前川喜平のニュース

テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』がやらかす、露骨な「印象操作」

まぐまぐニュース! / 2017年06月11日08時00分

すると噂レベルながら「怪文書」を売り込んでいたのが、出会い系貧困調査官・前川喜平氏説に信憑性を与えます。文科省の天下りを潰し、学部設置の許認可権を侵害した、安倍政権への反撃(というより攻撃)という説です。 なぜなら、前川喜平氏は退職者で、公益通報者保護制度が守るのは「労働者」でこれにあたらず、また加計学園への獣医学部の認可が「公益」に値するなら、やはりこ [全文を読む]

政府は知らずに叩き墓穴? 前川前次官「華麗なる経歴」に元首相の名

まぐまぐニュース! / 2017年06月03日22時59分

前川喜平氏を貶めることは、氏の妹が中曽根博文議員に嫁いでいることから、父の中曽根康弘氏をも貶めることになりますよ。しかも喜平氏の祖父である喜作氏が目白に創設した学生寮『和敬塾』で世話になった卒業生たちは、政財界の要職に就く者も多く、三島由紀夫氏と一緒に市ヶ谷の自衛隊基地に突入できなかった『楯の会』の元メンバーも、喜平氏を貶めた事に憤ってますよ!どうでも [全文を読む]

効いているのか? 前川前事務次官が「個人攻撃」されだしたワケ

まぐまぐニュース! / 2017年06月01日04時45分

前川喜平前文部科学省事務次官から次々と明かされる「新事実」で、なおも荒れそうな加計学園問題。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』の著者・嶌信彦さんは、「政治の側が寄ってたかってたたきに回るのは、やましいことがあるからとも取れる。安倍一強政治も、驕り高ぶれば転げ落ちる可能性がある」と、政権の姿勢を厳しく批判しています。 驕りが過ぎると高転びも… [全文を読む]

古賀茂明が前川前文科次官にどうしても言いたいこと――覚悟を決めて、「恫喝の対処法」を

週プレNEWS / 2017年06月10日06時00分

学校法人「加計学園」をめぐる問題に関して“告白会見”を行なった前川喜平・前文部科学事務次官への非難が強まっている。 そんな中、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、“官房長官に恫喝された官僚”同士として「恫喝の対処法」をアドバイスする! * * * 加計(かけ)学園が国家戦略特区で獣医学部の新設を認可さ [全文を読む]

加計学園への土地無償提供&巨額補助金が発覚…国民による抗議運動が先鋭化

Business Journal / 2017年06月07日06時00分

5月25日には、事務方のトップだった前川喜平前文科省事務次官が、文書は間違いなく存在し官邸から働きかけがあった旨を語った。ところが、菅義偉官房長官は、前川氏を人格攻撃するだけで、合理的な説明はしていない。 そうしたなかで6月1日、34人の女性が呼び掛けにより、「民主主義の危機! このままでいいのか~加計学園問題の真相解明を国会に求める院内集会」が参議院議員 [全文を読む]

読売と産経は社説でも「政権擁護」を貫く

プレジデントオンライン / 2017年06月06日09時15分

こうした政府の対応に朝日新聞は25日付朝刊で、文科省の前川喜平前事務次官の「事務次官在職中、問題の記録文書を確認している」との証言を掲載する。さらに同日、前川氏は記者会見まで行い、「記録文書は本物だ」と説明した。 朝日の社説は「前次官の証言 国会の場で解明せよ」(26日付)、「論点をすり替えるな」(31日付)と勢いづく。毎日の社説も「もう怪文書とは言えな [全文を読む]

加計文書スクープを揉み消したNHK…“忖度メディア”だらけの現場に何が起きているのか?

週プレNEWS / 2017年06月05日06時00分

文科省の前のトップである前川喜平氏の証言で、官邸が文科省に「加計(かけ)学園の獣医学部新設を認可せよ」と迫る内部文書が、本当に存在したことが明らかに。 だが、この「前川の乱」の裏では、大手マスコミによる“忖度合戦”が展開されていた! 前川叩きに走った読売新聞、加計文書スクープを揉み消したNHK…その時、現場の記者たちは? 彼らの証言を集めた。 * * * [全文を読む]

読売が“前川出会い系通い“記事を「公人だから報道は当然」と失笑言い訳! だったら高木大臣のパンツ泥棒をなぜ報道しなかった?

