村山由佳のニュース

遠近両用コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー(R) モイスト(R) マルチフォーカル」 ベストセラー作家による世界初(※)の“インスタグラム小説”「1-Day小説」連載開始 村山由佳さん・辛酸なめ子さんが新作を書き下ろし

@Press / 2016年10月03日12時30分

アキュビュー(R) 公式インスタグラムアカウント:ACUVUE_JP「1-Day小説」特設サイトURL: http://acuvue.jp/mf/onedaynovel「1-Day小説」特設サイトへのQRコード: https://www.atpress.ne.jp/releases/113166/img_113166_2.jpg第1弾として10月3日(月) [全文を読む]

ベストセラー作家による世界初※の“インスタグラム小説”「1-Day小説」連載開始!村山由佳さん・辛酸なめ子さんが新作を書き下ろし

PR TIMES / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウント(ACUVUE_JP)に、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。[画像1: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

男女の出会いと別れを匂いとともに描く村山由佳の短編集

NEWSポストセブン / 2016年04月27日16時00分

【著者に訊け】村山由佳さん/『ワンダフル・ワールド』/新潮社/1512円 【本の内容】 「アンビバレンス」「オー・ヴェルト」「バタフライ」「サンサーラ」「TSUNAMI」──本作に収録された5編の短編には、いずれも男女の出会いと別れと、そこに結びついた官能的で、胸を締めつけるような特別な香りが描かれている。「実は私はデビュー以来、長編ばかり書いてきて、短編 [全文を読む]

村山由佳が2度目の離婚を告白!原因は浮気、金、それとも村山の「強い性欲」?

リテラ / 2014年12月01日12時06分

9歳年下の夫と再婚して軽井沢でラブラブ生活を送っていたはずの売れっこ作家・村山由佳が2度目の離婚をしていた──。 「婦人公論」(12月7日号)のインタビューで、村山は自身の離婚について告白した。だがそれは「『結局、オレはポイ捨てかよ』 彼の言葉が胸に突き刺さる」というタイトルにあるように、赤裸々なものだった。 「私たちの間には、お金に関するいくつものトラブ [全文を読む]

直木賞作家・村山由佳の新作「読後、深い感動の渦に」との評価

NEWSポストセブン / 2013年06月03日16時00分

【書評】『天翔る』村上由佳/講談社/1680円 【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA) 村山由佳さんといえば直木賞をはじめさまざまな文学賞を受賞、代表作も多数。構想10年という本書は、新たな村山さんの代表作になること間違いないだろう。 舞台は北海道の牧場。父娘ふたり暮らしの11才の少女、まりも。学校でのいじめや最愛の父の死がきっかけで、不登校 [全文を読む]

直木賞作家・村山由佳が堕ちていく2組の男女を描いた話題作

NEWSポストセブン / 2012年03月22日07時01分

2009年の『ダブル・ファンタジー』で男女の性の深みを極限まで掘り下げ、話題をさらった村山由佳氏の新刊『花酔ひ』は、浅草の老舗呉服店に育った〈結城麻子〉と、京都で実家の葬儀店を夫と切り盛りする〈桐谷千桜〉の物語が、当初は2誌に跨って連載されていた。著者・村山氏が語る。「2つの独立した物語が、後々組み合わさることだけを決めて書き始めました。つまり麻子×夫の〈 [全文を読む]

[7月10日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年07月10日06時00分

Other ジャッキー・チュン(俳優、1961) 村山 由佳(作家、1964) 沢村 一樹(俳優、1967) 小泉 孝太郎(俳優、1978) 田中 圭(俳優、1984) 山田 親太朗(タレント、1986) 前田 敦子(元AKB48:女優、1991) 加藤 玲奈(AKB48:タレント、1997) [全文を読む]

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

リテラ / 2016年10月11日21時30分

たしか当時は、村山由佳さんの不倫小説『ダブル・ファンタジー』を担当していたんじゃないですかね。旦那さんも月刊『文藝春秋』のナンバー2として知られ、"将来の『週刊文春』編集長"の呼び声も高い人物です」(文春関係者) [全文を読む]

遠近両用コンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー(R) モイスト(R) マルチフォーカル」大人の女性をモチーフにした短文小説賞・・・あなたならどんな続きを書きますか?「1-Day小説大賞」募集開始 賞金総額は100万円

@Press / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウントに、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。アキュビュー(R) 公式インスタグラムアカウント:ACUVUE_JP特設 [全文を読む]

大人の女性をモチーフにした短文小説賞・・・あなたならどんな続きを書きますか?「1-Day小説大賞」募集開始賞金総額は100万円

PR TIMES / 2016年10月03日12時30分

第1弾として10月3日(月)から11月上旬まで村山由佳さん、第2弾として11月7日(月)から12月上旬まで辛酸なめ子さん、それぞれの新作書き下ろし連載小説がインスタグラムでお読みいただけます。当社の公式インスタグラムアカウントに、小説のワンシーンが“文字画像”として毎日アップされます。 [全文を読む]

不倫の末は、地獄か自由か? どんな夫婦にも潜む「闇」と「転落」。日本のヤバ過ぎる夫婦問題を映し出す衝撃作!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月05日06時30分

ここで紹介する村山由佳氏の新刊『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』(集英社)は、そんな夫婦の「闇」を巧みに描き出した恐ろしくも興味深い深い作品だ。 主人公は薔薇の美しい瀟洒な洋館に夫と暮らすカリスマ主婦の咲季子。だが、現実は夫から「お前は頭が悪い」「(お前の仕事なんて)ままごとと同じ」「お前は無能」「偽善者の八方美人」と言葉で抑圧され続け、あ [全文を読む]

