渡辺淳一のニュース

「失楽園」「愛の流刑地」でお馴染みの作家・渡辺淳一の作品群を、CS放送「TBSチャンネル2」×「チャンネル銀河」で、2ヶ月連続特集放送! 男女の愛と性を赤裸々に描いた渡辺淳一の世界観をご鑑賞ください。

PR TIMES / 2014年08月21日13時35分

CS放送「TBSチャンネル2」(株式会社TBSテレビ、東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾)と「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:関本好則)では、先日逝去した作家・渡辺淳一を偲び、渡辺淳一原作のドラマを2ヶ月連続で特集放送します。 激しい男女の性愛を描き、その大胆な描写で世間を魅了 [全文を読む]

渡辺淳一文学館、中国大手出版社が購入「中国人の来館増が期待できる」=『失楽園』など今も中国で高い人気―東京で調印式

Record China / 2016年09月20日17時20分

2016年9月20日、人気直木賞作家・渡辺淳一(1933〜2014年)に関する資料を展示している「渡辺淳一文学館」(札幌市)が中国の大手出版社に譲渡され、東京・港区虎ノ門ヒルズで調印式が開催された。 渡辺淳一文学館は安藤忠雄氏の設計で、1998年に設立されて以来、大王製紙(東京、愛媛)が所有・運営していたが、中国・青島市の大手出版社「青島出版集団」に売却し [全文を読む]

渡辺淳一氏のベストセラー3作品『鈍感力』、『化粧』(上・下巻)、『化身』(上・下巻)が、ゴマブックスより電子書籍化!! Kindleストアなど6電子書店で配信開始!

DreamNews / 2015年12月21日17時30分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年12月21日(月)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、ならびにニコニコ静画にて、渡辺淳一氏の電子書籍3作品『鈍感力』、『化粧』(上・下巻)、『化身』(上・下巻)の配信を開始したことを発表します。ゴ [全文を読む]

没後1年 渡辺淳一先生のベストセラー『失楽園』 牧美也子先生のコミカライズ作品が記念復刊! 3/20(金)~書泉ブックマート3階にてフェアを開催!

DreamNews / 2015年03月20日12時30分

没後1年 渡辺淳一先生のベストセラー『失楽園』 牧美也子先生のコミカライズ作品が記念復刊! 3/20(金)~書泉ブックマート3階にてフェアを開催!■一世を風靡した『失楽園』!! そのコミカライズ作品が復刊!直筆カラー原画の展示や、サイン本販売も! 牧美也子先生ファンは必見です!! 『悪女聖書』などの官能的な作品で知られている牧美也子先生がコミカライズを手掛 [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

「先日、渡辺淳一先生のお墓参りへ秘書の方と行ってきました。ソメイヨシノが散り際で、桜の花びらがまるで絨毯のように敷き詰められて……。墓前で手を合わせていると、花びらが舞い降りてきて、『桜の時期になったら俺のことを思い出してくれ』と、先生がそうおっしゃっているように思えました」直木賞作家・渡辺淳一さんが前立腺がんで亡くなったのは昨年4月30日。不倫愛の代名詞 [全文を読む]

『涙活』初の公認朗読CDが発売。女優・桜庭ななみ朗読による実話を元にした、優しい奇蹟の感涙ストーリー『ボクと7通の手紙』

DreamNews / 2015年03月17日15時00分

【既刊】『光と影』原作:渡辺淳一/朗読:大沢たかお『孤舟』原作:渡辺淳一/朗読:黒木瞳『京都まで』原作:林真理子/朗読:小西真奈美『鈍感力』原作:渡辺淳一/朗読:小泉孝太郎『約束・天国のベル』原作:石田衣良/朗読:石野真子『初夜・春の海へ』原作:林真理子/朗読:南果歩『雲の階段』原作:渡辺淳一『スローグッドバイ・ローマンホリデイ』原作:石田衣良/朗読:代 [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

4月30日、小説家・渡辺淳一さんが前立腺がんのため逝去した。享年80。男女の性愛の世界を書き続け、不倫をテーマにした代表作『失楽園』は’97年に映画も大ヒットし、社会現象に。それだけに渡辺さんには不倫愛の第一人者としての強い自負も持っていたようだ。「’96年10月、石田純一さんの発言が世間で話題になっていたころです」と、親しかった知人が、こんなエピソードを [全文を読む]

渡辺淳一氏 週刊誌が盛り上げる「生涯現役」ブームに苦言

NEWSポストセブン / 2013年07月25日16時00分

だが、自身の体験を通じ、そして小説を通じ、深き性の世界と向き合ってきた作家・渡辺淳一氏は、最新作『愛ふたたび』(幻冬舎刊)で全く異なる世界観を提示した。すなわち、「男たちよ、いいかげん、セックスをあきらめろ」と──。渡辺氏だからこそ響くこの言葉の意味するところとは。 「あなたたちは、何もわかっていない」 開口一番、本誌記者に向けられたのは、お叱りの言葉だっ [全文を読む]

