奥田愛基のニュース

「独裁政治の始まり」とも。安保国会最終盤を新聞各紙はどう伝えたか

まぐまぐニュース! / 2015年09月16日10時40分

1.中央公聴会について 6人の公述人/SEALDsの奥田愛基さん他2.国会内情勢、修正協議など 次世代の党など3党が修正合意3.国会前を中心とした安保法案反対の集会 連日の抗議運動4.論点のまとめ 以上の4点を基本に、各紙の取り上げた内容を整理しましょう。 次ページ>> 朝日が報じた、違憲訴訟で大きな意味を持つ憲法学者の言葉とは? そもそも集団的自衛権の [全文を読む]

若手実業家・椎木里佳が、政治家の大御所たちと本気の対談!『大人たちには任せておけない!政治のこと』ー18歳社長が斬る、政治の疑問ー 6月16日発売!!

PR TIMES / 2016年06月06日17時48分

今夏より解禁される18歳選挙権の当事者として、一人の経営者として、椎木里佳が斬り込む!TBS系列「サンデー・ジャポン」など、テレビ・新聞でも話題の株式会社AMF代表取締役・椎木里佳が、国会議員の枝野幸男、蓮舫、石破茂、SEALDsの奥田愛基との対談を行った著書が発売!![画像1: http://prtimes.jp/i/14926/57/resize/d1 [全文を読む]

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL...2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

リテラ / 2016年12月30日23時00分

■事件その1フジロックが奥田愛基出演で炎上!「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がネット上に 「音楽に政治を持ち込むな」という言葉がツイッターのトレンドになり、朝日新聞の社説にまで取り上げられる事態に発展したこの騒動。そのきっかけは「FUJI ROCK FESTIVAL'16」にSEALDsの奥田愛基氏の出演がアナウンスされたことだった。これを受けてネット [全文を読む]

SEALDs解散! 奥田愛基インタビュー「来るべきときに『まだ弾は残ってるがよ』って言えるように」

リテラ / 2016年08月17日12時00分

──解散を控えた今月12日、中心メンバーの奥田愛基氏に話を聴いた。■野党共闘はメディアのいうように失敗だったのか──まず、なぜいまSEALDsを解散するのか、その理由を教えてもらえますか? もともとSEALDsをつくったときから、今回の参議院が終わったら解散する、というのはSEALDsの立ち上げからメンバーの間で決めていたことなんです。すごくドライに言うと [全文を読む]

SEALDs・奥田氏と高校生未来会議・斎木氏の関係

NEWSポストセブン / 2016年08月12日07時00分

* * * 新宿にある小川敏夫(民進党)の事務所前を歩いていたら、奥田愛基(24)に偶然出くわした。昨夏、安保法案成立の際に国会前でデモ活動を行った学生団体「SEALDs」の中心メンバーだ。今回の参院選でSEALDsは小川など野党の応援のため街頭に立っていた。 奥田に話し掛けてみると、「僕、今日は体調悪いんですよ」とテンションが低い。連日の選挙応援の疲れ [全文を読む]

香山リカさん「有田再選はネトウヨは現実には影響力ナシって証明になりました」 有田芳生議員再選を祝福

ガジェット通信 / 2016年07月11日16時51分

応援にはSEALDsの奥田愛基さんが駆けつけるなどして話題となっていた有田議員、いわゆるヘイトスピーチの問題に積極的に取り組んでいることなどでも知られる。 参考:SEALDs・奥田愛基さんが有田芳生候補の応援スピーチ 『Twitter』にアップされ話題に http://getnews.jp/archives/1487029[リンク] ヘイトスピーチへの反対 [全文を読む]

SEALDs・奥田愛基さんが有田芳生候補の応援スピーチ 『Twitter』にアップされ話題に

ガジェット通信 / 2016年07月06日18時40分

それが有田芳生さん」「比例にはぜひ有田芳生と書いてほしいです」SEALDs・奥田愛基さん、急遽銀座四丁目交差点街宣にて有田芳生への応援スピーチ!ありがとうございます!! とツイート。 有田候補のとなりでSEALDs・奥田愛基さんが応援スピーチを行なう画像をアップしている。 夏に開催される『FUJI ROCK FESTIVAL 2016』への出演をめぐり、大 [全文を読む]

