松本裕樹のニュース

ソフトB・松本、先発陣の救世主になれるか!? 27日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月27日13時45分

◆ ここ1週間、先発の役割を果たしたのは東浜のみ… ソフトバンクの2014年ドラフト1位右腕・松本裕樹が、日本ハムとの8回戦(札幌ドーム)でプロ初先発する。 松本は5月14日の楽天戦で中継ぎとして今季初登板。この試合では1回2/3を投げ2点を失ったが、21日の西武戦では2回を無失点に抑えた。昨季唯一の登板も中継ぎで、一軍での先発は今回が初めてだ。 前夜は先 [全文を読む]

SB・松本がプロ初先発!右肘手術を乗り越えた14年ドラ1が登板 27日の予告先発

ベースボールキング / 2017年05月26日18時22分

ソフトバンクは3年目の右腕・松本裕樹がプロ初先発。今季はリリーフで2試合に登板した。 今季初登板となった5月14日の楽天戦では、1回2/3を投げて2失点だったが、21日の西武戦では2回を無失点に抑えた。 右肘の故障のために入団1年目をリハビリに費やした2015年のドラ1右腕が、初先発のマウンドに立つ。 【パ・リーグ】 日本ハム(有原航平)-ソフトバンク( [全文を読む]

【プロ野球】先発候補が17人!? 田中正義、高橋純平、松本裕樹のソフトバンク・ドラ1トリオは厚い壁を破れるか

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日17時05分

それは田中正義、高橋純平、松本裕樹。ここ3年間の「ドラフト1位指名」という共通点を持つ投手たちだ。今回は将来のソフトバンク投手陣を担ってほしい、この3投手を取り上げたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■故障を抱えての1位指名から、昨季1軍デビューを果たした松本裕樹 2014年、右ヒジの不安から各球団が躊躇するなか、1 [全文を読む]

ソフトバンクのドラ1松本裕樹 怪我した肘を質問する記者に

NEWSポストセブン / 2014年10月26日16時00分

* * * 指名選手の名前を映すモニターに、ソフトバンクホークスの1位に盛岡大付属の松本裕樹投手の名前が浮かんだのをみて胸が熱くなった。この夏、私を救ってくれた選手だ。 松本投手は岩手大会で150キロを計測、本格右腕として注目を集めた。甲子園の初戦前、松本投手の後ろに回ると背筋が盛り上がっているのがわかった。松坂大輔みたいだった。だが試合でフタを開けてみ [全文を読む]

C野村&D柳&S星、明大出身投手が揃って先発 10日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月10日12時15分

【10日の試合予定】 楽天(美馬学)-広島(野村祐輔) <Koboパーク宮城 14時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):●●●○● 広(セ1位):○○○○○ ※6連勝中! 西武(佐野泰雄)-DeNA(平良拳太郎) <メットライフ 14時00分> ・最近5試合の成績 西(パ3位):△○○○● De(セ3位):○○○●○ ロッテ(二木康太)-ヤクルト [全文を読む]

中日ドラ1柳が今季2度目の先発、プロ初勝利目指す 10日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月09日17時59分

【交流戦】 日本ハム(メンドーサ)-巨人(田口麗斗) <札幌ドーム 18時00分> 楽天(美馬学)-広島(野村祐輔) <Koboパーク 14時00分> 西武(佐野泰雄)-DeNA(平良拳太郎) <メットライフ 14時00分> ロッテ(二木康太)-ヤクルト(星知弥) <ZOZOマリン 14時00分> オリックス(松葉貴大)-中日(柳裕也) <京セラドーム [全文を読む]

注目の中日、荒木2000本&ゲレ6戦連発&ドラ1投手3連勝? 3日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年06月03日11時35分

【3日の試合予定】 巨人(田口麗斗)-オリックス(松葉貴大) <東京ドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 巨(セ4位):●●●●● ※8連敗中… オ(パ4位):○○○○○ ※5連勝中! ヤクルト(館山昌平)-西武(佐野泰雄) <神宮 14時00分> ・最近5試合の成績 ヤ(セ6位):○●●●● ※4連敗中… 西(パ3位):●●●○○ DeNA(平良 [全文を読む]

中日のドラ1・柳がホームでプロ初先発! 3日の予告先発

ベースボールキング / 2017年06月02日17時45分

【交流戦】 巨人(田口麗斗)-オリックス(松葉貴大) <東京ドーム 14時00分> ヤクルト(館山昌平)-西武(佐野泰雄) <神宮 14時00分> DeNA(平良拳太郎)-ソフトバンク(松本裕樹) <横浜 14時00分> 中日(柳裕也)-楽天(美馬学) <ナゴヤドーム 14時00分> 阪神(青柳晃洋)-日本ハム(メンドーサ) <甲子園 18時00分> 広 [全文を読む]

巨人・ルーキーの吉川尚が一軍へ!武器の俊足を見せられるか 9日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月09日15時07分

<5月9日の公示情報> ※再登録=5月19日以降 ■北海道日本ハムファイターズ -登録- 18 岡大海/外野手 =抹消= 32 大累進/内野手 ■福岡ソフトバンクホークス -登録- 66 松本裕樹/投手 ■千葉ロッテマリーンズ -登録- 5 ダフィー/内野手 ■東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 37 嶋基宏/捕手 ■読売ジャイアンツ -登録- 0 [全文を読む]

中日・小笠原、故障後最長6回を投げ抜く 4月27日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月28日07時45分

また、ソフトバンクは3年目の松本裕樹が先発し5回を投げ3失点。県岐阜商出身の高橋純平は3番手で登板し2回を無失点に抑えた。 ◆ 4月27日のイースタン・リーグ試合結果 ▼ DeNA 0 - 3 巨人(横須賀) 巨|000 300 000|3 De|000 000 000|0 [勝] 桜井(1勝1敗) [S] 戸根(0勝0敗3S) [負] 平良(1勝1敗) [全文を読む]

