永井美奈子のニュース

第24回「女子アナの歴史」(中編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年08月25日18時18分

永井美奈子アナと関谷亜矢子アナである。 日テレにとって1988年というと、創立35周年だ。この『TVコンシェルジュ』を毎回お読みになられている方なら、覚えているかもしれないが、この年、80年代に低迷を極めた日テレが起死回生とばかりに、1つのプロジェクトを立ち上げる。「SI35」である。それは人事から編成、番組企画まで、あらゆる要素を大胆に改革しようというも [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

この年、新入社員で入ったアナウンサーが、福澤朗サンや永井美奈子サンだったのだ。さらに、後にダウンタウンの番組を手掛ける菅賢治サンもこの年、中途入社を果たしている。 最初にブレイクしたのは永井美奈子アナだった。入社1年目にして、いきなり『アメリカ横断ウルトラクイズ』のコンピュータ予想の担当に抜擢され、アイドルアナとしてブレイク。丁度、フジテレビの同期入社が八 [全文を読む]

忽然と消えた女子アナたちはいま!(6)永井美奈子は東北の支援活動、高木広子は化粧品会社を起業…

アサ芸プラス / 2017年03月05日09時58分

永井美奈子(日本テレビ、88年入社)「マジカル頭脳パワー!!」 日本テレビが誇るアイドルアナとして活躍したが、96年に退社し、01年に結婚。現在、テレビの仕事はセーブし、東北支援の活動。田口恵美子(TBS、91年入社)「ワールドビジネスサテライト」 ハーバード大学を経て、テレ東の経済報道部記者からアナウンサーに転身。98年にテニスの松岡修造と結婚し、3女の [全文を読む]

「人生順調」女子アナ 柴田倫世、福島弓子、永井美奈子ら

NEWSポストセブン / 2015年01月03日07時00分

上がり直前といえます」 同じように結婚で勝ち組になった女子アナが永井美奈子アナ(49才)。局アナ時代はアイドル顔負けの人気でCDをリリースするなど熱狂的なファンがいたが、フリー転身後(1996年)、次第にその人気に陰りが出始めたという声がささやかれるようになった。だが、劣勢な彼女に奇跡は起きる。 [全文を読む]

1980年代に女子アナの「タレント化」を決定づけた中井美穂

NEWSポストセブン / 2017年10月17日07時00分

「フジだけでなく日本テレビも1993年に開局40周年を記念し、当時の新人女子アナ、永井美奈子アナ、薮本雅子アナ、米森麻美アナらによるユニット『DORA』を結成、CDを発売しました。 そしてこのあたりから、各局の採用傾向が如実に表われてきます。フジは若い男性層が好む王道アイドルアナ、TBSは報道キャスター向きのクール美女、テレ朝は上品なモデル系を採用してい [全文を読む]

1位「慶應義塾横浜初等部」は11.5倍! 私立小学校志願倍率ランキング

PR TIMES / 2017年07月31日12時00分

また、倍率・学費・進学力などのランキング(倍率10倍以上の学校は3校! 学費(初年度納入金)200万円以上の学校は2校あります)、私立公立全国182校の最新データ一覧、フリーアナウンサー永井美奈子さん・ロボット博士古田貴之さんがあの学校にわが子を入れた理由、名門校に入れて本当に得するの?「卒業10年座談会」、などなど、盛りだくさんの内容です。 小学校受験は [全文を読む]

フジテレビ、好きな女子アナランキングでゼロ…アナウンス室で「深刻な事態」進行

Business Journal / 2017年07月20日06時00分

さらに永井美奈子などが知名度を上げていき、00年代に入ってフジが視聴率三冠王を取り戻した頃は、内田恭子や高島彩などが看板女子アナとして活躍していました」 近年の視聴率不振により、チャンネルを合わせられなくなったフジテレビは必然的に人気女子アナが生まれなくなってしまったというのか。「ニワトリが先か卵が先かみたいな話ですが、現在、本当に見たくなるような女子アナ [全文を読む]

