藤井淳志のニュース

中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは5連敗で最下位転落

サイクルスタイル / 2017年05月27日19時04分

藤井淳志外野手が前日に続き決勝打を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。 中日は0-2と2点ビハインドで迎えた6回裏、走者一、二塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放って1点を返す。続く2死三塁の場面で平田良介外野手が適時内野安打を放ち同点とすると、8回裏には、無死一塁の場面で藤井が適時三塁打を放って勝ち越しに成功。相手の送球ミスの間に藤井も生還し、4- [全文を読む]

中日、最終回に一挙3点で劇的な逆転サヨナラ勝ち…藤井淳志が決めた

サイクルスタイル / 2017年05月27日01時29分

藤井淳志外野手のサヨナラ打で3-2と劇的な勝利を飾った。 中日は0-2と2点ビハインドで迎えた9回裏、2死二、三塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放ち土壇場で試合を振りだしに戻す。球場のボルテージが一気に上がると、続く藤井が適時二塁打を放って試合を決めた。 投げては、福谷浩司投手が今季初勝利。敗れたヤクルトは、守護神・秋吉亮投手が2点リードでマウン [全文を読む]

【5月27日プロ野球全試合結果】ロッテが今季初の3連勝、中日・岩瀬仁紀が3年ぶり白星、楽天・ペゲーロが満塁弾

サイクルスタイル / 2017年05月27日21時39分

■中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは痛恨の5連敗で最下位転落中日は5月27日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。藤井淳志外野手が前日に続き決勝打を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。中日は0-2と2点ビハインドで迎えた6回裏、走者一、二塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放って1点を返す。続く2死三塁の場面で平田良介外野手が適 [全文を読む]

【5月26日プロ野球全試合結果】ロッテが清田育宏のサヨナラ打で連勝、中日が劇的な逆転サヨナラ勝ち、日本ハム・大田泰示が決勝弾

サイクルスタイル / 2017年05月27日03時06分

■中日、最終回に一挙3点で劇的な逆転サヨナラ勝ち…藤井淳志が決めた中日は5月26日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。藤井淳志外野手のサヨナラ打で3-2と劇的な勝利を飾った。中日は0-2と2点ビハインドで迎えた9回裏、2死二、三塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放ち土壇場で試合を振りだしに戻す。球場のボルテージが一気に上がると、続く藤井が適時二塁打を放 [全文を読む]

【交流戦】中日、ゲレーロが2発含む3安打3打点…ソフトバンクは連勝が4でストップ

サイクルスタイル / 2017年06月01日22時21分

中日は初回、無死一、三塁の場面で藤井淳志外野手が適時打を放って幸先よく先制。4回表には、ゲレーロが今季第13号のソロ本塁打を放ち2-0。6回表に2点を追加すると、8回表にはゲレーロがこの日2本目となるアーチを描き、5-1とリードを広げた。 投げては、先発の鈴木翔太投手が8回1失点の好投を見せ、今季3勝目。敗れたソフトバンクは、投打ともに振るわなかった。 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

ヤクルト・真中監督、星の起用法に「これから考えます」

ベースボールキング / 2017年04月13日06時15分

ここをなんとか凌ぎたい星だったが、代打の藤井淳志にライトへタイムリー三塁打を浴び勝ち越しを許す。さらに二死後、亀沢恭平に2ランを浴びた。その裏打線は、中日の守護神・田島慎二の前に三人で抑え込まれ試合終了。星は2敗目を喫した。 試合後、真中満監督は「ボール先行でストライクを取りにいったボールを打たれている。ボール自体はいいのにもったいない」と嘆いた。今後の起 [全文を読む]

谷繁氏、中日・藤井の勝ち越し打にニッコリ「良い方向に出た」

ベースボールキング / 2017年04月12日23時45分

中日は10回、一死二塁から藤井淳志のタイムリー三塁打で勝ち越しに成功すると、亀沢恭平の2ランで3点を加えた。その裏、守護神の田島慎二が、3人で打ち取り勝利した。8回から2イニングを無失点に抑えた三ツ間卓也は、嬉しいプロ初勝利となった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める谷繁元信氏は、勝ち越し打を放った藤井について、「何回も(レギュラーを奪う)チ [全文を読む]

ロッテ・佐々木、7回途中1失点も…伊東監督「バラつきがあった」

ベースボールキング / 2017年03月22日18時50分

2回も先頭の藤井淳志に安打を許すも無失点。3回は一死後、安打と四球で一、三塁とされると、ゲレーロに犠飛を打たれ1点を失った。続く4回はこの日初めて三者凡退に打ち取ったが、5回以降は再び走者を背負う投球で、7回途中1失点でマウンドを後にした。 この日の投球に佐々木は、「ストレートがよくなかった。直していきたいです。まだ、真っ直ぐを投げ切れていないので、それを [全文を読む]

開幕投手内定の西武・菊池、制球に不安を残す

ベースボールキング / 2017年03月15日17時09分

菊池は初回先頭の荒木雅博に四球を与えると、続く藤井淳志の打席で盗塁を決められ、いきなり得点圏に走者を背負う。一死後、石川駿にライト前に運ばれ、先制を許した。2回は簡単に二死を奪ったが、近藤弘基に四球で出塁を許すと、続く溝脇隼人の打席で近藤に二盗を許し、溝脇にタイムリー二塁打を浴びた。3回以降は無失点に抑えたが、5回は再び2つの四球を与えピンチを招くなど、 [全文を読む]

石井一、酒居、星…ドラ2新人が熱い!

