三船敏郎のニュース

お騒がせタレント化が生きる道?三船美佳、実母と重なる数奇な運命

デイリーニュースオンライン / 2016年04月02日12時05分

こうしたお騒がせ気質は、母親である喜多川美佳に通じるものがあるんです」(芸能関係者) 三船美佳は〝世界のミフネ〟こと名俳優の・三船敏郎と、女優・喜多川美佳との間に生まれている。三船敏郎は女優の吉峰幸子と結婚していたが、別居。離婚裁判に発展するも離婚は成立せずに、喜多川美佳とは内縁の妻という関係だった。 そして内縁の妻の子供として誕生したのが、三船美佳である [全文を読む]

三船敏郎をイメージした飲み屋に行ってきました...『ほぼ日刊 吉田豪』連載156

東京ブレイキングニュース / 2014年08月11日19時00分

今回はニュースでもなんでもないネタです! 先日、仕事で『料理屋三船』という三船敏郎をイメージした三船プロダクション監修の飲み屋に行ってきました。時代劇のセットみたいな重厚な作りの店で、場所柄か外人客が多いのも納得だったんですけど、問題は三船敏郎が酒癖の悪さで有名だってことなんですよね。酔っ払うと知り合いの家で拳銃をぶっ放したり、オープンカーの酒酔い運転で黒 [全文を読む]

ギラつく若き三船敏郎が疾駆する極上の追跡劇!黒澤明『野良犬』【面白すぎる日本映画 第3回】

サライ.jp / 2017年05月03日17時00分

村上刑事(三船敏郎)はバスの中で拳銃をすられてしまう(懐かしいコルトだ)。拳銃にはまだ弾が入っている。この拳銃がもし使われたら……。村上は一刻も早く拳銃を取り戻そうと、ベテランの佐藤刑事(志村喬)と犯人を追跡する。三船敏郎は黒澤映画の屋台骨を支えた役者だ。しかしここでは『用心棒』や『赤ひげ』でのたくましい“世界のミフネ”でもなければ、「男は黙って……」とテ [全文を読む]

「京都国際映画祭2016」閉幕 阿部寛が「三船敏郎賞」に輝く<イベント総まとめ>

モデルプレス / 2016年10月16日20時00分

◆阿部寛が「三船敏郎賞」を受賞 パーティーの中では、戦後の大スター三船敏郎の名前を冠した「三船敏郎賞」の授賞式も開催。同賞は、国際的な活躍が期待される俳優を表彰するもので、同映画祭第1回目から開設された。これまでには、役所広司、仲代達矢が受賞。3回目となった今回は、俳優の阿部寛が選ばれた。 受賞のコメントを求められた阿部は、「本当に嬉しいです」としみじみ。 [全文を読む]

世界的“映画スター”の素顔とは 名取裕子もうっとり「シビレちゃいました」

モデルプレス / 2016年10月13日20時15分

【名取裕子/モデルプレス=10月13日】女優の名取裕子が13日、京都府で開催中の「京都国際映画祭2016」にて行われた『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』の舞台挨拶に、三船敏郎さんの孫で、同作のプロデューサー・三船力也と、脚本家・Stuart Galbaraith(シュチュワート・ガルブレイス)氏と登壇した。◆日本が誇る映画スター・三船敏郎[全文を読む]

名優の知られざる素顔 『サムライ 評伝三船敏郎』が発売

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月14日12時00分

三船敏郎。『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』など数々の黒澤明映画に出演し、海外の映画人に多大な影響を与え、「世界のミフネ」とまで呼ばれた名優である。 1997年1月の三船の葬儀には、スピルバーグの他にもアラン・ドロン、フランスのシラク大統領(当時)ら錚々たるVIPたちがその死を惜しむ声を寄せている。だが海外からの反応に比して、葬儀に集まった人数は一般の [全文を読む]

【極秘】映画「スター・ウォーズ」の知られざる10の秘密 / 衣装は他映画の使いまわし

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年03月22日06時00分

また、黒澤明の映画で有名な俳優・三船敏郎には、オビ=ワンまたはダース・ベイダーのオファーも届いていたそうです。ただし、三船敏郎はどちらの役も「子供騙しな役はやりたくない」という理由で断ってしまったのだとか。もし三船敏郎がダース・ベイダー役に決まっていたとしたら、頭部の衣装はメイクのみで行われることまで決まっていたそうです。 三船敏郎のダース・ベイダーを見 [全文を読む]

梅沢富美男「世界の三船を激怒させた」“最大の失敗”とは?

日刊大衆 / 2016年07月08日11時00分

番組序盤、梅沢は「三船敏郎さんも面白い話がありましてね。僕の出た『寂しいのはお前だけじゃない』(TBS系)っていうドラマが大好きで、『あの役者と会いたい』て言ってくれたんですよ」と、三船敏郎(77没)との思い出について切り出した。 梅沢は、俳優3、4人と三船とでクラブで飲んだ際、三船に気を遣って、下ネタで場を盛り上げたという。すると、バニーガールが飲み物 [全文を読む]

仲代達矢、三船敏郎賞を受賞「強烈な三船ファン」津川雅彦は日本映画界に警鐘

モデルプレス / 2015年10月15日20時43分

祇園甲部歌舞練場にて行われたオープニングセレモニーで、戦後の大スター三船敏郎の名前を冠した「三船敏郎賞」が発表され、俳優の仲代達矢が受賞した。同賞は、国際的な活躍が期待される俳優を表彰するもので、昨年の同映画祭第1回目から開設。長男の三船史郎氏から表彰された仲代は、「俳優になる前は強烈な三船ファンだった」と告白。「故人の三船さんの名のついた賞を頂いたことは [全文を読む]

映画撮影でNGを連発した・加藤武 三船敏郎がくれた水に感激

NEWSポストセブン / 2014年03月15日16時00分

クロサワ映画で共演した、世界のミフネこと故・三船敏郎氏と共演したときの思い出について加藤が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 『蜘蛛巣城』『隠し砦の三悪人』『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『天国と地獄』……、加藤武は1950~1960年代、黒澤明監督の映画に数多く出演している。まだ俳優人生を始めて間もなかった当時の加藤にと [全文を読む]

フォーカス