森下佳子のニュース

NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

HANJO HANJO / 2017年04月23日16時27分

脚本は連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)の森下佳子。主人公の井伊直虎を演じるのは柴咲コウ。 物語は、今川家の統治下にある井伊谷で暮らすおとわが、許嫁の亀之丞と家臣の鶴丸とともに森で遊んでいる場面からスタートする。森に囲まれた井伊谷で暮らす子供たちの姿はどこか幻想的。竜宮小僧という精霊的存在の名も登場するためか、児童文学を見ているようである。 しかし、 [全文を読む]

『おんな城主 直虎』が子役パートをじっくり描く理由 人間ドラマ重視するNHKの狙いを読む

リアルサウンド / 2017年01月22日06時00分

参考:大河ドラマは朝ドラ並の人気を獲得できるか? 『おんな城主 直虎』森下佳子の脚本を考察 子役パートをじっくり描くことの目的は何なのか。 最大の狙いは、「作品のテーマと、主人公のアイデンティティを視聴者に植えつける」ことだろう。今作で言えば、井伊直虎(おとわ)、井伊直親(亀之丞)、小野政次(鶴丸)の絆と、直虎が“おんな城主”になる理由がそれにあたる。 幼 [全文を読む]

大河ドラマは朝ドラ並の人気を獲得できるか? 『おんな城主 直虎』森下佳子の脚本を考察

リアルサウンド / 2017年01月15日11時40分

参考:ジェンダーフリー体現する柴咲コウ、次期大河ドラマ『おんな城主 直虎』は代表作に? 今年は森下佳子の『おんな城主 直虎』(以下、『直虎』)、来年は中園ミホの『西郷どん』、再来年はオリンピックを題材にした宮藤官九郎・脚本のドラマと話題作が続く。いずれも連続テレビ小説(以下、朝ドラ)で成功した脚本家を中心としたチームによって制作される。おそらく、NHKとし [全文を読む]

大河ドラマ「おんな城主 直虎」子役と春風亭昇太の怪演ばかりが目立った第一回

デイリーニュースオンライン / 2017年01月09日20時00分

今回の大河ドラマの脚本は、「世界の中心で、愛をさけぶ」「仁-JIN-」「天皇の料理版」など、数々のヒット作で知られる森下佳子。第1回の放送では、当地に伝わる「竜宮小僧」の伝説を1つの軸としてストーリーを展開しました。特に、おとわたちが竜宮小僧探しに夢中になっている間に大人の世界では謀略が進んでおり、竜宮小僧を見つけたと思ったら預かった密書を奪われて殺害さ [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

脚本を務めた森下佳子氏のスペシャルインタビューも必見です。 [表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/table/334_1.jpg ] [画像1: https://prtimes.jp/i/11710/334/resize/d11710-334-487647-0.jpg ] 【商品概要】 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK [全文を読む]

出会って一週間で逆プロポーズ! 人気脚本家のチャンスゲット術

anan NEWS / 2016年03月17日12時00分

どうやって見つけたらいいの? そのヒントは経験者たちの声のなかにつまっていました! あの出会いが私を変えた! これが運命だと感じた瞬間を人気脚本家の森下佳子さんにお聞きしました。 * * * 雑誌の仕事をしながら、脚本家の道を模索していた森下佳子さん。脚本作りの下働きといえるプロットライター時代にチャンスが巡ってきた。 「人気脚本家の遊川和彦さんが担当する [全文を読む]

ドラマ『わたしを離さないで』 豪華布陣も最低視聴率の理由

NEWSポストセブン / 2016年02月13日07時00分

キャストに綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんの実質トリプル主演を配したほか、「ノーベル賞に近い」と言われるカズオ・イシグロさんの原作小説を、『JIN-仁-』『とんび』『天皇の料理番』などの実績を持つ森下佳子さんが脚本化するなど、最高クラスの布陣で臨んでいます。 しかし、仕事疲れがたまり、癒しを求める視聴者が多い金曜の夜と、「臓器提供」「クローン」 [全文を読む]

