大野豊のニュース

【プロ野球】最強左腕・大野豊は夢の跡…。河内貴哉の悲劇…。日本人左腕不毛の地・広島に左腕エースは現れるのか?

デイリーニュースオンライン / 2017年05月05日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■黄金期に輝いた最強の2大左腕・大野豊と川口和久 1980年代、球界切っての投手王国を誇り、黄金期を迎えていた広島。そこには2人の偉大な左腕エースがいた。 大野豊と川口和久。この2人こそ広島球団史に名を残す稀代の名左腕だ。 大野は150キロを超えるストレートと多彩な変化球を武器に、先発と抑 [全文を読む]

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(1)若手先発陣の成長がチーム復活の切り札

アサ芸プラス / 2013年08月08日09時58分

そんな状況に檄を飛ばすのが、昨年まで投手コーチを務めていた大野豊氏だ。カープの黄金時代には「七色の変化球」で投手王国の一翼を担った大野氏が、CS初進出を目指す古巣に再建策を提言した。 今季、一時は3位に浮上するも、現在は5位に甘んじる広島(7月25日現在、以下同)。しかし、巨人、阪神の2強を除いては、最下位のヤクルトまで4ゲーム以内にひしめく激戦だけに、ま [全文を読む]

50回投げた中京・松井 軟式出身大野豊氏がプロ通用と太鼓判

NEWSポストセブン / 2014年09月09日07時00分

代表格が広島で通算148勝、138セーブの記録を残し、沢村賞(1988年)にも輝いた大野豊氏だ。 「僕は中学で軟式、高校で硬式、社会人でまた軟式をやってからプロ野球で硬式を経験してきました。硬式は体全体で投げるため軟式以上に肩や全身の強さが必要とされるが、テレビで見た限り、松井君のフォームはしっかりしているし、あれだけ投げたスタミナは実証済み。あとはいかに [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(1)

アサ芸プラス / 2014年05月07日09時57分

そういうわけで、今回は広島OBの大野豊氏を招いて「共闘作戦」を謀議。絶対的巨大戦力をブッ潰す秘策とは──。 掛布 広島は今年、23年ぶりの優勝のチャンスがあると思うよ。周囲の期待も大きいだろうね。昨年のCS(阪神との第1ステージ)では、甲子園の左半分が赤く染まった。あのファンの力は大きかったね。 大野 あれだけ甲子園が赤く染まるのは初めてで、ビックリしたよ [全文を読む]

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(4)個性派投手の長所を吸収できた

アサ芸プラス / 2013年08月09日09時59分

どういう投手になりたいかを考え、大野豊のピッチングはこうだ、と変えてから、非常に楽になりました。そうした考えを、今の若い投手に持ってほしいんです」 振り返れば、広島の黄金時代は、個性派の投手が集まる“梁山泊”でもあった。 「それこそ、昔の広島は個性派投手ばかりでした。津田恒実(故人)はストレート主体で『まっすぐで打ってみい』と勝負を挑み、北別府学はコントロ [全文を読む]

『野球つく!!』「激闘 JAPAN」イベント開催 レジェンド選手カード「稲葉篤紀」「大野豊」登場!

PR TIMES / 2016年10月20日17時15分

株式会社セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、オンラインスポーツシミュレーション『野球つく!!』にて 2016 年 10 月 20 日(木)よりイベント「激闘 JAPAN」を開催いたします。今回の「激闘 JAPAN」はランキング報酬として「大野 豊選手」「稲葉 篤紀選手」が、周回報酬として「小早川 毅彦選手」「下柳 剛選手」が登場します。[ [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(4)

アサ芸プラス / 2014年05月10日09時57分

(数字は全て4月21日現在) [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(3)

