丸山和也のニュース

【悲報】「議員辞職しろ!」丸山和也議員、誹謗中傷がとまらず「議員辞職」の可能性も?

秒刊SUNDAY / 2016年02月21日00時04分

アメリカ大統領の奴隷・黒人問題発言で、窮地に立たされている「丸山和也」議員ですが、昨日参院憲法審査会の委員を辞任することが発表されました。この件をうけ問題は更に大きくなってきているようで、そもそも何故そのような問題になっているのかさえわからない状況だ。おそらく今後炎上が鎮火しなければ最悪の事態もあるかもしれない。 文脈から考えたい 丸山和也・参院議員の「米 [全文を読む]

2016年政治家失言、ゲス不倫宮崎謙介氏や弁護士・丸山和也氏

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

ゲス不倫の直後に飛び出したのが『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で有名になったタレント弁護士、丸山和也・参院議員の人種差別発言。 「米国は黒人が大統領になっている。これ奴隷ですよ」(2月17日の参院憲法調査会) 実は、丸山氏も不倫疑惑の当事者だった。ちょうどこの頃、丸山氏がかつて顧問弁護士を務めていた探偵事務所の女性関係者との間に交わした交際メー [全文を読む]

【丸山議員の暴言問題】政治家の分かりやすさには要注意!?|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年03月01日17時23分

直近で言うなら丸山和也議員の「奴隷」発言である。丸山議員は17日の参院憲法審査会で、「いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」と発言した(CNN・2月19日) ■国会では謎の"クイズ&フリップ"がブームに? このあとCNNの取材に答えた丸山議員は、「発言に人種差別的な意図はなく、人種差別を乗り越えた米国の偉大さ [全文を読む]

【速報】丸山和也議員、「アメリカ大統領失言」で委員を辞任

秒刊SUNDAY / 2016年02月19日15時42分

自民党「丸山和也」参院議員が米大統領に対する問題発言を行った影響で、参院憲法審査会の委員を辞任したと発表された。丸山氏は「アメリカは奴隷の黒人が大統領、考えられない」などという発言をしたと報じられた。しかし実際にはニュアンスが異なる発言であったが世間のバッシングは避けられなかったようだ。丸山 オバマ・奴隷発言すごい、編集がすごすぎて間が抜かれて切りだされて [全文を読む]

【炎上】丸山和也氏の「アメリカは奴隷黒人が大統領」発言が物議!色々検証される

秒刊SUNDAY / 2016年02月19日09時59分

元弁護士の「丸山和也」氏の国会発言が波紋を呼んでおります。丸山氏はアメリカ政治を引き合いに出して例え話をしたところメディアでは「アメリカは奴隷の黒人が大統領、考えられない」などという発言をしたかのうような扱いになり、それを見た視聴者やネットユーザが物議を醸している。全文では全く違う意図の文面だった。丸山 オバマ・奴隷発言すごい、編集がすごすぎて間が抜かれて [全文を読む]

懲戒請求の大渕愛子弁護士だけじゃない! 『行列のできる法律相談所』弁護士たちのカネと権力体質

リテラ / 2015年12月24日21時00分

たとえば、のちに自民党の参議院議員になった丸山和也弁護士も、『行列〜』出演時には週刊誌に相談女性へのセクハラ騒動を書き立てられたり元愛人女性から「独身だと嘘をついた」などと告発されたり、下世話な話を挙げて行けばきりがない。カネがらみでも、2002年、丸山氏が化学薬品メーカーの国際仲裁事件を担当した際、共に事件を担当したオーストラリア人弁護士から、約束した [全文を読む]

非嫡出子の相続分を抑制&法的な妻と実子を優遇…自民党の「差別的」改正案が却下

Business Journal / 2016年11月22日06時00分

この最高裁判決に対して自民党内から反発が出たと、弁護士の丸山和也参議院議員は話す。「家族や家族制度を守るべきという声の大きい保守派から、『あの判決はけしからん』『結婚した妻や子の権利を守れ』という意見が出てきた。しかし、最高裁判断を無視するわけにもいかず、民法改正に動くとともに、なんとかしようということで党内に特命委員会が立ち上がった」 自民党保守派は「 [全文を読む]

【永田町炎上】タレント弁護士は”向日葵バッジ”を付けたペテン師か

デイリーニュースオンライン / 2016年08月30日12時05分

大渕は「美人弁護士」などともてはやされ、稀代の大衆迎合政治家・橋下徹前大阪市長や「オバマ大統領は奴隷の子孫だ」などといい加減なことを口走ってひんしゅくを買った丸山和也参議院議員らと同様、弁護士の本来の使命を忘れ、タレント気取りで日テレ系の『行列のできる法律相談所』に出演していた軽薄な女だが、依頼人が「日本司法支援センター(法テラス)」の代理援助制度を利用 [全文を読む]

大渕愛子弁護士に懲戒処分「行列ができる」弁護士に問われる品格

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日12時05分

「『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティマラソンランナーとしても走った丸山和也(70)は、のちに政治家に転身するも、『死刑執行のボタンは死刑囚本人が押せるようにしろ』と国会で主張したり、『黒人の大統領は奴隷の血を引いている』と過激な発言を連発。アメリカCNNが『日本のトランプ?』と報じたこともありました。橋下徹弁護士(47)も、この番組で火が付き [全文を読む]

左派勢力が台頭する日本メディアの“マスゴミ”化に中国人が警鐘

デイリーニュースオンライン / 2016年03月21日12時06分

例えば16年2月に丸山和也参院議員が、アメリカのオバマ大統領に対し「奴隷の子孫」と発言したことは大きな問題となりましたが、あの発言の真意は「差別階級の子孫が大統領まで上り詰めた」というアメリカ社会の可能性を賞賛するものだったのです。 メディア側の偏向的な報道は時に大きな矛盾を生み出します。テレビ朝日系「報道ステーション」16年2月11日放送回では、日本で円 [全文を読む]

丸山議員発言で波紋…アメリカの属国扱いなら日本は51番目の米州になるべき?