渡辺淳一氏 日本の婚姻制度は「男女が幸せになる機会奪う」

NEWSポストセブン / 2012年01月02日07時00分

このほど『事実婚 新しい愛の形』(集英社)を上梓し、北欧やフランスなど、社会的に事実婚を認めている国の例を紹介しながら、日本人の結婚観や婚姻制度がいかに古く、現代を生きる人たちの実情に合っていないか、を説いた作家・渡辺淳一さん(78)。 いま日本では、若い男女の未婚率が、急激に高まっているといわれる。実際に2010年の国勢調査の結果を見ても、男性は30代後 [全文を読む]

高畑淳子 6年前、渡辺淳一さんに相談していた“息子の性欲”

WEB女性自身 / 2016年08月30日00時00分

相手は『失楽園』で知られる性愛小説の巨匠、故・渡辺淳一さん。対談の最後に「息子の子育てに手こずって」と話すと、高畑は自分から当時17歳だった裕太容疑者の 性欲 についての相談を渡辺さんに持ちかけたのだ。 高畑「17歳で頭の中がエロスでいっぱい、エロビデオを抱えて走り回っているような子なんです。ちっちゃい時から『あれ?大丈夫かな?』っていうトンチンカンな子 [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

それが昨年逝去したベストセラー作家・渡辺淳一との関係だ。 女子大生DJとして芸能界入りし女優に転身した川島だが、長らく不遇時代にあった。その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだっ [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

【既刊】『光と影』原作:渡辺淳一/朗読:大沢たかお『孤舟』原作:渡辺淳一/朗読:黒木瞳『京都まで』原作:林真理子/朗読:小西真奈美『鈍感力』原作:渡辺淳一/朗読:小泉孝太郎『約束・天国のベル』原作:石田衣良/朗読:石野真子『初夜・春の海へ』原作:林真理子/朗読:南果歩『雲の階段』原作:渡辺淳一『スローグッドバイ・ローマンホリデイ』原作:石田衣良/朗読:代 [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

渡辺淳一にもたかじんと同様のトラブルが勃発?■X 今年の文壇をふりかえるってことなんだけど、これまで以上に今年はとにかく本が売れなくて、さみしい状況だったね。とくに、小説は......。Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『 [全文を読む]

<訃報>まど・みちお、 渡辺淳一ら逝去 海外では ダニエル・キイスも【出版ニュース2014】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月28日11時30分

4月30日には、直木賞作家の渡辺淳一が前立腺がんで亡くなった。『失楽園』『愛の流刑地』などベストセラーになった性愛小説のほか、医学小説や評伝小説、エッセイなど幅広い分野で活躍。また、30年間にわたって直木賞の選考委員も務め、エンターテインメント小説業界の発展に寄与してきた。 前衛芸術家として活躍し、小説家としては尾辻克彦名義で執筆した『父が消えた』で芥川 [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、氏からはダメ出しの連続で逆に手ほどきを受けるようになっていた。男女としての仲は終始、 [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

4月30日、濃厚な描写で男女の性愛を描き続けた直木賞作家・渡辺淳一氏(享年80)が、前立腺ガンで逝去した。特別な寵愛を受けた人気女優も、計り知れない衝撃に襲われたようだ。 渡辺氏の訃報を知り、女優・川島なお美(53)は、「ショックで何も言葉が出てきません。思い出がたくさんあり、気持ちの整理が今はつきません」 と、心境を吐露。かつて渡辺氏との“不倫旅行”を2 [全文を読む]

『失楽園』川島なお美は“枕営業”だった──女と銀座を愛した作家・渡辺淳一さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2014年05月13日13時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 直木賞作家の渡辺淳一さんが4月30日、前立腺がんのために死去した。享年80歳。渡辺さんは、テレビドラマ版『失楽園』に主演した川島なお美が今年3月、肝内胆管がんの手術を受けていたことが報じられた際、激励のメールを送っていたという。渡辺さんと川島 [全文を読む]

故渡辺淳一氏 新米編集者に高級ワインふるまい男の遊び伝授

NEWSポストセブン / 2014年05月11日07時00分

初期の『阿寒に果つ』から『失楽園』『愛の流刑地』、そして『愛ふたたび』に至るまで男女の性愛の世界を描き続けた作家・渡辺淳一氏が、4月30日、80年の生涯を閉じた。「命の根源はエロス」──。その探究心は、76歳で前立腺がんを患ってからも、衰えることはなかったという。生前、本誌インタビューに語っていた渡辺流【欲情の作法】を改めて振り返る。 渡辺氏は、4月30日 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

4月30日、前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)。渡辺さんは、男女の濃密な関係を描いた『愛の流刑地』や『鈍感力』など数々の作品を世に送り出す。特に映画やドラマにもなった『失楽園』は、作中の過激な性描写などが話題を呼び、流行語大賞を受賞するなど、一大ブームを巻き起こした。 「渡辺さんの恋愛小説が読者を引きつけたのは、単に性描写が刺激 [全文を読む]

フォーカス