アサ芸プラス / 2014年05月09日09時57分

掛布 今年、阪神と広島のどちらが巨人への挑戦権を得るか。最初の顔合わせだった4月15日からの3連戦(マツダ)は、広島が2勝1敗で勝ち越し。初戦は高卒2年目の藤浪が今季初勝利をあげて、2戦目は大瀬良がプロ初勝利をマークした。この2人、今後の両チームの鍵を握るよ。 大野 大瀬良はキャンプのブルペン、オープン戦でも球の勢いが全然違った。この世界、フレコミと違うこ [全文を読む]

掛布雅之×大野豊 阪神&広島“共闘作戦”で巨人をぶっ潰す!(2)

アサ芸プラス / 2014年05月08日09時57分

掛布 でも、ローテの考え方は難しいよ。例えば広島なら前田を巨人にぶつけて勝てばいいが、もし負けると他の投手での黒星より痛い。他のカードに投げさせて確実に勝つという考え方もある。阪神は昨季、能見を巨人との3連戦全カードの8試合にぶつけたけど、3勝3敗で貯金は作れなかった。 大野 確かに巨人より、他のチームに投げたほうが勝てる確率が高い。でも、能見も意気に感じ [全文を読む]

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(3)エラーも投手陣の足を引っ張っている

アサ芸プラス / 2013年08月09日09時59分

もちろん「投手王国」再建のためには、野手陣のふんばりも欠かせない。だが、現在のカープでは打線の援護はなく、エラーもリーグトップの67を数え、投手陣の足を引っ張っている印象すらある。内野の要であるセカンド菊池涼介(23)とサード堂林翔太(21)のエラーだけでも2人合わせて26失策。これでは、投手も悲鳴を上げたくなる。 「アウトにできる打球はしっかり守って、投 [全文を読む]

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(2)左の先発を育てられなかったことが反省点

アサ芸プラス / 2013年08月08日09時59分

先発陣には及第点を出した大野氏だが、目下、広島の悩みの種は絶対的な「セットアッパー」の不在だろう。前半戦最終戦となった7月17日の対中日戦は、野村謙二郎監督が「方程式の崩壊」と嘆く試合展開となった。 「完璧な勝ちパターンでした。7回をしっかり抑えた先発・バリントンのあと、誰が継投するかが注目でした。2対0とリードしている状況では本来、ここで今村猛(22)が [全文を読む]

同時購入でマツダ スタジアム招待などが当たる!カープ雑誌「WE LOVE CARP」と「広島アスリートマガジン」が、プロ野球開幕を記念し合同キャンペーンを実施中。

PR TIMES / 2017年03月31日11時38分

また『今季のカープはココに注目!』と題し、カープOB・大野豊氏、廣瀬純氏のダブル解説とともに今季の見どころを8個のキーワードに分け、巻頭から40ページ強に渡って大特集。『連覇』、『四番争い』、『タナキクマル』、『黒田の抜けた投手陣』など、あらゆる視点から今季のカープを語っている。 「WE LOVE CARP 2017」は、2013年から毎年発刊している広島 [全文を読む]

【プロ野球】2017年に「神っちゃう」のはこの男だ! カープのネクストブレイク選手を占う!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日17時05分

そう、この防御率は、広島のレジェンドOB・大野豊氏のそれとよく似ているのだ。 大野氏も、デビュー戦では1死を取ったのみの5失点で降板している。そのときの防御率は、135.00という散々なものだった。 この大野氏と塹江は、デビュー戦でのKOのほかにも、同じ左投手で速球派という点が共通している。 苦いデビューを乗り越え、球史に名を残す投手に成り上がった大野氏。 [全文を読む]

1991年のカープ 7.5ゲーム差を跳ね返したチーム内の合言葉

NEWSポストセブン / 2016年11月12日16時00分

ただ、大砲不在で点が取れず、佐々岡真司、川口和久、北別府学の先発3本柱とストッパーの大野豊がフル回転してなんとか踏ん張っている状態だったから、今季のような独走はできなかった。GW終盤に9連勝して首位に立ったものの、投打が噛み合わず6月にはBクラス落ち。マスコミには「今年も“鯉のぼりの季節”まで」と叩かれた。 そんなカープの逆転優勝の原動力となったのが、「 [全文を読む]

