北条政子のニュース

転換期は戦国時代…日本で女性の地位が低下した歴史的背景

WEB女性自身 / 2016年11月13日12時00分

北条政子(1157〜1225)と日野富子(1440〜1496)だ。 「まず北条政子です。鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻として、二代、三代の将軍を産み、最終的には自らが『尼将軍』、つまり事実上の四代将軍といわれるほどの実力者でした」 しかも政子は、夫への愛も深かった。当時、側室=愛人を持つことは当たり前だった。しかし政子は、これを許さず、頼朝の愛人宅を破壊してし [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』4日間限定のスペシャルイベント「偉人たちのバレンタイン」を実施【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年02月13日14時00分

◆詳細ニュースレター ⇒http://www.trans-cosmos.co.jp/company/newsletter/150213.html卑弥呼(ステージ2)、紫式部と清少納言(ステージ17)および北条政子(ステージ35)の4人の女性ボスが出現するステージをクリアしたユーザーに対して、イベント期間中の初回クリア時に「大当たり/中当たり/小当たり」いず [全文を読む]

“脱カワイイ”志向が加速中!? 2014年、強く美しい“女前”な女性がトレンドに

PR TIMES / 2014年03月24日16時35分

= 調査結果ダイジェスト=■ 「カワイイ路線」や「女子」から卒業しようという動きについて、64.9%の女性が共感すると回答■女性として、 “カワイイ”だけで魅力的だと思うのは平均25.8歳まで!■97.1%の女性が、これからの女性は、“カワイイ”だけでなく、“芯の強さ”も必要だと回答■65.1%の女性が、“カワイイ女性”よりも、”カッコイイ女性“になりたい [全文を読む]

多摩川を一望!映画「シンゴジラ」のロケ地にもなった東京都大田区田園調布「多摩川浅間神社」

GOTRIP! / 2017年04月08日05時30分

創建は鎌倉時代の文治年間(1185年~1190年)、源頼朝が豊島郡滝野川松崎に出陣した時、夫の身を案じた北条政子が後を追って多摩川まで来ました。 その時わらじの傷が痛んだため、この地で傷の治療をすることにして逗留した際に亀甲山へ登ってみると富士山が鮮やかに見えた。富士吉田には、自分の守り本尊である浅間神社があるので、政子はその浅間神社に手を合わせ、夫の武 [全文を読む]

桜やカイドウ以外もある! 鎌倉の春の花に会いに行こう

Walkerplus / 2017年04月06日16時51分

■ 安養院 北条政子と縁深い寺院で、良縁のご利益があると言われている。5月上旬、境内を囲むように美しいツツジが咲く。 ■ 浄智寺 1281年ごろ創建の臨済宗の古刹。野趣たたずまいが魅力で、5月上旬には参道に咲くシャガが山門を彩る。 ■ 円覚寺 1282年総研の寺で、鎌倉五山の一つ。ヤマブキは4月上旬から5月上旬にかけて境内にある塔頭寺院の「黄梅院」に咲く [全文を読む]

「直虎」“母上と乳母”が地元浜松でトークショー 新井美羽もVTR出演!

Smartザテレビジョン / 2017年03月25日23時44分

「義経」(2005年)の北条政子役で初大河を経験した財前は、「やはり、朝ドラや大河は女優としては憧れ。初出演はそうそうたる大俳優の方に囲まれ、とても緊張したのを覚えています」と明かした。 2016年放送の「とと姉ちゃん」をはじめ、朝の連続テレビ小説にはたびたび出演している梅沢は、今回が初の大河出演。「やった!という感じですよね」と大きなガッツポーズ。「衣装 [全文を読む]

大河のヒロインが映す時代1~ひずみの時代に求められたたくましい姿

WEB女性自身 / 2017年01月14日06時00分

『草燃える』( 79年)で岩下志麻が演じた「尼将軍」北条政子の登場である。 「大河ドラマの中で、初めて、『男に寄り添う女』といった感じのしないキャラクターでした。凛として、たくましい女性像が与えたインパクトはすごい」(林氏・以下同) 源頼朝を演じた石坂浩二とのダブル主演というかたちでのスタートだったが、ドラマ中盤で頼朝が死んでからは、「尼将軍」と呼ばれた政 [全文を読む]

Twitterトレンド2012年テレビドラマ部門第1位!大河ドラマ「平清盛」2017年2月CS初放送

PR TIMES / 2016年12月15日11時17分

清盛と平家一門を支え続ける時子を演じた深田恭子や、頼朝を奮起させた情熱の女・北条政子を熱演する杏などが物語に華を添える。その他、この世の不条理を嘆き怨霊となってしまう崇徳上皇を演じた井浦新や、2016年大河ドラマ「真田丸」では石田三成役でも話題となった山本耕史演じる本作一の悪役・藤原頼長など、注目キャストは挙げたらきりがないほどだ。[画像4: http:/ [全文を読む]

視界も心も清く美しく!「運気が上がる紅葉狩り」スポット3選

BizLady / 2016年11月18日20時00分

源頼朝と北条政子が結ばれた場所でもあるので、強い結びつきをお願いできるかも。徳川家康も参拝したともいわれています。12/4・12/11・12/18(いずれも日曜日)は、熱海海上花火大会も開催。澄み渡る冬空に開く花火は、山に囲まれたすり鉢状の地形のため、音響効果が上がり、大音響の迫力も楽しめますよ。■菊や食べ物のお楽しみも! 水辺の街……三島東海道新幹線の駅 [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

