田丸雅智のニュース

[ 無料イベント開催 ] 作家・田丸雅智が指導する「絵本づくり&読み聞かせ」講座

PR TIMES / 2016年10月21日12時44分

参加応募締切は10月31日までとなります! ショートショート作家・田丸雅智さんによる絵本ショップ「田丸雅智の世界でたった1つのよみきかせ絵本」のオープンを記念した本人による絵本がかんたんに作れる講座を開催します。 当日のイベント内容は、田丸さんが考案したワークシートに従って物語を考え、自分だけの短いオリジナル・ストーリーを創作します。そのストーリーにイラス [全文を読む]

『ショートショート大賞』第2回公募を11月1日から開始 アンバサダーにEXILE橘ケンチ氏が就任

@Press / 2016年11月02日10時30分

審査員長は、第1回に引き続き、芥川賞作家でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏から絶賛され、親交が深いショートショート界の旗手、田丸雅智氏、二次審査員は、太田忠司氏、梶尾真治氏、北野勇作氏の豪華作家陣。受賞作の発表は2017年6月を予定しております。 第1回は応募総数7,817篇という多数の応募作品が集まり、大変盛況となりました。なお、2016年12月には [全文を読む]

レシートに小説が!? 前代未聞の企画「レシート小説」はいかにして生まれたのか――【田丸雅智氏インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月17日06時30分

この企画はショートショート作家・田丸雅智氏の著書『夢巻』文庫化を記念して実現したもの。8月15日(月)~21日(日)の期間中、三省堂書店全店にて文庫を購入すると、数百字程度の1話完結ショートショートが掲載されたレシートが発券される。なぜこのような企画が生まれたのだろうか。田丸氏にお話を伺った。■ショートショートだからこそできること「ショートショートだからこ [全文を読む]

又吉直樹氏ゲスト登壇!秋山真太郎氏(劇団EXILE)による受賞作朗読も 第1回『ショートショート大賞』贈呈式を開催

@Press / 2016年06月23日10時30分

第1回「ショートショート大賞」: http://shortshortawards.com/results-2016/〈式次第〉一、開式一、主催者挨拶一、審査員長挨拶一、記念品・目録贈呈一、受賞者挨拶一、大賞作朗読(劇団EXILE・秋山真太郎氏)一、特別ゲスト挨拶(又吉直樹氏)一、閉式主催者挨拶に続き、審査員長の田丸雅智氏からご挨拶をいただきました。【審査員 [全文を読む]

「五七五の小説工房」で俳句を公募! 俳人・堀本裕樹さんが選評後、田丸雅智さんがショートショート作品を紡ぐ【後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日11時00分

そのオープンを記念し、お二人の共通の友人であり、芥川賞作家の又吉直樹さんによる句「啓示無きひかりばかりや夜光虫」と、堀本裕樹さんの句「敷島の天砕けなば龍の玉」を、田丸雅智さんがショートショートとして作品化したものが双葉社の文芸WEBマガジン『カラフル』で公開される。さて【後編】では堀本さんの句とショートショート作品となった『スカイリウム』について、そして応 [全文を読む]

ピース又吉がきっかけ!? 俳句をSS作品として紡ぐ「五七五の小説工房」オープン!堀本裕樹×田丸雅智対談【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日06時30分

定期的にWEB上で俳句を公募し、特選、秀逸、佳作を決定して選評をつけ、さらにその中から二句を選んでショートショート作品として紡ぐという、俳人の堀本裕樹さんとショートショート作家の田丸雅智さんがコラボレートする企画「五七五の小説工房」が2月25日に双葉社の文芸WEBマガジン『カラフル』にオープンする。このコラボレーションにはあの芥川賞作家が大きな役割を果たし [全文を読む]