「無理に女を主役にするな!」柴咲コウ、大河主演も放送前から批判殺到

アサ芸プラス / 2015年08月30日17時59分

また脚本家は『JIN-仁-』、『天皇の料理番』(共にTBS系)など数々の高視聴率ドラマを手掛けてきたヒットメイカーの森下佳子です。大河といえば、現在放送中の『花燃ゆ』は視聴者からの評判や視聴率が芳しくなく、苦戦していますから、来年の堺雅人主演『真田丸』と、この『おんな城主 直虎』で、再び大河枠の人気を取り戻そうと関係者は息巻いているようです」(業界関係者) [全文を読む]

<花戦さ> 世界初の「いけばな映画」はぜいたくな作り 極端なキャラ設定が惜しまれる

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月10日12時00分

俳優陣の豪華さもさることながら、脚本はNHK大河ドラマ『おんな城主、直虎』の森下佳子、音楽は久石譲、劇中に出てくる水墨画は現代アーティストの小松美羽、題字は書家の金澤翔子が担当、いけばなは名うての池坊講師陣が制作するなど、隅々までなんだかとっても贅沢な作品であった。しかも、これまで信長や秀吉、千利休にスポットの当たった映画やテレビドラマは数多あったが、現 [全文を読む]

朝ドラ『ひよっこ』と大河『直虎』がイケメン揃い!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載158

ブッチNEWS / 2017年06月08日15時55分

てか、めちゃくちゃ資料少ないだろうに、それをここまで膨らませて、ちゃんとドラマとして成立させている森下佳子先生(脚本)すごい。あと、いろいろなタイプのイケメンたちに愛され守られている直虎がうらやましすぎ!(そこかい) というわけで、今でも十分面白いし、今後の展開もとても気になる二つのドラマ。視聴率が高かろうと低かろうと打ち切られることはないだろうし、関係者 [全文を読む]

ついに大河で下ネタ解禁!? 『直虎』に衝撃シーン…バックハグで「入ったのわかります?」

Business Journal / 2017年06月05日20時00分

さすがにそれだけでは話が成立しないと思ったのか、森下佳子の脚本はここに恋愛要素を入れてきた。のこぎりで木を挽こうとする直虎(柴咲)にバックハグのように龍雲丸が覆いかぶさり、手に手を取ってのこぎりの動かし方をレクチャーする。後ろからぴったりと密着し、耳元で「歯が入ったのわかります?」とささやく龍雲丸には「下ネタじゃねーか!」とツッコミを入れたいが、当の直虎 [全文を読む]

森川葵、不安や迷いはあっても「どんどん演技が好きになる」女優への決意

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月04日06時50分

脚本家の森下佳子に「年齢不詳な感じ」が気に入られ、年齢が設定されていないれん役に指名されたという森川は、「純粋にすごくうれしくて。これまでやってきていたことを、ちょっと種類は違いますけど、同じ世界の中できちんと見ていただいて、評価していただいている方がいたんだっていうことを、すごく感じました」とにっこり。 しかし、歴史上でオリジナルの存在を演じることには [全文を読む]

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」の脚本家が描くもう一つの戦国 『花戦さ』

エンタメOVO / 2017年06月02日19時32分

鮮やかな筆致で脚本を手掛けるのは森下佳子。その森下が脚本を執筆し、戦国時代を舞台にしたもう一つの映画が6月3日から公開される。それが『花戦さ』だ。 京都・六角堂の花僧・池坊専好(初代)が、自ら生けた花で、暴君と化した権力者・豊臣秀吉をいさめたという華道の家元・池坊に伝わる伝説に基づく鬼塚忠の同名小説を映画化。ただし、映画化に当たっては森下が物語を大きく改訂 [全文を読む]

