村山由佳のニュース

遠近両用コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー(R) モイスト(R) マルチフォーカル」 ベストセラー作家による世界初(※)の“インスタグラム小説”「1-Day小説」連載開始 村山由佳さん・辛酸なめ子さんが新作を書き下ろし

@Press / 2016年10月03日12時30分

アキュビュー(R) 公式インスタグラムアカウント:ACUVUE_JP「1-Day小説」特設サイトURL: http://acuvue.jp/mf/onedaynovel「1-Day小説」特設サイトへのQRコード: https://www.atpress.ne.jp/releases/113166/img_113166_2.jpg第1弾として10月3日(月) [全文を読む]

ベストセラー作家による世界初※の“インスタグラム小説”「1-Day小説」連載開始!村山由佳さん・辛酸なめ子さんが新作を書き下ろし

PR TIMES / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウント(ACUVUE_JP)に、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。[画像1: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

男女の出会いと別れを匂いとともに描く村山由佳の短編集

NEWSポストセブン / 2016年04月27日16時00分

【著者に訊け】村山由佳さん/『ワンダフル・ワールド』/新潮社/1512円 【本の内容】 「アンビバレンス」「オー・ヴェルト」「バタフライ」「サンサーラ」「TSUNAMI」──本作に収録された5編の短編には、いずれも男女の出会いと別れと、そこに結びついた官能的で、胸を締めつけるような特別な香りが描かれている。「実は私はデビュー以来、長編ばかり書いてきて、短編 [全文を読む]

村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?

リテラ / 2014年12月01日12時06分

9歳年下の夫と再婚して軽井沢でラブラブ生活を送っていたはずの売れっこ作家・村山由佳が2度目の離婚をしていた──。 「婦人公論」(12月7日号)のインタビューで、村山は自身の離婚について告白した。だがそれは「『結局、オレはポイ捨てかよ』 彼の言葉が胸に突き刺さる」というタイトルにあるように、赤裸々なものだった。 「私たちの間には、お金に関するいくつものトラブ [全文を読む]

直木賞作家・村山由佳の新作「読後、深い感動の渦に」との評価

NEWSポストセブン / 2013年06月03日16時00分

【書評】『天翔る』村上由佳/講談社/1680円 【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA) 村山由佳さんといえば直木賞をはじめさまざまな文学賞を受賞、代表作も多数。構想10年という本書は、新たな村山さんの代表作になること間違いないだろう。 舞台は北海道の牧場。父娘ふたり暮らしの11才の少女、まりも。学校でのいじめや最愛の父の死がきっかけで、不登校 [全文を読む]

直木賞作家・村山由佳が堕ちていく2組の男女を描いた話題作

NEWSポストセブン / 2012年03月22日07時01分

2009年の『ダブル・ファンタジー』で男女の性の深みを極限まで掘り下げ、話題をさらった村山由佳氏の新刊『花酔ひ』は、浅草の老舗呉服店に育った〈結城麻子〉と、京都で実家の葬儀店を夫と切り盛りする〈桐谷千桜〉の物語が、当初は2誌に跨って連載されていた。著者・村山氏が語る。「2つの独立した物語が、後々組み合わさることだけを決めて書き始めました。つまり麻子×夫の〈 [全文を読む]

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

リテラ / 2016年10月11日21時30分

たしか当時は、村山由佳さんの不倫小説『ダブル・ファンタジー』を担当していたんじゃないですかね。旦那さんも月刊『文藝春秋』のナンバー2として知られ、"将来の『週刊文春』編集長"の呼び声も高い人物です」(文春関係者) [全文を読む]

大人の女性をモチーフにした短文小説賞・・・あなたならどんな続きを書きますか?「1-Day小説大賞」募集開始賞金総額は100万円

PR TIMES / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウントに、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。 [全文を読む]

遠近両用コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー(R) モイスト(R) マルチフォーカル」大人の女性をモチーフにした短文小説賞・・・あなたならどんな続きを書きますか?「1-Day小説大賞」募集開始 賞金総額は100万円

@Press / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウントに、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。アキュビュー(R) 公式インスタグラムアカウント:ACUVUE_JP特設 [全文を読む]

不倫の末は、地獄か自由か? どんな夫婦にも潜む「闇」と「転落」。日本のヤバ過ぎる夫婦問題を映し出す衝撃作!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月05日06時30分

ここで紹介する村山由佳氏の新刊『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』(集英社)は、そんな夫婦の「闇」を巧みに描き出した恐ろしくも興味深い深い作品だ。 主人公は薔薇の美しい瀟洒な洋館に夫と暮らすカリスマ主婦の咲季子。だが、現実は夫から「お前は頭が悪い」「(お前の仕事なんて)ままごとと同じ」「お前は無能」「偽善者の八方美人」と言葉で抑圧され続け、あ [全文を読む]

フォーカス