リテラ / 2017年06月03日23時00分

前川喜平文科前次官が"出会い系バー通い"を報じて、満天下に"官邸の謀略丸乗り"という事実をさらした読売新聞。ネットはもちろん、あらゆる週刊誌、テレビのワイドショー、さらには野党や識者からも「読売の記事は官邸リーク」と指摘され、あまりのみっともなさにこのまま知らんぷりするのかと思っていたら、なんと、きょうの朝刊に「社会部長 原口隆則」名義でこんな題の反論を掲 [全文を読む]

前川喜平氏が通った出会い系バー 家出少女が語る本当の実態

WEB女性自身 / 2017年06月03日06時00分

でもお店で会う人なら安心できます」 前川喜平前文部科学事務次官(62)の報道で一躍注目を浴びている出会い系バー。10代だった数年前まで、そこに入り浸っていたA子さんはそう語る。実母の再婚相手の暴力がきっかけで、家を飛び出した彼女。友人の家を転々としながら、約1年間 援助交際 で生計を立てていたことがある。 「普通のバイトをするにも住所が必要ですし、年齢的に [全文を読む]

加計問題でトレンディエンジェル斎藤さんまでが安倍政権に鋭いツッコミ!「再調査は言い訳のための時間稼ぎ」

リテラ / 2017年06月11日13時30分

「週刊文春」(文藝春秋)で告白した前川喜平氏の出会い系バー相手女性の「前川さんは新宿のおとうさん」というインタビューを放送したり、文科省現役職員の証言を報じたり、このところ、加計問題の追及色を強める『直撃LIVE!グッディ』だが、この日も各局ワイドショーが小出恵介の未成年淫行問題をトップで大々的に報じるなか、加計問題がトップ(小出恵介についても『グッディ [全文を読む]

小出恵介の騒動が美人局疑惑も飛び出す”百鬼夜行”に|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年06月11日12時20分

これを見始めると、じゃあ文部科学省前事務次官の前川喜平さんのあれこれはどうなってしまうのか、という気もしますが。 ただ、その後、結構訳の分からん話が出てきました。どうも金銭の要求を含めたトラブルや、女性の身元が怪しい事情も含めてネットで噴出、一気に「小出恵介さんが美人局らしき事件に巻き込まれたのではないか」という流れになってきたわけであります。俄然、事件が [全文を読む]

クールな菅官房長官 イライラすると“指パタパタ”が…

NEWSポストセブン / 2017年06月10日16時00分

だが、そこで「あったものをなかったと言うわけにはいかない」と前川喜平前文科事務次官が証言した。 ところが、連日メディアが大騒ぎした森友学園問題に代わるのかと思いきや、「乱」と名付けられたほどの騒ぎは見られない。問題を前に、こう言っては不謹慎なのだが、登場してくる人物が森友学園問題の時よりインパクトに欠けるのだ。 強烈なキャラを炸裂させた籠池夫妻に感情的にな [全文を読む]

徹底検証! 加計問題で安倍とネオリべがふりまく「岩盤規制に穴を開けた」の嘘! 明らかに安倍の友達への利益誘導だ

リテラ / 2017年06月09日22時03分

再調査を実施するとはいえ、もはや流出した文書が「本物」「存在したもの」であり、官邸の和泉洋人首相補佐官や木曽功内閣官房参与が前川喜平・前文科省事務次官に圧力をかけていたことも明々白々の事実だ。今後、調査で文書の存在を認めても、対する内閣府に「『総理のご意向』『官邸の最高レベル』なんて言っていない」と否定させるのは目に見えている。 だいたい安倍首相は、国会で [全文を読む]