小学生・中学生の「考える力」を育む!子ども達だけでシナリオ(脚本)を書く「シナリオ・ワークショップ」6月3日・10日開催

@Press / 2017年06月01日16時00分

ジェームス三木や内館牧子、大河ドラマ『おんな城主 直虎』の森下佳子、連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和などの脚本家、赤川次郎、乃南アサ、鈴木光司などの小説家など、600名以上の卒業生がプロのライターをとして活躍しています(2017年1月現在)。 【ワークショップ概要】 日時 (1)2017年6月3日(土)13:30~15:30 「オリジナルの短編シナリ [全文を読む]

野村萬斎「花戦さ」撮影中に予定外の涙!入魂の演技を収めたメイキング映像公開

映画.com / 2017年06月01日10時00分

「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督と、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がける脚本家・森下佳子が組み、花僧・池坊専好(萬斎)が親友の千利休(佐藤浩市)を自害に追い込み、民を苦しめる豊臣秀吉(市川猿之助)に華道で戦いを挑むさまを描く。中井貴一、佐々木蔵之介、高橋克実、山内圭哉、和田正人、森川葵、吉田栄作、竹下景子らが脇 [全文を読む]

萬斎、猿之助、貴一、蔵之介、佐藤浩市が“異種格闘技戦”

dwango.jp news / 2017年05月23日12時09分

■映画『花戦さ』 6月3日(土) 全国ロードショー 【出演】野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子 【脚本】森下佳子 【音楽】久石 譲 【監督】篠原哲雄 【原作】鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊) 【配給】東映 (C)2017「花戦さ」製作委員会 [全文を読む]

萬斎×猿之助×貴一×蔵之介×浩市が演技の異種格闘技!「花戦さ」メイキング映像公開

映画.com / 2017年05月23日10時00分

「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄監督と、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がける脚本家・森下佳子が組み、実在したいけばなの名手・池坊専好(萬斎)が親友の千利休(佐藤)を自害に追い込み、民を苦しめる豊臣秀吉(猿之助)に華道で戦いを挑むさまを描く。 東映京都撮影所で行われた撮影には、萬斎、佐藤、猿之助に加えて織田信長役の中 [全文を読む]

「花戦さ」野村萬斎、いけばなの達人4000人たちと「エイエイオー」

映画.com / 2017年05月22日15時00分

「地下鉄(メトロ)に乗って」「起終点駅 ターミナル」の篠原哲雄がメガホンをとり、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」も手がける脚本家・森下佳子とタッグを組んだ。 萬斎は「主人公・池坊専好に関しては、残っている記録があまりないということで、脚本を元に天真爛漫(らんまん)に演じさせてもらった」と振り返り、「能に関して世阿弥が残した書物『花伝書(風姿花伝)』では [全文を読む]

鬼塚忠『花いくさ』が野村萬斎主演で映画化!2020年までに8本映像化予定の鬼塚作品、そのヒットの極意とは?

PR TIMES / 2017年05月09日12時00分

それだけでなくて、音楽が久石譲さん、脚本が森下佳子さん。あまりに豪華メンバーなので、初めお話を聞いて『本当かなぁ?』と思ってしまいました。」制作費、撮影、俳優など何かと映画化のハードルが高い時代劇だが、制作陣の強い思いで実現に至ったという。また、配給会社が東映であるが、撮影所は系列の東映撮影所や、京都の名所だけでなく、なんと松竹系の松竹撮影所が提供した。「 [全文を読む]

「直虎」駆け付けた男は“家康の右腕” 石川数正役・中村織央を直撃!

Smartザテレビジョン / 2017年03月18日17時00分

大河ドラマは初出演だが、同じ森下佳子脚本の連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年~2014年、NHK総合ほか)にも出演するなど、注目の俳優だ。そんな中村にインタビューを敢行して、数正役への思いや撮影の舞台裏を語ってもらった。――大河ドラマは今回が初めての出演とのことですが、現場に入ってのご感想はいかがですか?興奮しっぱなしですね(笑)。一人では着ること [全文を読む]

フォーカス