谷口雄也のニュース

【プロ野球】谷口雄也(日本ハム)が今季絶望…。復活を祈願して、ここ10年のカムバック賞受賞者を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月14日16時05分

谷口雄也(日本ハム)が、右ヒザ靱帯損傷のため近日中に手術を受けることが判明した。術後、完治からリハビリまで時間がかかるために今季の出場は絶望的と見られている。 谷口は「僕自身が、今後の野球人生も含めて考えて決断しました。また札幌ドームへカムバックして、応援していただいているファンの皆さんに恩返しをしたいです。一生懸命、リハビリを頑張ります」とコメント。 過 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■日本ハム ≪開幕オーダー≫ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 左 西川遥輝 ○ 2 二 田中賢介 ○ 3 中 陽岱鋼 ○ 4 一 中田翔 ◎ 5 指 大谷翔平 6 三 レアード ◎ 7 右 谷口雄也[全文を読む]

オリ・駿太が窮地を救うレーザービーム!外野手豊作!?の10年ドラフト組

ベースボールキング / 2017年05月30日06時00分

【2010年ドラフトで指名された外野手】 ヤクルト :川崎成晃(6位) DeNA :荒波 翔(3位) ソフトバンク:柳田悠岐(2位) 西 武 :秋山翔吾(3位)、熊代聖人(6位) ロッテ :伊志嶺翔大(1位) 日本ハム :西川遥輝(2位)、谷口雄也(5位) オリックス :駿太(1位)、宮崎祐樹(3位)、深江真登(5位) 楽 天 :榎本葵(4位) [全文を読む]

止まらない負の連鎖…日本ハムの緊急事態

ベースボールキング / 2017年04月13日15時30分

【2017年・日本ハムの離脱者】 <1月> 高良一輝 『右太もも裏の肉離れ』 <2月> 浅間大基 『腰痛』 ※12日にファームで復帰 飯山裕志 『左大腿二頭筋筋挫傷』 <3月> 大田泰示 『左腹斜筋筋挫傷』 谷口雄也 『右ひざ前十字靭帯の再建手術』 郡 拓也 『左手関節尺骨形状突起亀裂骨折』 <4月> 大谷翔平 『左大腿二頭筋肉離れ』(インフルエンザB型 [全文を読む]

【日本ハム】右膝手術の谷口が退院…試合復帰まで7カ月程度

ベースボールキング / 2017年04月12日12時40分

日本ハムが12日、谷口雄也が札幌市内の病院を退院したことを発表した。 谷口は、3月3日に札幌市内の病院で精密検査を受けて右膝前十字靭帯の損傷と診断され、同月16日に再建手術を行った。試合復帰まで7カ月程度を見込んでおり、今後は鎌ヶ谷のファーム施設でリハビリを行う予定だという。 [全文を読む]

日ハム・谷口、右膝前十字靭帯の手術へ「今後の野球人生も考えて決断」

ベースボールキング / 2017年03月04日09時38分

日本ハムは4日、谷口雄也が右膝前十字靭帯の手術を行うことが決まったと発表。谷口は3月3日(金)に札幌市内の病院で精密検査を受けて右膝前十字靭帯の損傷と診断され、球団と本人が協議して決定した。3月中旬に札幌市内の病院で手術する予定で、約3週間の入院後、試合復帰までに7ケ月程度を見込んでいる。 谷口は球団を通じて「昨年の夏ぐらいから痛みなどを感じていました。僕 [全文を読む]

【プロ野球】栗山英樹監督が絵本の読み聞かせ!? オフやキャンプで子どもたちとのふれあう選手&監督たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日16時05分

過去には、杉谷拳士や谷口雄也らも子どもたちを相手に図書館などで絵本の読み聞かせを行ったことがあり、好評を博した。 ■将来のエースが給食交流 2月6日には、プロ2年目の小笠原慎之介(中日)が、キャンプの休日を利用して、沖縄・読谷村にある渡慶次(とけし)小学校を訪問した。 男子の2人組が「野球漫才」を披露し小笠原をおもてなし。6年1組の子どもたちと一緒に教室 [全文を読む]