絶望から立ち上がり、SEALDsを創設した理由とは? 奥田愛基23歳の怒りと祈り

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月29日06時30分

初の著書『変える』(河出書房新社)でいじめや自殺未遂といった壮絶な過去を告白した奥田愛基さん。死ぬことばかり考えていた時代を経て市民運動に目覚めた彼はいかにしてSEALDsの奥田愛基になったのか? 昨年夏の10万人規模のデモの舞台裏とは? SEALDs解散後はどうするのか? インタビュー後編で語った、奥田愛基23歳の怒りと祈り。ただ生きている状態から、なん [全文を読む]

いじめ、不登校、自殺未遂……。SEALDs奥田愛基の壮絶な過去と、「生きる」ために読んだ本との出会い

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月28日06時30分

その創設メンバーの奥田愛基さんが初の著書『変える』(河出書房新社)で壮絶な過去からSEALDs解散までを綴っている。いじめ、不登校、自殺未遂と、いくつもの絶望を経験してきた彼はなぜ「生きる」ことを選んだのか? インタビュー前編ではその生い立ちと彼に影響を与えた本の読書遍歴に迫る。■自分の過去を振り返って活字にしていく作業はかなりしんどかった――『変える』を [全文を読む]

【椎木里佳×奥田愛基】爆弾炎上コンビの「18歳選挙対談」に唖然! 奥底に見える「同世代を見下す」態度

Business Journal / 2016年06月22日22時00分

経済ニュースアプリ「NEWS PICKS」において、『【椎木里佳×奥田愛基】同世代対談「18歳の選挙」がはじまる!』という企画が行われた。安保法制で非常に注目された学生団体のSEALDs代表の奥田愛基氏と、「女子高生(炎上)社長」で有名な椎木里佳氏の対談。 まあ、この2人の対談という時点ですでに「地雷」といった感じなのだが、内容もその期待(?)に違わぬもの [全文を読む]

SEALDs創設メンバー、奥田愛基の初単著『変える』。 参院選を控えた6月20日、緊急出版!

PR TIMES / 2016年06月02日15時55分

奥田愛基『変える』 河出書房新社より6月20日発売2015年夏、毎週金曜日の国会前デモを主催し話題となった学生団体SEALDsの創設メンバー、奥田愛基氏による初の著作『変える』。6月20日、河出書房新社より刊行いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/12754/38/resize/d12754-38-438682-1.jpg ]絶望 [全文を読む]

安倍政権の圧力で降板、NHK国谷裕子が『クロ現』最終回でSEALDs奥田愛基を取り上げ“最後の一刺し“

リテラ / 2016年03月18日07時30分

「長い間続けることができたのは、協力いただいた多くのゲストの方々、そして何より番組を見てくださった視聴者のおかげだと感謝しています。本当にありがとうございました」 昨夜、最後の出演となった『クローズアップ現代』(NHK)で国谷裕子キャスターはそう挨拶すると、深々と頭を下げた。『クロ現』は4月4日から『クローズアップ現代+』と改称され、時間帯も22時台へと移 [全文を読む]

SEALDs奥田愛基が古市憲寿との対談で本質をグサリ!「“どっちもどっち“論じゃ拮抗状態にすらならない」

リテラ / 2016年03月09日22時00分

新装刊第一弾となったvol.124の「ニュージェネレーション2016」と銘打たれた特集に、昨夏の安保法反対運動で一躍脚光を浴びたSEALDs・奥田愛基氏がフィーチャーされていたからだ。表紙には奥田氏の顔が大きく掲載され、ページをめくると、写真家・荒木経惟が撮り下ろしたグラビア、若手アーティスト・コムアイとの対談、さらには濃密な1万字のロングインタビュー.. [全文を読む]

奥田愛基「SEALDsをどう解散するかっていうことについてはすごく考えます」

太田出版ケトルニュース / 2016年03月03日10時50分

その若者の名は、「SEALDs=Students Emergency Action for Liberal Democracy–s=自由と民主主義のための学生緊急行動」の創設者の奥田愛基。昨年の安保法制を巡る議論でSEALDsは存在感を発揮したが、安保議論が一段落してしまった今、彼らはどこに向かうのか? 2月23日発売の『クイック・ジャパン』vol.124 [全文を読む]

古谷経衡と奥田愛基(SEALDs創設者)の対談を収録『愛国ってなんだ』(PHP新書)を発売!