ベースボールキング / 2017年03月04日18時00分

3イニングを投げて許したヒットは、4回に打たれた藤井淳志のセンター前ヒットのみ。3回を1安打、2奪三振、0四球、0失点に抑え、修正能力の高さを見せた。 ヤクルトのドラフト2位・星知弥も4日、ソフトバンクとのオープン戦にリリーフ登板。6点リードの6回からマウンドにあがると、先頭の柳田悠岐を148キロのストレートで中飛、続く吉村裕基も148キロのストレートで投 [全文を読む]

地元出身の選手が多い球団は?

ベースボールキング / 2017年02月25日17時00分

【日本ハム=北海道】 鍵谷陽平 瀬川隼郎 玉井大翔 大累 進 【ソフトバンク=福岡県】 中田賢一 二保 旭 笠原大芽 牧原大成 本多雄一 吉村裕基 【ロッテ=千葉県】 涌井秀章 唐川侑己 有吉優樹 島 孝明 吉田裕太 福浦和也 大木貴将 清田育宏 【西武=埼玉県】 豊田拓矢 斉藤彰吾 【楽天=宮城県】 岸 孝之 阿部俊人 【オリックス=大阪府】 岸田 護 [全文を読む]

【プロ野球】12球団の「代打1番手」選手誰だ? 一打に賭ける男たちの2016年を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日17時05分

広島カープ 小窪哲也:代打出場45試合 打率.154(39打数6安打)1本塁打/5打点/6四死球/出塁率.267 読売ジャイアンツ 堂上剛裕:代打出場39試合 打率.147(34打数5安打)/1本塁打/5打点/5四死球/出塁率.256 横浜DeNAベイスターズ 下園辰哉:代打出場60試合 打率.260(50打数13安打)/1本塁打/11打点/9四死球/出 [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

■中日:2人 (中)×大島洋平(享栄) (二)◎荒木雅博(熊本工) (遊)×遠藤一星(駒場学園) (一)ビシエド (右)◎平田良介(大阪桐蔭) (左)×藤井淳志(豊橋東) (三)×高橋周平(東海大甲府) (捕)×桂依央利(太成学院大高) (投)◎大野雄大(京都外大西) 中日は甲子園経験者は3人。ドラフトも独自戦略を取ることが多く、高橋純平(県岐阜商→ソフ [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■中日 ≪開幕オーダー≫ 1 中 大島洋平 2 二 荒木雅博 3 遊 遠藤一星 4 一 ビシエド 5 右 平田良介 6 左 藤井淳志 7 三 高橋周平 8 捕 桂依央利 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 中 大島洋平 ◎ 2 二 エルナンデス 3 右 平田良介 ○ 4 一 ビシエド ◎ 5 左 ナニータ 6 三 福田永将 7 遊 堂上直倫 8 捕 桂依央利 ◎ [全文を読む]

【プロ野球】今季の”スイッチヒッター”出場ランキングでトップは誰だ?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月06日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■出場試合数でランキング! セ・リーグのスイッチヒッター番付 (成績は6月29日時点) 藤井淳志(中日)49試合 打率.209 2本塁打 7打点 西岡剛(阪神)41試合 打率.299 0本塁打 13打点 吉川大幾(巨人)37試合 打率.176 0本塁打 1打点 エルナンデス(中日)26試合 [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

平田良介の穴(ライト)はレフトから藤井淳志を回し、レフトにはナニータが入っているため、意外にも不安定なポジションはない。 しかし、藤井、ナニータともに打撃が不調で今後、両翼が日替わりになる可能性も秘めている。 ■DeNA ≪ライト≫ 井手正太郎 先発3 荒波翔 先発1 乙坂智 先発1 下園辰哉 先発1 松本啓二朗 先発1 (ロマック 先発10) 開幕時点で [全文を読む]

【プロ野球】ソフバン柳田、阪神鳥谷…開幕からバットが湿りっぱなしの選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月07日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグ ≪ワースト3≫ ロペス(DeNA) 打率.139(36-5) 0本 0打点 ≪ワースト2≫ 藤井淳志(中日) 打率.129(29-4) 0本 1打点 ≪ワースト1≫ 鳥谷敬(阪神) 打率.129(31-4) 0本 4打点 昨季の3人の打率はロペス.291、藤井.295、鳥谷. [全文を読む]

中日からのFA流出 「落合GMの考え方と性格が仇に」の指摘

NEWSポストセブン / 2015年11月21日16時00分

谷繁監督の説得により残留となったものの、外野の一角である藤井淳志も一時はFA移籍が噂されていた。いずれも、落合博満ゼネラルマネージャー(以下、GM)からの引き止めがなかったことが、原因と伝えられていた。野球担当記者が話す。 「落合GMは『FAは選手が勝ち取った権利だから、とやかく言うことではない』と考えている。現役時代から一貫して変わらない考え方です。実際 [全文を読む]

プロ野球契約更改時の“嘆き節”厳選16人のコメント紹介

NEWSポストセブン / 2012年12月09日07時00分

イメージはどうでもいいです」――藤井淳志(中日・2009年) ・「携帯電話会社と同じですよ。新規加入の人には優しくて、既存の人にはそのまま」――杉内俊哉(ソフトバンク・2010年) ・「おかしい……こんなことは許されない……」――諸積兼司(ロッテ・2004年) ・「実は来年の5月に子供が生まれるんです。何とかミルク代として」――関本健太郎(阪神・2004年 [全文を読む]

フォーカス