中村義洋のニュース

映画『殿、利息でござる!』の主題歌があの“日本の最も有名なロックンロール”に決定!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月08日20時00分

■描いたのは実話を元にした痛快歴史超大作本作は、 2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』等、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化したものだ。本作の舞台は今から25 [全文を読む]

始まりは奇妙な“音”――中村義洋監督、最新ミステリーが公開!

NeoL / 2016年01月18日02時14分

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説『残穢』を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』の中村義洋監督が映画化。 ある日、小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がする」という手紙が届く。好奇心を抑えられず、私と久保さんで調査を始めると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で自殺や心中、殺人な [全文を読む]

『殿、利息でござる!』で竹内結子が時代劇初出演!松田龍平ら豪華キャスト発表!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月10日04時00分

2010年に映画化されたベストセラー『武士の家計簿』などの著作で知られ“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編『穀田屋十三郎』を、『白ゆき姫殺人事件』、『予告犯』、『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』等、今最も注目を集める中村義洋監督が映画化。■あらすじと豪華すぎるキャスティング金欠の仙台藩は百姓町人へ [全文を読む]

斉藤和義、震災後に仙台オールロケを敢行した映画『ポテチ』の主題歌を書き下ろし

リッスンジャパン / 2012年02月06日13時00分

宮城・仙台を舞台とした映画を次々と世に送り出してきた伊坂幸太郎(原作)×中村義洋(監督)の強力タッグによる最新作『ポテチ』で、今回も音楽を担当する斉藤和義が書き下ろした主題歌「夜、リンゴの木の下で」が映画公式サイトにて解禁となった。斉藤和義 - アーティスト情報今作は伊坂幸太郎13冊目の中短編集『フィッシュストーリー』のなかの中編「ポテチ」をもとに、仙台の [全文を読む]

大野智の運動神経を原作者・和田竜と中村義洋監督が大絶賛!

Movie Walker / 2017年06月08日20時32分

『のぼうの城』の和田竜による時代小説を、嵐の大野智主演で映画化した痛快アクション『忍びの国』(7月1日公開)で、原作&脚本の和田竜と中村義洋監督によるトークショー付き試写会が6月8日にニッショーホールで開催。2人は主人公・無門を演じた大野智の運動神経を絶賛した。 和田は原作やシナリオを手がけた動機についてこう説明。「忍者というと孤独に戦う、どこかに1人で潜 [全文を読む]

大野智表紙の「ぴあ Movie Special 2017 Summer」緊急重版決定

dwango.jp news / 2017年06月06日18時07分

巻頭特集はソロインタビュー&中村義洋監督との対談という計12ページにわたる2部構成。特に合計10000字を超えるインタビュー&対談が好評を得ている。また、滝沢秀明&有岡大貴、中島健人、窪田正孝、青柳翔、片寄涼太といった初夏&夏を彩る日本映画の旬の俳優たちの撮り下ろしインタビュー、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』をはじめとする夏のハリウッド大作の [全文を読む]

緊急重版決定! 大野智表紙の「ぴあ Movie Special 2017 Summer」が大好評!

PR TIMES / 2017年06月06日17時17分

巻頭特集はソロインタビュー&中村義洋監督との対談という計12ページにわたる2部構成。特に合計10000字を超えるインタビュー&対談は大変好評をいただいております。また、滝沢秀明&有岡大貴、中島健人、窪田正孝、青柳翔、片寄涼太といった初夏&夏を彩る日本映画の旬の俳優たちの撮り下ろしインタビュー、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』をはじめとする夏のハ [全文を読む]

中村義洋監督“利息”は「なかなか出会えない作品」

Smartザテレビジョン / 2016年05月13日10時00分

実話を基にした本作でメガホンを取るのは、「アヒルと鴨のコインロッカー」(‘07年)や「ゴールデンスランバー」(‘10年)などで知られる中村義洋監督だ。中村監督が本作を映画化しようと思ったきっかけや、こだわりのキャストについて、作品の見どころについてインタビューを行った。――そもそもこの映画を企画したきっかけは何でしょうか?東日本放送(KHB)と僕でドラマを [全文を読む]

羽生結弦の演技に、阿部サダヲ・瑛太も絶賛「頂点をとる人の美しさ」出演OKの理由も

ソーシャルトレンドニュース / 2016年05月02日15時35分

オファーを思いついたという中村義洋監督からの起用理由コメントは下記のとおりだ。「ついつい豪華キャストにしてしまったため、彼らが“殿様=雲の上の人”と仰ぐ俳優さん、というのがなかなか見つからなくなってしまいました。そんな時に出たのが羽生さんの御名前。これはもう、問答無用の雲の上の人で、かつ、この映画の舞台となる宮城県の御出身ですから、どこかで伊達の殿様との縁 [全文を読む]

羽生結弦が映画初出演!豪華キャストを圧倒する「雲の上の存在」として監督がオファー

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月04日04時00分

そうなんです! このたび、フィギュアスケート選手の羽生結弦さんが、「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」等で知られる中村義洋監督がメガホンをとる最新作『殿、利息でござる!』に映画初出演することがわかったのです。しかも何役かって、「殿」! 映画タイトルにもなっている「殿」こと、仙台藩藩主・伊達重村(だて・しげむら)役なんです!! 出演シーンは [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介の恐怖体験に『残穢』共演者も耳を塞ぐ

TechinsightJapan / 2016年01月24日12時12分

竹内結子や中村義洋監督が明かす映画制作にまつわる裏話も怖かったが、佐々木蔵之介の学生時代の体験談には他のキャストやインタビュアーも耳を塞いでしまうほどであった。 テレビで放送中の予告編を見るだけで、これまでのホラーとは違う怖さを予感する映画『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』。その公開を前に1月23日放送の『王様のブランチ』で、中村義洋監督とミステリ [全文を読む]