【高校野球】部員10名の不来方には銀次(楽天)のいとこが。今センバツ出場のプロ野球選手の兄弟・親戚たち

デイリーニュースオンライン / 2017年03月25日16時05分

盛岡大付の松本跳馬は松本裕樹(ソフトバンク)の弟だ。今センバツ、高岡商との初戦では大接戦の末に10対9でサヨナラ勝ちを収めた盛岡大付だが、松本跳馬の姿はベンチにはなかった。下級生ということもありベンチ入りは果たせなかったのだ。 兄の裕樹は2年時、2013年のセンバツで2試合に登板。13回1/3を投げ3失点。打っては6打数2安打、打率.333と活躍。チーム [全文を読む]

【プロ野球】プロに慣れた今季こそ本領発揮! 2年目を迎える「オコエ世代」の有望株をチェック!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月19日16時05分

しかし、シーズン後半に調子を落とし、9月30日の1軍昇格は1つ上の松本裕樹に譲る、という悔しさも味わった。 昨年の秋季キャンプでは強化指定選手にも抜擢され、首脳陣の期待の高さをうかがわせる。今季は、早ければ5月8日のハタチの誕生日前にも、1軍で初勝利を挙げる姿が見られるかもしれない。 ■野手のツートップはパ・リーグの2選手 一方、野手では世代の代名詞にも [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

プロ野球界では1996年世代、高橋光成(西武)、岡本和真(巨人)、淺間大基(日本ハム)、安樂智大(楽天)、松本裕樹(ソフトバンク)らが新成人だ。 まだ「○○世代」と冠がつくほど突出した選手はいないが、高橋や安樂はローテーションの一角となるまで力を伸ばし、岡本や淺間も虎視眈々とレギュラーを狙う。飛躍の1年にしたいところだ。 しかし、これまでの新成人=高卒3 [全文を読む]

【プロ野球】オフの補強、今年はお休み? ソフトバンクの「燃えない」ストーブリーグ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月01日17時05分

「投」ではウエスタン・リーグで最多勝を獲得した笠原大芽や、ドラ1で入団した松本裕樹(2014年指名)、高橋純平(2015年指名)ら未来のエースが控えている。 今季は優勝を逃したとはいえ、シーズン87勝。主力にケガ人が続出した上に、日本ハムの猛追という想定外のことが重なった…、ともいえる。 ケガ人が戦列に戻り、若手の成長が期待される「2017年型ソフトバン [全文を読む]

【プロ野球】1軍より先に2軍が優勝! ソフトバンクがウエスタン・リーグ5連覇を達成!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月22日17時05分

さらに、一昨年のドラフト1位・松本裕樹が4勝、昨年のドラフト1位・高橋純平も2勝と戦力の一角となり活躍。さらにさらに、3軍の試合を中心に出場しているルーキーの川瀬晃や黒瀬健太も夏場から2軍での出場機会が増え、来季へ向けて猛アピール中だ。 優勝が決まった9月16日、中日戦の先発メンバー10人のうち1軍登録経験者は、ちょうど半分の5選手。経験、実績のある選手 [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンク強さの秘密?未来にはばたく”3軍ホークス”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日17時05分

■3軍があるからできる大胆補強 他球団なら指名を躊躇したり、支配下選手枠の関係で指名できないような選手でも、3軍のあるソフトバンクではウエルカム! 超高校級投手として注目されながらも右ヒジ痛で他球団が敬遠した松本裕樹(盛岡大付高)を、2014年ドラフト1位で指名。2015年は、リバビリ中心で登板なし。そして今年は6月8日現在、3軍で8試合に登板して2勝3 [全文を読む]

【プロ野球】安樂はどうなった!? 昨年のドラフト1位選手たちの今(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年09月17日10時00分

【ソフトバンク】松本裕樹(投手・盛岡大付) 1軍:登板なし 2軍:登板なし 最速150キロに加え、多彩な変化球を織り交ぜた「大人のピッチング」でドラフト1位競合も確実視されていた松本。しかし、昨夏の岩手大会で右ヒジを痛め、甲子園でもガチガチのテーピングで固めた上での投球となり、満身創痍となってしまった。 そのケガもあって、結局1位指名はソフトバンクのみ。 [全文を読む]

高校球児の肩と肘 企業広告導入や観客席値上げで守れないか

NEWSポストセブン / 2014年08月24日16時00分

自分のピッチングができなかったのが悔しいです」 そう言い残して甲子園を去ったのは、盛岡大付の松本裕樹投手だ。松本投手は大会前に「最速150キロ右腕」「プロ注目」と騒がれたが、甲子園ではそのスピードを披露することはできなかった。初戦の東海大相模は変化球を丁寧に低めに集める「打たせて取る」投球で退けたものの、次戦の敦賀気比には3回途中までで10安打を浴び、自責 [全文を読む]

「大谷2世」の呼び声も! 岩手・盛岡大附の松本は“スター不在”の甲子園で主役になれるか?

週プレNEWS / 2014年08月08日06時00分

最速150キロの速球に加え、高校通算54本塁打と投打に注目を集め、プロのスカウトも「大学生、社会人を含めても今秋のドラフト1位でいける素材」と太鼓判を押すのは、岩手・盛岡大附のエースで4番、松本裕樹(ゆうき・3年)だ。 松本が評判どおりの実力を披露したのが、甲子園への切符をかけた岩手県大会決勝。連投で疲労困憊(こんぱい)ながらも、大谷翔平(日ハム)らを輩 [全文を読む]

フォーカス