三船敏郎のニュース

お騒がせタレント化が生きる道?三船美佳、実母と重なる数奇な運命

デイリーニュースオンライン / 2016年04月02日12時05分

こうしたお騒がせ気質は、母親である喜多川美佳に通じるものがあるんです」(芸能関係者) 三船美佳は〝世界のミフネ〟こと名俳優の・三船敏郎と、女優・喜多川美佳との間に生まれている。三船敏郎は女優の吉峰幸子と結婚していたが、別居。離婚裁判に発展するも離婚は成立せずに、喜多川美佳とは内縁の妻という関係だった。 そして内縁の妻の子供として誕生したのが、三船美佳である [全文を読む]

三船敏郎をイメージした飲み屋に行ってきました...『ほぼ日刊 吉田豪』連載156

東京ブレイキングニュース / 2014年08月11日19時00分

今回はニュースでもなんでもないネタです! 先日、仕事で『料理屋三船』という三船敏郎をイメージした三船プロダクション監修の飲み屋に行ってきました。時代劇のセットみたいな重厚な作りの店で、場所柄か外人客が多いのも納得だったんですけど、問題は三船敏郎が酒癖の悪さで有名だってことなんですよね。酔っ払うと知り合いの家で拳銃をぶっ放したり、オープンカーの酒酔い運転で黒 [全文を読む]

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

村上刑事(三船敏郎)はバスの中で拳銃をすられてしまう(懐かしいコルトだ)。拳銃にはまだ弾が入っている。この拳銃がもし使われたら……。村上は一刻も早く拳銃を取り戻そうと、ベテランの佐藤刑事(志村喬)と犯人を追跡する。三船敏郎は黒澤映画の屋台骨を支えた役者だ。しかしここでは『用心棒』や『赤ひげ』でのたくましい“世界のミフネ”でもなければ、「男は黙って……」とテ [全文を読む]

名優の知られざる素顔 『サムライ 評伝三船敏郎』が発売

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月14日12時00分

三船敏郎。『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』など数々の黒澤明映画に出演し、海外の映画人に多大な影響を与え、「世界のミフネ」とまで呼ばれた名優である。 1997年1月の三船の葬儀には、スピルバーグの他にもアラン・ドロン、フランスのシラク大統領(当時)ら錚々たるVIPたちがその死を惜しむ声を寄せている。だが海外からの反応に比して、葬儀に集まった人数は一般の [全文を読む]

【極秘】映画「スター・ウォーズ」の知られざる10の秘密 / 衣装は他映画の使いまわし

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月22日06時00分

また、黒澤明の映画で有名な俳優・三船敏郎には、オビ=ワンまたはダース・ベイダーのオファーも届いていたそうです。ただし、三船敏郎はどちらの役も「子供騙しな役はやりたくない」という理由で断ってしまったのだとか。もし三船敏郎がダース・ベイダー役に決まっていたとしたら、頭部の衣装はメイクのみで行われることまで決まっていたそうです。 三船敏郎のダース・ベイダーを見 [全文を読む]

映画撮影でNGを連発した・加藤武 三船敏郎がくれた水に感激

NEWSポストセブン / 2014年03月15日16時00分

クロサワ映画で共演した、世界のミフネこと故・三船敏郎氏と共演したときの思い出について加藤が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『天国と地獄』……、加藤武は1950~1960年代、黒澤明監督の映画に数多く出演している。まだ俳優人生を始めて間もなかった当時の加藤にと [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「草刈正雄」(4)今の草刈さんなら三船敏郎も狙える

アサ芸プラス / 2016年10月23日17時57分

テリー 僕、今回の昌幸を観て、「あ、草刈さん、三船敏郎さんみたいな役もできるな!」と思ったんですよ。「椿三十郎」「用心棒」「赤ひげ」みたいな、カッコいい野武士的な役が。草刈 それは、うれしい言葉ですね。テリー これからが、草刈さんの全盛期になっていくんじゃないですか? まあ、私生活は変わらずダメだと思いますけどね(笑)。草刈 アハハハハハ、ありがとうござい [全文を読む]

