したと発表。 西宮市内の病院でMRI検査を行った結果、患部の出血、炎症所見はなかったという。今後は状態を確認しながら、試合準備を行う見込みだと発表した。 近藤はリーグトップの打率.409を記録し、『3番・右翼』で先発出場した3日の阪神戦は、2安打1打点 [全文を読む]

打率.421の日ハム・近藤 解説陣の評価は?

ベースボールキング / 2017年05月27日11時00分

2015年にリーグ3位の打率.326を記録した日本ハムの近藤健介だったが、昨季はチームが4年ぶりのリーグ優勝、10年ぶりに日本一に輝いた中、自身は80試合に出場して、打率.265と悔しいシーズンに終わった。 迎えた今季は、開幕から高打率を維持している。3・4月、打率.416を記録すると、5月もここまで月間打率.429をマーク。26日のソフトバンク戦は、最初 [全文を読む]

球宴ファン投票DH1位の大谷、さらに票を伸ばし2位デスパと6千票差に

ベースボールキング / 2017年05月24日07時30分

2017年5月23日 発表 <指名打者> 1位 3万3176票 大谷翔平(日本ハム) 2位 2万7084票 デスパイネ(ソフトバンク) 3位 5639票 アマダー(楽天) 4位 3686票 近藤健介(日本ハム) 5位 3638票 山川穂高(西武) [全文を読む]

里崎氏、日ハム・杉谷のバント失敗に「痛かった」

ベースボールキング / 2017年05月23日21時50分

3番の近藤健介が見逃し三振、4番の中田翔も中飛に打ち取られ先制することができなかった。 その裏、日本ハムの先発・加藤貴之は、西武の1番・秋山翔吾に先頭打者本塁打を浴び失点。1点ビハインドの7回には、炭谷銀仁朗にスクイズを決められ、リードを2点に広げられた。なんとしても追いつきたい日本ハムだったが、毎回のように走者を出しながらもあと1本が出ず。西武を上回る9 [全文を読む]

イチローの“育ての親”「8番、9番打ったら4割だったかも」

NEWSポストセブン / 2017年05月23日07時00分

日本ハムの近藤健介の打率は5月17日終了時点で4割3分1厘。史上初の「4割バッター」の誕生なるか──名選手たちに話を聞きながら、そのカギを探った。 1980年、ヤクルトの若松勉とともに4割に迫る勢いで熾烈な首位打者争いを演じ、2度目のタイトルを獲得した谷沢健一氏(打率3割6分9厘)が語る。 「梅雨の乗り切り方が大事だと思います。バットに湿り気が出るから交換 [全文を読む]

プロ野球「5月の月間MVP」候補選手発表!

ベースボールキング / 2017年05月22日16時00分

◆ パ・リーグ候補選手【投手】▼ 浦野博司(日)防0.53 3試(17回) 3勝0敗 奪三振17▼ 美馬 学(楽)防1.23 3試(22回) 1勝1敗 奪三振15▼ 菊池雄星(西)防1.29 3試(21回) 2勝1敗 奪三振22▼ 金子千尋(オ)防1.96 3試(23回) 1勝1敗 奪三振12 ☆完投1▼ バンデンハーク(ソ)防2.00 3試(18回) 3 [全文を読む]

日ハム近藤健介は4割打者になれるか、名選手達の見立て

NEWSポストセブン / 2017年05月22日07時00分

シーズンの約4分の1が消化されるなか、日本ハムの近藤健介(23)が打率4割をキープしているのだ。 大谷翔平(22)、岡大海(25)、中島卓也(26)など次々に主力が離脱しチームは5位と低迷するなか、近藤はひとり好調を維持してきた。開幕から24試合連続出塁を記録し、打率は5月17日終了の時点で4割3分1厘。もともと捕手として入団したが、外野の守備もこなし、今 [全文を読む]

日ハム“大花火大会”!1950年の球団記録に並ぶ7本塁打で大勝

ベースボールキング / 2017年05月12日21時11分

すると、1点リードで迎えた3回には、二死から近藤健介が3号ソロを右翼席に叩き込むと、中田翔が四球で出塁、レアードが8号2ランを放って、リードを4点に広げた。 さらに、4回には先頭の大田泰が四球で出塁。市川が犠打、石井は空振りに倒れて二死となるも、続く西川が3号2ラン。6-0とした。 それでも日本ハムの勢いが止まらない。6-1で迎えた5回裏には、先頭の近藤 [全文を読む]

新天地で開花の気配…石川慎吾は巨人の救世主となるか

ベースボールキング / 2017年05月08日12時00分

同期にはパ・リーグ打率トップに君臨する近藤健介(4位)や、現在売出し中の松本剛(2位)らがいる。 パンチ力が最大の魅力で、ファームでは早くから中軸として頭角を現すも、一軍ではなかなか結果が残せず。103試合の出場で通算3本塁打と壁にぶつかっていたところ、昨年のオフにトレードでの移籍が決まった。 新天地で開幕一軍入りを果たすと、4月28日のヤクルト戦でヤクル [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

目下、パ・リーグ首位打者の近藤健介(日本ハム/23歳)が4300万円。何様目線で恐縮だがお得に感じる。 またランキングからは除外したが、助っ人勢ではエスコバー(日本ハム/25歳)が9000万円、アラウホ(中日/25歳)が8000万円の年俸をゲットしている。 ああ、俺も150キロ投げられないかなぁ~。「平日の昼間からゴロゴロー」(ずん飯尾氏)の世界観に没入す [全文を読む]

バットマンとして生きる…目立つ『元捕手』たちの活躍

ベースボールキング / 2017年04月27日12時15分

その男の名は近藤健介。苦しむ日本ハムの中で孤軍奮闘を見せる23歳は、ここまで打率.456という凄まじい数字を残してパ・リーグ打撃成績の一番上に君臨している。 12球団で唯一の4割打者。最近では勝負を避けられるシーンも増えてきており、四球もリーグ2番目の22個まで増加。それに伴い、出塁率も.582という目を疑うような数字になった。 近藤といえば、元は捕手と [全文を読む]

フォーカス