【プロ野球】観戦の参考に! スクールナイトにプロポーズ大作戦。昨年、札幌ドームで行われたイベント総まとめ!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月31日16時05分

昨年は彼氏が投手となり、打者である谷口雄也からストライクを取ったら、彼女に「結婚して下さい」とプロポーズする流れが演出された。 余計なお世話だが、プロポーズに失敗した場合は相当のリスクを背負うことになる。告白する側は、試合の先発投手以上の周到な準備が必要だろう。 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」

NEWSポストセブン / 2017年01月09日16時00分

走攻守と三拍子揃った岡大海(25)を筆頭に、谷口雄也(24)、浅間大基(20)ら生きのいい若手が揃っている。巨人からトレード移籍した大田泰示(26)の存在も面白い。外野ポジションのレギュラー争いが、チームに活気をもたらすのは間違いない。 そして何よりも、ついに“本物の二刀流”になった感のある大谷翔平だ。米大リーグで、25歳未満の海外選手との契約金額に制限が [全文を読む]

【プロ野球】《2010年ドラフト会議を振り返る》「トリプルスリー」の2人が揃って指名された年

デイリーニュースオンライン / 2016年10月13日17時05分

日本ハムはこの年、2位で智辯和歌山高の西川遥輝、5位で愛工大名電高の谷口雄也を指名。西川は今季、打率.314でプロ入り後、初めて打率3割をマーク。谷口は今季、自己最多の83試合に出場。ともにリーグ優勝の一翼を担った。 高卒選手の育成能力が高いと言われている日本ハムのドラフト戦略は、2010年も「らしさ」を見せていた。 文=武山智史(たけやま・さとし) 【 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

■明暗分かれた3位・日本ハムと4位・西武 北海道日本ハムファイターズ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 先発 大谷翔平 他球団と比べて主力にケガ人・不振者が少ない。6月26日の試合では、先発・大谷を含む開幕スタメンの10人中、実に8 [全文を読む]

【プロ野球】パ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日16時04分

■日本ハム ≪キャッチャー≫ 大野奨太 先発8 市川友也 先発8 ≪ライト≫ 谷口雄也 先発7 近藤健介 先発7 石川慎吾 先発1 (杉谷拳士 先発1) 日本ハムは特殊で大谷がDHで出場しない日のライトが空席。該当の試合では近藤がDHに回り、ライトには谷口が起用されているが、若手にとってはここが狙い目になるだろう。 ■ロッテ ≪ファースト≫ 井上晴哉 先 [全文を読む]

今や何でもあり?プロ野球の「珍・ファン感謝デー」4選

しらべぇ / 2015年11月28日19時00分

野球選手の可愛さを世に知らしめることに!野球選手は体格がいいから女装はあくまで女装でしかないでしょうと思っていたら、谷口雄也選手のこれはずるいと思う。w コンテストで圧勝したのも納得。 pic.twitter.com/TCjVuRM0Ae— わぴ (@mm_wapi) November 22, 2014(3)たけし軍団との野球対決!1991年のタイガースフ [全文を読む]

広島・黒田投手のプライベートでの男気が明らかに!?

Smartザテレビジョン / 2015年03月19日20時03分

また、日本ハム・谷口雄也選手、オリックス・伊藤光選手、ヤクルト・山田哲人選手といったイケメン選手が関西でこっそり通う“隠れ家グルメ”も明らかに。 さらに、深夜に放送してきた「パ・リーグ党芸人座談会」の公開収録の様子も紹介される。 今回は、“パ・リーグ党芸人”に加えて、“セ・リーグ党芸人”も登場。どちらのリーグ愛が強いのか、激論を交わし、いとしの助っ人外国 [全文を読む]

フォーカス