田中賢介のニュース

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【最新年俸】2016-2017年の年俸ランキング上位選手 中田翔:2億8000万円 大谷翔平:2億7000万円 レアード:2億5000万円 増井浩俊:2億2000万円 メンドーサ:2億円 宮西尚生:2億円 田中賢介:2億円 日本一になった今季は、レアード、宮西尚生、田中賢介の3人が新たに [全文を読む]

3月20日・STVラジオ『まもなく開幕!ファイターズスペシャルデー』実施!!

PR TIMES / 2017年03月15日09時27分

森本稀哲さん生出演!田中賢介選手の独占インタビューも!! 日本一連覇がかかるシーズン開幕を前に、STVラジオ5つの生ワイド番組がファイターズ応援企画満載で生放送します! 「まもなく開幕!ファイターズスペシャルデー」ファイターズ愛に燃えるファンの皆さんの心を結集させます!! 3月20日(月・祝)、STVラジオが「まもなく開幕!ファイターズスペシャルデー」と銘 [全文を読む]

【プロ野球】200本塁打、200盗塁、250ホールド、100セーブ。日本ハムで今年達成されそうな記録とは!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日16時05分

田中賢介:200盗塁(あと8盗塁) 田中賢介を聞いて、さほど盗塁のイメージはわかないかもしれないが、昨季は22盗塁、2015年は9盗塁、2012年は13盗塁。さらにいえば、渡米前に一番打者を任されていた2009年、2010年は連続して30盗塁以上を記録するほど走っていた。あと8つと迫った200盗塁達成の可能性は高い。 ちなみに200犠打まではあと24 [全文を読む]

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

■歴代最強「内野手部門」 【一塁手】 小笠原道大(1997年~2006年) 【二塁手】 田中賢介(2000年~)※2013年、2014年を除く 【三塁手】 片岡篤史(1992年~2001年) 【遊撃手】 田中幸雄(コユキ)(1986年~2007年) 一塁は激戦区。大杉勝男や柏原純一、晩年ながら落合博満も名を連ねるが、日本ハム在籍時代に打者三冠タイトルを全 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■日本ハム ≪開幕オーダー≫ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 左 西川遥輝 ○ 2 二 田中賢介 ○ 3 中 陽岱鋼 ○ 4 一 中田翔 ◎ 5 指 大谷翔平 6 三 レアード ◎ 7 右 谷口雄也 ◎ [全文を読む]

存在感が薄い藤川球児、和田毅、田中賢介、建山義紀らの評価

NEWSポストセブン / 2014年05月01日07時00分

藤川球児(カブス)、和田毅(カブス)、田中賢介(レンジャーズ)、建山義紀(ヤンキース)らはそれぞれの地元でどのような評価を受けているのか。 すでに存在そのものが、シカゴの都市伝説となりつつあるというのが藤川球児。シカゴは全米第3の大都市ながら、この2年間、「Fujikawa」の文字をメディアで目にすることはなかった。 「うまくいけば夏頃に昇格チャンスがある [全文を読む]

ソフトB・千賀が6勝目 ノムさんの評価は?

ベースボールキング / 2017年05月29日00時30分

2回は安打と四球で無死一、二塁のピンチを招いたが、6番の田中賢介を真ん中のストレートで見逃し三振。この三振に野村氏は「千賀といったらフォークボールがいいじゃない。(バッターは)追い込まれたでしょ、フォークを警戒している。完全にフォーク待ち。フォークばかり警戒しているよね」と解説した。続く大田泰示を空振り三振、石井一成を左飛に仕留め、無失点で切り抜ける。 千 [全文を読む]

メジャーから日本人野手“消滅”の可能性も……イチロー・青木の巻き返しに期待

ベースボールキング / 2017年05月27日23時55分

【MLBでプレーした日本人野手】 ※「☆」は現役 01-☆:イチロー(外野手) 01-03:新庄剛志(外野手) 02-09:田口 壮(外野手) 03-12:松井秀喜(外野手) 04-10:松井稼頭央(内野手) 05-08:井口資仁(内野手) 05 :中村紀洋(内野手) 06-09:城島健司(捕 手) 07-10:岩村明憲(内野手) 08-12:福留孝介( [全文を読む]

日ハム“大花火大会”!1950年の球団記録に並ぶ7本塁打で大勝

ベースボールキング / 2017年05月12日21時11分

続く田中賢介が中安打で出塁すると、大田泰もこの日2本目となる3号2ラン。ロッテのエース涌井から6本塁打10点を奪い、引きずり下ろした。 しかし、ロッテ2番手・大嶺祐太も日本ハムの餌食に。石川、石井にいきなり連続安打を浴びると、西川を四球で歩かせ満塁に。すると、一塁細谷の本塁への悪送球で二者が生還した。さらに、一死二三塁で渡辺が三ゴロに倒れる間に三走の西川が [全文を読む]

巨人・菅野、3試合連続完封!セ28年ぶりの快挙 2日のプロ野球まとめ

ベースボールキング / 2017年05月02日23時00分

◆ 5月2日のセ・リーグ試合結果 ▼ 巨人 5 - 0 DeNA(東京ドーム) <試合時間:2時間46分 観衆:45,259人> De|000 000 000|0 巨|100 120 10X|5 [勝] 菅野(4勝0敗) [負] 浜口(2勝1敗) [本] 坂本勇(巨/2号) [トピック] ☆巨人・菅野がセ・リーグで28年ぶりに3試合連続完封勝利 ☆DeNA [全文を読む]