加計学園文書、リーク元は内閣官房職員と特定か…前川氏、文科省内で職員から厚い尊敬

Business Journal / 2017年06月09日20時00分

しかも、文科省の事務方のトップである文部科学事務次官を務めた前川喜平さんが、その文書を「本物」と認めたことで、永田町と霞が関は大混乱。「前川砲」とまで呼ばれる事態になっています。 そのため、この原稿を書いている6月初旬の段階でも、文科委員会が開かれる予定がありません。このタイミングで開会すると、法案の審議ではなく加計学園問題をテーマにした一般質疑になって [全文を読む]

読売は"弱者をたたき、強者を助ける"のか

プレジデントオンライン / 2017年06月09日15時15分

コラムは「5月22日、読売新聞朝刊に奇妙なスキャンダル記事? が掲載された」で始まり、「前川喜平・前文部科学省次官が歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りしていたことが関係者への取材でわかった」と続く。 記者会見を開いて「記録文書は本物だ」「行政がゆがめられた」と証言したあの前川前事務次官のスキャンダルだ。復習しておくと、記録文書とは、安倍首相の知人が理事 [全文を読む]

加計だけじゃない、国家戦略特区は安倍首相のお友達優遇の巣窟だった! 竹中平蔵が役員の会社、成田の医学部新設も

リテラ / 2017年06月09日08時00分

「実際にこのメールを見た」──前川喜平・前文科事務次官の証言につづき、今度は「現役」たちが口を開いた。複数の文科省職員が、「官邸の最高レベルが言っている」と書かれた文書を文科省の職員たちがメールで共有していたことを示すメールの写しは実在したものだと証言したのだ。 さすがにここまでくると「怪文書」と呼べるはずがないが、安倍政権の姿勢は相変わらず「再調査の必要 [全文を読む]

生前退位報道以降、宮内庁で「安倍派工作」人事続く

NEWSポストセブン / 2017年06月09日07時00分

前任者は10年務めたにもかかわらず、西ヶ廣氏の任期がたったの2年半だったことがその証拠ともいえるのではないでしょうか」(前出・政治ジャーナリスト) 加計学園の疑惑追及の急先鋒である前文部科学事務次官の前川喜平氏は、6月3日放送の『報道特集』(TBS系)でこう明かしていた。 「官邸の了解をもらわないと行えない人事があるわけです。相談に行った結果(人事を)差し [全文を読む]

加計だけじゃない。安倍官邸を襲う「第3の森友」国際医療福祉大学

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日19時18分

しかも、ここに来て、菅義偉官房長官が「怪文書」だとかわしていた「総理の意向」と記された文書が、文科省前次官・前川喜平氏の告白により官邸から文科省に出された“内部文書”だったことが判明。まさに炎上しそうな「加計疑惑」――。 そんななか、さらに出て来そうな「ポスト加計疑惑」がある。 ズバリいえば、それは今年4月、「国際医療福祉大学」(高木邦格理事長)の医学部 [全文を読む]

山口や読売だけじゃない! 安倍べったり・NHK岩田明子記者の政権と一体化した“仕事“の数々、会長賞受賞にも疑惑が

リテラ / 2017年06月07日23時48分

元TBS記者・山口敬之氏の「準強姦疑惑」や、読売新聞による前川喜平・前文科事務次官「出会い系バー通い」報道によって、安倍官邸とべったり"御用マスコミ"にようやく批判の目が向き始めた。となると、気になるのがNHKの動向だ。既報の通り、NHKは前川前次官のインタビューを会見以前に収録しながら、読売記事が出るとお蔵入りに。"総理のご意向"文書も朝日新聞の最初の報 [全文を読む]

前川前次官の出会い系バー通いはどこがそんなに悪いのかを考えてみた

東京ブレイキングニュース / 2017年06月07日20時00分

前川喜平前事務次官が認めた「出会い系バー通い」。僕はこの手の風俗(とあえて言う)には全く興味がないので、客の気持ちはわからないし、取材でもない限りそういう店には行きません(秋葉原のメイド喫茶を数年前取材したときは、苦痛でした)。 が、そういう嗜好がある人を僕は否定しません。勿論、法律に触れない限りでは、という前提のもとで、です。前川元事務次官は「貧困女子 [全文を読む]

フォーカス