@Press / 2015年11月18日13時00分

本書は古谷氏の「愛国」と「普通」をめぐる論考、さらに古谷氏とSEALDs 創設者の奥田愛基氏が、安保とアメリカ、変節する自民党、沖縄の苦悩、日本人と震災などをめぐって議論する対談から構成される。 「本書ではあらゆる場面で勝手に解釈され、鮮明になっていない概念に斜め後ろから光を当てた」(古谷)という批評性溢れる考察は、日本政治の右傾化を心配する人にも、SE [全文を読む]

「まだ終わってない。落胆もしてない」SEALDsが語る日本社会の未来

ウートピ / 2015年11月12日07時00分

参加メンバーの高橋さん、明治学院大学4年の奥田愛基さんと牛田悦正さん、上智大学4年の芝田万奈さんは、前編ではデモや本への反響について語り合った。後編の話題は、安保関連法案が強行採決されたあとの思いや、今後の活動について。「50年後の未来」にまで話は及んだ。【前編はこちら】高橋源一郎×SEALDsがデモを振り返る「女性スピーチは未来への想像力がある」絶対に止 [全文を読む]

高橋源一郎×SEALDsがデモを振り返る「女性スピーチは未来への想像力がある」

ウートピ / 2015年11月10日07時00分

本書に登場する「SEALDs」のメンバーは、明治学院大学4年の奥田愛基さんと牛田悦正さん、上智大学4年の芝田万奈さん。奥田さんはお父さんがNHKの番組『プロフェッショナル』で紹介されるほど有名なキリスト教の牧師で、貧困支援に情熱を注いでいる。それゆえ、自宅には行き場のない連続放火犯を招いたりすることもあったという、かなり特殊な家で育った。また、牛田さんは祖 [全文を読む]

国会への「デモ運動」一体何が起こってるの?

マイナビ進学U17 / 2015年10月27日12時03分

参議院での可決前にはSEALDsの代表である奥田愛基さんが安保法案に関する公聴会で意見陳述に臨みました。彼らのTwitterやFacebookを用いた呼びかけにより、学生だけでなく、主婦の方から高齢者の方まで集まりました。彼らに共通するのは、「戦争に行きたくない」という危機感。そんな彼らの起こした行動に賛同する人々の数は、主催者発表で12万人とも13万人と [全文を読む]

「軍隊を考えてもいい」SEALDs奥田愛基が問いつめられてポロリ発言!! “民主主義“ってナンダ!?

tocana / 2015年10月09日10時00分

このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム 9月25日未明、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)にSEALDs(シールズ)の奥田愛基が出演し、「長くても次の参院選で明確に僕たちは解散しようと思っています」と宣言した。また同番組で奥田は、「先制攻撃しないのであれば、軍隊というものを考えてもいい」とまで発言している。 1992年生まれ [全文を読む]

SEALDs奥田愛基氏へに送られた「誹謗中傷ツイート」にある見逃せない「論点」

メディアゴン / 2015年10月05日07時30分

茂木健一郎[脳科学者]* * *SEALDsの中心メンバーである奥田愛基さんとそのお父上の奥田知志さんに心ない中傷が寄せられているようだ。あげくの果ての「殺害予告」。単なる不法行為である。ツイッター上で調子に乗って揶揄したり誹謗したりしている人たちも、結果として加担している。卑劣だ。奥田知志さんについて、「週刊新潮」の記事がきわめて偏った、一方的だった。新 [全文を読む]

フォーカス