三船敏郎 スター・ウォーズを子供向け映画だとオファー断る

NEWSポストセブン / 2015年12月14日11時00分

「逆に三船敏郎はオファーを受けていたようですが、SWを子供向けの映画だと思っていて、断ったらしいです」 ちなみに、SWに出たいと名乗りを上げるスターは多いが、ほとんど叶っていない中、現ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグがみごと新作へのカメオ出演(映画にクレジット無しでゲスト出演すること)を果たしている。どうやらストームトルーパーの1人に扮しているよ [全文を読む]

昭和名優の口説き方 三船敏郎は強引、森繁久彌は洒脱だった

NEWSポストセブン / 2013年12月04日16時00分

銀座でホステスさんを口説く時、三船敏郎は強引に『いいから、いいから』。二枚目の池部良は『わかんないよ、わかんないよ』と女性にそっと耳打ち。洒脱な森繁久彌は相手のひざの上に手を乗せて、『1回だけ、1回だけ』」 客席に座っても上映時間まで話を続けます。先日なんか、隣の席の若い女性から「映画界のこと、お詳しいんですね」と話しかけられた主人。「ええ、まぁ」と悦に入 [全文を読む]

サッポロビールCMキャッチの今昔

クオリティ埼玉 / 2017年01月12日09時25分

昔、「男は黙ってサッポロビール」という三船敏郎のCMがあった。 そのキャッチの正確な意味はわからないが、推測するとその頃のかっこいい男性をあらわしていたのではないだろうか。 CMに起用された俳優、高橋ジョージと離婚した三船美香の父親である三船敏郎もそうだが、高倉健を筆頭に昔の俳優は寡黙なかっこいい男性が多かった。 いい男は愚痴を言うな。黙っていることこそか [全文を読む]

天海祐希、吉田羊ら豪快ドリンカー女優がCM席巻中

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

今も名作として語り継がれるのは、1970年、世界的スター三船敏郎の出演作。画面中央にどかんとあぐらをかいた三船は、手にしたビンからグラスにとくとくとつぐと、ぐいっとやって「ぷはっ」。そしてナレーションが「男は黙ってサッポロビール」。本当に最後まで三船は黙ったままなのである。 それから半世紀近くたった現在は、「黙って」どころか元気いい女優たちがダジャレも交え [全文を読む]

道を極めれば男も母乳が出る!? サンキュータツオ、春日太一が語る『俺たちのBL論』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月27日17時30分

例えば「三船敏郎いいわー」という感情は“キャラ萌え”であり、「仲代達矢と戦っているときの三船敏郎っていいわー」という感情は“関係性萌え”。そして「三船と仲代はデキてる」と妄想を既成事実化して楽しむようになれば「腐」の有段者……と説明されている。 有段者の段階まで達している男性は少ないだろうが、サンキューの「時代劇や任侠映画を見る男は、男同士の絆に燃えてい [全文を読む]

『テレビドラマ版 幸福の黄色いハンカチ』(全2巻)5月20日より1ヶ月間、ゲオ限定先行レンタル

@Press / 2016年05月13日15時00分

監督:栗山富夫 代表作:釣りバカ日誌シリーズ、ホーム・スイートホーム (2000) 他 原作:山田洋次 主な出演者:菅原文太、泉ピン子、田中好子、アパッチけん(中本賢)、光石研(三石研)、三船敏郎、三波伸介、音無真喜子、関敬六 【ストアディレクターのコメント】 「ゲオショップでは、菅原文太さん出演作品は非常に人気です。映画版とは異なる設定で、人情味溢れる [全文を読む]

三船美佳、離婚騒動で“色モノ”化&イメージ悪化が深刻?夫・高橋が共感集める謎…

Business Journal / 2015年06月23日23時00分

「世界の三船」こと往年の名俳優、故・三船敏郎氏の愛娘にしてタレントの三船美佳が、歌手・高橋ジョージとの離婚問題を機にメディアへの露出が増えている。 16歳で結婚した当初も世間を騒がせたが、ほどなくして愛娘も誕生し、これまでおしどり夫婦としてふたり揃ってのテレビ出演も多かった。しかし、今年1月に離婚に向け協議中であることが明らかになり、昨年12月には高橋と一 [全文を読む]