原稿用紙一枚から応募可能! “ショートショート作家”の育成を目的とした新しい文学賞設立

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月25日11時00分

最終審査を担当する審査員長には、ショートショート作家の田丸雅智が就任。審査員長を務めるにあたって、田丸からのコメントが届いている。「ショートショートといえば、意外な結末。そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、本当はそれだけに留まるものではありません。ある程度の意外な結末は担保しつつも、結末のみではない世界観のある物語。そして、これまで誰も書いていな [全文を読む]

原稿用紙1枚からの小説『ショートショート大賞』創設 第1回の応募は2016年2月29日まで

@Press / 2015年11月19日14時00分

星新一氏 以降、光が当たらない状態が続いていましたが、近年になり、田丸雅智氏をはじめ、若い書き手の作品が一定の評価を得るなど、また静かに注目を集めつつあります。<『ショートショート大賞』開催の背景>「ショートショート」は、その短さゆえに文学としては評価されにくいジャンルであり、これまで小説家を志す者が憧れ、目指すジャンルとして、積極的に選択されてきませんで [全文を読む]

「ショートショートの神様」星新一の孫弟子が紡ぐ18の物語

NEWSポストセブン / 2015年06月01日16時00分

【書評】『家族スクランブル』田丸雅智/小学館/1404円 【評者】末國善己(文芸評論家) ショートショートは、斬新なアイディアと予測もつかない結末を、原稿用紙20枚くらいの短い分量で描くジャンルで、星新一、都筑道夫、筒井康隆、阿刀田高といった有名な作家も得意としていた。 昨年、初の単行本『夢巻』と第2作品集『海色の壜』を立て続けに刊行した田丸雅智は、ショー [全文を読む]

文芸界における作家と読者の関係に新たな波!ショートショート作家のホープ・田丸雅智が文芸界初のオンラインサロンを開設!

PR TIMES / 2014年12月22日15時17分

コンテストで最優秀賞受賞など各界から高い評価を受けており、今人気急上昇若手ショートショート作家・田丸雅智が12月20日より有料会員制のオンラインサロンを開設しました。文芸界では初の取り組みとなり、新人作家における長期的なファンの育成の場、マネタイズの方法として注目されています。若手ショートショート作家・田丸雅智が主催する有料会員制のオンラインサロン「田丸雅 [全文を読む]

「まず、遊びから」というアプローチの活用法

Forbes JAPAN / 2017年06月07日08時00分

ショートショート作家の田丸雅智さんが実施している「連作ショートショート講座」です。専用のノートを使い、参加者は直前の人が書いた文章を読みながらその続きを書いていき、1つの物語をみんなで完成させていきます。原稿用紙1枚分の物語が15分ほどで次々と出来上がっていきます。小説を書く、と聞いてしまうとハードルが高い行為に聞こえるのですが、このワークショップでは、遊 [全文を読む]

応募総数4,578篇!第2回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2017年06月02日09時30分

』 滝沢 朱音(たきざわ・あかね) 【優秀賞】 『ヤンタマ』 長野 良映(ながの・りょうえい) 〔審査員〕 ・1次審査 協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 太田忠司(作家)、梶尾真治(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査 田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、キノブックス編集部 受賞作品集は協力書店店頭にて無料配布いたします。大賞受賞者は受賞 [全文を読む]

神木隆之介が朗読 鉛筆1本で描く宇宙絵巻を公開!

Smartザテレビジョン / 2017年04月27日12時02分

ショートショート作家・田丸雅智が書き下ろした宇宙の物語を、イラストレーターの100% ORANGEが白い紙に鉛筆1本で描いていく。途中、消しゴムによる修正やカット割りはなく、ライブ感や張り詰めた空気に引き込まれる。 宇宙物理学者・ルナ教授と、研究室の学生・水戸君を中心としたシリーズ第1回「膨らむ力」は、水戸君がルナ教授の誘いでアルバイトを引き受けるところ [全文を読む]

応募総数7,817篇!第1回「ショートショート大賞」受賞作決定 受賞作品集は書店店頭にて無料配布、大賞授賞者は受賞作を含む単行本を刊行予定

@Press / 2016年06月07日10時30分

〔審査員〕 ・1次審査 :協力書店員、キノブックス編集部 ・2次審査 :井上雅彦(作家)、太田忠司(作家)、北野勇作(作家) ・最終審査:田丸雅智(審査員長・ショートショート作家)、 キノブックス編集部 2016年6月16日(木)には都内にて賞の贈呈式を行います。特別ゲストとして芥川賞作家・又吉直樹氏が登壇予定。また、「ショートショート大賞」応援団の俳優 [全文を読む]

岸部一徳がなぜ床下に!?映画『団地』公開記念!<団地大喜利>&<団地川柳コンテスト>開催決定!