週プレNEWS / 2016年03月15日06時00分

かつてバラエティ番組の名物弁護士としてお茶の間をにぎわせた自民党の丸山和也参議院議員が、先月17日に開かれた参院憲法審査会の場で「今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。(中略)これは奴隷ですよ、はっきり言って」と発言し、問題視された。 丸山氏としては「アメリカはかつての奴隷である黒人も大統領になれるスゴイ国」と言おうとしたようだが、しかし、その場 [全文を読む]

加藤紗里に松本人志「取り合いするような男じゃない」

Smartザテレビジョン / 2016年03月10日18時42分

その他、女優で元宝塚歌劇団宙組トップスターの大和悠河、参議院議員の丸山和也、井戸田潤と小沢一敬のスピードワゴンが出演する。 ※一部フジテレビ系列局では、内田裕也出演部分の放送はありません [全文を読む]

政治家選ぶコツ 「顔つきや話し方、仕草見る」と政治評論家

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

国会をズル休みして旅行に出かけ、維新の党から除名された上西小百合衆議院議員(32才)は、写真集を出版したり、東国原英夫元衆議院議員(58才)とTwitter上で“不毛なバトル”を繰り広げているし、丸山和也参議院議員(70才)は米国のオバマ大統領を「黒人の血を引く奴隷」と言い、海外メディアでも差別発言と問題になった。 北方領土の1つ「歯舞(はぼまい)諸島」 [全文を読む]

驕れる安倍自民党「密室大暴言」を一挙暴露(1)次から次へと出てくる暴言のオンパレード

アサ芸プラス / 2016年03月08日01時55分

あるいは、自民党政務調査会の法務部長を務めた丸山和也氏(70)が参院憲法審査会で発した次の言葉も世間をアキレさせた。「バカみたいな話だと思われるかもしれませんが、例えば今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」 さらには、こんなことも。「日本がアメリカの51番目の州になれば、集団的自衛権は問題にならないし、(北朝 [全文を読む]

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

間違って選ばれた議員の典型は、タレント弁護士から参議院議員にまで成り上がった丸山和也であろう。丸山は何を血迷ったのか、2月17日の参院憲法審査会で「今、アメリカは黒人の血を引くね。これは奴隷なんですよ」などと暴言を吐き、結局、謝罪に追い込まれた。だが、いやしくも世界最強の国家にして日本の同盟国の元首に対し、そんな差別的発言をすることは日米の友好関係にとっ [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! 相次ぐ失言議員の誕生は“選ばれし者”が持つ自意識の弊害?

週プレNEWS / 2016年03月02日10時00分

アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領を“奴隷”呼ばわりしたとして、各方面から批判を浴びた丸山和也参議院議員。 一方で「マスコミが発言の一部を都合のいいように報道し、世論誘導をしている」とする見方もあるーー。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む! *** 正確な事実に基づいて、配慮ある発言をする…って、これ、社会人の [全文を読む]

「オバマ大統領は黒人系か?」 学生と教授で白熱議論

NEWSポストセブン / 2016年02月29日16時00分

* * * 2月17日の参院憲法審査会で自民党の丸山和也議員がおかしな発言をして批判を浴びている。アメリカでは黒人の血を引くオバマ氏が大統領になっている、奴隷の子孫である、というのだ。この発言の真意がよく分からない。黒人差別の意図があったのか、奴隷の子孫でも大統領になれる国だという意味だったのか、それとも、ただ何となくこんなことを言ったのか。結局、おざな [全文を読む]

「黒人奴隷」発言の丸山和也参院議員に探偵の女性との不倫が発覚!? 相手の女性が告白、メール流出も...

リテラ / 2016年02月29日08時00分

「「不倫調査探偵との不倫」を本人に暴露された行列弁護士 丸山参院議員」 「週刊ポスト」(小学館)3月4日号にこんなタイトルで掲載されたのは、タレント弁護士出身の参院議員・丸山和也氏だ。 丸山議員といえば2月17日の参院憲法審査会でオバマ大統領に対する「黒人奴隷」発言が大きな批判を浴び、謝罪に追い込まれたが、その直後に発覚したのが今回の不倫暴露だった。 記事 [全文を読む]

“黒人発言”丸山議員も犠牲に…! 放送法違反を繰り返すメディアの陰謀とは?

tocana / 2016年02月28日08時00分

以上を踏まえたうえで、今月8日に高市早苗総務大臣の口から飛び出した「放送法発言」や、自民党の丸山和也参院議員による「黒人奴隷」発言がどう報じられたか、その背景を探ってみましょう。■高市大臣の「放送法発言」に見る、マスコミ偏向報道の実態 放送局が公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合に、電波停止を命じる可能性について参院予算委員会で言及した高市早苗総務 [全文を読む]

丸山議員「黒人奴隷」発言批判は、完全な間違い…低レベルな言葉狩りが猛威振るう

Business Journal / 2016年02月25日07時00分

今月、自民党・丸山和也参院議員の2つの発言が批判を受け、参院憲法審査会の委員を辞任した。野党だけでなく、自民党の二階俊博総務会長や公明党の漆原良夫中央幹事会会長からも批判された。 問題となったひとつ目は「黒人奴隷」発言だ。丸山議員は、「(米国では)かつて奴隷として差別されていた黒人から大統領まで登場した。オバマ大統領の誕生はその時代の米国人には想像もできな [全文を読む]

フォーカス