高田明のニュース

トークでクラブを再生?ジャパネット・高田明氏がJ2長崎の社長に就任

しらべぇ / 2017年04月26日09時00分

(画像はVファーレン長崎公式サイトのスクリーンショット)サッカー明治安田生命J2リーグ・Vファーレン長崎の代表取締役社長に、通販会社「ジャパネットホールディングス」の創業者として知られる高田明氏が就任することが決まった。この報道には、長崎サポーターはもちろん、Jリーグファンからも期待の声があがっている。■資金難のVファーレンにジャパネットが救いの手Vファー [全文を読む]

ジャパネットたかた 自撮り動画で応募可能な新しいショッピングMC選考を開始!

PR TIMES / 2017年04月10日20時11分

~最終選考には創業者 高田明も参加いたします~株式会社ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長:高田旭人)は、2017年4月3日(月)よりショッピングMC選考会を開始しております。2016年1月15日に創業者の高田明がMCを退任して1年、当社の歴史を受け継ぎ、これからの新生ジャパネットを担う新たなショッピングMCを全国から募集いたします。■ [全文を読む]

ジャパネットグループ創業30周年記念30時間LIVE「楽しいのが ジャパネット」実施のご案内

PR TIMES / 2016年01月09日10時32分

2016年1月15日(金)11:00スタート! ~創業者 高田明レギュラー出演ラスト!~ジャパネットたかた(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長:高田旭人)は、2016年1月15日(金)11:00より、30時間の生放送を実施いたします。30時間を記念した同番組では、吉本興業とのコラボショッピングや日本横断中継企画など、バラエティ溢れるコンテンツいっぱいの番 [全文を読む]

【書評】ジャパネットたかたは、なぜ修理せず客に新品を送ったか

まぐまぐニュース! / 2017年01月24日13時00分

ジャパネットたかたを国内最大手の通販会社へと育て上げた創業者、高田明氏。しかし彼は一度も「日本一」を目指したことはなかったといいます。ではなぜジャパネットはここまで成長することができたのでしょうか。無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』では、全てのビジネスマンにユースフルな情報や生きるヒントが満載、高田氏初の自著が紹介されていま [全文を読む]

高田明社長のプレゼンにかける想いを紹介!パックン×高田明「相手の心をツカむ!話術」 5月16日23時より再配信!

PR TIMES / 2014年05月12日17時23分

角川書店ブランドカンパニー 4月22日に行われた『ツカむ!話術』の刊行記念イベントとして、著者のパックンとジャパネットたかた代表取締役の高田明社長の対談が行われた。この対談の中では、高田社長が商品のプレゼンテーションやコミュニケーションの中で大切にしていることも紹介。対談は、ジャパネットたかたの佐世保スタジオと東京スタジオを中継して行われ、その模様はust [全文を読む]

『ツカむ!話術』刊行記念対談 パックン×高田明「相手の心をツカむ!話術」 4月22日(火)19時よりUstreamにて放送!

PR TIMES / 2014年04月18日17時13分

出版を記念し、4月22日(火)19時より、著者のパックンと株式会社ジャパネットたかたの高田明社長とのトークショーを、佐世保と東京のスタジオを中継して行います。◇角川書店の新書・角川oneテーマ21『ツカむ!話術』刊行記念パックン×高田明「相手の心をツカむ!話術」*日時:4月22日(火) 19:00~20:00 (再放送は同日23:00~)*番組アドレス→ [全文を読む]

初公開、ジャパネット髙田明の「伝え方」7極意 引退までの1年間、社員に教え続けたこと

東洋経済オンライン / 2017年01月16日11時00分

「ボイスレコーダーは会議に使うのも便利ですけど、ちょっと物忘れしそうなときに、自分の声をメモするのもいいですよ」 [全文を読む]

高田明氏「伝えたいパッションが伴わないと心には響かない」

NEWSポストセブン / 2016年12月11日07時00分

「テレビではすごくテンションが高かったんですけれども、もうやめていますから、みなさん、あのテンションはあまり期待なさらないでください」 講演の冒頭、温かみのある笑顔で語りかけ、ドッと聴衆の笑いを誘うのは、「ジャパネットたかた」創業者・高田明氏(68)だ。独得の甲高い声とハイテンションで繰り広げられるパワフルなセールストークで通販業界を席巻、地方の企業を全国 [全文を読む]

ジャパネット髙田明「東日本大震災時の決断」 自粛ではなく社業でこそ貢献できる

東洋経済オンライン / 2017年03月09日11時00分

2011年3月11日の東日本大震災から、まもなく6年が過ぎようとしている。日本一有名な通販会社、ジャパネットたかたの創業者、髙田明氏は、震災の直後、いったんはテレビショッピングの自粛を決めたものの、5日目に再開、売り上げのすべてを義援金として被災地に送る英断をした。自身の経験や考え、行動の指針など、社員に伝えてきたことのエッセンスをまとめた初の自著、『伝え [全文を読む]

ジャパネット髙田明「私が引退を決めたワケ」 若手の「熱意と粘り」が本当に嬉しかった

東洋経済オンライン / 2017年02月10日10時00分

■若手が企画した「チャレンジデー」 [全文を読む]

フォーカス