伊藤和子のニュース

AV出演強要対策、全国警察に専門官…伊藤和子弁護士「ようやくここまできた」

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月19日20時24分

いわゆるアダルトビデオ(AV)出演強要問題をめぐり、政府が取り締まり強化などを盛り込んだ対策をまとめたことを受けて、NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)の事務局長をつとめる伊藤和子弁護士は5月19日、弁護士ドットコムニュースの取材に「ようやくここまできた。絵に描いた餅にならないように、しっかりとした対策を期待したい」とコメントした。 ●「AV出演強要 [全文を読む]

弁護士に対する名誉毀損が成立し損害賠償命令が…「スラップ訴訟」とは何か?

シェアしたくなる法律相談所 / 2016年12月06日16時30分

評論家の池田信夫氏がインターネット上で発信した表現に対し、弁護士の伊藤和子氏が名誉毀損等を理由とする損害賠償を求めた裁判につき、平成28年11月24日、東京地方裁判所で判決が言い渡されました。裁判を担当した手嶋あさみ裁判長は、伊藤弁護士に対する名誉毀損等が成立することを認めて、約57万円を支払うよう池田氏に命じました。*画像はイメージです:http://w [全文を読む]

「AV女優の出演強要被害」問題に川奈まり子が語った1万字の真実

しらべぇ / 2016年05月07日09時00分

HRNの伊藤和子弁護士はAV出演は合法であるという個人的見解を述べていらっしゃいます。法律家でいらっしゃるがゆえでしょうか。違法な売買春だとするPAPSとHRNは別の団体であり、その点では意見は一致していないとのこと。本来であれば解釈によるはずのところを全てを一律に公衆道徳上有害と決めつけたり、ましてや違法な売春行為と貶めることはAVに出演する女性の救済に [全文を読む]

「共謀罪」国連特別報告者が菅官房長官に反論「日本政府の抗議には中身がない」

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月23日16時17分

この会見には、海渡雄一弁護士(共謀罪NO!実行委員会代表)、伊藤和子弁護士(ヒューマンライツ・ナウ事務局長)、芹沢斉氏(自由人権協会代表理事)、山口薫氏(アムネスティ・インターナショナル日本活動部門チーフ)ら、「共謀罪」に反対するグループの代表らが出席した。 ●国連特別報告者「日本政府の抗議はまったく中身がないもの」 同法案をめぐっては、国連の特別報告者 [全文を読む]

AV出演強要問題、議員会館でシンポ「政治側でも議論進める」超党派の議員が発言

弁護士ドットコムニュース / 2017年03月02日19時51分

HRNの事務局長をつとめる伊藤和子弁護士は「AVプロダクションやメーカーには、監督官庁もなく、風営法の適用もないため、違法行為を是正・救済する仕組みがない」「強要被害にふさわしい刑事罰もないと考えている」と指摘した。 昨年には、大手プロダクションの社長らが労働者派遣法で摘発される事件もあったが、「モグラたたきの状況になっている」(伊藤弁護士)という。HR [全文を読む]

給与支払い遅延、食堂に大量の鳩…ミャンマー委託先工場の劣悪労働環境、NGOが指摘

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月25日17時20分

伊藤和子弁護士は「欧米では、今自分が着ている服がどういう環境で作られたのかということへの関心が高い。NGOの要請を受けて、最低賃金ではなく生活賃金を保障している企業も多く、日本企業もそのような形を目指していくべきだ。今回のような問題を発生させないために、透明性のある監査体制を実施してほしい」と述べた。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

摘発された海外無修正動画「AV出演強要の被害者を苦しませてきた」「実態の解明を」

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月15日11時14分

無修正のわいせつ動画を海外にサーバがある無修正アダルトサイト「カリビアンコム」で配信したとして、AV制作会社の社長らが逮捕されたことを受けて、AV出演強要問題に取り組むNPO法人ヒューマンライツ・ナウの伊藤和子弁護士は弁護士ドットコムニュースの取材に「女性の意に反する出演は少なくないと推測される」「今後の捜査を通じて実態解明が進み、被害救済につながることを [全文を読む]

治安部隊による殺人やレイプの証言も…ミャンマー少数民族ロヒンギャ、弾圧の解決訴え

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月22日22時21分

また、国際人権NGOのヒューマンライツ・ナウの伊藤和子弁護士も、現地での取材活動が制限されていることに触れて、「ミャンマー政府が実際に何が起きているかわからないようにしていることが深刻な問題だ」と話した。 日本で難民認定を受けたロヒンギャのゾーミントゥさんは、日本政府に対してロヒンギャ問題の解決を繰り返し訴えてきたことを強調したうえで、「日本政府がミャンマ [全文を読む]

国民生活センター、AV出演勧誘の注意呼びかけ…伊藤弁護士「消費者並みの保護を」

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月05日20時03分

HRN事務局長の伊藤和子弁護士は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「国民生活センターにずっと働きかけて来たことが実り、AV出演強要に関するリリースを出していただきました。ずっと、『せめて消費者被害並みの保護を』と訴えてきましたが、消費者並みの保護の重要な第一歩が踏み出されたことをうれしく思います」と述べた。 さらに、「被害を防止するための啓発とし [全文を読む]

伊藤和子弁護士に対する名誉毀損、池田信夫氏に賠償命令…東京地裁

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月24日16時49分

NPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子弁護士が、児童ポルノの国連調査をめぐり、ネット上に虚偽の情報を流され、名誉を傷つけられたなどとして、評論家の池田信夫氏に660万円の損害賠償を求めていた裁判の判決が11月24日、東京地裁であった。手嶋あさみ裁判長は、名誉毀損などを認め、池田氏に約57万円の支払いを命じた。 ことの発端は、児童売買などの調査で [全文を読む]

フォーカス