筑紫哲也のニュース

NEWS加藤シゲアキが、緊急復刊される『朝日ジャーナル』に新世代の「神」として登場!

PR TIMES / 2016年06月04日14時02分

故・筑紫哲也編集長へのオマージュを込め、名物企画「若者たちの神々」を復活。 6月27日に緊急復刊する『朝日ジャーナル』で、31年ぶりに復活する名物インタビュー企画『若者たちの神々』に、アイドルと作家の顔を持つ加藤シゲアキさんが登場することが決定いたしました。 「若者たちの神々」は『朝日ジャーナル』にて、1984年4月13日号から1985年にかけて連載したイ [全文を読む]

故・筑紫哲也編集長へのオマージュを込め『朝日ジャーナル』が緊急復刊!

PR TIMES / 2016年06月04日10時39分

故・筑紫哲也編集長へのオマージュを込めた「朝日ジャーナル」を緊急復刊し、世に問う。 週刊朝日増刊「朝日ジャーナル リベラルへの最終指令」2016/7/7号 内容 池上彰×原寿雄「安倍政権のメディア支配」 田原総一朗×花田紀凱「保守が負けない理由」 久米宏「テレビ言論が面白くないワケ」 菅野完×島薗進「日本会議の真実」 矢部浩治×白井聡「在日米軍と天皇、そし [全文を読む]

「故・筑紫哲也さんレベルの影響力」TBSはやっぱり、みのもんたに頭が上がらない!

日刊サイゾー / 2013年09月26日09時00分

2004年、年金未納問題が騒動となるなか、『NEWS23』のキャスターを務めていた故・筑紫哲也さん(享年74)にも年金未納が発覚。番組内でこの問題に舌鋒を振るっていただけにバツが悪く、謝罪し、同年5月から謹慎に入った。 ところが、わずか10日後には復帰。当時を知る局員によると「本人が意図的に未納にしていたわけでなく、事務所の手続き上のミスだった。この時も最 [全文を読む]

日本のテレビ報道は権力を監視できているのか? ニュースキャスター・金平茂紀氏の思いとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月11日06時30分

最近ではどこのニュースでも、築地市場移転問題と東京オリンピックばかりですよね? このように世界で起こっていることを報道せず、日本の一部で起こっていることばかりを報道する姿勢への憂慮がずっとあったので、それを記録したいと思ったんです」 冒頭ではTBSの報道番組『ニュース23』の筑紫哲也氏の記憶に触れ、ラストでは『ニュースコープ』の田英夫氏の言葉を紹介している [全文を読む]

<リニューアル「NEWS23」>未完のコンセプト「脱ナリチュー」を活かせるか

メディアゴン / 2016年04月12日07時50分

1989年に始まった「筑紫哲也のNEWS23」のコンセプトは「キャスターは筑紫哲也である」。わかりやすく強固なコンセプトだ。それは望むべくもなく始まった新しい「NEWS23」であればこそ、コンセプトが大事なのだ。少なくとも、上記の4つのコンセプトをひとつに絞るだけで、そうとう明確になる。上記4つの中でコンセプトになり得るのは「▼ 新しいNEWS23は“脱ナ [全文を読む]

【政権批判】古舘伊知郎ら辛口TVキャスターが続々と退陣するワケ

まぐまぐニュース! / 2016年02月22日19時30分

ジャーナリストの筑紫哲也さんのメインキャスター時代(89~07年)は2ケタ近い平均視聴率だったが、今年度は5.4%(以下、視聴率はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。午後11時台は報道番組の激戦区で、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の2015年の月曜から木曜の平均視聴率は8.9%。昨年4月開始の「あしたのニュース&すぽると!」(フジテレビ系)は [全文を読む]

<甘えたことを言ってはいられない>俳優・綾瀬はるかが10年ぶり「戦争の取材」で見せたすばらしさ

メディアゴン / 2015年08月26日07時10分

綾瀬は、2005年のTBS戦後60年特番『“ヒロシマ”…あの時、原爆投下は止められた…いま、明らかになる悲劇の真実』で、筑紫哲也とともにナビゲーターを務めた。その際、広島出身の綾瀬は、原爆を投下したB29エノラ・ゲイが発進したテニアン島を取材し、自分の祖母に姉を亡くした原爆体験を初めて聞いた。綾瀬は「聞けば辛い話になるのが分かっている」から、避けていたの [全文を読む]

<報ステ降板問題>番組の都合を無視した古賀氏、外部圧力はない踏ん張るテレビ朝日、その意に沿って説明を繰り返した古舘氏

メディアゴン / 2015年04月08日03時20分

この場面を視ていて、筆者はふと、スペシャル番組で何度もご一緒した故・筑紫哲也さんの顔を思い浮かべました。筑紫さんなら、このような場合に放送局の意を受けて、上記のようなコメントを視聴者に向けて発しただろうか。もしかしたら、何らかの「違う手」を考えたのではないか、と。3月27日の「報道ステーション」では、古賀氏はガンジーの言葉を引用して最後のコメントを終えまし [全文を読む]

リアル・マイケルジャクソン [Vol.59]_1998年 in 東京_プレスルームでのエピソード。 ~おっかけOL3人組とマイケルの交流実話~

インフォシーク / 2013年10月24日17時30分

ちらりと見たプレスルームは大勢の関係者が行き来をし、マイケルと筑紫哲也さんのインタビュー収録の真っ最中のようだった。それにしても…。さっきのEさんの対応に、わたしたちは衝撃を受けていた!世界中のさまざまな関係者の中で、真っ向からウェインに反対するのを見たのはEさんが初めてだった。「ウェインの言うこと=マイケルの意思」という図式が暗黙の了解としてある中で、E [全文を読む]

SMAPが新たな試み 本人コメント到着

モデルプレス / 2013年04月01日13時06分

2003年当時、ドラマ「僕の生きる道」主題歌としてリリースされた「世界に一つだけの花」発売タイミングにSMAPメンバーがTBS「筑紫哲也 NEWS23」に出演した際、筑紫哲也氏が詩の世界観を当時のイラク情勢の世相の雰囲気になぞらえて「僕は反戦歌だと思う」と表現したことが大きな反響を呼び、250万枚を超える大ヒット曲となった。 今回の「Yes we are」 [全文を読む]

フォーカス