南野陽子のニュース

南野陽子 「陰陽屋へようこそ」で知念侑李の母親役がカワイイと絶賛

AOLニュース / 2013年10月09日15時35分

歌手でタレントの南野陽子(46)が、8日スタートの新ドラマ「よろず占い処 陰陽(おんみょう)屋へようこそ」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演し、スタイルの良さと変わらない可愛さが評判になっている。 同ドラマは、人気ジャニーズグループ「関ジャニ 」の錦戸亮が主演を務める元ホストでインチキ陰陽師・安倍祥明が、霊能力がまったくないうえに、冷淡で毒舌、面倒くさがり [全文を読む]

南野陽子「アイドルとしてのコンサートはこれが最後」

Entame Plex / 2017年02月22日16時00分

2016年6月26日に舞浜アンフィシアターで開催された南野陽子デビュー30周年記念コンサート追加公演を映像化したDVD&Blu-ray『NANNO 30th&31st Anniversary』が、本日2月22日に発売となった。 このたび、本作の発売を受けて南野本人からコメントが到着。 ◆南野陽子コメント 「南野陽子です。大変お待たせを致しました! 昨年6月 [全文を読む]

南野陽子、松雪泰子…"ホクロ美人"と言えばアノ人!

NewsCafe / 2013年09月05日12時00分

※回答総数…833件【1位】南野陽子(29.3%)■「ホクロ」の文字で、選択肢を見る前に南野陽子の顔が浮かんだ。[男性/50代/会社員]■あのホクロは、とにかく艶っぽい。イチコロです。[男性/40代/公務員]■パッと浮かんだのは南野陽子。宮沢りえさんや深津絵里さんは印象あるけど他の人はホクロの印象ないなあ(汗)。[男性/40代/会社員]【2位】深津絵里(1 [全文を読む]

南野陽子 28年前、アイドル時代のお宝写真が可愛すぎる! FBでお茶目な素顔も公開中

AOLニュース / 2013年10月11日12時35分

歌手でタレントの南野陽子(46)が8月末からFacebookを立ち上げ、18歳のときの"お宝写真"や仕事風景、プライベート写真などを公開し、飾らぬ姿が可愛いと評判だ。 南野陽子といえば、11年に芸能活動25周年を迎えている。85年に歌手デビュー後、『スケバン刑事』シリーズでブレイク、「おまんら、ゆるさんぜよ!」の名セリフで一世を風靡しトップアイドルの仲間入 [全文を読む]

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

南野陽子・広末涼子・優香・仲間由紀恵・小池栄子・安達祐実・壇蜜、グラビアレジェンドの7人にインタビュー! * * * ●ヴィーナス1 南野陽子「実は私、週プレさんのことをすごく恨んでいたんです!」 初めて雑誌に載ったのが週プレさんでした。有名な雑誌なので、出られると聞いたときは、すごくうれしかったのを覚えています。でも発売日にワクワクしながらページをめく [全文を読む]

南野陽子が夫の不貞に「許さんぜよ!」大ゲンカ

アサ芸プラス / 2015年06月27日09時57分

11年3月に4歳下の実業家A氏との“セレブ婚”を発表した南野陽子(47)。夫・A氏の金銭トラブルや借金問題が取りざたされても、じっと耐えてきたが、ついに堪忍袋の緒が切れた。「許さんぜよ!」とばかりに夫の不貞を追及。壮絶な夫婦ゲンカに発展したという。 コトの発端は6月4日発売の「週刊新潮」。「銀座クラブママのお腹に夫の赤ちゃん」と題し、A氏の女性スキャンダル [全文を読む]

小室哲哉の“偽”アイドル計画で金銭搾取! 南野陽子の“ペテン師”夫の悪行とは?