元広島・川島堅は小平市で整骨院経営 初診料は2000円~

NEWSポストセブン / 2016年10月17日16時00分

約1か月後、甲子園で先発・大野豊が打ち込まれ、中継ぎで初登板を果たす。 「どうせ今日も出番はないだろうと高を括っていたんです」 実はコンタクトレンズを宿舎に忘れていた。捕手の達川光男は「バカたれ!」と一喝した後、「よし、わかった」とマウンドを去って行った。 「何がわかったのかな? と思ったら、胸の辺りで大きくサインを出してくれたんですよ。よく見えましたね。 [全文を読む]

四半世紀ぶりの歓喜!で広島カープ・歴代優勝の瞬間をプレイバック

週プレNEWS / 2016年09月30日06時00分

投手陣でもエースの山根和夫、北別府学を筆頭に、若きサウスポーの大野豊、川口和久も先発として活躍した。日本シリーズは阪急との対戦となったが、3本塁打10打点と大爆発した長嶋清幸の活躍もあり、またも4勝3敗で勝利! 3度目の日本一に輝いた。 【1986年】主力野手の衰えを投手王国がカバーしたV5 4度の優勝を誇る古葉監督が前年限りで退団し、阿南準郎新監督の下 [全文を読む]

広島カープ「悲願の日本一」の鍵を握るのは熟練勢の活躍か 過去3回の日本シリーズ優勝を振り返る

AOLニュース / 2016年09月14日17時00分

こうした先発陣の安定感に加え、大野豊、江夏豊の"ダブル豊"のサウスポーペアが16勝も挙げるという磐石の体制のもと、レギュラーシーズンで73勝を挙げ、他チームの追従を許さなかった。また、野手陣も前年に引き続き好成績を記録した。同年のセ・リーグにおける主要な個人タイトル13部門のうち、なんと8部門を広島の選手(山本浩二/高橋慶彦/福士敬章/江夏豊)が占め、山本 [全文を読む]

【速報】広島カープが25年ぶりリーグ優勝!32年ぶりの日本一へ

しらべぇ / 2016年09月10日21時40分

投手陣では北別府学、大野豊らが主力だった。シリーズは阪急の三冠王男ブーマーを封じ込んだ広島が長嶋清幸の活躍でフルセットの末阪急を破り日本一に。じつに32年前のこと。かりに工藤監督率いるソフトバンクと広島の対戦となれば、1986年の仇討ちともいえる。悲願達成にむけ、まずはクライマックスシリーズに挑む。・合わせて読みたい→千羽鶴より多い? 広島の新観光名所「お [全文を読む]

広島はCSに弱いとの指摘にOBが反論

NEWSポストセブン / 2016年08月11日07時00分

達川:ストッパーはかつての津田恒実、小林誠二、大野豊もそうだったけど、スピードが落ちれば打たれる。──やはり、優勝を断言するのは難しい?安仁屋:うーん、毎朝の散歩すれ違う人がみんな「今年は優勝ですね」と言ってくれるんです。でも、「まだ分からんですよ」と答えている(笑い)。腹の中では“優勝”と思ってはいても、口には出せない。やっぱり巨人との直接対決が10試合 [全文を読む]

阪神・金本監督 低迷するチーム状態…「シロウト首脳陣」に見切りでもう「新任」探し

アサ芸プラス / 2016年06月18日09時56分

実は昨秋、金本政権が誕生する際、最初に白羽の矢を立てたのが、金本監督も広島時代に一緒にプレーをした大野豊氏(60)だった。14年には秋季キャンプで臨時コーチを務めたが、その指導が好評で、「岩貞ブレイク」の基礎を作ったとも言われる。「ところが、正式打診を行う前の交渉過程で大野氏から『阪神のような大変な球団は荷が重い』と、断りの連絡があった」(スポーツライタ [全文を読む]

フォーカス