江川卓のニュース

【プロ野球】七夕に思い出す因縁対決…江川卓vs.掛布雅之

デイリーニュースオンライン / 2016年07月05日17時05分

なかでも、80年代きってのライバル対決といえば、「江川卓vs.掛布雅之」を外すわけにはいかない。 「巨人のエース」と「阪神の4番」によるライバル対決は、1979年から1987年までの9年間、167打数に渡って繰り広げられた。その初対決の日が、奇しくも1979年の7月7日。どちらが織姫でどちらが彦星かはわからないが、「七夕対決」として大きな注目を集めたという [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1)

アサ芸プラス / 2012年06月22日11時00分

新協約の効力が発動されるドラフト日の前日、11月21日に、いわゆる「空白の1日」を利用して、巨人は江川卓(57)と入団契約を結んだのである。 しかし、当時の金子鋭コミッショナー、鈴木竜二セ・リーグ会長はこれを却下。この裁定を不服とし、巨人は同年ドラフト会議をボイコットしたが、阪神が江川を指名。翌79年1月31日、異例の裁定で「小林繁との交換トレード」が成立 [全文を読む]

【センバツ高校野球】今こそ振り返りたい”1973年の江川卓”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月18日17時40分

今年で88回を数えるセンバツだが、最も甲子園を沸かせた存在が1973年の第45回、「怪物」と呼ばれた作新学院のエース・江川卓だろう。 この大会で甲子園初見参となった江川は、その高いポテンシャルを存分に見せつけ「江川フィーバー」を巻き起こした。そんな「1973年センバツの江川卓」を振り返る。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! [全文を読む]

巨人監督「万年候補」江川卓氏が語っていた監督就任への思い

NEWSポストセブン / 2015年10月25日16時00分

結局、“万年候補”といわれ続けた球団OB・江川卓氏(60)の巨人監督就任はまたも流れたのだった。 19日の日刊スポーツによれば、江川氏は18日、報道陣に「(球団から)連絡は来ていません」と語りながらも、「新聞に書かれることも、ありがたいことですけど。もしそういうこと(球団からの連絡)があれば、ちゃんと対応します」と監督就任へ満更でもない様子が窺えていた。 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4)

アサ芸プラス / 2012年07月02日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった! 小林興起(2) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3)

アサ芸プラス / 2012年06月29日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった② 長州力 (1) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2)

アサ芸プラス / 2012年06月28日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった② 長州力 (1) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

【プロ野球】かつてはオープン戦で引退試合? 江川卓、村山実、杉下茂らのアツいラストピッチを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日16時05分

■季節外れの雪が舞う日、東京ドーム最初のマウンドに立った江川卓 作新学院時代は「怪物」と呼ばれ一世を風靡。法政大時代は東京六大学リーグ史上2位の通算47勝をマーク。巨人入団をめぐる「空白の1日事件」では多くの野球ファンを敵に回したこともあった江川卓。 巨人入団後はエースとして活躍したが、13勝を挙げた1987年のシーズン終了後に突如現役引退を発表。まだ3 [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(7)「記憶に残る怪物」江川卓が残した圧倒的な記録

アサ芸プラス / 2016年08月14日09時59分

“元祖・怪物”と言われた江川卓(元・巨人)が作新学院(栃木)のエースとして甲子園に初見参したのは73年春の選抜だった。この大会、江川は自慢の剛速球を武器に脅威の奪三振ショーを演じ、チームをベスト4に導く。じつに4試合で60奪三振。春の選抜の大会新記録を達成した。ただし、それでも優勝は出来なかった。準決勝で試合巧者の広島商に屈したのだ。被安打2ながら、その2 [全文を読む]

ポスト原監督 桑田真澄氏、江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチ

NEWSポストセブン / 2015年06月18日07時00分

“万年候補”といわれながら、入閣すらなかった江川卓氏だ。 江川氏は以前、ユニフォームに大きく近づいたことがあった。「清武の乱」が起きた2011年のことだ。 「清武の乱」とは2011年11月、巨人の球団代表兼GMだった清武英利氏が「読売巨人軍のコンプライアンス上の重大な件」とする記者会見を開き、渡辺恒雄会長(当時)にコーチ人事を鶴の一声で覆されたなどと批判。 [全文を読む]

江川卓は100メートル走では松本匡史より速かったと定岡正二

NEWSポストセブン / 2015年05月07日07時00分

1980年代の読売巨人軍を支えたのは、エースの座を争っていた“怪物”江川卓と“雑草”西本聖の2人の投手だった。とかくライバル関係ばかり語られる2人だが、西本は江川をライバルと見つつも、常に尊敬の念を払っていたと語る。 「あの人は天才です。並の投手が頑張ってもできないことができた。全力を出さなくても要所を押さえて勝てる。球威、スピード、三振を取る能力では敵わ [全文を読む]

