橋本清のニュース

ニコ生で初の野球ぶっ通し特番!ニコニコ野球づくし33時間放送~夏だ!祭だ!やきうの時間だ~

3 / 2015年06月11日13時00分

本企画の出演者には、元メジャーリーガーのマック鈴木氏、元近鉄の佐野慈紀氏、元巨人の橋本清氏、小田幸平氏ら豪華OBゲストのほか、無類の野球好き芸人やフリーアナウンサーの清野茂樹氏などを迎え、放送開始から終了まで、野球の企画を余すことなく盛り沢山の構成となっている。マック鈴木氏佐野慈紀氏橋本清氏小田幸平氏■ニコニコ生放送概要番組名:ニコニコ野球づくし33時間放 [全文を読む]

元巨人・橋本清氏 新黒い交際疑惑で薬物・賭博への関与否定

2 / 2016年08月02日16時00分

渦中にいるのは、巨人OBで野球解説者の橋本清氏(47)なのだが、同氏は本誌の直撃に困惑しきりといった様子でこう話した。 「どうしてこんなことになったのか、寝耳に水です。経緯を知りたい。巨人はもちろん、NPBからも何も連絡がないんですから」 7月下旬に入り、橋本氏が現役選手と暴力団関係者の“橋渡し役”を務めたとする報道が相次いだのだ。 7月22日発売の『夕刊 [全文を読む]

19年間の現役生活で松中信彦が語った松坂とダルビッシュ 「大輔は常に真っすぐ勝負、力と力の勝負をしてくれた」

2 / 2016年06月03日06時00分

(聞き手/野球評論家・橋本清) ●第1回「 三冠王のプライドは全部もう消えてました」、第2回「『あの頃はバッティングを極めたと思いました』」参照 * * * 橋本 それこそ歴代の三冠王とか、どうしても比べられて言われるもんな。 松中 でも最後はクライマックスシリーズで満塁ホームランも打てたんで。それだけであの時は前の苦しみがバーンと消えましたから。肩の荷が [全文を読む]

最後の三冠王・松中信彦が振り返る19年の現役生活 「あの頃はバッティングを極めたと思いました」

2 / 2016年05月26日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白した対談インタビュー第2回!(聞き手/野球評論家・橋本清) ●前編参照→「『三冠王のプライドは全部もう消えてま [全文を読む]

松中信彦が明かした現役引退の心情 「三冠王のプライドは全部もう消えてました」

2 / 2016年05月18日06時00分

現在では最後の三冠王となった、元ソフトバンクホークス・松中信彦が今春の現役引退後、ここまで語り尽くした! ホークス黄金時代の礎(いしずえ)を築いた4番打者であり、“ラストサムライ”ともいえる野武士プレイヤーが、打撃を極めた栄光と怪我からの苦闘を激白!(聞き手/野球評論家・橋本清) * * * 橋本 松ちゅん(松中の愛称)、長い間、ご苦労さまでした! 自分も [全文を読む]

がんばれ!Victoryの最新MVで野球界OBが大乱闘!?

2 / 2015年08月04日17時00分

現役時代、名乱闘を残した元巨人ジャイアンツ・橋本清ががんばれ!Victor自軍の監督役に、そして"あの"伝説の乱闘で有名な元中日ド ラゴンズ・宮下昌己が敵チームの監督役として出演。 敵チームがピッチングマシーンを用いてがんばれ!Victoryと戦いを挑む内容で、様々な作戦でがんばれ!Victoryを倒しにかかる敵チームにしびれを切らし、とうとう両軍乱闘が [全文を読む]

PL→巨人ドラ1橋本清氏 PLがプロ養成学校だった時代を語る

2 / 2014年10月23日07時00分

1987年に巨人へ1位入団した橋本清氏が語る。 「我々は高校の時からプロに入るつもりで、同期の立浪は『どこに指名されても行く』といっていたし、ドラフトが近づくと『巨人のスカウトが来てたでぇ』って盛り上がっていました。PLはプロ養成学校と呼ばれていたくらいで、プロへのこだわりは比べものにならないくらい高かったです」 しかし、度重なる部内暴力事件や、今は廃止さ [全文を読む]

元ヤクルトスワローズ・宮本慎也が語る理想の監督像「野村監督をベースに星野さん、原さんのハートです」

2 / 2013年12月09日12時00分

PL学園の先輩後輩として交遊も深い橋本清氏がその素養をルーツから辿る! *** ■「キャプテンはやっぱりおまえだったな……」 橋本 まずは19年間お疲れさまでした。日本シリーズでゲスト解説とかもしてたけど、現役生活を振り返ったりはある? 宮本 いや、ほとんどないですね。昔から自分のことでああしたこうしたって、あんまないです(笑)。 橋本 常に前見てるタイプ [全文を読む]

松坂、杉内、藤川…プロ野球「崖っぷち選手」の逆襲

1 / 2017年03月05日09時05分

もともと球種は豊富ですし、今年は体が絞れていますから、ぜひ“怪物伝説”の第2章を見たいですね」(同) 野球評論家の橋本清氏も、松坂にエールを送る。「今年の大輔には期待したい。彼が復活すれば、同世代の選手たちにも大きな刺激になるはずですから」 そう、かつて松坂世代と呼ばれ、一時代を築いた多くの選手たちが今、松坂と同じように“勝負の年”を迎えているのだ。たとえ [全文を読む]

元巨人・橋本清氏、デーブ大久保氏の居酒屋でバイト中

1 / 2017年02月13日16時00分

顔を見たら、あの橋本だったんです」 橋本とは、1987年のドラフト1位でPL学園から巨人に入団し、中継ぎ投手として活躍した橋本清氏(47)である。 2001年の現役引退後、野球解説者やタレントとして活躍していた橋本氏だが、昨年7月以降、表舞台で見られなくなった。スポーツ紙の巨人担当記者が語る。 「巨人選手の野球賭博事件や清原(和博)の覚醒剤所持による逮捕な [全文を読む]

フォーカス