やっぱり最強? 女子アナがモテる理由を分析

NEWSポストセブン / 2017年03月05日07時00分

特に「花の88年入社組」と言われたフジテレビの3人娘=有賀さつき、八木亜希子、河野景子、そして日本テレビの永井美奈子、関谷亜矢子アナらは“アナドル”と呼ばれ、キャンペーンガールのようなことをさせられたり、CDを出したりと、文字通り、アイドルのようなことをさせられていた。もちろん、ルックスやスタイルも抜群で、河野景子は学生時代、『CanCam』の読者モデルと [全文を読む]

巻頭インタビュー:女子レスリング選手「伊調 馨」さんが登場!特集:団地を超えて「まち」へ 新しいまちの魅力づくりへの挑戦が始まっている!!

PR TIMES / 2017年01月31日12時41分

そのほか、フリーアナウンサーの永井美奈子さんが江戸東京博物館を訪れ、昭和30年代のひばりが丘団地の室内を再現した展示を紹介しています。さらに、連載企画「届け!笑顔」では、東日本大震災直後から“AKB48”メンバーが各被災地で行ってきた「誰かのために」プロジェクトの最新の活動を紹介しています。パソコンやスマートフォンからご覧いただける「オンライン版」では、巻 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】神田うの、愛娘5歳の誕生会を六本木ヒルズで祝う

TechinsightJapan / 2016年10月27日18時15分

ブログによると神田の友人である別所哲也や永井美奈子、伊東美咲らを親子で招待し、皆で仮装をしてはしゃいでいる写真も投稿されている。娘の成長を共に見守ってくれた友人らと一緒に、神田うのも大いに楽しんだようだ。 またこの日のブログの最後には 「早く本当のお姉さんになりたいな ママにおねだり中なのドキドキ By 小Uno」(原文ママ) と第二子妊娠を視野に入れた [全文を読む]

あの黄金世代女子アナの今!(2)元日テレアナ・大神いずみが明かす女子アナの実態

アサ芸プラス / 2016年07月23日17時57分

「92年に私が入社した時は永井美奈子さんがすごく人気で、薮本雅子さん(48)たちと『DORA』っていうグループを華々しくやっていました。それに、私の1つ上の先輩までは、入社と同時に写真集を撮っていたそうです。『女子アナってそんなことまでやるの!?』って思いましたね」 局在籍時、一貫してバラエティ畑を歩んできた大神だが、入社後には報道番組基準でのアナウンサー [全文を読む]

あの黄金世代女子アナの今!(1)TBSで人気だった雨宮塔子が古巣に返り咲き!

アサ芸プラス / 2016年07月23日09時57分

現在、復帰が期待されているのが永井美奈子(51)だろう。永井の夫はスマホゲームなどを手がけるIT会社「サイバード」の創業社長だったが、7月6日に社長解任の記事が日本経済新聞に掲載されたのだ。耳の早いテレビ業界では、これを機に永井が売り込みをかけてくるのではとささやかれている。 女子アナブームはそもそも、フジテレビ「オレたちひょうきん族」から始まった。“ひ [全文を読む]

「終電過ぎまで説教」元日テレ・宮崎宣子が局アナ時代のイジメを暴露告白

アサ芸プラス / 2016年05月30日09時59分

日テレは、この3人の人気に追随しようと93年に薮本雅子、永井美奈子、米森麻美で女子アナユニット『DORA』を結成しCDデビューさせました。これに“女子アナはタレントじゃない”と猛反発したのが当時、キー局女性初のアナウンス部長だった石川牧子。だけど、女子アナの中にはタレント化してチヤホヤされる他局の人を羨ましがる人もいた。宮崎アナもその1人です。その指導が深 [全文を読む]

フジテレビ カトパンに代わる人気女子アナが生まれない理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月09日17時30分

