桂文珍のニュース

高畑充希『煙霞-Gold Rush-』インタビュー

NeoL / 2015年07月11日09時21分

それまであまり会話もしたことなかったんですけど、あの瞬間バディとしての2人の関係性が決まったような気がします」 ──桂文珍さん、木村祐一さん、木下ほうかさん、尾上寛之さんなど、共演陣の存在感、関西感も凄そうです(笑)。 高畑「役柄上はコワモテだけど、みんな本当にいい方で。でも関西人って、やっぱり人との距離感が近いんですかね(笑)。撮影期間中にすごく仲良くさ [全文を読む]

千原ジュニアが落語界の“絶対王者”桂文珍と対談!

Smartザテレビジョン / 2016年11月27日12時00分

今回は、ジュニアが「ウケ続けている“絶対王者”」と表現する桂文珍との対談が実現。ジュニアは、「落語との出会い」や「ネタ作りの秘密」「若手落語家への想い」などさまざまな質問を文珍へ投げ掛ける。 さらに、ジュニアが「『芸人の落語家転身』はどう思いますか?」と切り込むと、文珍は「落語やってよ!」とジュニアを落語会にスカウトする場面も。これにはジュニアも「やってい [全文を読む]

綾野剛が授賞式会場で見せた“コミュ力”がすごい<第26回東京スポーツ映画大賞>

モデルプレス / 2017年02月27日06時00分

また、たけしが選ぶエンタメ賞にはピコ太郎、ベッキー、広島カープの黒田博樹氏、桂文珍ら2016年の“顔”が受賞した。 ◆綾野剛のコミュ力がすごい 昨年公開された映画「怒り」で、俳優の妻夫木聡と同性愛カップルを演じ話題となった綾野。菅田将暉と共に助演男優賞を受賞した。 予てより“人誑し”、“コミュ力の天才”などと呼ばれる綾野はこの日、自らほかの受賞者に駆け寄り [全文を読む]

平野ノラ、北野武監督作で“ヌード宣言”<第26回東京スポーツ映画大賞>

モデルプレス / 2017年02月27日06時00分

また、たけしが選ぶエンタメ賞にはピコ太郎、ベッキー、広島カープの黒田博樹氏、桂文珍ら2016年の“顔”が受賞した。 ◆平野ノラ、バブリーヌード宣言 平野は授賞式を欠席したがビデオメッセージを寄せ「おったまげー!ぎろっぽんから来ました平野!ノラです!受賞ありがとうございまーーす!ふーーーーー!」と勢いがすぎるテンションであいさつ。いつか北野武監督作に出ること [全文を読む]

綾野剛、“弟”菅田将暉との“目標“語る<第26回東京スポーツ映画大賞>

モデルプレス / 2017年02月27日06時00分

また、たけしが選ぶエンタメ賞にはピコ太郎、ベッキー、広島カープの黒田博樹氏、桂文珍ら2016年の“顔”が受賞した。 ◆綾野剛、菅田将暉がダブル受賞 映画「怒り」で、俳優の妻夫木聡と同性愛カップルを演じ話題となった綾野、映画「ディストラクション・ベイビーズ」で独特な感性で演じた役柄が評価された菅田がそれぞれ助演男優賞をダブルで受賞。 事前にたけしが「授賞式に [全文を読む]

ベッキー、まさかの登場に会場ざわつく<第26回東京スポーツ映画大賞>

モデルプレス / 2017年02月27日06時00分

また、たけしが選ぶエンタメ賞にはピコ太郎、ベッキー、広島カープの黒田博樹氏、桂文珍ら2016年の“顔”が受賞した。 ◆ベッキー満を持して登壇 この日のエンタメ賞は「授賞式に来ないだろう人をあえて選出した」(たけし)などとしており、2016年に芸能界で“お騒がせ”したお笑い芸人の狩野英孝、アンタッチャブル柴田英嗣らが続々と“欠席”の中、大本命のベッキーはま [全文を読む]

【TBSオンデマンド】居酒屋もへじ3-嵐の恋- 8月6日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年08月06日14時59分

出演は、店に居候する老人に桂文珍、もへじに恋心を寄せる薬剤師に岸本加世子、常連客に角野卓造、井上順、六平直政、奈良岡朋子らおなじみの名優陣も顔を揃え、涙あり笑いありの珠玉のドラマをお送りします。水谷豊と藤山直美が初共演となる本作。見逃した方も、もう一度見たい方もぜひ、TBSオンデマンドでお楽しみください! 第1弾、第2弾も好評配信中です。居酒屋もへじ3-嵐 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「居酒屋もへじ2―あなたとわたし―」8月7日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年08月07日14時49分

共演は若尾文子、岸本加世子、角野卓造、井上順、六平直政、大和田美帆、高田翔、緒形幹太、桂文珍、奈良岡朋子ら名優たちが顔を揃えました。細やかな心のふれあいと思いやりが紡いだ上質のドラマを、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!ドラマ特別企画「居酒屋もへじ2―あなたとわたし―」【出演】水谷豊、若尾文子、岸本加世子、角野卓造、井上順、六平直政、大和田美帆、高 [全文を読む]

アマチュア初段の文枝 14歳藤井四段は「ホントに凄い 落語界にも若手が出てきてほしい」

スポニチアネックス / 2017年05月18日18時08分

今後は6月1日に「酒井くにおとおる」、同15日は「オール阪神・巨人」、同29日に桂ざこば(69)ら、7月13日は「海原はるかかなた」ら、同27日は「大木こだまひびき」ら、最終回の8月24日は桂文珍(68)が登場するなど、公演は計8回開催される。 [全文を読む]

ピース又吉、芥川賞『火花』に「こんなん俺でも書けた」と批判されるも沈黙!! 小倉智昭にブチ切れた勢いは?

日刊サイゾー / 2016年04月21日21時00分

19日、ピースの又吉直樹が東京・神保町花月で、落語家の桂文珍と『神保町大阪文化祭!』のイベントに登場した。又吉は、芥川賞受賞・累計発行部数約240万部を突破した自身の処女小説『火花』(文藝春秋)の次回作について「火花のプレッシャーはもうない」「アイデアが降りてきている」と語り、自信をのぞかせた。しかし、横にいた文珍から「(『火花』に賞を与えた)文藝春秋は何 [全文を読む]

フォーカス