【ウラ芸能】離婚ビジネス展開中のアノ人・コノ人

NewsCafe / 2015年06月15日15時00分

女優に見えましたわ」デスク「裁判中なのにテレビに出て『全部解決してればいいけど、まっただ中だから』って真相を話さないでギャラもらう図太さがアリアリだ」記者「決着がついたら今度は『今だから話せる』として話を引っ張る計算でしょうね」デスク「その前にも『ビックラコイタ箱』(日本テレビ系)に出てたんだけど、母親の元女優・喜多川美佳(66)から娘にサプライズプレゼン [全文を読む]

三船敏郎まで利用するの!?三船美佳“モラハラ離婚”失敗でイメチェンに必死

アサ芸プラス / 2015年06月10日17時58分

“離婚調停”の渦中にいる三船美佳が、自身のイメージアップに必死だ。離婚問題が発覚した当初は「夫からのモラハラに悩んでいた」と告白したことで、世間は高橋ジョージに対する冷ややかな意見が多く見受けられた。 だが、高橋が「モラハラの事実はない」と否定し、「揉め事は夫婦間ではなく、姑との問題が原因」とわかり風向きが一変。しかも姑は、一部週刊誌の問いかけに、高橋に対 [全文を読む]

サプライズ登壇のジョン・ウー監督、初タッグの福山雅治を絶賛!!

Movie Walker / 2017年04月26日18時22分

特に高倉健さんや三船敏郎さんが自分にとってのアイドル的存在だった」と語った。 本作『追捕MANHUNT』は、1976年に高倉健&原田芳雄の共演で公開された佐藤純彌監督の『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』の再映画化。チャン・ハンユーと福山雅治のダブル主演で無実の罪を着せられた国際弁護士(ハンユー)と、彼を追う敏腕刑事(福山)が繰り広げるアクションサスペンスだ。 [全文を読む]

木下ほうか、つるの剛士、三船美佳がリラックスし過ぎのバイク旅?

Smartザテレビジョン / 2017年03月23日14時25分

三船は父である故・三船敏郎さんが趣味がなくつらそうだったというエピソードを語り、木下を心配する。 そしてイクメンとして知られるつるのからは、「決してイクメンではない」という本音話も飛び出す。最後に疲れた体を温泉で癒やす、裸の付き合い(?)で心の距離をさらに縮めた3人は、次回開催の約束を固く交わし、1日を終えた。 3人の収録後のコメントも、仕事とは思えないリ [全文を読む]

ビールのふるさと札幌で日本のビールの魂に触れる/現地特派員レポート

TABIZINE / 2017年03月10日20時00分

三船敏郎さんでしたね。 歴史を感じる博物館でサッポロビール創業に関わった大倉喜八郎だの渋沢栄一だのという明治時代の立役者のことなど、じっくりビールの歴史を勉強した後は、併設されているビール園でジンギスカンとビールで賑やかにいきましょう。「学び」した後のビールの味は、また格別のはず? [旧永山武四郎邸] [サッポロファクトリー] [サッポロビール博物館] [全文を読む]

足立梨花「24歳でJKは無理」どころじゃない!? 人気俳優たちの“年齢ギャップ”配役事情

日刊サイゾー / 2017年02月10日07時00分

黒澤明の映画『生きものの記録』(1995)では、35歳の三船敏郎が70歳の老人役を演じた。ただ、これはメイクや衣装で工夫をこらしたものである。役者自身が素の姿をさらす場合はどうだろうか。 「2000年の映画『バトル・ロワイアル』では、撮影時に25歳だった山本太郎と安藤政信が15歳の中学生役を演じたことで話題となりました。16年に放送されたNHKの朝ドラ『べ [全文を読む]

フォーカス