【オリックス】気迫のセットアッパー・黒木優太の物語が幕を開ける

文春オンライン / 2017年05月02日11時00分

対するバッターは強打者・田中賢介。その局面で10球全てに直球を投じ、見事空振りの三振に切って取ったのである。元広島東洋カープの「炎のストッパー」津田恒実のような、いや2014年のセットアッパー佐藤達也が乗り移ったような、まさに圧巻の投球であった。 2016年ドラフト2位の22歳。昨年まで大学リーグで投げていた彼がBs自慢の中継ぎ陣、佐藤や吉田、塚原頌平を押 [全文を読む]

【プロ野球】打率4割超の浅村栄斗にコンバートの鈴木大地。「今、見ておきたい!」パ・リーグ二塁手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年04月20日16時05分

■世代交代も進行中? また、日本ハムでは、チーム状況で指名打者や一塁を任されている田中賢介の代役として、ルーキーの石井一成(早稲田大、ドラフト2位)が台頭するなど、ニューフェイスの二塁手も飛び出している。 あらたな人材があらたなポジション像を作りだしつつある二塁は今季注目だ。刮目して見るべし! (成績は4月17日現在) 文=森田真悟(もりた・しんご) 【 [全文を読む]

2点がデッドライン…!? 王者・日本ハムの苦悩

ベースボールキング / 2017年04月19日11時30分

近藤健介が打率.438とひとり気を吐いているが、規定到達でその近藤に続くのが.250の田中賢介というなんとも厳しい状況だ。 特にここ10試合に関しては、1試合の平均得点が1.8点という絶望的な数字。計算上、2点取られたらアウトということ。それも期間中の18得点のうち、近藤が叩き出したものが8点もある。 近藤が.643という驚異的な得点圏打率を残している一方 [全文を読む]

大谷翔平「打者専念」なら「三冠王」を獲る!(2)まさにケガの功名となった

アサ芸プラス / 2017年04月17日05時56分

幸い、田中賢介、中田翔、レアードといった前後の打者が機能していないため、彼らの状態を上げないよう徹底マークすることが“大谷対策”なんです」 日本ハムOBの野球解説者・角盈男氏も、「今の打者・大谷に弱点らしい弱点は見つからない」 と太鼓判を押す。「昔、若松さんが『安打製造機』と呼ばれていた頃は、どこに投げても芯に当てられていましたが、ある投手が『真ん中に投げ [全文を読む]

【プロ野球】連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

デイリーニュースオンライン / 2017年04月15日17時05分

頼れるベテラン・田中賢介も打率.200。レアードにいたっては打率.094、4失策の大スランプに陥っている。 10試合目までフル試合出場を続ける近藤健介が打率.419と気を吐いているが、西川遥輝、中島卓也ら、昨季はしぶとさで魅せた選手たちが次々と低調なスタート。迫力を感じられない打線となっている。 ■吉川のトレードでローテも不安 昨オフ、トレードで巨人に移籍 [全文を読む]

最近3試合で4得点 少し心配なビッグバン打線

ベースボールキング / 2017年04月09日10時00分

【主力野手の打撃成績】 近藤健介 率.440 本0 点8 大谷翔平 率.407 本2 点3 田中賢介 率.217 本0 点1 中田 翔 率.214 本0 点1 西川遥輝 率.188 本1 点2 中島卓也 率.172 本0 点0 レアード 率.074 本0 点1 15年に打率リーグ3位に入った近藤健介が打率.440、二刀流の大谷翔平が打率.407と好調だが [全文を読む]

日ハム同様「世代交代」!? HBC改編のカギを握る新人アナウンサーたち

Walkerplus / 2017年03月19日17時00分

田中賢介選手や中田翔選手を脅かす選手が出てこないと二連覇はあり得ないと思うので、今日ドキッ!も新人が我々を脅かす存在になれるよう頑張って欲しい」と、新人アナウンサーにエールを送った。 その他ファイターズの応援番組「Bravo!ファイターズ」が日曜深夜から金曜深夜に移る他、「ガッチャンコ・バラエティ」からのレギュラー第一弾となる「ジンギス談!」(毎週火曜23 [全文を読む]

故障でWBC出場辞退の日ハム・大谷、OP戦で躍動!

ベースボールキング / 2017年03月15日11時30分

4回二死一、三塁の場面、一塁走者の田中賢介が二盗。DeNAの捕手・嶺井博希が一塁走者の田中賢を刺そうと二塁へ送球するも、二塁・田中浩康が後逸。「まだ怖さはありますけれど、スライディングは、いけるタイミングだったので」と相手のミスの間に、三塁走者の大谷はスライディングしてホームに生還した。 「人工芝(の球場)で試合に出たのは今季初めてでしたけれど、これから [全文を読む]

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日16時05分

しかし、そのオフには田中賢介(現・日本ハム)もメジャーへ。糸井嘉男(現・阪神)と八木智哉(現・中日)もトレードでチームを去った。さすがに戦力ダウンは避けられず2013年は最下位に。 ■楽天 2013年:優勝/2014年:最下位 2013年は絶対的なエース・田中将大が24勝0敗という驚異の成績で優勝に大貢献。しかし、その田中がポスティングでヤンキースに移籍し [全文を読む]

石井一、酒居、星…ドラ2新人が熱い!

ベースボールキング / 2017年03月04日18時00分

二塁・田中賢介、遊撃・中島卓也といった絶対的な選手がおり、レギュラーを奪うのは簡単ではないが、まずは開幕一軍を目指しアピールしていきたいところ。 ◆ 酒居、星、黒木が好投 投手ではロッテのドラフト2位・酒居知史が、4日の中日戦にドラ1・佐々木の後を受けて4回から登板。酒居は2月24日の広島との練習試合で、3回8安打6失点と苦しんだが、この日はテンポの良い投 [全文を読む]

フォーカス