サイゾーウーマン / 2014年12月26日13時00分

南野陽子が2011年に入籍した会社経営・K氏の“借金トラブル”が、25日発売の「週刊新潮」(新潮社)で報じられている。これまでにも同誌や「週刊ポスト」(小学館)でK氏をめぐるトラブルが伝えられていたが、いよいよ周囲も南野に対し、真剣に離婚を勧めるようになってきたようだ。 今回の「新潮」記事では、K氏と訴訟沙汰に発展したある芸能事務所の元社長・A子さんが登場 [全文を読む]

田原俊彦、南野陽子ら80年代アイドルのバッシング事情...『ほぼ日刊 吉田豪』連載155

東京ブレイキングニュース / 2014年07月30日12時00分

田原俊彦が一時期バッシングされていたのはちょうど事務所から独立したタイミングで、出産会見の「ビッグ」発言もマスコミが会見を上手く編集して世論を誘導していたことが最近になって明らかになったわけですが、それで思い出したのが南野陽子。『語れ!80年代アイドル』(KKベストセラーズ)というムックに載っていた南野陽子インタビューによると、「◯◯さんの歌詞が気に入らな [全文を読む]

南野陽子と森口博子に現場ハラハラ 記者たちは「やっぱり」

NEWSポストセブン / 2012年03月12日07時00分

南野陽子(44才)、森口博子(43才)、西村知美(41才)とアラフォー3人が集まって元アイドルユニット『Blooming Girls』が結成された。特に南野と森口は1985年デビューの同期だけに、息の合った小気味良いやり取りが期待された。しかし――。 “ライバルはAKB48ですか?”との問いに、南野は「いえいえライバルだなんて…」と謙遜したのだが、森口は「 [全文を読む]

南野陽子が若く見られるコンプレックスを語るも「問題は性格だろ」の声

アサジョ / 2017年05月23日07時14分

女優の南野陽子が読売新聞のインタビューにて、年齢より若く見られがちなコンプレックスを告白した。6月には50歳を迎えるとは思えない若々しさを誇る南野には、いまでも30代の役が来ることもあるという。そんな南野に対して「問題は見た目じゃないのでは?」との声が上がってきた。南野と同世代の芸能ライターはこうつぶやく。「同世代の芸能人に対しては『昔は可愛かったなあ』と [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(1)南野陽子がインタビューで答えたこと

アサ芸プラス / 2017年04月03日09時57分

父親の借金のカタに芸妓となった元バスガールの南野陽子(49)。初めて客を取るシーンで、白竜を相手に肌襦袢を脱がされ、腰巻1枚になる。92年公開の「寒椿」(東映)のハイライトシーンだ。 両腕で胸を隠しているが、手を払われ、80年代のトップアイドルのバストがあらわになる。さほど大きくはなく、いや、微乳と呼んで差し支えないが、あのナンノが一糸まとわぬ姿で、しか [全文を読む]

南野陽子 スケバン刑事主役は「フジTV単身売り込み」で獲得

NEWSポストセブン / 2017年03月12日07時00分

1980年代後半、絶対的な人気を誇ったのが南野陽子だ。歌にドラマにCMにと、まばゆいばかりに80年代を駆け抜けた彼女が、43万部の大ヒットを記録した伝説の写真集『陽子をひとりじめ……』(講談社)撮影当時を振り返る。 * * * 1985年3月から12月にかけて『DELUXEマガジン』と『週刊少年マガジン』(ともに講談社刊)で撮影・掲載された写真をまとめた写 [全文を読む]

アイドルの「卒業」名場面30年史(6)深田恭子、南野陽子、Perfume…堀越高校生の悲喜こもごも

アサ芸プラス / 2016年03月20日09時59分

門限が夜7時なのでいいです」 86年3月に卒業した南野陽子は、同級生に本田美奈子や岡田有希子ら、今は亡き名前が並ぶ。それでなくても堀越は、同じクラスで売れている子と売れていない子が区分される。「18歳って、これからの年齢なのに夢に結論を出されて、現実を叩きつけられる。ユッコ(岡田)に対しても、どうしてあげることができたんだろうって‥‥」 心にしみる言葉だ。 [全文を読む]