菜々緒の“白ゆき姫がヒットしなければTwitterやめます!”宣言に井上真央は地味に心配

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月31日16時00分

3月29日、映画「白ゆき姫殺人事件」が公開初日を迎え、記念の舞台挨拶が丸の内ピカデリーで行われ、井上真央・綾野剛・蓮佛美沙子・菜々緒・貫地谷しほり、そして、中村義洋監督と原作者の湊かなえさんが登壇した。 関連情報を含む記事はこちら 謎と秘密をはらんだストーリーだけに公開を迎えるまではと話すのを我慢していた出演者たちが、上演後の観客を前に思う存分のネタバレト [全文を読む]

湊かなえ原作の映画「白ゆき姫殺人事件」監督 中村義洋氏インタビュー

PR TIMES / 2014年03月28日13時57分

http://www.cri.co.jp/news/information/20140328000761.html?prt1 当社が運営するクリエイターのための総合情報サイトCREATIVE VILLAGEの「VILLAGE CAFE」で、3月29日公開の映画「白ゆき姫殺人事件」監督 中村義洋さんのインタビューを掲載しました。中村監督は2010年に公開さ [全文を読む]

V6 坂本昌行がミュージカルの道に進む理由を赤裸々告白

dwango.jp news / 2017年06月05日17時10分

映画「忍びの国」からは、中村義洋監督が主演・大野智の魅力を大いに語る。 さまざまな注目キャストが一堂に集う「TVガイドPERSON vol.58」に、ぜひ注目していただきたい。 【商品情報】 「TVガイドPERSON vol.58」 ●発売日 : 2017年6月9日(金) ※店頭での発売日は一部地域により異なります。 ●定価 : 900円(税込) ●仕様 [全文を読む]

「ジャニーズのピラミッドの頂点」に「手も足も出ない…」 V6・坂本昌行がミュージカルの道に突き進む理由を赤裸々に告白

PR TIMES / 2017年06月05日12時00分

映画「忍びの国」からは、中村義洋監督が主演・大野智の魅力を大いに語る。 さまざまな注目キャストが一堂に集う「TVガイドPERSON vol.58」に、ぜひ注目していただきたい。 【商品情報】 「TVガイドPERSON vol.58」 ●発売日 : 2017年6月9日(金) ※店頭での発売日は一部地域により異なります。 ●定価 : 900円(税込) ●仕様 [全文を読む]

大野智が表紙・巻頭に登場! 「ぴあ Movie Special 2017 Summer」本日発売!

PR TIMES / 2017年06月01日18時06分

[画像: https://prtimes.jp/i/11710/512/resize/d11710-512-573254-0.jpg ]■表紙&巻頭特集:『忍びの国』大野智・大野智 撮り下ろしインタビュー・大野智×中村義洋監督 撮り下ろし対談『のぼうの城』などで知られる和田竜によるベストセラー時代小説を映画化した『忍びの国』(7/1公開)で、伊賀最強の忍び [全文を読む]

表紙&巻頭は『忍びの国』大野智、ぴあ Movie Special 2017 夏号 、6/1(木)発売!

PR TIMES / 2017年05月25日18時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/11710/507/resize/d11710-507-176429-0.jpg ]■表紙&巻頭特集:『忍びの国』大野智『のぼうの城』などで知られる和田竜によるベストセラー時代小説を映画化した『忍びの国』(7/1公開)で、普段は無類の怠け者で美しい妻の尻に敷かれているにも関わらず、実は伊賀最強の忍びでもあ [全文を読む]

嵐・大野演じる最強の忍者 映画『忍びの国』ついに映像解禁! 「無門が来た!」[オタ女]

ガジェット通信 / 2017年01月11日19時30分

『映画 怪物くん』の中村義洋監督と再タッグとなる、嵐・大野智さん主演映画『忍びの国』が7月1日に公開予定。ついにティザービジュアルと特報映像が初解禁! 大野さんが演じる主人公・無門は、普段は“金の亡者”で“無類の怠け者”だけれども“伊賀最強”の忍び。「我が名は無門。嫁さん以外は怖いもん無し。」というキャッチコピーのティザーポスターでは、刀を手にし、伊賀最強 [全文を読む]

「殿様」羽生結弦効果で映画館にフィギュアファンが集結?

アサジョ / 2016年05月27日09時59分

「監督・脚本は、『新藤兼人賞・金賞』を受賞した中村義洋。彼が『ここぞという時には必ず呼ぼう』と心に決めていたキャストを満を持して招集し、主演の阿部のほか瑛太、妻夫木聡、松田龍平、竹内結子、西村雅彦に千葉雄大、きたろう、大御所の草笛光子に山崎努と名立たるメンバーがそろっています。実話という意外性や脚本の面白さ、さらに羽生出演という話題性で三拍子どころか四拍子 [全文を読む]

阿部サダヲ、竹内結子に「そんなに嫌だったんですか?」

Movie Walker / 2016年05月25日19時50分

時代劇『殿、利息でござる!』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が、5月25日に新宿ピカデリーで開催され、阿部サダヲ、竹内結子、中村義洋監督が登壇。阿部は「胸を張って『良い作品に出していただいた』と言える作品に出られて、本当にうれしいです」と力強くアピールした。 本日で観客動員56万人、興行収入6億7000万人を突破した本作。阿部が「すごくうれしいです。いまま [全文を読む]

フォーカス