古来より伝わる「書物占い」でみる、あなたの恋の行方

恋学 / 2016年07月14日09時11分

●『ありふれた愛じゃない』(文藝春秋/村山由佳)を使用質問:奥さんのいる人を好きになってしまいました。どうしたらいいですか? 答え:人間失ってから気づくことはたくさんある。 誰の人生もその連続だと思っていい。(開いた本のページに書かれていた言葉) 解釈:たとえ奥さんがいたとしても、本気で好きなら、もうちょっと付き合ってみて。 好きという気持ちがなくなるま [全文を読む]

山田杏奈「本を開いて活字がびっしり並んでいるのを見ると、『キレイだなぁ』って見とれちゃいます(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月06日17時30分

その意味でも、いろいろと学ばされることの多い小説でした」 山田さんがお薦め本に選んだ『天翔る』は、村山由佳作品としては初めて読んだものだったそうだ。「普段はミステリー小説を読むことが多いですね。特に好んで読むのが湊かなえさん。少しダークなあの世界観が大好きで(笑)。ただ、どっぷりと入り込むというのではなく、いつも客観的な視点で読んでます。例えば、登場人物の [全文を読む]

「ナツイチ」2016 キャンペーンキャラクターは田辺誠一&中条あやみに決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月20日06時30分

全86作品のラインナップの中には、54万部を突破した池井戸潤の『七つの会議』や、99万部突破の東野圭吾『マスカレード・ホテル』をはじめ、朝井リョウの『世界地図の下書き』『チア男子!!』、村山由佳の『天使』シリーズ最新作『天使の柩』など、夏の読書にふさわしい人気タイトルや、注目の新刊が揃っている。また、アニメ「おそ松さん」が文庫型ノートになった『おそ松さんノ [全文を読む]

カレーパンは日本文化の凄さを象徴した「ZEN」である[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年06月10日07時40分

茂木健一郎[脳科学者]* * *先日、私がホストをさせていただいているTokyo FMの番組「ドリームハート」のゲストに、作家の村山由佳さんがいらした。新作「LaVie en Rose」のお話をうかがったのだが、村山さんに、ブラインドスポットの平塚さんが同行されてきた。ブラインドスポットの平塚さんと言えば、業界で知らない人はいないスーパーウーマンである。書 [全文を読む]

【マンネリ?不倫?失恋?】どんな時でも恋愛に前向きになれる言葉たち10選

ANGIE / 2015年10月13日17時30分

男と女は半分ずついるのだから(戴聖/中国、前漢の儒学者) ●どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する(村山由佳/女性作家) ●大丈夫、大丈夫、いつかはここを抜ける日がやってくる(よしもとばなな/女性作家) 心に響く言葉はありましたか? 一度きりの人生、恋愛を思いきり謳歌したいですね。 [全文を読む]

出産&シングルマザーを明かした佐藤寛子が過去の男性遍歴も告白「怖がってても前進できない」

週プレNEWS / 2015年10月05日11時00分

本好きだから、山田詠美さんや村山由佳さん、室井佑月さんたちが書く小説のエロティックな描写を頭の中でフル回転させて。 ―想像できる限りの“イヤラしいコト”を妄想して? 佐藤 はい。それが男性にはセクシーだったり、魅力的に見えたのかもしれません。 ―男はどんな表情にグッとくるんだろうと想像しながら? 佐藤 そうなんです。カメラマンからレンズ越しに見つめられてい [全文を読む]

ラジオ関係者・ファンに聞いた好きな女性パーソナリティー11人

しらべぇ / 2014年12月02日17時30分

村山由佳さん『眠れない貴女へ』(NHK‐FM 日曜 23時30分 ※隔週) 「作品を読んでいたので、攻撃的なヒトだと思っていたんですが、ラジオから聴こえてくる声は、しっとりと落ち着いていて、日曜の夜に癒されます。もしかして学生時代、放送研究会とかだった?と思うくらい、しゃべりもうまい。作品とのギャップが面白いです」(ラジオファン) 筆者も聴いてみたのだ [全文を読む]

~「映画・ドラマの原作」「人気マンガのノベライズ本」など充実の品揃え~

PR TIMES / 2014年02月24日14時11分

<今回配信する、集英社の主な作品> 政と源/三浦しをん ホテルローヤル/桜木紫乃 明日香・幻想の殺人(十津川警部シリーズ)/西村京太郎 白ゆき姫殺人事件/湊かなえ 水滸伝/北方謙三 偉大なる、しゅららぼん/万城目学 平成大家族/中島京子 コンビニ・ララバイ/池永陽 姉の結婚/群ようこ プリズンホテル/浅田次郎 マリア様がみてる/今野緒雪 R.O.D/倉田 [全文を読む]

性のファンタジーで女性の自信を回復させる秘密組織! あのエロティックロマンス小説が日本上陸!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月09日12時00分

作家・村山由佳さんからのメッセージ、作品情報はこちら その名もずばり『S.E.C.R.E.T.(シークレット)』。 ゴージャスでロマンティック、もちろんとびっきりセクシーな世界は「カナダ版フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ!」とフランクフルトブックフェアで大きな話題に。 このところ、ロマンス小説にハマる大人の女性が世界的に増えているという。来夏映画も公開 [全文を読む]

フォーカス