なかには、河野景子や永井美奈子のように、大学のミスキャンパスに輝いていた人もいたが、決して多数派ではなかった。90年代は手垢のついていない、つまりセミプロではないことが、女子アナ志望者に求められていたのだ。その傾向は、00年代に入ると一変する。「ミス慶應」出場者から中野美奈子(フジテレビ)、鈴江奈々(日本テレビ)、青木裕子(TBS)など、「ミス青学」出場者 [全文を読む]

永井美奈子、大炎上にみるアラフィフ元アナ悲喜こもごも

NewsCafe / 2015年07月18日16時00分

元日本テレビのアナウンサー・永井美奈子(50)が非難ごうごうだという。 「先日、昼帯のトークバラエtィー『ごきげんよう』(フジテレビ系)に出演した時の態度が大きすぎて、しばらくバッシングが止まりません」とは女子アナウオッチャー。 かつての人気アナに、何があった? 「永井は用意されたソファーにふんぞり返ったように座り、司会の小堺一機(59)が年上なのに『あぁ [全文を読む]

大炎上の永井美奈子、日本テレビ局アナ時代からの高飛車ぶり「タレント気取りで……」

日刊サイゾー / 2015年07月13日09時00分

元日本テレビのアナウンサーだった永井美奈子に、バッシングが集中している。 7月6日に放送されたバラエティ番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に出演した永井が、9歳年上の司会者、小堺一機に対して敬語も使わず、ソファーにふんぞり返った態度が、視聴者から不快感を示されているのだ。 中には「かつてのアナ時代とはあまりに違う」という声もあるが、それは間違い [全文を読む]

永井美奈子、久保純子…テレビ局を退社した女子アナたちのイマに迫る!

アサ芸プラス / 2015年07月09日09時57分

アイドル並みの人気を誇り、CDデビューまでした元日テレアナの永井美奈子(49)。フリー転向後は、「笑っていいとも!」のレギュラーなど人気番組に出演していた。だが、01年に携帯サイト運営会社社長と結婚して長男が生まれると、テレビの世界から離れていった。「今はイベント活動に力を入れていて、東北で朗読会を開催したり、ワインパーティの司会をしています」(事務所関係 [全文を読む]

ブームの原点、女子アナがタレント化したあの時代は何が違ったのか

週プレNEWS / 2015年05月25日06時00分

日本テレビの薮本雅子アナに至っては、お昼のバラエティ番組『スーパーJOCKY』(1993年放送)の熱湯コマーシャルに挑戦することになり、スタジオで水着に生着替えをしています」(戸部氏) ちなみに薮本アナが熱湯コマーシャルに登場したのは、その年に永井美奈子アナ、米森麻美(まみ)アナの3人で結成した女子アナユニット「DORA」のデビュー曲を宣伝するためだった。 [全文を読む]

<芸能人のリスクを負わない芸能人>女子アナを見ているとなぜ「腹が立つ」のか?

メディアゴン / 2015年04月11日07時36分

80年代以降、急激に女子アナのタレント化が進み、古くは有賀さつき、河野景子、八木亜希子(以上フジテレビ)、日本テレビの永井美奈子、薮本雅子、故・米森麻美の3氏にいたっては「DORA」というグループ名で歌手デビューも果たしている。レギュラー番組を持つ、というすべての芸能人の目標があるが、それを叶えることができる芸能人は一握りだ。しかし、女子アナたちは「アシス [全文を読む]

ジャンルを超えた、音楽のチカラを!第3回『全音楽界による音楽会』3.11チャリティコンサートを3月11日に開催

@Press / 2013年12月06日10時30分

『3.11塾』(一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構) http://www.311juku.jp/ 【公演概要】 ■日時: 2014年3月11日(火) 17:30開場/18:30開演/21:30終演(予定) ブルーローズでのオークションは15:00から大ホール終演前まで(予定) ■会場: サントリーホール(東京都港区赤坂1-13-1) [全文を読む]

フォーカス