南野陽子、嫌な仕事を阿部寛に押しつけた生意気すぎる新人時代

アサ芸プラス / 2015年11月27日17時58分

女優の南野陽子が26日、放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に出演し、高校生だったデビュー当時を振り返った。 はじめは昼夜を問わず「おはようございます」と挨拶する芸能界ルールに馴染めず「こんにちは」「こんばんは」と返したり、スタッフに対して「あなたは私のことを知ってるかもしれないけど、私はあなたのこと知らないから、お名刺いただけます?」などと言 [全文を読む]

【ウラ芸能】南野陽子、ダメ夫をつかんだワケ

NewsCafe / 2015年06月17日15時00分

記者「女優、南野陽子(47)の離婚がカウントダウン状態になってきました」デスク「かつて、アイドル時代には『ナンノ』と呼ばれて人気があった彼女も男運はなかったかな…」記者「先日、夫(43)の女性スキャンダルが週刊新潮でスッパ抜かれ、意気消沈しており、周辺から強く離婚をすすめられています」デスク「ダンナって何者なの?」記者「2人は、話題作りをねらって2011年 [全文を読む]

有村架純が禁止令に違反か 沢口靖子や南野陽子も悩んだ方言

NEWSポストセブン / 2015年05月26日07時00分

大阪出身の沢口靖子はいまでもたまに“おや?”と思うことがあるし、伊丹市出身の南野陽子もなかなか訛りが抜けず、『はいからさんが通る』ではおかしなイントネーションが多かった」 実際には、禁止令といいながら有村は関西弁を封印していない。バラエティ番組ではたびたびお笑い芸人たちが有村に関西弁でツッコミをいれさせたり、「好きやで」などといわせたりしている。それがなか [全文を読む]

女の不仲は恐ろしい!? 超有名アイドル2人から漂う、陰湿な空気感

tocana / 2015年03月13日19時00分

そんな80年代アイドルの中でも別格で人気者だった2人、工藤静香と南野陽子に不仲説が流れたのは驚きだった。発端は、昨年放送された『内村とザワつく夜』(TBS)でのRIKACOの暴露である。 南野とRIKACOはドラマで共演したことがあるらしいが、その現場で、南野だけがランチに誘われないことがあったり、休憩中には南野の悪評を流していたりした人物がいたという。 [全文を読む]

「辞めどきを失った...」南野陽子、大人たちが作り上げたトップアイドルの悩み

メンズサイゾー / 2015年03月04日16時30分

1980年代のトップアイドル・南野陽子(47)が、3日放送の『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)に出演した。さまざまなジャンルの専門家が聞いたらがっかりするような話をプレゼンするコーナー「知らなきゃよかった」に登場した南野は、自らの秘密を公開。「いまさらながら自分は芸能人に向いてないと思う」などと発言して共演者たちを驚かせた。 冒頭から南野は「そも [全文を読む]

南野陽子もとりこに! 水と素材にこだわり名人の技で仕上げる絶品「もりそば」

ぐるなび / 2015年01月23日16時10分

1月21日放送の「バイキング」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前11時55分)、「あなたの代わりに行ってきます!」のコーナーで「5月までしか食べられないそば打ちの神様が作る絶品そば」と題して、お笑い芸人のケンドーコバヤシさんと女優の南野陽子さんが「雪花山房 達磨」(広島県北広島町)を訪れた。 同店は最寄りのバス停から徒歩約1時間の山麓にあるという厳しいアクセ [全文を読む]

聖子に南野も! 伝説の音楽プロデューサーが明かす80年代アイドル黄金期のジンクスとは?

週プレNEWS / 2015年01月13日06時00分

そして、担当したCBS・ソニー移籍第一弾『天国にいちばん近い島』がオリコンで1位を獲ったということもあって、新人・南野陽子の話が舞い込んできたんです。 どうやって売り出していこうかと考えて、最初にやったのは『少年マガジン』への売り込みです。幸い、編集長も気に入ってくれて、マガジン・ガールとしてグラビアで大きく扱ってもらいました。 また、この当時は菊池桃子 [全文を読む]

フォーカス