黛敏郎のニュース

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

黛敏郎メモリアルVol.1」没20年・生誕88年記念シリーズ(全3回と関連公演複数あり)が4月5日に開催される(制作スリーシェルズ)。 Vol.1は黛敏郎の多彩な活動を紹介する意味で、電子音楽、室内楽、弦楽オーケストラまで幅広く特集する。チケットはカンフェティとスリーシェルズで販売。没20年・生誕88年記念 「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕!黛 [全文を読む]

黛敏郎初のジャズCD発売! スクリーンに炸裂する青春のビートリズム! CD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」4月19日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

音楽CD、コンサートプロデュースをてがけるスリーシェルズは、日活映画会社の原盤提供によるCD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」を4月19日に発売する。スリーシェルズは、日活映画会社の原盤提供によるCD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」を4月19日に発売する。黛敏郎の日活映画ジャズがCD化!リズム、スピード、エネルギー!スクリーンに炸裂する青春のビートリズム [全文を読む]

CD「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」(3SCD0031)4月20日発売!

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

音楽CD、コンサートプロデュースをてがけるスリーシェルズは、2016年に東京オペラシティで行ったコンサート「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」のライヴCDを4月20日に発売する。若き日の黛敏郎を再評価せよ!「黛敏郎個展-涅槃交響曲へ至る道-」のライヴCD発売!音楽CD、コンサートプロデュースをてがけるスリーシェルズは、2016年に東京オペラシティで行ったコ [全文を読む]

黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く

DreamNews / 2016年05月26日09時00分

スリーシェルズの代表、西耕一は、6月10日のオーケストラ・トリプティーク「黛敏郎個展」の企画・構成を担当してコンサートを開催する。 黛敏郎個展 ―涅槃交響曲へ至る道― 今こそ再評価されるべき天才の仕事を聴く、として新幹線車内音楽から室内オーケストラ曲までをとりあげる。2015年は、日本オペラの金字塔とも言われる「金閣寺」の再演があった。そして、今年5月には [全文を読む]

黛敏郎メモリアル企画第2弾『カラー自筆版 ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』(黛敏郎 作曲)が2017年4月10日に出版。

DreamNews / 2017年04月03日11時30分

コンサートプロデュースや、CD、楽譜出版をてがけるスリーシェルズは黛敏郎の生誕88年・没20年を記念して、黛敏郎の楽譜出版を行う。 その第2弾は矢代秋雄が絶賛したという『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ』である、と4月3日に発表する。コンサートプロデュースや、CD、楽譜出版をてがけるスリーシェルズは黛敏郎の生誕88年を記念して、黛敏郎の楽譜出版を行う。そ [全文を読む]

黛敏郎メモリアル企画 ピアノ曲『オール・デウーヴル』(黛敏郎 作曲)が2017年4月10日に出版。

DreamNews / 2017年02月20日10時30分

コンサートプロデュースや、CD、楽譜出版をてがけるスリーシェルズは黛敏郎の生誕88年・没20年を記念して、黛敏郎の楽譜出版を行う。 その第1弾はドラムス伴奏によるピアノ曲『オール・デウーヴル』であることを黛敏郎の生誕88年となる2月20日に発表する。コンサートプロデュースや、CD、楽譜出版をてがけるスリーシェルズは黛敏郎の生誕88年を記念して、黛敏郎の楽譜 [全文を読む]

6月10日新宿にて黛敏郎(当時・18歳)ピアノとドラムによる幻の傑作が世界初演。

DreamNews / 2016年06月08日16時00分

スリーシェルズは、6月10日黛敏郎個展で世界初演される《オールデゥーブル》のリハーサル動画を6月8日に一部公開する。 この曲はピアノとドラムスのための組曲として作曲されたが、あまりの難しさにほとんど演奏されずにいた幻の曲。 作曲当時は18歳の黛敏郎による渾身の作品であり、その魅力を世に伝えようと、本来のドラムス付きを6月10日のコンサートで世界初演すること [全文を読む]

【伊福部昭生誕100年記念CD】 「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠」 水戸博之指揮、オーケストラ・トリプティーク第3回演奏会 (2015年1月1日・スリーシェルズより発売)

DreamNews / 2014年11月19日09時00分

■各曲の聴きどころ ・伊福部昭:絃楽オーケストラのための日本組曲(1998)1934年のピアノソロによる原作から54年を経てのアレンジした絃楽版、ひたすらにデビュー作へこだわった伊福部昭の辿り着いた境地とは? ・黛敏郎:フルート、ピアノ、弦楽のためのセレナードファンタスティック(1946/東京初演)17歳の黛青年が颯爽と天才を発揮した意欲作。第2楽章は未 [全文を読む]

伊福部昭百年紀4のCM動画公開! 永瀬博彦によるオマージュは、「聖なる泉」(「モスラ対ゴジラ」より)の編曲!

DreamNews / 2016年04月13日13時00分

伊福部作曲の「セロ弾きのゴーシュ」「イワンと子馬」「子供のためのリズム遊び」や、伊福部の教え子で作曲家の芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三、三木稔ら九人の弟子がゴジラのテーマなどお馴染みのメロディーを引用して伊福部に捧げた小品集も演奏する。演奏は、NHKや新聞で特集され、タワーレコードCDチャートで1位も記録したオーケストラ・トリプティーク(水戸博之指揮)が担当 [全文を読む]

ゴジラの作曲家 没十年。子供のために作った音楽を集め渋谷で記念コンサートを開催5月7日(土)伊福部昭百年紀4~十年祭に寄せて~

DreamNews / 2016年04月04日10時00分

伊福部作曲の「セロ弾きのゴーシュ」「イワンと子馬」「子供のためのリズム遊び」や、伊福部の教え子で作曲家の芥川也寸志、黛敏郎、松村禎三、三木稔ら九人の弟子がゴジラのテーマなどお馴染みのメロディーを引用して伊福部に捧げた小品集も演奏する。 演奏は、NHKや新聞で特集され、タワーレコードCDチャートで1位も記録したオーケストラ・トリプティーク(水戸博之指揮)が [全文を読む]

フォーカス