@Press / 2016年04月22日15時00分

賞品:グランプリ(1名)……映画『団地』ペア鑑賞券+ オリジナルクオカード(500円分)団地賞(5名)…………田丸雅智著『ショートショート診察所』 (映画『団地』コラボ小説「漢方の効能」収録)劇場賞(各劇場1名)…オリジナルクオカード(500円分) ※対象の劇場スタッフが選出します更には選出された劇場で、大喜利作品を展示掲出いたします [全文を読む]

誰でも「画期的な企画」を簡単に生み出せるアイテム&方法があった!

Business Journal / 2016年04月19日06時00分

SSの名手といえば故・星新一が有名だが、その星の孫弟子と呼ばれている新世代SSの旗手が田丸雅智さんである。 2011年にデビューし、『海色の壜』『家族スクランブル』などを出版。「海酒」はピース・又吉直樹主演で映画化され、カンヌ国際映画祭にも出品予定となっている。 そんな田丸さんは、SSの普及を目的に、全国の学校や書店でSS講座を開催している。講座ではオリジ [全文を読む]

乃木坂46 高山一実が初の小説作品を発表、挿絵は深川麻衣

dwango.jp news / 2016年01月05日17時30分

星新一さんの孫弟子にあたり注目を集める気鋭のショートショート作家、田丸雅智氏のワークショップに参加した高山は、数日間かけて完成させた。 「僕は幼い頃、いじめに遭っていた」の一文から始まる、人格がありおしゃべりもする宝くじとの物語。原稿用紙9枚、3000字弱におよぶ作品となっている。 また、文中の挿絵を同じく乃木坂46の深川麻衣が担当し、物語の世界をイラスト [全文を読む]

超短篇小説ナノベル、dブックで販売開始― スマホ文学の雄、満を持して電子書店に―

DreamNews / 2015年12月11日10時00分

執筆陣は、星新一の後継者といわれる田丸雅智、ミステリー小説「聖母」が話題の秋吉理香子、NHK「LIFE」などを手掛ける放送作家の内村宏幸ら実力派を揃えています。 GADGETが提供する電子書籍「超短篇小説ナノベル」は、脚本家、放送作家、劇作家、コピーライターら50名の執筆する一篇2000字以内の超短篇小説レーベルです。 近年、ショートショートというジャン [全文を読む]

日経「星新一賞」×ダ・ヴィンチ「発想力鍛錬ワークショップ2015」学生参加者100名募集! 当日はスペシャルゲストも!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月07日15時00分

●第2部<物語の創作ワークショップ&コンテスト> 講師:田丸雅智(作家) 1987年、愛媛県生まれ。 東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年12月『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載され作家デビュー。2012年3月には、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞。新世代ショートショートの旗手として精力的に活動している [全文を読む]

ピース又吉「この作品に関わることができて嬉しい」主演映画が無事クランクアップ

Entame Plex / 2015年08月13日12時06分

今作は、愛媛県出身のショートショート作家:田丸雅智による同名の短編が原作。田丸がかねてから親交のある又吉に直接出演をお願いしたことから映画化されることとなった。撮影は8月2日から東京、千葉で行われ、最後に愛媛県松山市で主人公が育った故郷の海のシーンを撮り終えクランクアップとなった。 製作は映画製作集団カーニットエービー、監督は吉岡建。出演は又吉の他、ミ [全文を読む]

フォーカス