東直己のニュース

大泉洋、悪女役の北川景子に「今回のは見たくない」

Movie Walker / 2017年02月01日17時37分

『探偵はBARにいる』は、気鋭ミステリー作家・東直己のを原作にした映画化第3弾。札幌・ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描く。【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

北川景子の“探偵にバレたらヤバいこと”とは「よく驚かれます」

モデルプレス / 2017年02月01日17時21分

気鋭ミステリー作家・東直己氏の『ススキノ探偵シリーズ』を原作に、2011年に『探偵はBARにいる』、2013年に『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と立て続けにヒットを記録した。 ◆北川景子の“バレたらヤバイこと”は? 作品にちなみ“探偵にバレたらヤバいこと”を聞かれると、「カメラが回っていないときの自分でしょうか。意外と男っぽいんだねってよく驚か [全文を読む]

北川景子が新ヒロイン 大泉洋×松田龍平「探偵はBARにいる」続編決定

モデルプレス / 2017年02月01日17時05分

気鋭ミステリー作家・東直己氏の『ススキノ探偵シリーズ』を原作に、2011年に『探偵はBARにいる』、2013年に『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』と立て続けにヒットを記録した。 ◆北川景子に嫉妬? 北川がヒロインに決まった感想を聞かれた大泉は、「台本を見ましたが、よく受けていただいたなというか、相当大変じゃないですかね。我々が今まで見たことがある [全文を読む]

月9「デート」にハマった人は必見!ヒットメーカー古沢良太の映画3選

VenusTap / 2015年01月19日19時40分

東直己の人気原作に見事“古沢色”を加えてアクションと笑いを融合させたこの作品は、一度見たファンを惹きつけて離さない。 2013年に続編が公開されたときも話題をさらったが、すでに第3部の制作も決定しているということで、今後目が離せない作品と言っても過言ではないだろう。 以上、本日よりスタートするドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』の脚本を務める古沢良太 [全文を読む]

東 直己『探偵はバーにいる』スピンオフ作品が無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月13日15時20分

無料で読める東直己書き下ろし新作作品はこちら 『探偵はバーにいる』は札幌の繁華街ススキノで探偵稼業を営む“俺”を主人公とした新感覚ハードボイルド作品。「ススキノ探偵シリーズ」として、既刊12作を誇る人気シリーズだ。2011年には第2作『バーにかかってきた電話』を原作とした映画『探偵はBARにいる』が公開され、続く2013年は第5作『探偵はひとりぼっち』を [全文を読む]

Reader Store 取扱いコンテンツ数10万冊突破! 過去全実績に基づく総合ダウンロードランキングを発表 最も売れた電子書籍とは?

PR TIMES / 2013年06月21日12時23分

-------------------------------------------------------------------------------------------Reader Store 総合ダウンロードランキング2010-2013 ※20位まで抜粋-------------------------------------------- [全文を読む]

フォーカス