作新学院高校時代の江川卓 通算3年で打たれた本塁打は3本

NEWSポストセブン / 2014年01月30日16時00分

高校野球では、これまで何人もの“怪物”が生まれてきたが、その元祖とも言える江川卓氏についてスポーツライターの永谷脩氏が綴る。(敬称略) * * * 2月1日は“球春”とともにやって来た。プロ野球のキャンプイン初日であるとともに、かつては高校野球のセンバツ出場校の発表日でもあったからだ。 高校野球といえば、戦後最高の投手は、私は作新学院の江川卓をおいて他にい [全文を読む]

もし江川卓が高卒で阪急に入団した場合のプロ通算成績を算出

NEWSポストセブン / 2014年01月23日07時00分

『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)著者・広尾晃氏の協力の元、作新学院在学当時に「怪物」と呼ばれた江川卓が、もし高校時点でプロ入りしていたらいかなる活躍をしていたかのシミュレーションをしてみた。 1973年秋、作新学院のエース・江川卓は、ドラフトで阪急から1位指名を受けた。しかし拒否して大学に進学。米国留学を経て、有名な「空白の1日」で巨人 [全文を読む]

“怪物”江川卓 栃木大会5試合のうち3ノーヒットノーラン

NEWSポストセブン / 2013年08月13日16時00分

国民的スポーツイベントの歴史から、ここでは“怪物”江川卓に注目が集まった1973年第55回大会の作新学院と銚子商業の2回戦(8月16日)を振り返ってみよう。 5万6000人の観客で埋めつくされた甲子園球場。作新学院・江川卓と銚子商・土屋正勝の息詰まる投手戦は、0対0で迎えた延長12回裏、江川が押し出しの四球を与えて勝負がついた。 初出場したセンバツで60奪 [全文を読む]

スクープ三冠王!(3)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」原監督・江川ヘッド案復活

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時59分

「空白の一日事件」以来の電撃契約の日は近い‥‥!? 【関連記事】 スクープ三冠王!(1)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」山本浩二氏はアドバルーン スクープ三冠王!(2)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」「お前の将来のためになるぞ」 スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(1) スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(2) スク [全文を読む]

スクープ三冠王!(2)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」「お前の将来のためになるぞ」

アサ芸プラス / 2012年10月03日10時59分

しがらみが減り、タイミングとしてはバッチリなんです」(前出・スポーツライター) 【関連記事】 スクープ三冠王!(1)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」山本浩二氏はアドバルーン スクープ三冠王!(3)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」原監督・江川ヘッド案復活 スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(1) スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝 [全文を読む]

江川卓に投げ勝った元甲子園投手 早実清宮の試合の多さ懸念

NEWSポストセブン / 2017年05月31日16時00分

2年生だった1973年、夏の甲子園で作新学院の怪物・江川卓との投げ合いを制した銚子商の元エース・土屋正勝氏が当時を振り返る。 「江川さんに勝ったことで全国的に有名になり、2年秋から3年夏にかけて日本中から練習試合の招待が相次ぎました。呼んでくださった対戦校に失礼に当たるから、エースだった私はどんなに肘や肩が痛くても投げ続けましたよ。結果、酷使がたたり、3年 [全文を読む]

野球人に最も愛されたスポーツライターが遺した、キレイ事ではない「名選手たちの本音」

週プレNEWS / 2016年04月26日11時00分

60万円も下げている」(「江川卓『今年こそ、やる時はやります!』」)と、自身の年俸の不満を赤裸々に語る1983年の江川卓。 「考えてみればワシだってな、はじめて女を知ったのは高2のときだったからな。今の連中が知って当然かもしれないのや」(「現代高校球児の『女は野球のクスリです』」)と、高校球児の女性事情について真顔で語る85年の江夏豊。 「ぼくって、こんな [全文を読む]

江川卓氏 巨人監督実現しなかった不運の一つは野球賭博発覚

NEWSポストセブン / 2015年10月27日07時00分

あれほどまでに「次は江川卓監督」といわれていた人事が、なぜ急転直下、高橋由伸監督の擁立に決まったのか。 江川氏は今年の5月に還暦を迎えた。引退後、これまでユニフォームに袖を通したことはない。野球人たるもの、せめて一度だけでも──そんな思いがあったはずだ。おそらくは今回が、年齢的にもそれを実現できる最後のチャンスだった。 「江川氏を推していたのは日テレの関係 [全文を読む]

渡邉恒雄氏 盟友との約束「江川卓監督」を今年こそ果たすか

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

後任の最有力候補として名前が挙がるのは江川卓氏である。2011年にはいわゆる「清武の乱」に絡み、江川氏をヘッドコーチとして入閣させる話があったといわれたが、「今回その約束が果たされるのではないか」と語るのは、巨人重鎮OBの1人だ。 「江川監督の線は日本テレビ関係者が強く推している。それにナベツネ(渡邉恒雄)さんには、盟友・氏家(齊一郎・元日本テレビ会長。 [全文を読む]

フォーカス