そして晩年は若き信長に老いらくの嫉妬心を燃えたぎらせていく――そんな権力者の孤独と葛藤を巧みに表現していた」【3位『草燃える』(1979年)】主演/石坂浩二(源頼朝)岩下志麻(北条政子)、原作/永井路子、脚本/中島丈博 [全文を読む]

下の名が11画の女性は彼に大事にされる?『真田丸』に学ぶ愛される名前の秘密【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年05月08日10時15分

北条政子や細川ガラシャなど、姓のある女性もいますが、これは後世の人が呼びやすいようにつけた通称だとか。そこで、姓名判断の中でもファーストネームが司る「地格」という部分を用いて占ってみましょう。「地格」は0~36歳くらいまでの「人生の前半」、そして「その人の本質」をあらわす重要な部分と言われています。(以下の画像にはそれぞれ、父親や兄と同じ苗字を入れています [全文を読む]

【イラストで覚える歴史】応仁の乱! 大きな内乱の背後には悪女の影が!?

マイナビ進学U17 / 2016年01月15日12時03分

■日本三大悪女の一人・日野富子がヤバ過ぎる!!さっきから何度も名前の出てくる日野富子は、北条政子・淀殿とともに日本三大悪女とされます。その悪女っぷりがヤバ過ぎる!!富子は、応仁の乱の最中、敵味方関係なく金や米を貸します。争いが長引く中、富子一人が利子でぼろ儲け!! 乱の後は、京都につながる道に関所(京都七口の関)を作ります。庶民に払わせた通行料は自分の懐へ [全文を読む]

はんなりいなり、鎌倉ビール! 冬の鎌倉 “食べ歩き散歩”

Woman.excite / 2016年01月09日08時00分

鶴岡八幡宮は源頼朝・北条政子夫妻にゆかりがあり、縁結びの神社として知られています。今年一年の幸せとご縁を祈って、ゆっくりとお参りしてみてくださいね。パワーをもらって健やかな気持ちで鎌倉をあとにしましょう。鎌倉は山に囲まれていて都心よりも2~3度気温が低いため、手袋やマフラーなどのアイテムは必須です。くれぐれも防寒対策は万全にしてお出かけしましょう。©mil [全文を読む]

『RDG』の荻原規子が描く歴史ファンタジーの真骨頂!15歳の頼朝は、地底の竜とどう対峙したのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月07日11時30分

歴史とファンタジーの世界に魅了されれば、「この後、頼朝はどうやって鎌倉幕府を開いたの?」「北条政子との馴れ初めは?」などと、この本の続きが気になってしまう物語だ。 文=アサトーミナミ [全文を読む]

Eテレで偉人演じる中村獅童 印象に残ったのは近松門左衛門

NEWSポストセブン / 2015年01月07日16時00分

北条政子は気性の激しさが有名だけど、彼女は品性のあった人だと思ったから、そこは忘れちゃいけないと思って演じました」 40人演じてきて、印象に残っているのは、やはり歌舞伎と縁が深い近松門左衛門だ。 「あの回は、人形遣いも実際の文楽のかたで、舞踊をしているのもぼくと弟子の中村蝶紫ですからね。近松ものの演目が好きなぼくにとっては、思い入れが強い、もう一度、やって [全文を読む]

直木賞作家・永井路子氏の『続 悪霊列伝』がKindleストアなどで配信開始! 悪霊の系譜をたどり、日本人の裏精神史に迫る! 権力に忍ぶ悪霊を描く連作評伝!

DreamNews / 2014年09月25日18時00分

また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている ■悪霊列伝著者:永井路子◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/1rveJ4V◆ゴマブックスリン [全文を読む]

滝田栄の大河ドラマの琵琶法師役 最終回は自分で琵琶弾いた

NEWSポストセブン / 2014年09月15日16時00分

これを権力を握って有頂天になっている北条政子と義時の前で『驕れる者は久しからず……お前たちのことだ!』とやる訳ですからね。ドラマって面白いな、とゾクゾクしました。 やっぱり、いい顔だけ撮られて、実際の動きは他の人がやるというのは、つまらないんです。できることは、できるだけ自分でやりたいと思っています」 翌年は朝の連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』に出演 [全文を読む]

直木賞受賞の女流歴史作家・永井路子氏初の現代小説『茜さす(下)』がKindleストアなどで配信開始! 歴史と現代が交差する地点に女性の生き方を再興する新古代ロマン!

DreamNews / 2014年08月28日16時00分

また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。 ■茜さす(上)著者:永井路子◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/1u1SouK◆ゴマブック [全文を読む]

GACKT自身が執筆した小説『MOON SAGA -義経秘伝-』発売開始!

okmusic UP's / 2014年08月02日00時00分

だが頼朝の正室・北条政子は、己の野望を果たすため、義経もろとも平家を滅ぼそうと、巨悪な力を持つ物ノ怪を都へと送り込んでいた――。 ■ GACKT公式HP https://www.gackt.com/ ■ MOON SAGA-義経秘伝- 公式HP http://moonsaga.jp ■『MOON SAGA-義経秘伝- 第二章』チケット販売 http://e [全文を読む]

第21回女流文学賞作品『氷輪(下)』がKindleストアなどで配信開始! 直木賞作家・永井路子が「鑑真和尚」を描く! 謀略蠢く天平の時代「戒」を守り続ける唐僧たち――

DreamNews / 2014年07月31日16時00分

また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。 ■氷輪(上)著者:永井路子◆ゴマブックスリンク:http://www.goma-books.com/archiv [全文を読む]

フォーカス