草野マサムネのニュース

【エンタがビタミン♪】スピッツ・草野マサムネとindigo・川谷絵音が“レアすぎる”ツーショット。

TechinsightJapan / 2015年09月05日11時55分

indigo la Endの川谷絵音がスピッツの草野マサムネと並ぶ姿をInstagramに投稿して反響を呼んでいる。草野マサムネがオフショットを公開することは珍しく「うそおおおおおお!」「このツーショットやばばばぁ~」と衝撃を受けたフォロワーも多い。 9月2日と3日に新木場 STUDIO COASTで開催された音楽イベント『Spitz×VINTAGE RO [全文を読む]

“ゲイの聖地”で目撃談も!? 平井堅が明かした、スピッツ草野マサムネとの“関係”

日刊サイゾー / 2016年07月12日11時00分

歌手の平井堅が、人気バンド、スピッツのボーカル・草野マサムネとの親交を明かしたのだ。 1日放送の『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演した平井は、番組MCの笑福亭鶴瓶に「(草野と)カラオケよう行くねんてな?」と聞かれ、「しょっちゅうですね」と即答。続けて「だいたい7~8人でご飯食べて、そのあとカラオケ行くんですけど、一番存在感ないですもんね。あれ? [全文を読む]

スピッツ、新曲「コメット」がフジテレビ系連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』主題歌に決定

okmusic UP's / 2016年06月23日10時30分

今回の楽曲提供のオファーを受けて作詞・作曲を担当した草野マサムネは、「(この曲は)「投げやり」から「前向き」に変わろうとする途上を歌っています。」とし、「自分自身が初めての事への挑戦や環境の変化に対して臆病なので、主人公に強い思い入れを持ってしまった。」とコメントしている通りに、ドラマと楽曲のテーマが見事に合致している。 今夏話題のドラマとスピッツによる主 [全文を読む]

スピッツ、新曲「雪風」のジャケット写真は草野マサムネが訪れた思い出の場所!?

okmusic UP's / 2015年04月15日11時00分

作詞・作曲のほか、アルバムなど作品のジャケット考案も担当する草野マサムネが長年訪れたいと思っていた、とある場所だ。その場所を数年前に訪れた際に目にしたとても印象的な風景を、「雪風」のジャケット写真にできないかという草野のアイデアから、自ら撮影した写真などをヒントにイメージに近い写真を探したところ、彼が思い描いていた風景に巡り会うことができたという。そんな忘 [全文を読む]

スピッツが4月スタートのドラマに新曲を書き下ろし

okmusic UP's / 2015年03月14日12時00分

「雪風」は作詞作曲を担当した草野マサムネが「(自分が雪に縁のない)九州出身なので妄想力をフル稼働させた」と語る通り、雪の街を舞台にしたドラマのために書き下ろした新曲だ。 今回、エンディングテーマ曲を決めるに当たり、「彼ら以外考えられない」と鈴井監督自らスピッツサイドへオファーをしたことから実現。完成した音源を聴いて「心が震えた」(鈴井監督)という。以下は [全文を読む]

スピッツ、全14枚のアルバムを網羅するセトリで1万5千人を魅了

okmusic UP's / 2013年09月15日15時00分

草野マサムネが「今日は横浜サンセットへようこそ!最後まで精一杯やりますのでよろしくお願いします」と挨拶すると、会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こり、オープニングの「恋のうた」から大きな盛り上がりを見せていた。「スピッツを結成して今年で26年。こうして、バンドを続けられて、こんな大勢の方の前で歌えて、幸せです。ありがとうございます!」とこの日を迎えた心境を [全文を読む]

People In The Box、最新作特設サイトに草野マサムネ、ミト、RONZIらの推薦コメント公開

リッスンジャパン / 2012年01月18日18時00分

同作の発売を記念して、サイト上(www.peopleinthebox.com/citizen_soul)には生形真一(Nothing's Carved In Stone)、草野マサムネ(スピッツ)、橋本絵莉子(チャットモンチー)、日向秀和(ストレイテナー/Nothing's Carved In Stone)、ミト(clammbon)、YUKA (moumo [全文を読む]

スピッツ、2017年初の新曲「ヘビーメロウ」が『めざましテレビ』テーマソングに

okmusic UP's / 2017年04月03日16時00分

この新曲について草野マサムネからのコメントも発表されたので、是非チェックしてほしい。■【スピッツ 草野マサムネよりコメント 】番組をご覧になってる皆さんにとって大切な朝のスタートタイム。 少しでもポジティブな気持ちになってもらえるような弾んだリズムの曲を作ってみました。 ただ歌詞はスピッツの持ち味でもある、ちょっと卑屈でネガティブな要素もあるかも。 とにか [全文を読む]

スピッツや椎名林檎などのCDジャケットを手がけるデザイナー、木村 豊が自身のデザインとその思考について語り下ろした書籍 『死んだらJ-POPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村 豊』発売!

PR TIMES / 2017年03月27日10時32分

木村 豊に信頼を寄せる草野マサムネ(スピッツ)、椎名林檎、木村カエラなどのアーティスト、そして関係スタッフなど総勢27名による木村 豊を評したテキストも収録。さらにカバーイラストは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのジャケット制作でタッグを組むイラストレーター、中村佑介が担当しています。〈本書の主な内容〉■第1章 いろんなミュージシャンのジ [全文を読む]

中島裕翔主演ドラマにスピッツが楽曲で寄り添う

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日05時00分

今回の楽曲提供のオファーを受け、スピッツのボーカル・草野マサムネは「“投げやり”から“前向き”に変わろうとする途上を歌っています。自分自身が初めての事への挑戦や環境の変化に対して臆病なので、主人公に強い思い入れを持ってしまった」とコメントした。 楽曲はまさに、誰からも期待されていなかった中島演じる一ノ瀬歩が、社会の厳しさとひたむきに立ち向かっていくという [全文を読む]

フォーカス